topimage

2017-11

「上海から来た女」 - 2009.12.12 Sat

やっぱり、ラストの鏡の部屋ですね、記憶に残るのは。

美しい女エルザ(リタ・ヘイワース)と知り合ったマイク(オーソン・ウェルズ)。
エルザと彼女の夫がヨットで航海するのに、船乗りであるマイクも誘われて同行することになる。エルザとマイクの間には熱い感情が…。


鏡~
(c) Columbia Pictures

以前にも見たことがある映画だが、鏡の部屋のシーンしか覚えていなかった。改めて見て、それだけのインパクトがあったんだなあと納得。
今回見たのは、リタ・ヘイワースが目的。彼女がヨットの上で歌うとき、顔が大写しに。見せてくれますねえ。
弁護士グリズビー役のグレン・アンダースがオーソン・ウェルズと話すときの、少し異常な感じも印象に残った。どういう役作り?

(11月28日)

THE LADY FROM SHANGHAI
1947年 アメリカ作品
監督 オーソン・ウェルズ
出演 リタ・ヘイワース、オーソン・ウェルズ、エヴェレット・スローン、グレン・アンダース、テッド・デ・コルシア

参考:上海から来た女@ぴあ映画生活

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

何時もありがとうございます。

この映画は、ボーさんと、ぴったりシンクロしました。鏡の部屋と、リタ。これに尽きますね。

>アスカパパさん

なんだか書くことが見つからなくて、簡単な感想になってしまいました。話も詳しく書いていくと、ちょっと難しいですし。
やはり、見どころは、そうなってきそうですね。

オーソン・ウェルズってなんかケチくせえ顔だなと思いました。晩年の余裕のある顔の方がイメージ強いからですね。

>fjk78deadさん

どこかの、おっさんですよね。(そりゃそうか)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1713-3286c3c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上海から来た女

上海から来た女 (1947) 【監督】オーソン・ウェルズ 【出演】リタ・ヘイワース [60点]「クライマックスの映像は一見の価値あり!」  人妻に恋した男のサスペンス・ドラマなんですが、登場人物が分かり辛かっ

上海から来た女

 弁護士バニスターの妻エルザと親しくなったマイケルは、バニスターの顧問と自称するグリスビーから「私を殺したという書類にサインすれば5000$渡す」という奇怪な話を持ちかけられる。 この内容が興味を呼んで、一気にストーリーにのめりこます迫真力は相当なもの...

『動物園日記』『上海から来た女』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ポジティブって大事。

特集上映「羽仁進レトロスペクティブ 映画を越境する」から1プログラム(『動物園日記』)。 特集上映「フィルム・ノワールの世界Ⅱ」から1プログラム(『上海から来た女』)。 ◆『動物園日記』 五つ星評価で【★★★ポジティブ】 最近の風潮である「動物園=動物の牢屋」感とかが全くなく、飼育している係員が朴訥に「捕獲前と同等の環境で動物たちが快適に暮らす」事を信じて疑わないポジティブな姿勢...

「スペル」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 建築物に建築しなかった(BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード