topimage

2017-07

「名もなき毒」 宮部みゆき - 2009.12.16 Wed

宮部さんの小説で、おもしろくなかったというのは今まで私にはない。

表紙
これも図書館で見つけて(題名だけは聞き知っていたが)、ひょいと借りてみたけど、おもしろかった。
いつも書くけど、まず読みやすい。小難しくない文章なんだろうね。話がうまいのも、もちろんのこと。

毒殺事件と、世間とうまくやっていけない人間、それに住宅地の土壌に染み込んだ毒。いくつかの「毒」についての話が語られていく。
とくに、人の心に住み着いた「毒」の怖さ、やっかいさは、現実の事件にも見られることだが、考えさせられるし、やりきれない気持ちにもなる。
重要な関係者が1か所に集まるクライマックス。読ませるよねえ。

主人公が少し前に関わった事件のことが何度か話題にのぼっているので、もしかしたら何かの続編なのかもと思って調べたら、以前に「誰か Somebody」という小説があるそうだ。
仕事は会社員なのだが、探偵になったら? みたいなことが最後のほうに書かれているから、次回作があったら、この主人公は探偵になっているかも!? 次回作、出てますか?

第41回吉川英治文学賞受賞。

(12月9日読了)

● COMMENT ●

これ、3年くらい前に読みました。

悪意が大きく膨らんで他人に対して毒を発してしまった
女と男が描かれてましたけど、
男のほうの背景や事情には同情したくなるものもありました。
でも女のほうは、ぶんなぐってやりたい感情が湧きましたよ!
こいつは性悪女でしたね~(≧ε≦)

こんにちは。

私も宮部みゆきさんのお話って読みやすいと思います。
すごーーく引き込まれて、ご飯を食べるのもやめて読んだのは「レベル7」だったかな。

最近はちょっと活字離れ?している私です。
また読んでみようかな~。

>YANさん

ありがとうございます。
私だったら、3年前に読んだものは、あんまり覚えてないかも。(笑)
記憶に残るお話を作る宮部さん、素晴らしいですねー。
あの女のほうは、どうにも対処のしようがない、それが怖いです。
よく言われるように、子どもの頃に愛情をたっぷり受けるのが、やはり重要なのでしょうか。
ほっといても、苦労しても、いい人間になる人はいますけどねえ…。

>こころさん

こんばんは!
ありがとうございます。
「レベル7」というのは読んでないです。まだまだ、未読の宮部作品、たくさんありそう。図書館で見当たらないと読まないですし。(めったに買わない人です。)

余裕があって、気が向かれたら、また読書習慣をつけてくださいね。

続編?

え、この作品って『誰か~』の続編だったんですか?
『誰か~』は以前読みましたけど、あの内容からどう続くのか謎・・ 
そういう意味では興味を惹かれますね。

上のコメントでこころさんも仰ってますが、『レベル7』、私もめちゃくちゃお薦めしちゃいます。面白いですよ~
氏の初期作品だけど、個人的にはこの頃の作品が一番好きですね。『龍は眠る』とか『魔術はささやく』とかも。

>小夏さん

ありがとうございます。
単に「誰か」と主人公が同じということではないでしょうか。本作は、その後に起きた別の事件というわけですよね。
「レベル7」かあ。図書館で見つかるかなー?(買わないという、出版社にとっては不届きな読者)
HPに感想を載せてますが、いまのところ宮部作品では、「クロスファイア」「あかんべえ」あたりがいちばん好きです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1719-f3cbc1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「静かなアメリカ人」 «  | BLOG TOP |  » 「午前十時の映画祭」にマリリン映画が2本!

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード