topimage

2017-08

「アバター」 - 2009.12.27 Sun

予告編などを見るたびに、わりと楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督作品。
でも、3Dの効果というのが、私にはあまり感じられず。自分だけの感覚なのか、ごく普通のものとして受け入れて観たために感動がなかったのか?


あ、それとも、ちょっと端っこの席で観たせい? いや、それで効果が薄れるくらいなら、たいした技術とはいえないだろう。
人物の立体感は多少わかるけど、物が飛び出したりとかいうシーンはあまりなかったような…?
メガネの上から立体メガネをかけたせいか? 違うよね。視力が悪いと効果が薄れる? わかりません。
それに、観ているうちは何でもないんだけど、観賞後に目の疲れからくる頭痛が起こり、それも結構長引くのが困る。まー、これも目が悪いからだろうけど。


ジェイク&ネイティリ
ネイティリ(ゾーイ・ソルダナ)がジェイク(のアバター)(サム・ワーシントン)にナヴィとしての生き方を教える。
(c) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.


パンドラという星にある資源を狙う人類。だが、目的の鉱物が埋まっている上にはナヴィという民族が住んでいる。
彼らを立ち退かせるためには、彼らを知り、友好を深めることも必要と考えるプロジェクトが進んでいた。ナヴィと人間をかけあわせた「アバター」を使って、ナヴィの生活に溶け込み交流する。それが元海兵隊員ジェイク(サム・ワーシントン)の使命だった。
だが、戦闘部隊を率いるフォリッチ大佐(スティーヴン・ラング)は、ジェイクからナヴィの情報を得て、攻撃に役立てようとしていた…。

ナヴィの造形というか、顔とか色とか、あんまり好きでもないんですねえ。
観ていれば、そう気にはならないんだけど、基本的に。
みんなで座ってお祈りする場面も、地球上のどこかの民族でもあるようなイメージで、目新しくもない。
それで病を治せるというのは、彼らが信じる超自然的な力、神、というところに行くわけで、まあ、そうなんだろうなと、ありふれているともいえる

そういうことを言うと、どうも我ながら素直じゃない、ひねくれた自分、のような気分になってしまうが、事実だからしかたがない。

いちばん映像的に爽快だったのは、翼竜に乗って飛んでいるシーン。
アバターと人間がリンクするのは遠隔操縦の一種だけど、他でも、触手のようなものを木にリンクさせて話しかけたり、ここでも乗り手と乗せ手(翼竜)はリンクする。「つながり」、絆を結ぶこと、意思の疎通は大切だなあと感じた。
そういう絆を考えない大佐のような人間がいるから、戦いが起きる。いうこと聞かない奴は問答無用に攻め落とせ、という考え方。


グレースを中心に
アバター計画の主要人物グレース(シガーニー・ウィーヴァー)を中心に。シガーニーは「エイリアン2」でキャメロン監督とはおなじみですね。
(c) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.


この大佐が憎たらしくて、しかも、しぶとく生き残って戦う! 執念ですよ。まさに、キャメロン監督が以前に作り上げたキャラクターであるターミネーターのよう。(笑)
悪役は、こうあってもらいたい、という典型すぎて、拍手してもいいくらい。

かなり気に入らないのは、いい人間側のメンバーも、どんどこ、やられちゃうこと。
別に退場しなくてもよさそうなものなのに、強制退場? リアルに作れば、そうかもしれないけど、そうまでしなくても。
主人公は生きのびるかもしれないのに、脇を固める連中だけが馬鹿を見るのか。
いい人たちもお亡くなりになることによって、映画そのものの印象を強くしよう、なんて考えなら、願い下げ。

戦いの展開についても、かなり、ありふれている。助っ人のことや、逆襲のきっかけなど。
これといった戦闘プランもなく、ただただ迎え撃つというのも、おいおい、そんなんでいいんかい?と思ったし。(どうにも、やりようがないのか。)

などと、書いてみたら文句が多いが、決して、つまらなくはない。観ていて楽しめはする。
それが証拠に、評価は下記の通りだ。

それにしても、ミシェル・ロドリゲスは、こういう戦う女が似合うこと。本作のなかで、いちばん、これ以上なく、かっこいい役だった。
軍規違反だろうに、何か罰を受けたのかどうか、疑問だったが。


トゥルーディ
トゥルーディ(ミシェル・ロドリゲス)、かっこよし! 彼女の心意気に惚れない観客は果たしているのか!?
(c) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.


一方的に攻め入る人間ども。ナヴィが大事にしている自然を破壊する人間ども
なんて、ばかな奴らだろう、間違った上司の命令でも絶対服従。(たとえナヴィ侵攻に疑問を持っていてもだ。)
同じ人間たる観客に自虐的に思わせて、戦争が現実にも止まればいいのだけれど、戦争張本人のお偉方たち、関係者などには通じないか。

3Dに感動しなかったのは何だか悔しいので、27日に、違う立体上映方式のワーナー・マイカル・シネマズで、真ん中へんの席で、再見してみます。

(12月23日 TOHOシネマズ日劇1)

AVATAR
2009年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・キャメロン
出演 サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス

関連記事:「アバター」(2回目)

参考:アバター@ぴあ映画生活
「アバター」の映画詳細、映画館情報はこちら

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

おはようございます。

こんにちは。

何から何まで同じ(笑)。
みんな大絶賛しているので、
もう一回観ようか、それも噂のIMAXとまで考えています。
ぼくもメガネの上からメガネで、
それが悪いのかなあ。

しかし、みんなでお祈りって、
昔の怪獣島関係の映画かなんかで観たような…。

同じく★

私も3D効果はあまり感じなかった・・・
初3D体験なので、めっちゃ期待していったのに(ーー;
それでなくてもキャメロン監督が、12年ぶりに莫大な予算をかけて、
誰も観たことの無い世界を作る、とすんごい期待値が高かったので、
あれ~なんだか普通の映画だなぁ、と★

私も端っこの席で、メガネの上からだったので、
そのせいもあるかも? (真ん中ならもうちょっとマシなはず。)
でも、飛び出し感はなかったけど、奥行きはたしかに感じました♪

みんな大絶賛なんですか?
そういえば我が家も、パパぴょんと子供は「面白かったね」と満足なようでした。
私も「うん、面白かったね」と話をあわせつつも
心の中は「こんなハズでは」と期待はずれな気持ちで一杯(´д`)
だって、3D料金高かったのに~!
(普通の字幕版ならレディースデーで1000円だったのに、
3Dには適用されなくて2000円だった★)

ミッシェル・ロドリゲスは男前だった~♪
そうそう、最初にふいっと行っちゃったとき、
「あれは処罰されないのか?」と私も思いました。
あの時、戻っても特にお咎め無しでしたよね? なんか変(--

こんにちは♪

TBありがとうございました。
私もメガネの上にメガネで観ましたがすごく目が疲れてしまいました。物語も感動とまではいかなかったのですが、昨日2Dで観てきたら3Dの時よりも面白く感じました。
私だけかもしれませんが映像の美しさはそれほど変わらなかったような・・・ただ浮んでいるものが近くに見えなかったくらいでした。

>えいさん

おはようございます。
昨日、2回目を観ました。今度は吹替版で観て、画面に集中できたせいもあるのか、3D効果は前回より分かりました。とはいえ、予想よりはすごくない、といいますか、はじめに期待しすぎていた面があるのかも。
飛び出る、よりは、奥行きのほうがあるような。
もしかしたら、方式によっても合う、合わない、や感じ方に違いがあるのかもしれず、まだよく分からないところもありますね。

>わさぴょんさん

2回目観賞では、左右真ん中の位置の席で観たんですよ。
位置のせいで3Dが前回より分かったのか、それとも、吹替なので画面をよく見ていたせいなのか、これが今度は分かりません。(苦笑)
それと、やはり、前もって期待しすぎなのかも、とは思いました。奥行きが分かれば、いいのかも。
メガネのずれがあるかどうかに関しては、観ながら動かしてみたのですが、見え方に違いはなかったですね。
次回の3Dで、違う方式とか、違う位置とかチャレンジしてみたらいかがでしょう?

え、割引は適用されないですか! せこいですねえ。

ミシェル姉御、可能性としては、罰金とられただけで、行動は自由だったとか?

>yukarinさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
2Dでもあまり変わらず楽しめたのですね。奥行きと飛び出ること、がなくても、他の映画より立体的に撮られているのかも? もしかして、脳内でも立体的に補完して見ていたりも!?

私は2回目はリアルDの軽いメガネ(持ち帰り可)だったのですが、今度はそれほど目は疲れませんでした。
いろいろな要因で、結果が変わってくるのかもしれないですね。

初体験

こんばんは。

IMAXで見て、これが3D初なので比べようがないのですが、その場にいるような感覚で楽しめました。
想像したような飛び出し感はなく、言われるように奥行きのある立体的な感じでした。
正面から後ろ姿に変わるカメラのアングルは、すぐ前に人が居るようでちょっとビックリ(笑)
ストーリーに目新しさはなかったけど、
やはり戦闘シーンの多数の犠牲者は、人間の愚かさしか感じませんね。

私は近視と乱視のコンタクト人間なので、
さすがに目は疲れてしまいました(水気がなくなって、しょぼしょぼ~笑)
それにしても料金高いよぉ~普段の倍以上だもん~泣。
それだけ出しても損したとは思わないけど、も少し安くして欲しいですぅ。

>オリーブリーさん

こんばんは!
「その場にいるような感覚」というのが、私にはないんですよ!
向こうのスクリーンの中、でしかないんです!
どうも、3Dの問題じゃなくて、自分の問題のような気がしてきます。わからないけど。
ああ、コンタクトだと、なおさら目が乾くかも。せっかくの3D、目を見開いて観てますからね。(笑)
倍以上? ん、レディーズデー…? うらやまじい…。

映像美

が作品鑑賞の多くを占めるタイプの映画は、
その技術でポーンと皆さんの評価があがるのに、
もうそろそろ慣れてもいいはずですが、どうしても驚いてしまいます(笑)
どうしてもストーリーで驚き、感嘆したい☆

3Dはまだ未体験。
作品を選んでトライしてみようかな~♪

>kiraさん

技術だけが優れていても、映画としては半端でしょう。
やはり、ストーリーとの相乗効果であってほしいですよね。文句も書いていますけど、「アバター」は、そう悪くもないと思いますよ。
今度こそは普及しそうな3Dの始まり、という大きな転機としての映画名になりそうな作品、としても価値があるのかもしれません。

NoTitle

はじめまして!!
多分映画好きの方は、こういう感想なんだろうな。って思います。
展開が読めちゃうのと、ほんとワキの人がどんどこ死んじゃうのはやっぱりねぇ~。
主役以外はどうでもいいのか。って感じで。
突っ込みどころは色々ありますが、私の一番は、あの最初の翼竜。
死ぬまで添い遂げるって言ったはずなのに~途中で捨てられるなんて・・・
って感じです(笑)
トラックバック送らせて頂きますね。

>がっちゃんさん

いらっしゃいませ。はじめまして。
いかにもハリウッドといいますか、おもしろいことはおもしろいですけど。
そうでした。あの翼竜は気の毒ですよねえ。気づきませんでした! 一匹で、後を追って飛んでいたりして?(控え選手みたい?)
また遊びにきてくださいね~。

NoTitle

映画代、高いのに3Dはもっと高くなりますから
なかなか比較できないんですが、
もしお金持ちだったら、3Dじゃない普通版と
どれぐらい見え方が違うのか、ぜひ確かめてみたいです(^^ゞ

>kiyotayokiさん

2Dでも、かなり、きれいにできているらしいですね。
立体感がないだけ、といいますか、そこが違うのが当然なんですけど。
今年は、テレビ画像も3D時代になりそうで、身近な技術になって、見やすく安価になるといいですよね。

こちらにも~♪

コメトラありがとうございました!
大分前にあったTBに気がつかなくてすみません
でした(^^;

ボーさんはいまひとつだったみたいですね(^^;
私もメガネオンメガネなので、いつも頭が痛くなったのですが、
今回はヒルズではなかったので、メガネが
軽くて、またIMAXだったのが良かったんか映像部分はかなり楽しめました♪

ボーさんも2回目鑑賞で、気持ち(笑)評価が上がったようで良かったです(笑)

>ひろちゃんさん

いえいえ、私もどこにTBしたのか、お返しをもらったのか、わからなくなることがありますから。

文句も書いていますけど、わりといいと思いますよ。
これだけやってくれれば。
ワーナーマイカルなどの、軽いメガネのほうがいいなあと感じています。ほんとは、どうなのか、場数を踏まないと(?)分かりませんけども。

圧倒されっぱなし

ボーさん、こんにちは!
劇場や座席位置などによって見え方が変わるものなんですね。
私は運よく先月オープンしたIMAXシアターで鑑賞できたせいか、
自分がパンドラに行って主人公と同じ体験をした気分になりました。

ナヴィだって最初マンガみたいで好みじゃなかったけど、
すごく感情移入しちゃってステキな民族に見えてきましたもん。

破壊行為をする人間に対して、私も腹が立ちましたよ。
あれが戦争の愚かさを思い知らせるものになればいいよね~!

>YANさん

ありがとうございます。
IMAX行ってみたいけど、遠い…。&込んでそう…。
私は、そこにいる、という気持ちには、まるでならなかったですよ。
戦争、自然破壊など、問題提起は、しっかり受け止めましたけれど。
いい体験ができて、よかったですね! うらやましいですよ~ん。

お仲間がいて嬉しい☆

ボーさん、トラコメありがとうございます。
お仲間がいてうれしいです。
皆さん、猫も杓子も3D万歳!で、ちょっと肩身の狭い思いをしておりました。
やっぱり3Dにイマイチ反応できないと、ストーリーはありきたりなので、感動できないですよね。
私は目がぐるぐるしてくるので、もう二度と3Dは観ないつもりです。
2Dでも十分美しいので、きっと落ち着いて鑑賞できるかな~

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは!
平日の昼間は不在なのでレスは夜か朝になりますが、よろしくお願いします。
2回目に観たときは、違う方式で日本語吹替だったので、頭痛がなかったし、3Dの様子がより分かりました。
これからの3D技術の進展や、観るほうの調子や慣れにも左右されるかもしれません。でも、いままでの感じでは、それほど大したことないような印象が…。(苦笑)

「アバター」についていえば、3Dが大きなプラスイメージになりましたが、ストーリーは悪くはないけど、フツーだと思います。

3Dが普及しても、3Dのみの公開ではなくて、2Dか3Dか選択できるようになってほしいですね。

たった今見てきました

迷ったあげく、ド近眼のうえメガネOnメガネになるので2Dで観ました。
ファンタジー好きの私には目が離せませんでした。
いろいろな想像上の生物・景色のデザインに感心。
ファンタジーなので、多少の「あれって変?」も私には問題ないのです。

>しねまファイブさん

おはようございます。
3Dなしでも楽しめたようで、よかったですね!
私はナヴィの生態系には、あまり興味はなかったので…。翼竜は、いいですけども。
そういうあたりでも、観客それぞれの満足度の違いが出るものですよねえ。

こんばんは☆

ボーさん、TB&コメントありがとうございました☆
確かにあまり飛び出したりとかの3D効果はなく、あくまで奥行きを表現する3D効果でしたね♪
大佐はホンマまさに悪役って感じでしたねw

事後報告となって申し訳ありませんが、ボーさんのブログオイラのブログにリンク貼らさせて頂きました♪
オイラも映画ブログ書いてるので、相互リンクして頂けると嬉しいです。
よかったらヨロシクお願いします☆
また遊びに来ますねぇ♪

>トラヴィスさん

こんばんは。
ありがとうございます、喜んでリンクさせていただきます!
奥行きで3Dとなると、飛び出すよりも驚き度が薄いような気がしてしまう私は、ガキンチョなのでしょうかねー。
「アバター」がすごいすごいと聞くと、どうも反発したくなる、ひねくれ者なのでした。

アバターと関係なくて、すみません

たまたまv-331で見た雑誌(すみません、名前忘れてしまいました。映画関係ではなかったです)に“3D映画の歴史”みたいな記事がありました。
3Dv-338が出始めた頃、映画女優雑誌(今でいう、写真集?)も3Dの物(赤青メガネ付き!)があったそうです。当時の2,3冊の写真の中に、マリリンさん表紙の雑誌もありましたよ。

ただし、あの赤と青が(何と表現すれば…)ああなっている写真なので、赤青メガネをかけない限り、よく分からない状態でしたが。
立体写真集の実物、ご覧になりたいでしょうね?

>モペットちゃんさん

ぬわぁんと!
3Dの女優さん雑誌ですか! マリリンですか!
見たいですよー!
おもしろい情報、ありがとうございます。
その記事が出ていたのは、なんの雑誌かなあー。

こんばんは。

私は映像は楽しめたのですが、その他の部分はイマイチでした。
でも、世間では大絶賛されているようなので、迎合するしかないのでしょう。
ハイ、良い映画でした(汗)。
>ナヴィの造形というか、顔とか色とか、あんまり好きでもない
そうそう、私も~!!!

>マーちゃん

おはようございます。
3Dの話題がなかったら、悪くはないよな、というくらいの映画じゃないかと私自身は思ってしまいます。
有名になったり、大人気になったりすると、反発心が出てきやすい性格でもあり…。

トラバありがとうございます

『アバター』3Dもなんも感じられないDVDで鑑賞しましたゆえ、本来の目的は全然達していない私なののに、コメントありがとうございました。

ボーさんのおっしゃるとおり、3Dに関しては、劇場鑑賞した人・・・ユニバーサルスタジオのアトラクションで3D遊び慣れ(?)してるパートのおばちゃんたちが「なんか全然・・・ユニバの方が迫力ある」とか言ってました。
ストーリーは、ゲーム系で、ひねりも余りなく、一本道で分かりやすかったのが却ってヨカッタと思います。。。

>しぶとい大佐
私も、狂ったように意味もなく、ただただエネルギーの無駄遣いしている悪い大佐、ハマりました。マジで、最後のほう(ちょっと)応援してしまいました。こういうキャラ、好きです(笑)
>ミシェル・ロドリゲス
頼れる姉御って感じでカッコいいですね!

>unikoさん

3Dを抜きにすると、どういう評価になるのか、と改めて考えてしまいますが、おもしろい映画ではあったと思います。
いかにもキャメロン映画なエンタメで。

悪役が強くないと、いけませんね!
強い姉御もいてほしいですね!

テレビでソフトを見るときも3Dだと面白いんですけど。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1730-39c94e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アバター

 『観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。』  コチラの「アバター」は、「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの新作となる12/23公開のSFアドベンチャーなのですが、3D特別前夜祭で早速観て来ちゃいましたぁ~♪

【映画評】アバター

地球から遥か離れた惑星パンドラを舞台に描かれる、異文化交流アクション超大作。

『アバター』(2009)/アメリカ

原題:AVATAR監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、スティーヴン・ラング公式サイトはこちら。<Story>元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシ...

アバター(AVATAR)

公式サイト。ジェームズ・キャメロン監督、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ。うへえ、まるで手塚治虫のジャングル大帝かオオカミ少年ケンか。というか、このアバターのモ...

アバター

今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採...

「アバター」:荒川一丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}あら、こんなところに、取り残されたように一軒の家が・・・。三方から攻められたら逃げ場がないわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、そんな物騒なこと、言うなよ。 {/hiyo_en2/}でも、平和に暮らしてたって、いつ襲われるかわからないっていうのは、宇宙的な真実

アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星、パンドラ。この世界観が圧倒的に凄い{/ee_3/} ジェームズ・キャメロン監督、構想14年 製作4年を費やした最新SF超大作{/ee_3/} ...

アバター

構想に14年、製作に4年を費やして「タイタニック」のジェームズ・キャメロンが完成させた大作。2Dでも上映されるが、基本、3D作品。実写での本格的3D作品になっている。 典型的な「ミイラ取りが、ミイラになる」と言うストーリーの作品であるが、構想と制作に長時間掛け

アバター

かつてない規模のウルルン滞在記。  

『アバター』

(原題:AVTAR) ----世界中が首を長くして待っていた映画だニャ。 『タイタニック』以来、12年ぶりとなる ジェームズ・キャメロン監督作だよね。 究極の3Dということで注目度は高かったよね。 「うん。3Dは目が疲れるし、 スクリーンも暗く見えるということで あまり

アバター 3D 字幕版 / 80点/ AVATAR 3D

今までの映画(2D)の概念では計れない映画(3D)がここに誕生しました! 『 アバター 3D 字幕版 / 80点/ AVATAR 3D 』 2009年 アメリカ 162分 監督 : ジェームズ・キャメロン 脚本 : ジェームズ・キャメロン 出演 : サム・ワーシントン、ゾー

アバター 3D・吹替版 [映画]

原題:AVATAR公開:2009/12/23製作国:アメリカ上映時間:162分監督:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア

映画レビュー「アバター」

アバター◆プチレビュー◆深淵な世界観が見事なSF冒険物語。最新の3D技術で提供される美しい映像に思わず息を呑む。 【90点】 22世紀。戦傷で下半身不随となった元海兵隊員のジェイクは、亡き兄に代わってアバター・プロジェクトに参加する。目的は、5光年離れた

★「アバター」

今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30~の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。

アバター

ジェームズ・キャメロン監督が久しぶりにメガホンを取った大作、アバター。 アバターというのはインターネット上でよく使われる自分の分身の事。 映画では他の惑星の先住民を模して作られ、自分の自由に動かせる体の事。 映画の予告は何度か観ていたけど、あまり興味...

「アバター」レビュー

映画「アバター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー

アバター

戦争で下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、“アバター・プロジェクト”にスカウトされ衛星パンドラにや...

『アバター』 ロジャー・ディーンの驚異の世界

 【ネタバレ注意】  この日が来ると誰が想像し得ただろう。  ロジャー・ディーンの流麗なイラストレーションの世界が、映像になって動...

アバター

観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 原題 AVATAR 製作年度 2009年 上映時間 162分 監督/脚本 ジェームズ・キャメロン 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーヴァー/スティーヴン・...

アバターもエクボ

違うかっ(笑)予告で見てたこのナヴィ族の顔には惹かれなかったんですよね~。それがもう終盤にはすっかりファンになってましたもん!リアルなアバター(ナヴィ族)の表情や映像にも感動。テレビで撮影風景も見ていたので尚感動^^今年最後にと決めていた『アバター』、観て

アバター 3D

ジェームズ・キャメロン渾身の一作『アバター』を、IMAX3Dの字幕版で観てきました。 ★★★★★ 凄い!凄いCG技術! IMAXの効果も相まって、まるで本当にその世界が目の前で展開しているかのような、つーか、背景も含めてほぼ全部CGなシークエンスがほとんどなんだと思う...

アバター

アバター’09:米 ◆原題:AVATAR◆監督・脚本・製作: ジェームズ・キャメロン「タイタニック」「ターミネーター」1、2 ◆出演: サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング

アバター

もうひとつの体。もうひとつの運命。

アバター

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の運命..

アバター

アバター (原題:AVATAR) 296本目 2009-56 上映時間 2時間42分 監督 ジェームズ・キャメロン 出演 サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)    ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)    シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)    スティーヴ

アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す

【1】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを今年からで貯め直したかったために、封切りしてからも年が変わるのを待っていた「アバター」を

アバター IMAX 3D【字幕版】

AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつ

『アバター』

『アバター』を観ました『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作です>>『アバター』関連原題:AVATARジャンル:SF/アドベンチャー/アクション製作: 2009年・アメリカ上映時間:16...

アバター

Avatar (2009年) 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーブン・ラング、シガーニー・ウィーバー 惑星パンドラを舞台に、人間と先住民ナヴィとの戦争を描くSFアクション映画で、パンドラに眠る貴重な鉱物資源を狙う企業に雇

『アバター』

今年一発目の映画は『アバター』お正月らしく話題作を見てきました。

レビュー:アバター

『映画の進化に巨星キャメロンあり』 / 構想14年、製作4年――。映画技術の英知を結集して製作された本作は、本年の東京国際映画祭で、完全招待制となる『アバター・スペシャル・プレゼンテーション』と銘打たれた27分間のフッテージ映像としていち早く御披露目され、一

★アバター(2009)★

AVATAR観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。上映時間162分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/12/23ジャンルSF/アドベンチャー/アクション【解説】「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監...

映画「アバター」の感想です。

お久しぶりの更新です。「アバター」を観てきたので、私の今年最後に観る映画となるのでUPしてみました。この映画は全編3D映画と言うことで公開前からすごく話題になっていましたが、私が観たのは3Dではなく2Dの普通の映画館だったので、それほどすごいと言える映...

アバター☆★AVATAR

今年最後の鑑賞作品になりそうです。 忘れてました!3D字幕版で鑑賞しています。 観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 観ないつもりだったんだけど・・・・。やはり気になるので、観に行ってきました。「タイタニック」のジェーム...

アバター/AVATAR(3D映画)

[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....

映画「アバター AVATAR」素晴らしい映像、すでに名作、何度も見...

「アバター」★★★★★オススメ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演 ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ (原題:AVATAR)                ...

アバター(IMAX 3D字幕)

「観るのではない。そこにいるのだ。」 本当にそこにいた~~!目の前にいた~! これが映画なの?って思ったもんね・・・ 今までとは別次...

【アバター】 映画

3Dではなかったけれど、、、  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング 【あらすじ】元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造ら...

あなたが見える~『アバター』

 AVATAR  未来。車椅子の元海兵隊員ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、事故死し た双子の兄の代わりに惑星パンドラへと向か...

アバター 2010-01

あのジェームズ・キャメロン監督の作品、3Dの描写が凄い!って噂だけど、相棒が3D映画嫌いなんだよね・・・ボクもメガネ男子(←どこが...

アバター (サム・ワーシントンさん)

◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想

映画「アバター」

話題の映画「アバター」を3Dで鑑賞。

アバター 3D

アバター 3D - goo 映画 1月10日、映画館にて。 昨年は3D元年と言われて、3Dの映画が次から次へと公開されました。昨年「クリスマスキャ...

ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』

地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。

(映画)アバター(AVATAR)

アバターは、大人気で直ぐに満員になってなかなか見られませんでした。ようやく映画を見られましたが3Dの眼鏡を長くしていると軽い乗り物酔いになった感じでした。映像は、3Dだけあって冒頭の自然の美しさを実感出来ましたが、戦闘シーンになると3Dの良さが旨く生か...

アバター

 『アバター』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。  予告編からそのストーリー展開は十分推測できるように思えるところから、わざわざ見に行かないつもりでしたが、アニメ監督の押井守氏が、「あれには10年かけても追いつけない」と言っていたりして、そんなにすごいの...

アバター

西暦2154年。 ジェイク・サリーの双子の兄トミーは、地球からおよそ5光年離れた惑星パンドラへ旅立つ予定だった。そのためにインテリジェンスのトミーは、多くの知識を学んでいた。 だが出発予定の2週間前、トミーは不慮の事故で死亡する。 その代理として、ジェ...

「アバター」 3D新時代

もし3D映画が、これからの映画新時代の幕開けなのだとしたら、もう新時代など来なければいい・・・・・

アバター

この映画の予告を観た時、 その時は3D上映とは知らなかったせいもあるのですが、 ストーリーも、もさんざん使いまわされたような話だし、 何を今更と思ったのです。 というわけで、全く観る気なしでした。 ところが、周りの評判がともかく良い! 特に映像。 これは...

アバター

・アバター(12月23日より公開 ジェームズ・キャメロン監督 サム・ワーシントン主演) 今話題の映画「アバター」を上映から1カ月遅れで見に行きました。 自分が見たのは「3D」ではなく「2D」の方でしたが、2Dでも十分迫力のある自然や戦闘シーンなどが楽しめました...

アバター 3D <ネタバレあり>

3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...

映画:アバター 3D

 短い映画だと公開から1ヶ月で終わってしまうものも少なくない昨今、公開から約1ヶ月のアバターを見てきました。公開から1ヶ月弱後の日曜のレイトショーなんて普通ならガラガラなのに、めちゃ込みでしたよ。ちなみにポイントの無料券+300円の3Dでの鑑賞です。

「アバター」を観る

ジェームス・キャメロン監督の新作「アバター」を観てきました。 初めてこの予告を観た時は、「やっちゃった?」と一瞬思った青いナヴィのアバター。たまたま劇場鑑賞券をタダGETしていたので、公開直後の騒ぎが収まったら観に行こうと思ってたけど、大ヒットの満員御...

アバター AVATAR(字幕3D版)

[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...

「アバター」

遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ

オーシャンズ&アバター

『ニュー・シネマ・パラダイス』や『コーラス』の名優にして、『WATARIDORI』では監督として観る者を魅了したジャック・ペランが、世界中の海を...

『アバター』’09・米

あらすじ元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された・・・。感想アカデミー賞9部門ノミネート興行収入歴代1位超話題の映画の遅ればせながらの感想3Dって言っても、画面全体が3Dやなくて背景とかは普...

【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い?

昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行くのが目的だったので、私の収穫は長袖Tシャツが1枚のみ{/face_acha/}{/down/} 帰りの古賀サービスエリアで食...

mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサ

アバター

AVATAR 2009年:アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・ザルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョバンニ・リビジ、ジョエル・デヴィッド・ムーア 22世紀、人類は地球から遠く離れた惑...

アバター-映画感想:2010-

監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、他 評価:90点 青い顔をした異星人「ナヴィ」たち。 誰かに似ていると思ったら経済評論家の勝間氏に少し似ている。 それよりも会社の同僚の埴生にとにかくそっくりだ

『アバター』 映画レビュー

『 アバター 』 (2009)監  督 :ジェームズ・キャメロンキャスト :サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、 スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス 『タイタニック』...

アバター

いまだ見てなかった作品。レンタル開始日早々に借りてきて、母に貸したら一年半以上戻ってこなかったという…^;3D映画の先駆けですね。 この作品は、鑑賞者が一緒にパンドラの中へ入っていくような感覚の作品でしょ、最初は違和感ありまくりのナヴィ達にも自然と慣れ?...

「ティンカー・ベルと月の石」(1回目) «  | BLOG TOP |  » 「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード