FC2ブログ
topimage

2019-08

第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(1) - 2010.01.09 Sat

自分のホームページの名前をとった、年度ごとに独断と偏見で選ぶ映画賞。
…ところで「シネマ」っていう英語、日本語だと「しね」という響きを含むから、ちょっと嫌じゃないですか?


それはともかく、2009年度はメインの賞からではなく、その周辺の各賞(ショー、笑、しょう、傷、show、しょー、章、焦)から発表!

『人の一生ひとり芝居ショー』
ブラッド・ピット 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
特殊撮影があるとはいえ、見た目に老いて生まれ、見た目が若くなって死ぬ、という珍しい(実際にはない)一生を演じたことは、記憶にとどめる価値がありそう。

人の数だけ人生がある、なんちゃってー
(c) 2008 Paramount Pictures Corporation and Warner Bros. Entertainment All Rights Reserved.


『ナイスファイトで笑!』
アリソン・ローマン&ローナ・レイヴァー 「スペル」
笑える傑作ホラーで闘った2人の名(迷?)場面。〝とんでもない&ばかばかしい〟ということと、〝痛快&楽しい〟とは、紙一重の差の感じ方なのだろう。

オラオラ! 痛ってーな、こんちくしょー!
(c) 2009 Curse Productions, LLC


『日本の犬は優秀でしょう?』
HACHI 「HACHI 約束の犬」
ジャパンの有名な忠犬が、アメリカのハリウッドへ輸出。肝心のアメリカで映画が受けた、という話は聞いていないが、どうなの? 秋田犬を飼うアメリカ人は増えたか!?

わーい、ハッチー!
(c) Hachiko,LLC


『なんとも不思議な映画で傷(しょう)』
「ダイアナの選択」
傷(しょう)としたのは、映画のイメージに近い〝しょう〟の文字を考えた結果。頭の中で話の解決はつかないが、雰囲気が好き。〝もやもや〟で終わる映画もあっていい。

エヴァン・レイチェル・ウッドも好演
(c) 2008 2929 Productions, LLC.


『20代でもセーラー服をまとって萌えさせまshow』
チョン・ジヒョン 「ラスト・ブラッド」
セーラー服ヒロイン、まさかチョンちゃん20代後半だったなんてね! でも、かまいません! 燃えよドラゴン、萌えよセーラー服!? 続編ないかなー(30代でも??)
  
セーラー服と日本刀
(c) 2009, East Wing Holdings Corp. and SAJ. All Rights Reserved.


『最優秀映画館賞』
「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」
なんといっても「マンマ・ミーア!」の英語歌詞字幕つき上映をロングランしてくれた素晴らしさ! ファンを大事にするべき映画館の鑑(かがみ)。第1回に続いての受賞。
もうちょい近いといいけどなあ


ここからは、順に、ワースト5位~1位の発表になります。
好きな映画をけなされると怒る方は、中身まで読まないほうが心の健康のためにいいじゃん!?

『身勝手でしょー!』
「2012」
人間としてどうだ、などとは全く関係なく、一部の金持ちや偉そうな政府関係者は生き残り、心が清くても貧乏人はあの世行き。アダムとイヴの選び方を間違える醜い現実。
感想に書くのを忘れてたけど、〝目的の書類は、マリリンのファイルとエリア51のファイルの間に挟まれてる〟というネタがあった。マリリン(の死)に関しても政府の極秘事項なのだね?

マリリンのファイルの隣じゃけん
(c) 2009 Sony Pictures Digital Inc. All rights Reserved.


『続編になったらツマラン章』
「レッドクリフPartⅡ ―未来への最終決戦―」
第2章になったら、戦いは大掛かりになったが、全体としては、ずいぶんツマラない、ありふれた話になった。男装して敵軍潜入は、一見してバレバレで、映画の初めから興味をそがれた。

敗北の理由は曹操の油断だったのか?
(c) 2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.


『マジにトンデモ映画賞』
「ノウイング」
まじーめに作っていて、まじーめに観ていて、おお、結局そういうことかい! と思う度合いが高かった、といいますか。似たような映画も、ほかにあったんだけど、これが印象としては、いちばん悪かったわけですね。

まさか、おかあさんが、、、
(c) 2009 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


『ビミョーすぎる映画化で焦(しょう)』
「DRAGONBALL EVOLUTION」
焦(しょう)としたのは、やはり実写では無理だったか、と焦(あせ)ったから。それとも、冷や汗をかいて〝汗った〟かも? どこか珍妙なものだったような記憶が、うっすらうっすらと残照のように、フラッシュバックのように…

もうちょい、どうにかならなかったものか
DRAGONBALL (c) 2008 Fox,Based on DRAGONBALL series by Akira.Toriyama.DRAGONBALL TM & (C) Bird Studio/Shueisha, Inc.


『シネマ停留所映画賞認定・最優秀つまらん映画賞』
「ホースメン」
ハリウッド製実写ドラゴンボールがワーストかなと思っていたら、これがやってきた。話がツマラないうえに、内容が陰惨で、痛くてツマラない猟奇風味なのも、おおいにマイナス。チャン・ツィイーの生かしどころさえなくて、もったいない。時間的にも気分的にもムダ。

mottainai チャンちゃん
(c) 2008 Horsemen Productions, LLC All Rights Reserved.

次回は、パート2。いよいよ、助演、主演、作品賞などの発表に!

関連記事:第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(2)
2009年・映画館で観た映画・好きな順
2009年・テレビ(画面)で観た映画

● COMMENT ●

No title

こんにちは~♪
色んな賞、拝見しました^

「続編になったらツマラン章」に同感!!
実は私も20世紀少年と合わせてそういう賞を作ったのですが(笑)、文字数の関係で削除したんですよ~
「ナイスでファイト笑」も納得です~(笑)

ダイアナの選択~は現在DVDを借りてあります。
どんな映画か楽しみ~♪

>由香さん

さっそく、ありがとうございます!
最近の年間マイベスト映画記事は4本だてなので、あと3つあります。
内容に凝ると疲れますけど、出来上がりを見て自ら喜ぶという、好きなことには凝るB型みずがめ座の自画自賛なボーでした。

レッドクリフ第2部、同感ですか? わーい。
「スペル」のバトルも、おばかで文句なしですね。
「ダイアナ」、期待すると満足度ハードルが上がるから、ぜひ、期待しないでくださいっっ。

こちらにも~♪

いろいろな賞があって面白いですね(^_-)-☆
ラストブラッドは未見ですが、巷の評価はあまり
良くなったような(^_^;)
ボーさん、ジヒョンちゃんがかわいいからから~~かあ?(笑)

ワースト1はドラゴンボール~かと思ったら(笑)さらにヒドイのが
あったんですね(^_^;)
チャンツィーの魅力をもってしてもだめだったのですから本当に
つまらない作品だったんですね(^_^;)

ダイアナの選択は未見ですので観てみたいと思います(^_-)-☆

>ひろちゃんさん

ありがとうございます!
なんとなく「しょう」の漢字を変えて遊んでみました。
「ラスト・ブラッド」は、珍しく休日の試写で行けたもので、試写でなければ観なかったかもしれません。
たしかに、かわいければ、いいのですけど。(爆)

マイ・ワーストといっても、これ面白かった!という人もいるかもしれず。好みはさまざまですからね。
「ダイアナ」は公開規模が小さかったので、観ていない方も多いと思います。ぜひ、(期待せずに)トライしてみてください!

寛容

TBありがとう。

まあ、結局、前評判のいい映画ばかりを選択していてもつまんないですからね。
泣くようなハメになっても、地雷を踏むことになろうが、オバカさん映画と付き合うことで、たまにはラッキーもありますしね(笑)

>kimion20002000さん

そうですね、周囲の評判も、観賞する判断の基準には多少入れたいですが、自分が興味をひかれた映画がいちばんです。
ワースト方面な映画も、一面では、楽しいともいえますし。できれば、間口は狭くしないようにしたいものですね。

No title

最近映画を観ていないので レッドクリフしか知りません。
シネマがダメならキネマはいかが?

>Nanakonaさん

あっらー、赤壁だけですか。
あ、キネマ、いいかもー。

 

「しょう」も色々で、ボーさんならではのユニーク賞で楽しいです~♪
そして、どれも観た事がない(!)ので、それぞれこれから観るのが楽しみです、ふふふ…
一番観てみたいのは「スペル」かな?

>まおさん

ありがとうございます~。
必ずしも「~賞」と名づけなくてもいいかなと、遊びに走ってしまいました。
「スペル」は、見るとき、あんまり真面目に構えないようにしてくださいねっ。

No title

『ドラゴンボール』が微妙なのは想像つきますが
『ホースメン』がそれをう上回る作品だったとは!
これは逆に、是非とも観てみたいものです(^^;

写真にカーソルをあわせると出るフキダシ、
これがまた楽しいです~~(^^)

>わさぴょんさん

そーなのです。馬男くんたちが最悪賞を受賞。
そういうものを見てみたい気は、すごくわかります。
心構えしだいで、見ても損はしないかもしれません。

画像のキャプション、本文中で説明しようかとも思ったのですが、気づいた方、知ってる方だけのお楽しみでもいいかなと。お遊びなので。(楽しくない文章もありますが。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1742-c37eacee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★

   Merry Christmasいよいよ暮も押し迫り、年末のベスト10を選ぶ時期がきましたそして今月の20日でブログが無事3周年を迎えました―3年もブログを続けるなんて自分でも信じられませんが、これも仲良くして下さった皆さま、拙い記事を読んで下さった皆さま、エールを...

★謹賀新年&1月公開の気になる映画★

<↑シャーロックホームズは3月、アリスインワンダーランドは4月公開です>明けましておめでとうございます!皆様お正月はいかがお過ごしでしょうか?私は、大掃除は途中放棄(窓ガラスや洗濯したカーテンと取り付けなどは主人や息子二人がしてくれたので、助かりました...

座布団シネマ2009 お薦め映画発表です!

さて、毎度のことですが、恒例の「お薦め映画」発表です。私の場合は、ほとんどが怠惰なDVDの寝転び鑑賞であり、新作ロードショーからは、半年から1年のタイムラグ、ミニ映画館上映ものでは、2,3年のタイムラグでようやくDVDで出されるものもありますので、ご容赦を。さき...

座布団シネマ2009 馬鹿野郎映画発表です!

昨日の「お薦め映画」発表に続き、こちらも恒例の「馬鹿野郎映画」発表です。いつも、こちらのほうが、注目度が高いんですよねぇ(笑)★10個採点ですが、「馬鹿野郎映画」のレヴューは、あえて思い出したくもない映画をこき下ろすわけですから、エネルギーがかかるんです...

2009☆ベスト&ワースト映画 /2009 BEST&WORST MOVIE☆

今年で12年目となりました☆独断と好みによりmigが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/} 映画の出来の良さではなく、面白く感じたものを重視{/m_0136/}  対象となるのは 2009年に公開またはDVD化された作品。 劇場にて102本(試写含む、2回以上観た作品は1本と...

-2009年- 私の好きな作品

今年もこの一年に観た作品を振り返り、 中でも私のハートに迫った感動の作品、こころをほぐして楽しませてくれた作品を挙げて 今年の最後の更新にしたと思います。 【劇場鑑賞 洋画】 今回も一応星をつけてありますが、どれも好きな作品、感動した作品です♪ 愛を読む

『2009年特別企画:無人島に15日。フォーンと行くならこの15本』

----2009年も、あと3日。 恒例の『無人島に行くなら~』。 確か、昨年はお休みだったけど、 あらら、今回も少し違う感じだニャあ。 えっ、今回は『速報 シネマグランプリ』だって? それってニャによ? 「うん。 これは、元『シティロード』の副編集長 “れがある”さん

ブログ納め2009

 今年も皆様のオカゲで、当ブログも無事に大晦日を迎えることができました。1年間本当にありがとうございました。と言うワケで、この記事をもちまして2009年のブログ納めとさせていただきます。映画ブロガーの皆様は年間TOP10を発表される方が多いと思うのですが、当ブロ...

発表!~ 2009年真紅デミー賞 & 業務連絡 ~

 作品賞: 『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』  監督賞: ケニー・オルテガ 『TII』 『HSM』  主演男優賞: ミッキー・ローク ...

2009 unforgettable movies

日本も世界も、色々な意味で大きな変動期を迎えた2009年もそろそろ終わり。 昔から経済危機の時代には、映画が豊作になるといわれるが、その...

2009年大晦日、お世話になりましたSP

2009年も今日で終了です。今年もたくさんの方々に仲良くしていただきました、お話させていただきました、本当に大変お世話になりました。来年も変わらずにおつき合いしていただけるとうれしいです。ちゃんとご挨拶に伺いたかったのですが・・・。☆2010年も、どうぞよろし...

今年の劇場鑑賞ベスト10です。今年も、みなさまありがとうございました。

「映画のお友達」ブログを訪れていただいた方、お付き合いしていただいた方、誠にありがとうございました。 今年は、55作品劇場鑑賞してますね。 独断と偏見(あまり深くは考えてません・笑)ですが、今年のベスト10を発表させてもらいます。 第1位:『グラン・ト

第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(2) «  | BLOG TOP |  » 一覧(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード