FC2ブログ
topimage

2019-11

第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(2) - 2010.01.10 Sun

さて、パート2はマトモな賞のみを発表!

おもしろくはないから、期待しないで、レッツ・ゴー!

みんなでわいわいアンサンブル映画賞
ビル・ナイほか多数 「パイレーツ・ロック」
アンサンブル。複数の俳優の共演で効果的に盛り上がるわけですね。この映画は、個性豊かなメンバーがさまざまに活躍して楽しめた。DJいっぱい船の中。

アンサンブルですよねえ?
(c) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


思いやり全開キスシーン賞
フリーダ・ピント&デヴ・パテル 「スラムドッグ$ミリオネア」
唇にではないキス。これですよ、いちばんいいシーンは。やさしさ、いたわりを最優先。そのシーンの画像は見当たらなかったけど、これから映画を見る方は、お見逃しなく。

愛がきらきら
(c) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation


よくやった!リメイク賞
「3時10分、決断のとき」
どちらかといえば、さらっとしているオリジナルを、重く、熱く、感情豊かに、話を厚くした。いまどき珍しい西部劇だし、ジェームズ・マンゴールド監督の熱意と愛情がたっぷり。

いまやなつかしい西部劇
(c) 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.


特別賞
マイケル・ジャクソン 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
急逝したマイケルが準備していたコンサートのリハーサル映像を編集したもの。未完成だが、逆に生々しい魅力にもなっている。これがファンへの最後の贈り物になったのか。
マイコー永遠に


最優秀新人賞
候補者は、
ジェニファー・ローレンス 「あの日、欲望の大地で」
メラニー・ロラン 「イングロリアス・バスターズ」
フリーダ・ピント 「スラムドッグ$ミリオネア」
デヴ・パテル 「スラムドッグ$ミリオネア」
ソフィア・ヴァジリーヴァ 「私の中のあなた」

審査員(私しかいないが)によって選ばれたのは、ソフィア・ヴァジリーヴァ「私の中のあなた」)。
難病ものを演じると賞を取りやすいというが、そんなことは関係なく、ソフィアは病気のシーンですら、自然で上手かった。下の画像の手前がソフィア。奥は妹役のアビゲイル・ブレスリン。

これからの活躍も期待
(c) MMIX New Line Productions,Inc.All Rights Reserved.


最優秀監督賞
候補者は、
クリント・イーストウッド 「グラン・トリノ」「チェンジリング」
サム・ライミ 「スペル」
ケニー・オルテガ 「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
フィリダ・ロイド 「マンマ・ミーア!」
三池崇史 「ヤッターマン」

選ばれたのは、サム・ライミ「スペル」)。
この監督でしか、この映画は作れない、というのは、ここに挙げた候補は、みんなそうだが、結局は好みの問題か。「マンマ・ミーア!」は大好きだが、原作は舞台劇で、映画化に際しては土台があったということで、監督賞は「スペル」のほうに。

ライミ監督中
(c) 2009 Curse Productions, LLC


最優秀助演男優賞
候補者は、
ビル・ナイ 「アンダーワールド:ビギンズ」「パイレーツ・ロック」
クリストフ・ヴァルツ 「イングロリアス・バスターズ」
ジャッキー・アール・ヘイリー 「ウォッチメン」
クリスチャン・ベイル 「3時10分、決断のとき」「ターミネーター4」
HACHI 「HACHI 約束の犬」

選ばれたのは、ジャッキー・アール・ヘイリー「ウォッチメン」)。
審査員によれば、いちばん、かっこいいから。HACHIは、いつも駅前にいるので、受賞しても式に来られないらしく、その点は不利だった。

ジャッキーかっこいい!
Copyright (c) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (c)DC Comics. Smiley Face Logo:TM Smileyworld, Ltd.


最優秀助演女優賞
候補者は、
エミリー・ブラント 「サンシャイン・クリーニング」
ローナ・レイヴァー 「スペル」
エヴァン・レイチェル・ウッド 「ダイアナの選択」「レスラー」
エイミー・アダムス 「ダウト ~あるカトリック学校で~」「ナイト ミュージアム2」
アマンダ・セイフライド 「マンマ・ミーア!」

選ばれたのは、なんたってもう、アマンダ・セイフライド「マンマ・ミーア!」)。
「マンマ・ミーア!」は、彼女という人材を得たことで素敵なミュージカルになった。奇跡のような最適役。伸びやかな歌声、エーゲ海が似合う明るさ、キュートな存在感。完璧! 異論があっても同意しません。

アマンダ、アマンダ、アマンダ!愛してるよーう!
(c) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED


最優秀主演男優賞
候補者は、
サム・ワーシントン 「アバター」「ターミネーター4」
ヒュー・ジャックマン 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「オーストラリア」
フィリップ・シーモア・ホフマン 「ダウト ~あるカトリック学校で~」「パイレーツ・ロック」
ミッキー・ローク 「レスラー」
ATOM 「ATOM」

選ばれたのは、ミッキー・ローク「レスラー」)。
ほんとの落ちぶれたレスラーのよう。ダメ親父ぶりもリアルでシビア。ATOMは、授賞式のときに地球を守る仕事が入るかもしれないので不利だった。
共演のマリサ・トメイもよかった!


最優秀主演女優賞
候補者は、
ケイト・ウィンスレット 「愛を読むひと」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」
エイミー・アダムス 「サンシャイン・クリーニング」「ジュリー&ジュリア」
メリル・ストリープ 「ジュリー&ジュリア」「ダウト ~あるカトリック学校で~」「マンマ・ミーア!」
アリソン・ローマン 「スペル」
深田恭子 「ヤッターマン」

選ばれたのは、アリソン・ローマン「スペル」)。
大熱演だし。メリルやケイトは、もう賞なんて、いらないでしょ?(いるって言うだろうけど。)

アリソン素晴らしかったよ!
(c) 2009 Curse Productions, LLC


シネマ停留所映画賞認定・最優秀作品賞
候補作はベスト5作品ということになり、このあとの記事で順位発表があるので、ここでは発表しない。

2009年度のマイベスト作品に選ばれたのは、「マンマ・ミーア!」。感想はこちら
当然といえば当然。去年、映画館で18回観賞したんだし。映画館でいっしょに歌った思い出は永遠に残るだろう、そういう特別な映画。

やっぱり、これ! 2009年度トップは、これしかない!
(c) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

以上、2回にわたって、第5回(2009年)シネマ停留所映画賞の発表でした。

関連記事:第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(1)
2009年・映画館で観た映画・好きな順
2009年・テレビ(画面)で観た映画

● COMMENT ●

That's it!

「これだ!」がまさにこれでした。

私はマイケル君とは同世代なので、彼がほんの子供で、ちょっと角兵衛獅子っぽかったジャクソン5の頃からリアルタイムで知っていて、これも大ファンのクインシー・ジョーンズとのコラボが凄かった「ビート・イット」や「ビリー・ジーン」の時も大盛り上がりだったのですが、ここ10年ほどの沈黙期の後の不幸も、すっかり「あの人は今」のように聞いていましたが、この”That Is It"のDVDを買ってみて腰が抜けました。

こんなカンバックを画策していたなんて。。。
いやー、惜しい!!このプロデュース力は並ではない。バック・バンドの充実ぶりはどうよ!皆、スタッフも含めて、残念だったでしょうねー。

しかし、私事で恐縮ですが、ウチの子供はまだ2歳ですが、この映画を観てからは、ランドリーの為のカゴをひっくり返して急造のステージを作り、買ってもらったプラスティックの電池で光るマイクを握り締め、「ビーリーッ、ビーリーッ」(注:ビート・イットのこと)とシャウトしております。
ちゃんと、マイケルの遺伝子は受け継がれました。。。

それから、「よくやったリメイク賞」と、「最優秀男優賞」には大賛成であります。
「最優秀助演男優賞」は、是非、萩原流行似のクリストフ・ヴァルツにも同時受賞をさせてやっていただきたかったところであります。

>lalakiさん

ありがとうございます!
「THIS IS IT」というタイトルも完璧でしたね。これだよ、これ、これで決まりさ!って感じで。
以前からのファンだと、思いもひとしおでしょうね。
きょう記事をUPする年間順位のほうでは、もっと上位にきた映画がたくさんあるのですが、このマイコーも素晴らしかったです。
2歳のお子さんも将来有望ですねー。そのノリの良さはっ! そのうちダンスも加わるかも?(それとも一過性の熱だったりして?)

ヴァルツに授賞ですか? 嫌です。(笑)
というか、1票差で敗れ去りました。(審査員は1人)(爆)
現実には、彼は、すでにいくつか受賞していますし、今後も受賞は増えると思いますが、我が家ではトロフィーに届かず、です。

こんにちは^^

TBまちがっていたようですみませんσ(^◇^;)
で、またまちがえてTBしたみたいで(T^T)
<この記事でなくその1のほうにですが(ーー;)>
間違ったTBは削除よろしくお願い致します。<m(__)m>
お手数かけてすみませんでした(T^T)

私が大好きな作品ばかりだ~~\(^O^)/
パイレーツロック、3時10分~などの受賞は
嬉しいですねえ♪
そうそう、ミッキーファンだった若かりし頃の私(笑)
主演男優賞ありがとうございました^^

新人賞のソフィアは、WOWOWで楽しみに観ていた
ミディアム・霊能者アリソンデュボアに出ていた長女役の
子なので嬉しいです♪
(残念ながら、難病ものの作品は鑑賞できないので
映画は観ていないのですが(^^;>

ベストは予想通り「マンマ・ミーア」でしたね^^
18回鑑賞は凄い!それこそボーさんに何か賞を
さしあげたいくらいです(笑)

観賞

こんにちは。
「マンマミーア」は18回観賞ですか。
拍手ですね。
僕はTVやDVD含めたりして、最近では4回が最高かな。
「パンズ・ラビリンス」です。(笑)

マンマ・ミーア!

いっつもこちらは拝見していたので、あ~また観られたんだなぁ~ってのは
いつも読んでいたのですが、
そっかぁ~最終的には18回!ですかぁ~!
それだけハマれる映画ってすっごく貴重ですよね。
あたしもすっごく好きだったんですよね~。
でも、なんか1回目に観た時にハマりきれなくって、
結局2回目すらなくって満点にまでいかなかったのですが、
ひょっとしたら2回目観てたら満点にしてたかもって感じでした。

>ひろちゃんさん

こんばんは!
はい、削除しておきました~。お気になさらずに。なにか関連していれば消さなくてもいいんですけど。
「パイレーツ~」や「3時10分~」は、入ってきて全然おかしくないでしょうね。
ミッキー(マウスじゃない)は、しょうがないでしょう、他の候補と比べたら受賞にふさわしい気がしますもん。(笑) よく、がんばった!ってことで。

ソフィアちゃん、そういうテレビ番組に出ていたのですか。初耳でした。おなじみの俳優が活躍するのは、うれしいし楽しいですよね!

あ、自分に授賞というのは気づきませんでした。しまった!
…て、やりませんよ、恥ずかしいし、そんなに観るなんてっ!と、あきれられるだけですから~。

>kimion20002000さん

こんばんは。
いえいえ、そんなに観て、ばっかじゃないの、という人も、そちらこちらにいるでしょうから。でも、ありがとうございます。
「パンズ・ラビリンス」も魅力的な映画ですよね。いつか再見したいと思いながら、なかなか実現されていません。見たいけど見られていない、という映画は、けっこうありますね。

>miyuさん

何回目でも、観たら必ずブログに書くので、ああ、また「マンマ」か~と、いろんな人に思われていたことでしょう。
自分でも、こんな回数になるとは思いませんでした。それだけ長く上映していたのが、まず奇跡ですよね。
う~ん、どこかでハマれないところがあると苦しいかもしれませんよ、あの映画は。たとえば、おばちゃんが、何がんばってんだ、みたいに醒めて見たりしていた方は、完璧アウトっぽい感想でしたしね。
miyuさんが、2回目チャレンジして、評価がどうなるか見てみたかったですね~。

拝見しました。

ボーさん、こんばんは。

やっぱり「マンマ・ミーア!」なんですね。これは映画館で観ることの意義を感じます。はい。くそー映画館で観たかった(泣)。

助演賞はアマンダ・セイフライド!納得です。
水着姿でノックアウトされそうです。はい。



>takさん

こんばんは!
そうなんです、どうしたって、これです。
映画館で観たかった、という前向きな方(?)に、観てほしかったです! 本当に。

助演女優賞、賛成していただけます? うれしいです!
今後の活躍も期待したいですね。歌わないで演技だけだと、どうなのか、なんてあたりも見守ってみたいです。

No title

最優秀主演男優賞のミッキーに異論無しです!
とその前に~、あれ?と思ったのは『ウォッチメン』のジャッキー。
ロールシャッハって助演だったんだ・・・
私の中では、「彼が主演」だったんですけど☆
そういえば誰が主役?

>わさぴょんさん

ミッキー(アニメじゃない)の受賞は納得される方が多いようですね。
めでたいことです!
ロールシャッハは主演じゃないでしょー。あえて主演を決めるなら私は、倉庫に乗り物を持っていたウォッチメンのメンバー(男。名前を知らない)だろうか、と考えます。
(主演と助演は、なんとなくそうかな、でもいいのです。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1743-1f2e028e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009☆ベスト&ワースト映画 /2009 BEST&WORST MOVIE☆

今年で12年目となりました☆独断と好みによりmigが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/} 映画の出来の良さではなく、面白く感じたものを重視{/m_0136/}  対象となるのは 2009年に公開またはDVD化された作品。 劇場にて102本(試写含む、2回以上観た作品は1本と...

2009年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★

   Merry Christmasいよいよ暮も押し迫り、年末のベスト10を選ぶ時期がきましたそして今月の20日でブログが無事3周年を迎えました―3年もブログを続けるなんて自分でも信じられませんが、これも仲良くして下さった皆さま、拙い記事を読んで下さった皆さま、エールを...

『2009年特別企画:無人島に15日。フォーンと行くならこの15本』

----2009年も、あと3日。 恒例の『無人島に行くなら~』。 確か、昨年はお休みだったけど、 あらら、今回も少し違う感じだニャあ。 えっ、今回は『速報 シネマグランプリ』だって? それってニャによ? 「うん。 これは、元『シティロード』の副編集長 “れがある”さん

★2009年映画総決算!?★

今年こそは早目の総決算をと思いながら、またまた暮れも押し迫った時期に大掃除もせずにこんなこと(こんなことって~笑)やっています!今年も年賀状を作成するのが遅れたのですが(毎年12月27日過ぎに完成(^_^;))今年、住所録を開くと・・・な、ない(^_^;)住所録が...

ブログ納め2009

 今年も皆様のオカゲで、当ブログも無事に大晦日を迎えることができました。1年間本当にありがとうございました。と言うワケで、この記事をもちまして2009年のブログ納めとさせていただきます。映画ブロガーの皆様は年間TOP10を発表される方が多いと思うのですが、当ブロ...

謹賀新年2009

皆様 あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログおよび映画ファンサイト「Some Like It Hot」をご愛顧いただきましてありがとうございました。アラフォー男の戯言におつきあいくださった皆様のお陰で、このブログは6年目、本家サイトはなんと10年目でござい...

2009年大晦日、お世話になりましたSP

2009年も今日で終了です。今年もたくさんの方々に仲良くしていただきました、お話させていただきました、本当に大変お世話になりました。来年も変わらずにおつき合いしていただけるとうれしいです。ちゃんとご挨拶に伺いたかったのですが・・・。☆2010年も、どうぞよろし...

今年の劇場鑑賞ベスト10です。今年も、みなさまありがとうございました。

「映画のお友達」ブログを訪れていただいた方、お付き合いしていただいた方、誠にありがとうございました。 今年は、55作品劇場鑑賞してますね。 独断と偏見(あまり深くは考えてません・笑)ですが、今年のベスト10を発表させてもらいます。 第1位:『グラン・ト

2009年・映画館で観た映画・好きな順 «  | BLOG TOP |  » 第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(1)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード