FC2ブログ
topimage

2019-11

2009年・テレビ(画面)で観た映画 - 2010.01.13 Wed

2009年に見た映画の総本数は120本。

ただし、同じ映画を何回か観た場合でも、そのつど1本と数えて120本です。
映画館で観た回数が70回なので、テレビ画面で見たのは50回ということになります。

印象に残るのは順不同で、
「マリリンとアインシュタイン」
「ディセント」
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」
「モーテル」
「シューテム・アップ」
「渚にて」
など。


シューテム・アップ
「シューテム・アップ」のモニカ・ベルッチさま。
(c) MMVⅡNew Line Productions, Inc.

日本映画の本格的トーキーの始まり「マダムと女房」を見ることもできました。

ブライアン・デ・パルマ監督再発見、と自分で銘打って、初期作品を3本観賞。これは今年も続けるかもしれません。
「フューリー」
「悪魔のシスター」
「ファントム・オブ・パラダイス」

WOWOWのフィルムノワール特集で6本。
「大いなる夜」
「夕暮れのとき」
「ショックプルーフ」
「飾窓の女」
「上海から来た女」
「キッスで殺せ[完全版]」

NHK-BSのマリリン・モンローさんの特集4本。
「荒馬と女」
「ナイアガラ」
「七年目の浮気」
「恋をしましょう」


七年目の浮気
「七年目の浮気」の、ゴージャスなマリリン。男の妄想シーンです。右の男が私。…違うか。(笑)
(c) 1955 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

あるジャンルのものを、まとめて見るのは、楽しいイベントのよう。記憶にも残りますよね。
今年も、楽しい映画を発見できますように。

「2009年ベストムービー」の記事4本、これにて終了! ありがとうございました!

関連記事:第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(1)
第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(2)
2009年・映画館で観た映画・好きな順

● COMMENT ●

No title

TVで観るというのは、
「借りるほど観たいわけではないけど、TV放映があるんなら観てみようか」というくらいの観たさの場合、便利なんですよね~
それで意外と気に入ったらラッキーだし(^^)

にしても、やはり衛星放送系は昔の映画に強いですね~
お店ではもう探しても置いてないよ~★

あるジャンルをまとめて観るのは記憶に残りやすいですが
「アレとコレがごちゃ混ぜ」になってしまう危険性も無いですか?(←私はある★)

>わさぴょんさん

再び、ありがとうございます。
そうですね、私の場合は、映画館には行かないけど、レンタルか、テレビ放送で見よう、ということになります。
そこで面白い映画に出会ったら、また嬉しいですよね!

ごちゃまぜには、ならないですよ。そんなに似たようなものが、なかったせいでしょうか?

良くも悪くも

私も印象に強く残ったのが、『モーテル』と『ディセント』でしたv
後者は悲しいラストだったので、好みかどうかを問われれば疑問なんですが・・・
と、思ってたら、ななななんと!『ディセント2』が公開?DVD発売?されるという噂を聞いたんですけど。しかも同主人公で!あの直後設定で!
あのーー私の流した涙はいったい・・・?という感じなんですけど。

うおおっ!ベルッチ様!!

いや~、お年を少々召されても、また違った魅力がかもし出されてくるところがスゴイですな~っ!

実は実は!あのコッポラが何を思ったのか、突然作った肉食人種系ヘビーな映画の「ドラキュラ」のDVDを購入し、久しぶりで観ておりましたら、ドラキュラの配下の淫乱吸血女達の一員に、モニカ・ベルッチ様発見!!

後に有名になるキアヌ・リーブスがドラキュラに幽閉され、この淫乱吸血女達に散々血を吸われながら淫乱の限りを尽くされるのですが、そんな役などやっておられて苦労されてたんですね・・・、(涙)・・・っと思ったら、「シューテム・アップ」の役柄もそんなに変わんないか!?

>小夏さん

ありがとうございます。
そうでしょ! べつにホラー系を選んでるわけではないのですが、なんだか記憶にあるんですよね。
同じ感想だということは、かなりインパクトがある映画であると決め付けてよいでしょう! そうしましょう!
そうそう、ディセントはパート2があるんですよね。見てないですが。
そうでした、いつか見ないといけないなあ、これは。テレビ放送待ちで…?

>lalakiさん

lalakiさん用に、べるっちサマを選択しておきましたよ。(半分ほんと)
去年のテレビ観賞のなかでは「シューテム・アップ」は、快作でしたねえ。

え、「ドラキュラ」に出ていたのですか! そのころって、まだ売れてなかったのですね、よく分かりませんけど。
よく見つけましたねー! っていうか、お好きなら見つかりますよね。
私も、マリリンなら1秒出ただけで気づきますから。たぶん。
コッポラのドラキュラは、どこか、おもしろい印象があったので、再見はしてみたいです。

No title

テレビで何の気なしに観る映画って、こちらに余計な期待がない分、
拾い物をすることがよくありますよね。
そうそう昨日、仕事をしながらついつい「ながら見」してしまった
「マギー・スーの結婚」に、ジョアン・アレンが出ていたのにはびっくり。
何が驚いたって彼女の役が女子高生なのです。
ま、主役のキャスリーン・ターナーだって30過ぎて女子高生役をやってるんですけどね(^^ゞ。

>kiyotayokiさん

テレビだと気軽ですからね。
私は、ここ数年は映画館観賞のほうが多くなって、録画したものを見ずに終わる場合も。
ジョアン・アレンの高校生! 見たいような、見たいような…(見たいんだ。笑)
誰でも、そんな時期があったとはいえ…。
映画は、そういう楽しみもありますね!

BS~

ついチェックし忘れますが、
いいのがありますよね~☆
偶然見れる時は、いつも決まって鑑賞済みの作品だったりします(-_-;
それでもついつい夜更かしして観たりするんですよね(笑)
「ナイアガラ」は観てないのでみたかったな~。

>kiraさん

私も時々、見たかったものを逃がしたりします。
逆に、録画してあっても結局見なかったりも。
きのうは「ワールド・オブ・ライズ」の吹替版を、「ながら聞き」(?)していました。話が半分以上は分かっちゃった。
「ナイアガラ」は見てくださいよ~。美女たち&滝の観光ツアーへ、ぜひ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1745-8b8c0a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009年にDVD、TV鑑賞した映画―★気ままにオススメな映画★

今年もDVDやTVで色んな映画を鑑賞しました―で、、、今回初の試みとして、年内に観た旧作の中からベストを選びたいと思いま~すオススメ作品ばかりですので、機会があれば是非     『dot the i』           『ゴーン・ベイビー・ゴーン』 *二転三転する...

2010年 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 «  | BLOG TOP |  » 2009年・映画館で観た映画・好きな順

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード