topimage

2017-09

「雨に唄えば」(5回目) - 2010.03.14 Sun

またもや「午前十時の映画祭」での名画観賞。今回は、MGMミュージカルの傑作を。

雨に唄う
降る雨もなんのその。恋の喜びを
体いっぱいで表現。超有名な場面。
靴も服もグショグショ。普通なら、やらない。

大きなスクリーンで観ると、色彩の綺麗さや人物の存在感が違うと、この映画では感じた。
「映画」とは、この「大きさ」なのだ!
DVDやテレビで見るものと、映画館で観る「映画」とでは、観賞する人間が受け取るものが違ってくると思う。

存在感の大きさでいうと、終盤にあるダンスシークエンスの「ブロードウェイ・バレエ」のみに登場するシド・チャリシーだ。
ジーン・ケリーを誘惑するような踊りを披露する彼女。テレビ画面で見ていたときには感じなかった「はっ!」「おおっ!」「どきっ!」のインパクトがあるのだ。
これだけでも、観に行って得をした。

ジーン・ケリーにとっては「踊る大紐育」(1949年)と同じスタッフと組んで作った作品で、お話は、映画がサイレントからトーキーに変わる時期の映画づくりの現場が舞台。
サイレント(無声)映画のときは、悪声でも問題なかった主演女優が、セリフをしゃべらなきゃいけなくなったり、声の録音に苦労したり。

「ショウほど素敵な商売はない」(1954年)でも私にはおなじみのドナルド・オコナーは、「メイク・エム・ラフ」で、お得意のアクロバティック・ギャグ・アクション(?)の至芸を見せる。こういうナンバーは笑って拍手して見たいけど、日本の観客は静かーーに真面目に、たぶん、にこりともせずに見ている人も多くて、私も我慢して、ニヤニヤとだけはしながら静かに見ている。もしかして、みなさん、おもしろくないんですか!?


3人で唄う
左から、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズ、ジーン・ケリー。ジーン・ケリーはデビーにダンスの特訓をさせたという。

デビー・レイノルズは、「スター・ウォーズ」(1977年)のレイア姫キャリー・フィッシャーのお母さん。
彼女のナンバーで私が好きなのは「オール・アイ・ドゥ・イズ・ドリーム・オブ・ユー」。女の子いっぱいで歌う曲だ。
ジーン・ケリーへの自己紹介で、「舞台女優の卵」と言っていたのに、いきなり歌って踊るシーンが出てくるから、観ているほうも、えっ?と新鮮に驚いちゃう。

さて、大スター、ジーン・ケリーの最大の見せ場は、やはり、12分ほどに及ぶ「ブロードウェイ・バレエ」。「巴里のアメリカ人」(1951年)でも18分間のバレエシーンが圧巻だったが、こうしたダイナミックでエネルギッシュかつドラマティックなバレエ的なダンスが彼の魅力のひとつだ。

以上のトリオ(この3人で歌うナンバーもある)のほかに、忘れてはいけないのが悪声の女優役のジーン・ヘイゲンだ。
恋がたきであり仕事のライバルである相手を蹴落とそうとして、性格が悪いように見えるが、女優なら、そのくらい普通のことと考えたっていいし、とにかく、彼女あっての、この映画である。


吹き替えで唄う?
ジーン・ヘイゲンとマリリンの共通点、それは「アスファルト・ジャングル」(1950年)に出演していること。そして、「雨に唄えば」のヘイゲンの日本語吹き替えを、マリリンの声の吹き替えで有名な向井真理子さんが担当したこと!

実際のジーン・ヘイゲンは美声。悪声のヘイゲンをデビー・レイノルズが吹き替える、というシーンも、本当はヘイゲン自身の声を使っていたようで、つまりヘイゲンが悪声でしゃべった声を、自分自身で吹き替えているのだが、映画ではデビー・レイノルズが吹き替えていることにしている、という、ややこしいことになっている。

そして、シド・チャリシー(チャリース、ともいう)。バレエ的なダンスシーンを撮ることになって、プロダンサーの彼女が起用された。
出番は少ないものの、グリーンのドレスで妖艶、強烈な印象を残す。

いったい、いつの間に103分の上映時間が過ぎたのか、不思議でしょうがないほど、時間を忘れて楽しめる名作ミュージカルだ。

(3月13日 MOVIXさいたま)


誘惑しちゃうわ
シド・チャリシーの色っぽ~いダンスは見もの。大画面でこそ映える。

SINGIN' IN THE RAIN
1952年 アメリカ作品
監督 ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
出演 ジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズ、ジーン・ヘイゲン、シド・チャリシー

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

♪Goood mornin' , Good mornin'♪

いいですよね~。
何回見たか、数えた事ないんですが、空で台詞言えちゃうかも?!

“Yes,Yes,Yes.”
“No,No,No~”
のところが、何度見ても笑えます。

撮影裏話を知った後は、ジーン・ケリーが“怖い人”に見えてしまって…(プロとして、やはり完璧を求めた方だったらしいですね)。

>モペットちゃんさん

ありがとうございます!
私は5回目の観賞でしたけど、前回から、だいぶ間があいたこともあってか、新鮮でした。
やっぱり大きな画面だと、すばらしいです。
あとで、この記事は映画感想に変身しますので、そのあと追加コメントも歓迎です!(強制してはいませんよ。)
ジーン・ケリー、そんなに怖いんですかっ!?

No title

何度も見て大好きな映画ですが
ボーさんの言われる通り
大画面でシド・チャリシーを是非確認したい
といっても広島では、なんと8月末
今はレインマンやってます・・

>dora21さん

ありがとうございます。
存在感が違いますよ。お好きな映画でしたら、一度、映画館で観てみるのは、おすすめです。1800円じゃないですし。
8月としても、近いところ(かどうか分かりませんが)で上映があるだけラッキーですよ!
ほかの映画でも、観たいものが来たら、行ってみることを検討してみてくださいね。

No title

私も大好きです!
笑える所が本当にしっかり笑えて、歌もダンスも最高~、今はミュージカルがすごく好きになりましたが、そうでなかった時に「好き!」だと思えたミュージカルです。
やはり、大画面を意識したダンスシーンとか映画館だと良さそうですね、いいなあ。
そして、ジーン・ヘイゲンとマリリンの共通点、そんなところにあったのですね!
気づくとまた確認に見たくなりますね(笑)

>まおさん

ありがとうございます。
神奈川の2館では、5月に上映がありますよ! 行ってらっしゃーい。
ミュージカルがそんなに好きでもないときに、好きと思えるとは、これは、やっぱりすごい映画だと改めて思えますね!
ジーン・ヘイゲンが演じた、ちょっと甘ったるいキンキン声の感じが、向井さんの演じるマリリン声と、うまく合ったんですねえ~。

ほな、追加を…

これからご覧になる方、以下ちょっと夢を壊しちゃうかも。

v-154にも書かれていますが、D.レイノルズがインタビューで
「自分は若くて、経験も浅かったので、G.ケリーのダメ出しが厳しかった、
e-291グッド・モーニングは、何テイクも撮り直しさせられた」
みたいなことを語っていました。
そう言われてみると、e-291グッド・モーニングの最後、ソファにバタッてなるところ、「あ~やれやれ」という“素”のデビーに見えてしまいます(そこがまた、かわいい)。

数年前、コメディ・ドラマで彼女を見かけました。
大サービスで“グッド・モーニン♪”と1フレーズ唄ってくれて、観衆は大喝采v-424v-497人にも慕われている映画なんですね。

>モペットちゃんさん

いらっしゃい!
デビーちゃんはダンスがうまくなかったなら、なんで起用したんでしょうね。売り出し目的か?
つらい練習に陰で泣いてたら、フレッド・アステアが通りかかって、レッスンしてくれた、なんて話も。どこまで本当か分かりませんけどね~。

歌のラストで、3人ばったりしてるのは、「やれやれ終わったー」かもしれない?

厳しくて、いい思い出がないかもしれないけど、その映画が、いちばん世間の記憶に残って愛されているなら、まあ、いいでしょうね。

いいなぁ~

ボーさんところはもう、公開ですか・・・大阪は7月です。やっぱこれは大画面で見たい映画ですよね。
それにしても、なんで「メイク・エム・ラーフ」で笑わないんでしょう?初めて見る人は、ドナルド・オコナーの”ワシャ、電池切れたら死ぬんじゃ”っぽいダンスにドン引きしちゃったとか(笑)あれはあれで楽しいのにねぇ・・・
シドちゃんの”メガネ吹き吹き&メガネぽいっ”を大画面で早く見たいです・・・・エエ曲多いですしねぇ・・・

>unikoさん

いいでしょー。
ぜひ、公開時は観にいってください!
電池切れたら死ぬんじゃ、って表現、最高ですねー!
あっけに取られてしまうのかもしれません。
少ない出番でインパクトのある、シドチャリちゃんのパフォーマンスも大画面必見です。

No title

はじめまして、こんにちは。。
私、シドのファンでして。。先々週(?)に八幡で
見てきました。。
本当に迫力が違いますよね。。大画面は(*^。^*)
デビーが可愛いカンジだから
セクシー系のシドは、得な出方したと思いますっ。
本当に素敵な映画ですよね^^

突然、現れてすいませんm(__)mでは。

>北小路 恵さん

いらっしゃいませ! はじめまして!
シドさんのファンですか! 素敵な女優さんです。
この映画祭に「雨に唄えば」が選ばれてよかったですよね! MGMミュージカルから「巴里のアメリカ人」でもなく「バンド・ワゴン」でもなく…。
たしかに、デビー・レイノルズのかわいさが、ずっと画面にあった終盤に、シドさんの色っぽい存在がドカンと出てくるのはインパクトがあります。得です!

また、遊びにきてくださいね~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1799-46fa6628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨に唄えば

 コチラの「雨に唄えば」は、言わずと知れた名作ミュージカル映画なのですが、実を言うとこの「雨に唄えば」も初めての鑑賞なんです~(^-^;  もちろんあのどしゃ降りの雨の中タイトル曲「雨に唄えば」をドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)が歌い、傘をくるくると回

雨に唄えば

雨に唄えば(1952 アメリカ) 原題   SINGIN' IN THE RAIN     監督   ジーン・ケリー スタンリー・ドーネン      脚本   アドルフ・グリーン ベティ・コムデン       撮影   ハロルド・ロッソン 作詞   アーサー・フリード 作曲 ...

「雨に唄えば」(1952・米)

ジーン・ケリーが雨の中踊るシーンで有名ですね! 傑作と名高いミュージカル映画、「雨に唄えば」を今回初めて観ました。 あらすじはこんな感じです。 「ハリウッドの人気スター、ドン(ジーン・ケリー)と  リナ(ジーン・ヘイゲン)は、  サイレント映画で何度も共

雨に唄えば

【SINGIN' IN THE RAIN】 1953/04公開 アメリカ 102分監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン出演:ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ、ドナルド・オコナー、シド・チャリシー、ジーン・ヘイゲン、ミラード・ミッチェル、ダグラス・フォーリー、リタ・モレノSto...

雨に唄えば

2007年12月30日(日) 11:00~ シネマヴェーラ渋谷 料金:1000円(会員料金) パンフ:非売 映画史上に残る屈指の名作。 何度見たことか。久しぶりにスクリーンで見れて満足。 ドナルド・オコナーの歌は何度見ても素晴らしい。 悪役リタ・ラモント役のジーン・...

雨に唄えば 巴里のアメリカ人

 ジーン・ケリー・・・凄いです。

雨に唄えば

SINGIN' IN THE RAIN 1952年:アメリカ 監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン 出演:ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ、ジーン・ヘイゲン、シド・チャリシー、ドナルド・オコナー トーキーの出現でハリウッドは大騒動。それまでスターだったリナもその悪

午前十時の映画祭■「雨に唄えば」は実は残...

映画がサイレントからトーキーに移る時代の映画界の悲喜劇をミュージカル仕立てで描いたものである。雨の中でジーン・ケリーが踊るシーンなどミュージカル映画の名場面がぎっしりと...

雨に唄えば

今回は当ブログ初のミュージカル映画です。 そしていきなり最高峰の1本、『雨に唄えば』です。 ミュージカル映画に説明はいりません。 オープニングからエンディングまでとにかくニコニコ御機嫌。 オ...

「雨に唄えば」(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「邪悪の家」 アガサ・クリスティー

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード