fc2ブログ
topimage

2024-03

マリリン本、日経新聞の書評 - 2010.04.06 Tue

以前、こそあどさんから教えていただいていた書評のコピーを、図書館でゲット。



紙面その1

2月17日、日本経済新聞夕刊の「エンジョイ読書」で、「目利きが選ぶ今週の3冊」とあり、『「セックス・シンボル」から「女神」へ マリリン・モンローの世界』(亀井俊介・編)が取り上げられている。
満点は5つ星で、本書には4つ星が付けられた。
大きい図書館にはコピー機が置いてあるところもあって、10円くらいでコピーできるんですね。
相変わらず、写真がゆがんで曲がってますが。


紙面その2

● COMMENT ●

五段階で星4つって、すごいですよね。亀井先生の努力の賜物でしょう。そんな本に参加できた私は幸せです。

そして、毎回ブログで宣伝して下さるボーさんにも感謝です。ありがとうございます。

>たけしさん

ごぞんじのとおり、コピーを手に入れたのは、けっこう前のことなんです。
ネタとして書かないと、もったいないなあということで。
もちろん、宣伝になるかもしれませんしね。
八重洲ブックセンターでは、先日も、まだ平積みになっていました。

 

周りをみると、三つ星が多い中での四つ星! すごい!
最近は新聞批評された本だけ集めたコーナーとかありますよね、そこに並んだりしたかもしれませんね。

No title

3人がそれぞれ3冊選んで9冊。そのなかで星4つが3冊、あとは星3つです。
書評に取り上げられた本のコーナーがあったら、並びますよね。永遠に並んでほしい!(^O^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1822-8ac7dff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クンシランの季節 «  | BLOG TOP |  » 「ローマの休日」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード