topimage

2017-08

「シャッター アイランド」(2回目) - 2010.04.30 Fri

エンドロールの、ダイナ・ワシントンの歌まで聴いてから席を立とう。

なぜ2回目かというと、前回観賞ラストのセリフを聞き逃したので、リベンジなのである。
聞き逃したといっても、もちろん聞いていなかった(字幕を見ていなかった)わけではない。その言葉の意味を考えずにセリフが頭を通り過ぎてしまったということだ。

TOHOシネマズのポイントは、3回くらいは無料で観られるほど溜まっているので、今回使う。
タダだから、2回観て、もったいないという感覚はない。もっとも、1回目で、おもしろく思ったから、たとえ、お金を出してもかまわなかった。
1回目と同様、字幕版。吹替えでもよかったのだが、上映時間の関係で。

本作は、日本公開時の宣伝の仕方に悪評が飛び交っている。
脳の錯覚とか、難しい謎があるのではないかと、観る前に観客に身構えさせるような、やり方。
そのくせ、結果は拍子抜けするようなものだった、というのである。
だいたい、謎というよりは、メインのそれは当然のごとく映画の中で解かれていく話なので、構えて観る必要はないのだ。周辺の、こまごまとした謎はわからなくてもいい。

私の場合は、原作を読んでいたから最初から話がわかっていて、拍子抜けも何も感じようがなく、構えて映画を観た観客が感じた気持ちは理解できない。
しっかりとした、哀しい人間ドラマで、それぞれの演技もよく、映像的にも音楽的にも、見応え十分な充実作としか見えない。


2人の哀しい運命に涙。
(c) 2009 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

まず書き出しで触れておいたこと。これを一番言いたい。
エンドロールの途中から、ダイナ・ワシントンの歌う「This Bitter Earth」が流れる。
タイトルの意味は「この苦い地球…世界」? これは歌詞にも出てくる。
そして、「生きていることが何になる」(英語は堪能じゃないから、あやふやだが)
(上記訂正。あとから発見した歌詞によれば「私の人生がゴミみたいなものならば」という感じの歌詞らしい。脳内で意訳しすぎました。)
みたいな歌詞が聞こえてきた時点で、思わず、どっと泣けてしまったのだ。
エンドロールで一番泣ける映画とは! 参った。

なぜ歌詞の字幕を出さないのか。権利関係? 手抜き?
これは絶対に歌詞を字幕にして出すべき映画でしょう。映画の内容に、どっぷり関係して、余韻を残すどころか、盛り上げているのだから。

そういう以前に、エンドロールは観ないで帰っちゃう人も大勢いるけれど。
歌詞がわからなければ、観ていても、しょうがないという話になるけれど。
…もったいない。これは、今回は、すごく。

映画制作サイドとしては、エンドロールを観ない人がいるということを、はじめから念頭に置いて、エンドロールの中や、その後に時々置かれることのある「映画の続き(おまけ)」では、重要なことはやらないようにするべきなのではないだろうか。

エンドロールの歌の歌詞がいいので、最後まで席を立たないでください、なんてテロップを出したり、前もって映画館側が言うのは、やりにくいだろうしね。
しかも字幕がつかないんじゃ、宝の持ち腐れ(垂れ流し?)みたいなもの。

ああ、でも、、、もったいないよ。

ちなみに、映画で流れるラストの歌は、マックス・リッチャーの「On The Nature Of Daylight」(映画本編でも流れている寂しげなこのメロディは、私の心に響く。まさにツボなのだ)に、ダイナ・ワシントンの「This Bitter Earth」の歌をかぶせたもの。
サントラを買えばいいんだけど、買うことまではしないし。でも、気が向いたら買うか。

(4月25日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ)

● COMMENT ●

そうだったのかぁ

エンドロール!
失敗した~
聞いて出てくりゃよかったぁ~~

>fuさん

ちょっと脳内意訳しすぎたのを直しましたが、それでも、けっこう内容とリンクする歌詞で、もの悲しいのですよ。

2回め見たい~!

結末を知ったうえで、改めてストーリーをゆったり堪能したいっす。
良くも悪くも、初見は身構えちゃいましたからねー

で、やっぱり原作とはラストのニュアンスが違うんですかね?
解釈も?

>小夏さん

見ちゃったら~?
たぶん、おもしろいと思いますけど。

ラストは解釈がふくらんでいます。原作を読んだときは、あ、やっぱり彼はダメなのね、と思いましたもん。

原作

ボーさん、こんにちは☆
英語では理解が難しいと思って、日本語字幕まで待っていました。
私は、ロンドンにいて日本の煽るCMとか見てなかったし、イマイチ的な感想を聞いていたので、案外期待しなかった分、すごく面白かった~
ラストの歌詞がそんな盛り上げる内容だったとは、全く解りませんでした。
せめて歌詞を出してほしいですね。
そしたらエンドロールで立つ人が、何かあるかも?と思ってくれそうですよね。

>ノルウェーまだ~むさん

おはようございます!
おもしろいですよね!
幻想的なシーンもいいし、あやふやな展開も、まさに、そういうことだから、ということで納得できます。
エンドロールの歌詞、出してほしいですね。どんな映画のときも、そう思います。

えっエンドロール?

そう言えばDVDでも歌の字幕は出てなかったですよ。
私、いつもエンドロールは早送りにしちゃって、
ジックリ見てない・・・(^^;
そんな内容の歌詞だとは、やっぱり泣けますね~
私も主人公の最後のつぶやきにやられました。

1回目より2回目の鑑賞のほうが断然面白いですね。
違った意味が見えてくるんですよね。

>YANさん

字幕がないと、なかなか意味はわからないですよね~。
私も家で観賞するときはエンドロールは見ていないときがあります。早送りはしませんけど。

そうそう、これは、わかっていて見ると、違うふうに感じられる映画ですね。

トラックバックありがとうございましたー♪
…と返信したらこっちはダブって申請してしまったみたい、すみません(汗)
ラストのひと言って「あ、そうか、正気なんだね」と私は素直に受け取っちゃったんですけど、他の解釈があるんでしょうか…(^^;)
うーん、原作を読むと面白そうですねえ!

>まおさん

う~む。今、ラストの一言さえ忘れています!(呆笑)
たぶん、そういうことで…(苦笑)
原作は面白いです! たしか読書感想も書いたはず…(それも忘れてるのかっ!)(大笑)

こちらも、またTBしちゃったかもしれませんが、その場合は、あっさり削除してくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1841-e1f7c3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャッターアイランド

 『全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。』  コチラの「シャッターアイランド」は、精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島「シャッターアイランド」を舞台に、4度目となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で、描かれる...

シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ

シャッターアイランド(2009)字幕版

                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ...

シャッターアイランド

謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。  

シャッターアイランド・・・・・評価額1550円

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの四作目のコンビ作は、断崖絶壁に囲まれた孤島、「シャッターアイランド」に建つ精...

シャッター アイランド

Shutter Island(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッキ...

シャッター アイランド

全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。 製作年度 2009年 原題 SHUTTER ISLAND 上映時間 138分 原作 デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』(早川書房刊) 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キン

シャッター アイランド 煽(あお)り方がいただけない・・・凸(`△´#)凸

【{/m_0167/}=17 -6-】 すごい煽っていたでしょう、映画館の予告編でもテレビのCMでもこの映画を取り上げた情報番組なんかでも。 「錯視」を見せたりとか「全ての“謎”が解けるまでこの島を出ることが出来ない」というようなコピーだとか、観た人のインタビューでは「2

シャッター アイランド

【SHUTTER ISLAND】 2010/04/09公開 アメリカ PG12 138分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア・クラークソン...

シャッター・アイランド

少し前に原作を読みました~ 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...

★「シャッター アイランド」

今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。

シャッターアイランド

シャッター アイランド'09:米◆原題:SHUTTER ISLAND ◆監督: マーティン・スコセッシ「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」「ディパーテッド」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー◆STORY◆1954年9月、ボストンのはる...

「シャッター アイランド」:枝川バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}あそこの建物、何に見える? {/kaeru_en4/}倉庫だろ。 {/hiyo_en2/}とんでもない。レンタルスペースなのよ。 {/kaeru_en4/}な、なんだって!倉庫に見える建物が実はロッカールームだって!そりゃ、驚愕の事実だ。 {/hiyo_en2/}って思うような頭の持ち主が宣伝...

『シャッター アイランド』

  □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリ

「シャッターアイランド」デカプリオの演技力

甘いマスクで一世を風靡したディカプリオも、最近はすっかり貫禄がついてしまったけど、演技のほうは・・・? と思っていたら、ごめんなさい。 いつの間にか、しっかり演技派俳優になっていたとは・・・・ しかし、その丸顔ベビーフェイスが災いして~

シャッター アイランド (Shutter Island)

監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑…

「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND)

名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...

シャッターアイランド

謎解きミステリーとしてはたいして衝撃はなかったなあ。 でも主人公が最後にボソッとつぶやいた言葉には、 思いがけずハッとさせられた! ...

先週観た映画 ~6/3

  はひふー。6月です! 「トースト~幸せになるためのレシピ~(Toast/10)」   イギリスの有名シェフ&フードライターのナイジェル・スレイターの半生。   OPや子供の頃の料理...

のんきなボーさん «  | BLOG TOP |  » マリリンの日記が出版へ!

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード