topimage

2017-04

「17歳の肖像」 - 2010.06.12 Sat

端整な青春映画の秀作。実直に、きっちり作っているのが、いかにもイギリス映画な印象。

ポスター
といっても、単なる私のイギリス映画に対するイメージかもしれないが。うまく言えないけど、イギリス映画とアメリカ映画とは、違う香りがあって、たとえ似たような映画を作っても、どことなく感覚的に違う気がするのだ。イギリスのほうが落ち着いているというか。(下手すると、つまんないくらい。)

1961年のロンドン郊外。ひとりの女の子の、大人への、ちょっと背伸びした行動を描いていく。
雨のなかを、車で家に送ってくれた男。後日再会すると、男はデートを申し込み、彼女は了承する。
彼と、彼の友人、友人の彼女との4人で遊び歩くようになり…。

女性ジャーナリストの回顧録が、もとになっているらしい。
彼氏役のピーター・サースガード、父親役のアルフレッド・モリーナ、校長役のエマ・トンプソンなど、キャストも見応えがある。

彼氏の友人が「マンマ・ミーア!」(2008年)のドミニク・クーパーだし、その彼女役は私にとっては「007/ダイ・アナザー・デイ」(2002年)、「リバティーン」(2004年)でおなじみだったロザムンド・パイク。
そのほかにも母親役、先生役など、うまい俳優がそろっている。

そして、その中心にいる主演女優はキャリー・マリガン
あらためて画像を見ると、親しみのあるタヌキ顔で、かわいい。
「小さな恋のメロディ」(1971年)のトレイシー・ハイドを少し思わせる。
だいぶ期待されているようなので、これからも活躍が見られるだろう。

原題は「教育」で、彼女の経験そのものが、学校以外での「教育」ともいえたのかなあ、なんて思う。
学校教育についても多少考えさせられるし、この映画では、父親も子どもへの対し方について「教育」させられていたよね。

(5月30日 TOHOシネマズ シャンテ)

かわいい

AN EDUCATION
2009年 イギリス作品
監督 ロネ・シェルフィグ
出演 キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・パイク、アルフレッド・モリーナ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ボーさん
おはようです★

なかなかお邪魔できずー、
とりあえずこちらに!

キャリーマリガン、新人なのに素晴らしかったですね。
ハマってたし。
確かに親しめるたぬき顔(笑)

なかなか面白い作品で、ピーターサースガードのキモさが際立ってました★
若いって怖いなぁ~
わたしならゼッタイ騙されません あはは

>migさん

こんにちは!
昔だったら、「新星現る!」なんて書かれそうな女優さんの登場。
目が垂れ気味なのがいいんです。

サースガードは以前から雰囲気が変、というと失礼ですが、変になりやすい(?)ですよねー。
好きになった相手とは、ちゃんと知り合ってから、進むのがよろしい、という「教育」でありました。

よかったです。

若気の至り。。。 ってやつでしょうか。
かなり痛そうでしたけど。

何でも教育されて経験すると騙されなくなりますが(苦笑)、
コロッと行ってしまう人もいますからね。  

>rose_chocolatさん

いやー、私も騙されそうになってました。
まさか、あんなことだとわっ!
てことで私も教育されました。

地味めですけど、いい映画で、考えさせられるところもありました。

イギリスらしい映画

ボーさん、こんにちは☆
本当に仰るとおり、イギリスらしい映画でした。
実際イギリス人のお友達は大絶賛でしたよ。
なるほど彼らの国民性とか考えると、なおさらよくこの映画の良さが分かってきます。
撮影をうちの息子の通っている学校で行ったので、記念にdvdを買おうかと思っています。

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは!
やっぱりイギリスらしいですよねっ。
何も知らずに見はじめて、あ、こういう話になるんだ~と面白く感じていました。

学校が映っているのは記念になりますね。DVD買ったほうがいいですよ~。

気に入りました

ボーさん、こんにちは!
PCの調子が良くない時に、以前の記事にコメントして
ご迷惑なら言って下さいね。
しばらく控えたほうがいいかしら?

この作品、とても気に入って、
探してみたらボーさんも鑑賞されてて、
青春映画の秀作って書いてあったから、ついつい(^▽^;)

主人公の、退屈な生活から刺激的な生活への憧れが
とても共感出来るように描かれてました。
年齢を重ねた今となっては、
あんな中年に騙されないって思うんだけど(≧ε≦)
父親や教師の態度にも心打たれたなあ~

>YANさん

こんばんは!
とんでも8分、歩いて23分! 迷惑なんて、天地がさかさまになっても、西から上ったお日様が東に沈んでも、ありえません!
ただ、返事が遅いかもしれないというだけです。

どんどん映画観賞されてますね! 館山市~じゃない、うらやましい~。

これ、去年の映画のベスト上位に挙げる方も、けっこういますね。
キャリー・マリガンちゃんは、「わたしを離さないで」をはじめ、新作にどんどん出ているようです。

こんにちは♪

確かにイギリス映画のほうがしっとりしているというか、
落ち着いてる印象がありますね。
しかも、たぬき顔というのはぴったりくる~(笑)
可愛いですよね、キャリー・マリガンが初々しかったです

>makiさん

こんにちは!
アメリカ映画だと、空気が違うというか、お国柄ってあるんだなと思います。
たぬき顔のほうが親しみがあっていいですよね。きつねより…。
たぬきそばのほうが好きだし…(関係ないっ)
キャリーちゃん、このあと大活躍ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1871-71463901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

17歳の肖像/ An Education

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞3部門にノミネートされた注目作。 監督は「幸せになるためのイタリア語講座」のデンマーク人女性、ロネ・シャルウ

これはビートルズがまだレコードデビューする1年前のお話。「17歳の肖像」

注・結末に触れています。「君のチェロが心配だ」。栗色のブリストルが停る。物語・1961年、ロンドン郊外のジェニー(キャリー・マリガン)はオックスフォード大学に進学させようと躍起になる父親に反発を感じな

『17歳の肖像』(2009)/イギリス

原題:ANEDUCATION監督:ロネ・シェルフィグ出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリ...

「17歳の肖像(原題 An Education)」ゆかりの地をたずねて

息子の通っている学校で撮影!? 始めてこの事実を知ったのは、イギリスで映画が公開された翌年の2010年、私が住んでいるイーリングの地域情報誌に、紹介されていたのがきっかけ。 学校の前で大量の水を撒いて、雨のシーンを撮影している写真が掲載されていてた。 「そ...

「17歳の肖像」(AN EDUCATION)

デンマーク出身の女性監督で、「幸せになるためのイタリア語講座」で知られるロネ・シェルフィグがメガホンを執った青春ラブ・ロマンス「17歳の肖像」(09年、英、100分、BBCフィルム)。この映画は、英国女性ジャーナリストの回顧録を基にしており、60年代初...

『17歳の肖像』 映画レビュー

『 17歳の肖像 』 (2009)  監  督 :ロネ・シェルフィグキャ スト :キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・ パイク、エマ・トンプソン、アルフレッド・モ...

『17歳の肖像』'09・英

あらすじオックスフォード大学を目指す16歳のジェニーはある雨の日、高級車に乗った30代デイヴィッドに話しかけられ・・・。感想好きなんだもの私は今生きている♪森高千里って...

17歳の肖像

青春の通過点を巧みに描いた、良く出来た映画!! 観終わってから、いろんな感情が湧いてきました★ ↑これユアンかと思っちゃった・・・ 監督:ロネ・シェルフィグ 製作:2009年 イギリス 出演...

17歳の肖像

キャリー・マリガン主演。なんとも可愛らしくてとても初々しい。 1961年、ジェ二ーはオックスフォード大学を目指す16歳。苦手なラテン語もチェロの練習も進学のために頑張り、味気な

17歳の肖像

JUGEMテーマ:洋画 「17歳の肖像」 原題:An Education 監督:ロネ・シェルフィグ 2009年 イギリス映画 95分 キャスト:キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク エマ・トンプソン 1961年、ロンドン。中流家庭の一人娘ジェニーは 成績が優秀でオックスフォード大を目指している。 そんな彼女...

映画 17歳の肖像

            JUGEMテーマ:洋画          庶民に御嬢様教育を無理矢理すると   未...

17歳の肖像

1961年、ロンドン郊外。 成績優秀でオックスフォード大学への進学を期待されている16歳のジェニーは、倍も年の離れた紳士的な男性デイヴィッドと出会う。 巧みな話術で両親にも気に入られた彼は、頻繁にジェニーを連れ出す。 音楽会、ナイトクラブ、絵画のオークション…。 洗練された大人の世界に魅了され、ジェニーは彼に恋をしたが…。 青春ラブストーリー。 PG-12

マンネリ化(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「JUNO/ジュノ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード