topimage

2017-03

「第三の男」(6回目) - 2010.06.30 Wed

これこそ映画だ! という名画。

「午前十時の映画祭」で観賞。(公式サイトは、そのうちリンク切れになるだろうから、我が家の関連記事をリンクしておく。)

ジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズ

内容については、前回の感想文である「第三の男」(5回目)を見てもらえればOKなので、再び書くことはしない。

DVDも持っていて、衛星放送でもオンエアがあり、それでも映画館で観たくなって、足を運んだ。
その価値があると思えるのが、名画たるゆえんでもあろう。

(6月19日 MOVIXさいたま)

ラストシーン

THE THIRD MAN
1949年 イギリス作品
監督 キャロル・リード
出演 ジョセフ・コットン、アリダ・ヴァリ、トレヴァー・ハワード、オーソン・ウェルズ、バーナード・リー

好き度☆☆☆☆★(4.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ジョセフ・コットンは、映画とはいえマリリンの旦那になった人。それだけで羨ましい!マリリンに殺されそうになったけど、でも羨ましい!

こんにちは。

コメントとTBありがとうございます。
ボーさんは、6回も書いて居られるのですね。私は観てもその都度書くのが、ついおっくうになります。ボーさんの几帳面さを見習いたいです。
この映画は、何か突っ込もうとしても、突っ込みようがなくて困ります。
その理由は、演出、脚本、演技、撮影、音楽…等々。ほぼ完璧に近い出来だからと思うのですが…。
2~3年に1回ぐらいは、無性に観たくなる映画の1本です。

>たけしさん

そうなんですよ。コットン氏は「ナイアガラ」でマリリンの夫。役得以外の何物でもないです。うらやましい人ですね。

>アスカパパさん

こんばんは。
いえ、見たのは6回目ですが、HPを始めてからは2回くらいしか見ていないので、書いたのは2回でしょう。
この映画は、いいですねえ。本当に、いろいろな要素において出来が素晴らしいです。
見るたびに感心したり、いいなあと思う映画が、名画として残っていくのでしょうね。

こんにちはー、
これ好きですよ!

6回目ですか?!
ボーさんってハマるととことんな人ですね^^

>migさん

こんにちは!
うれしいです、お好きでしたか。
映画音楽の名曲として、映画そのものより先に、曲を聴いてました。
今回、映画館で上映となって、観たいぞー、とウズウズしてしまい、誘惑に負けました。
去年の「マンマ・ミーア!」ほどには、ならないですよ。(上映回数も少ないですし。)

わたしは高校生の頃にはじめて観たのが最初です♪部活で映画作りをしていたので、そのころ映画製作の文献をよくよんでいたのですけど、本によくでてくる第三の男やオーソン・ウェルズの映画技法を調べるために(勉強目的です!)池袋の文芸座地下だったか京橋にあったフィルムセンターのどちらかで観たのが最初だったとおもいます♪その後も何度か機会があると観ています♪南の国ではひとあし先に上映しました。やはり、おおきな画面でみられることが楽しみで、その時もワクワク気分で観に行きましたよ~♪脱線ですが、先週はヒッチコックの「北北西に進路をとれ(North by Northwest)を大画面で観て、大感動!最後はよかった~と感動でスクリーンをあとにしても胸がふるえて、涙がとまらなくなってたいへんでした(単に単細胞人間なのでした~(笑))

>さえさん

ありがとうございます!
勉強のために見ても、たいへん素晴らしい映画ですよね。
名画座やテレビでも、たくさん取り上げてほしいものです。

「北北西に進路をとれ」は、私も観に行きたいと思っています。テレビの画面で1回見ましたけど、スクリーンで観るのは楽しみです。
私も、よく映画で泣くし、そんなに感動する純粋な人、大好きですよ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1886-8fea9860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第三の男

【THE THIRD MAN】 1952/09公開 イギリス 105分監督:キャロル・リード出演:ジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズ、アリダ・ヴァリ、トレヴァー・ハワード、バーナード・リー「午前十時の映画祭」18週目は、第二次大戦後のウィーンを舞台にしたサスペンス。DVDで観ま

第三の男(2回目)

 レビューは2回目だけど、観るのは>10回目。これは決して自慢ではない。この映画音楽をチターに賭けて、500回も観たというアントン・カラスに笑われる。 そのチターの弦が躍動し始めた。ロンドン・フィルムのロゴが懐かしい。 ウィーンの舗道を歩く猫。ウィーンと鳴...

カウンターが、さようなら «  | BLOG TOP |  » 深夜のBS、マリリン映画!

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード