FC2ブログ
topimage

2021-04

「007/死ぬのは奴らだ」 - 2010.07.06 Tue

シリーズ8作目。ボンドには、ロジャー・ムーア。

ショーン・コネリーと比べると、いかにもスマート。体形のことじゃないよ。
肉食系にも見えるコネリーに対して、そこまでギラギラはしていなくて、スラリーン(?)としている
原作者イアン・フレミングは、ボンド役には、最初からロジャー・ムーアを推していたそうだ。イメージに合っていたんだね。


ジェーン・シーモア、ロジャー・ムーア
ジェーン・シーモア、ロジャ・ムーア。
(c) 1973 United Artists Corporation and Danjaq, LLC. All Rights Reserved.


吹替版で見ているので、声は広川太一郎さん
亡くなってしまったけど、吹替えの声は、ずっと生きているよ。

ムーアの初登場シーンは、ベッドで女性(マデリン・スミス)と。…さすがはボンド、ジェームズ・ボンド。
M(バーナード・リー)がボンドの家にまで来て、指令を伝える。マネーペニー(ロイス・マックスウェル)まで来ちゃった。


つかまっちゃったよ~
ヤフェット・コットーにつかまっちまったボンドたち。
(c) 1973 United Artists Corporation and Danjaq, LLC. All Rights Reserved.


オープニング曲は、ポール・マッカートニー&ウイングス。アップテンポのパートとスローパートの対比が鮮やかな、ノリのいい曲だ。もちろん、この曲だけは1973年当時から知っていた。
007のテーマ曲は、いつもながら、いいです。
ビートルズ時代から当時まで、音楽プロデューサーとしてポール・マッカートニーと関係が続いていたのか、音楽はジョージ・マーティンが担当。ジョン・バリーはお休みだ。

本作は、ヴードゥー教や、タロットといったミステリアス系のアイテムが取り上げられ、敵も黒人が多い。


グロリア・ヘンドリー
グロリア・ヘンドリー
(c) 1973 United Artists
Corporation and Danjaq,
LLC.All Rights Reserved.

ボンドガールは、タロット占いの名人ソリテア役で、ジェーン・シーモア
ジェーンといえば、先日観た「ある日どこかで」を思い出す。美女だよね~。
もうひとり、ロージー・カヴァー役で、グロリア・ヘンドリー
&もちろん忘れてはいけない、マネーペニーも。

ボンドに協力するフェリックス、毎回違う俳優が演じているような印象。そういうのも面白いけど。

セスナ機で陸上を走って逃げるボンドを追いかける車が、前作と同じく、追跡に失敗して、ひっくり返ったりしている。(笑)
あげくのはてに、機体の両翼が取れてしまって、その格好が、また笑える
沼でワニに囲まれるが、ワニの背にポンポンと飛び乗って、岸まで逃げるのは、因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)ですか!?
悪漢の末路も笑えるし

モーターボートが川からジャンプして、陸地を突っ切って飛んでいくアクションは、力が入っていた。
このシーンで登場する保安官(クリフトン・ジェームズ)の頑固親父ふうなのが楽しめる。

1973年公開。この年あたりから私は映画に目覚めたのである。
笑えて、軽い。ボンド映画は、そんなふうになってきていた。

(7月3日)

LIVE AND LET DIE
1973年 イギリス作品
監督 ガイ・ハミルトン
出演 ロジャー・ムーア、ジェーン・シーモア、グロリア・ヘンドリー、ヤフェット・コットー、クリフトン・ジェームス

参考:007/死ぬのは奴らだ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

弊記事までTB有難うございました。

本体のお話は余り面白くないけれど、小ネタは結構面白い。“因幡の白兎”状態のワニには笑えましたね。

モーターボートは追跡・逃走はちと長すぎる。基本的に全部本物・本当なのは魅力なんですけどねえ。
この辺りがガイ・凡監・ハミルトンのセンスのなさでしょうか。ハミルトンに編集権があったかどうか知らないけど。(笑)

>ジョージ・マーティン
ポールがソロになってからはプロデュースを任せたことはなかったのですが、映画音楽ということで元来はクラシック畑のマーティンにアレンジやオーケストレーションを任せたのでしょう。

次の「黄金銃を持つ男」もすぐにご覧になってUPされます?
僕は今月放映されるのを録画して(いつか)観ようと思っていますが、ボーさんに先行されそうですね。
「私を愛したスパイ」は観ていますので、宜しく。

>オカピーさん

ワニが並んでいたら危険だけど、そこを渡ってみるのがジェームズ・ボンドというところでしょうか。
ボートのスタント、たしかに長いです。陸を飛ぶだけなので、もっと工夫があればいいのですが。

ジョージ・マーティン、ウイングスでも引き続き、ではなかったのですね。
「黄金銃~」は、すでに見ています。オカピーさんは、全部ごらんになっているかと思っていましたが、では、次作はお先に!

黄金銃を持つ男

勿論シリーズは全部観ていますが、「黄金銃」を観たのは映画評なるものを書き始める(1979年に映画評を始める)以前、即ち三十何年か前ですから、それでは記事になりませんからね。^^
「ムーンレイカー」も再放映されるので、録画待機中。

先月の終りにブルーレイレコーダーを買ったので、大量に保存できるようになったのですよ。^^)v

>オカピーさん

そうですね、私も過去に見た映画は、覚えている部分が少なくて感想文は書けません。

ブルーレイ、うらやましいですねえ。DVDよりも、ずいぶん画質がいいらしいではないですか。

広川太一郎さんの声は永遠です!
007シリーズはつい吹替えで観てしまいますね。

ロジャー・ムーアのボンドから観たのですが、BOXを買って1作目から見始めたらショーン・コネリーとのギャップに最初は違和感がありました(笑)
改めて観ると笑い所多いんですよねぇ(笑)

>yukarinさん

年取ってから、気楽に見るのに007は、ちょうどいいかな、なんて思って、だとしたら吹替版でしょ! ってことで録画してあります。(笑)
吹替えのプロの仕事も堪能できますしね。

ムーアからコネリーに行ったら、たしかに「え?」と思うのかも。私は順番通りで、わりと、すんなりと。

ロジャー・ムーア

僕が007役者で一番好きなのは、実はロジャー・ムーアです。ダンディな英国紳士。ユーモラスな場面が似合います。実際の彼もユーモラスなタイプのようです。
1970年代は007シリーズにとっては興業的に厳しい時代でした。そこでジェームズ・ボンドが「燃えよドラゴン」や「スター・ウォーズ」の真似事をしたのは仕方なかったんでしょうね。空手の場面のムーアは動きが鈍くてちょっと苦笑しましたが・・・・・(^^;
1980年代になり、「オクトパシー」「美しき獲物たち」の頃はロジャー・ムーアは50代後半。老いが目立ち、歩行以外のアクションは全てスタントマンと言われるようになってしまいました。
それでも僕はなぜかムーア007が一番好きです。

>間諜X72さん

ありがとうございます。
私は特に思い入れはないのですが、一応、初代ショーン・コネリーがいいかな、なんて思っています。
ムーアも長く頑張りましたね。しゃれっ気があって、いい意味で軽めな。
いろんなことをやらされた時代のボンド、ということでしょうか…。

まだ、シリーズを見ている途中、今後もムーア主演(だったと思いますが)の11作目あたりから続きを見ていきますよ~。

ロジャー・ムーア一本目なのにこんな際物感バリバリを撮らされちゃうのは可哀想な感じでした。しかし、運命のようにみせかけて騙してやっちゃあいけないよね。

>ふじき78さん

だましヤリしてましたか! 詳細は記憶にないですが。
お気楽な冒険スパイものになってて…気軽に見られるところは、いいです。

ジェーン・シーモアが出ているのって、これだっけ?あ、違う、こっち?と、幾つか違う「007」を見て、ようやく辿り着きました。

クライマックス、そのジェーン・シーモアが見せしめみたいになる時、真っ白・ヒラヒラのドレスをお召しなのですが、汚れない!破けない!(↑の写真にありますね)
ボンドのスーツも、毎回、濡れない!シワにならない!がお約束…。
一方、「007」をモデルにしたらしい「インディ・ジョーンズ」の方は、汚れまくり、破れまくり…。両方とも、蛇v-531だのワニだの出てきますね。

スプレー缶式のアフター・シェーブ・ローションに、葉巻で引火させて、毒蛇を退治するシーンがありました。スプレー缶式の日用品(火気v-41厳禁)、どんどんなくなっているような…。
次世代が見たら、「これ何?なんで火が着くの?」って、分からないんじゃないかな…。
もう40年前の作品なんですね(!)

既にご覧になったかも知れませんが、「SCREEN」誌に、マリリンさん、チョロッと出ていました。v-341夏が来~れば、出てくる、この類のページは、何が楽しいのか?女子にはいまいち…?ですが。

>モペ改め「謎の」ミトンさん

うーむ、「ジェーン・シーモア 007」で検索したら、どれに出ていたのか、すぐ分かるのに。
まあ、寄り道するのが楽しいというのもありますよね!

おお! ほんとだ、白いドレスですもんねー。きれいすぎますねー。
ボンドの服も含めて、形状記憶、汚れを寄せ付けない特殊加工だったりして。(私が欲しいぞ!)

スプレー缶のって、使い切るのが大変じゃないですか? で、穴あけて捨てなきゃいけないのって、めんどくさいです。

うん? !!!
今月発売のSCREENですか? 見てない見てない。夏というと…水着ですか? あした見てみよーっと。ありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1892-158e6f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「007/死ぬのは奴らだ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1973年イギリス映画 監督ガイ・ハミルトン ネタバレあり

007/死ぬのは奴らだ

『LIVE AND LET DIE』公開:1973/07製作国:イギリス監督:ガイ・ハミルトン原作:イアン・フレミング主題歌:ポール・マッカートニー&ウィングス出演:ロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア まだセクシーさに欠けるかも・・・だけど一番観たのが...

『007死ぬのは奴らだ』を日劇2で観て、ゲラゲラだめだこりゃふじき★★★

五つ星評価で【★★★ダメはダメなりに今見るとダメで楽しめるからいんでないの?】    全編、「ジェームス・ボンドVSオカルト・ニグロ軍団」という異色作。 ロジャー・ムー ...

『007/死ぬのは奴らだ』(1973)

ショーン・コネリーは一作だけの復帰で再びシリーズを去り、今度はロジャー・ムーアが3代目ジェームズ・ボンドとしてシリーズ初登場。原作者イアン・フレミングはコネリーよりもム...

「007/黄金銃を持つ男」 «  | BLOG TOP |  » 「エルム街の悪夢(2010年)」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード