FC2ブログ
topimage

2020-02

「007/黄金銃を持つ男」 - 2010.07.08 Thu

007映画の第9作。敵のクリストファー・リー、その手下の小人エルヴェ・ヴィルシェーズの存在感が、なかなかよい。

女性歌手ルル(この映画でしか私は知らない)が歌う主題歌は、公開された1974年当時から私は知っていて、パンチの効いた曲で好きだった。
再見したあとの今も頭の中で、この歌が時々鳴っている。次作を見たら、その主題歌が代わりに頭に残るかもしれないけど。


ブリット・エクランド。左の人じゃないよ!
じろじろ見ないでよ、居心地悪いなあ。右が、ブリット・エクランド。左、知らん。ちょっとユーモラスなシーン。
(c) 1974 United Artists Corporation and Danjaq, LLC. All Rights Reserved.


黄金の銃、特注の黄金の銃弾を使う殺し屋スカラマンガ(クリストファー・リー)。
ボンドは、スカラマンガの雇い主に接触する。
香港かどこかだと思ったが、雇い主の邸宅に、なぜか力士が2人! イェース、スモウレスラー。(笑)


モード・アダムス、クール美女。
俺を裏切っていないだろうな? スカラマンガに銃を突きつけられるモード・アダムス。
(c) 1974 United Artists Corporation and Danjaq, LLC. All Rights Reserved.


モーターボートで追っかけっこをしていると、観光にきていた、あの保安官(クリフトン・ジェームズ)が登場! 前作「007/死ぬのは奴らだ」でも活躍したおじさん、連続出演だ!
しかも今回は、ボンドと一緒にクルマに乗って悪者を追いかける! 
いいですね、この遊び加減。
でも、クルマがキリモミ状態で1回転着地するときの効果音は、ふざけすぎではなかろうか。あれじゃ、あのスタントを「お笑い」そのものに、おとしめているみたいだよ。

ブリット、007の宣伝中?
映画のシーンじゃない。宣伝写真
ですね。拳銃はいいけど、007なんて
付けなくても。(笑)
(c) 1974 United Artists
Corporation and Danjaq,
LLC. All Rights Reserved.

ボンドガールのメインは、ブリット・エクランド(諜報員メリー・グッドナイト役)とモード・アダムス(スカラマンガの女アンドレア・アンダース役)。
グッドナイトは、タンスに押し込められたり、車のトランクに押し込められたりなど、ドジで、おちゃめな、かわいい系でグッド。
アンドレアのほうは美女系

スカラマンガの手下のニックナック(エルヴェ・ヴィルシェーズ)、よく見ると、顔の雰囲気が三谷幸喜さんに似ているような…。

(なお、画像が女性ばかりなのは、いつもながら管理人の趣味なので気にしないでおくれ。)

(7月4日)

THE MAN WITH THE GOLDEN GUN
1974年 イギリス作品
監督 ガイ・ハミルトン
出演 ロジャー・ムーア、ブリット・エクランド、モード・アダムス、クリストファー・リー、エルヴェ・ヴィルシェーズ

参考:007/黄金銃を持つ男@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんにちは♪

ロジャー・ムーアにかわってからは笑うシーンが多くりました。

>顔の雰囲気が三谷幸喜さんに似ているような…。
ふはははーっ
そう言われればそんな感じでしたね(笑)

>yukarinさん

こんばんは!
笑えますよね、ムーア・ボンドのシリーズ。といっても、まだ2作目ですけど。
コネリーのラスト「ダイヤモンドは永遠に」も笑えたので、シリーズの傾向なのでしょう。

三谷幸喜似。そうですよ、なんとなく。

初めまして

この作品は別格として好きですね。

特にB・エクランドの尻でビーム装置のボタンを押すシーンは
子供時代に見ていた時に、エロを感じました。

>鉄子の部屋さん

いらっしゃいませ、はじめまして。
コメントありがとうございます。

笑えるユーモアで、おもしろさがある映画ですね。
尻でボタン…子どものときに見たら、印象に残りそうです。

三谷

二年の月日が経ってるということかもしれませんが、小人はオードリーの若林に似てると思いました。

尻ボタンはコントすぎる(笑)

>ふじき78さん

小人の画像、確認してみました。若林入ってる!
思いついたら、いろんな人に似ているような気も!?
ボンドシリーズの中でもロジャー・ムーア編(?)は、軽さが極まってますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1893-d59fed0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

007/黄金銃を持つ男

『Man With The Golden Gun,The』公開:1974/12製作国:イギリス監督:ガイ・ハミルトン原作:イアン・フレミング主題歌:ルル出演:ロジャー・ムーア、クリストファー・リー、モード・アダムス主題歌のイントロのチャカチャカチャーン!にちょい反応。009のオープニング

『007 黄金銃を持つ男』を日劇2で観て、立派な駄作だふじき★★

五つ星評価で【★★なんでこんなアクションの繋ぎ繋ぎが退屈なんだろ】    初見。 うひひひひひひ、つまらん。 もちろん予告に組み込まれるようなイカしたカットも多々あるけ ...

エントリへ結婚したいなぁ(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「007/死ぬのは奴らだ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード