FC2ブログ
topimage

2020-02

「2001年宇宙の旅」(5回目) - 2010.07.15 Thu

大画面のスクリーンで観てみたいと、勇んで行ったのだが、



寝不足のせいか、眠くて、もう!

HALが唇を読む!
HALに聞かれないように相談しているはずが、HALに唇を読まれている。ちょうど窓があるんだもんなあ。
(c) 1968 Warner Bros. (MGM) All rights reserved.


「午前十時の映画祭」(公式サイトは、いずれリンク切れになるだろうから、我が家の記事にリンクしておく)にて。

2年前にテレビで見たときの記事では、星4つで、いい評価をしている。
今回は、なにしろ眠かったので採点不能

コンピューターのHAL9000が読唇術を発揮するシーンで、インターミッション(休憩)が入ったので、眠気覚ましのためにもトイレに行った。
速攻で戻ってきたのに、もう映画が始まっていた。
休憩があるけど、トイレに行けないくらい短いよ、って前もって教えてくださいよ、映画館さん!

少し意識がはっきりしてくると、今度は、おなかが空いてくる。
昼どきだから、もう、グーグーだって猫であるじゃなくて、おなかがグーグー鳴る
この映画、無音のシーンが、けっこう多いから、静かなときにおなかが鳴ったらどうしよう、と緊張して、かえって、おなかが鳴る。
でも、まあ隣の人や、あっちの人や、おなかを鳴らす仲間がいたので、少しは気が楽だった。


宇宙食でございます
宇宙食を渡している。ストローで飲むパック入り、いろいろ。
(c) 1968 Warner Bros. (MGM) All rights reserved.


映画は、はじめに、真っ暗なスクリーンにクラシック音楽が流れていたし、映画が終わっても、クラシック音楽が延々と流れた。
おい、いつ終わるんだ? いつ帰れるんだ? と心配になるほど長く続く。
いくらなんでも長すぎる。クラシック音楽を聴きにきたんじゃないのに。
たぶん、これは帰宅するときのバックグラウンドミュージックとしても存在しているのだろう。

今回の私のラストの解釈。
人は生きて、食べて(笑)、老いて、死に、また新しい命が生まれる。
その新しい命は「希望」であり、その「希望」が、こちらを向いたところで映画は終わる。

ということにしましょう。

(7月10日 MOVIXさいたま)

2001: A SPACE ODYSSEY
1968年 イギリス・アメリカ作品
監督 スタンリー・キューブリック
出演 ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルベスター

好き度 採点不能(満点は5点)

● COMMENT ●

冒頭に流れる有名な「ツァラストゥストラはかく語りき」の、タイトルがなかなか覚えれなかったのが学生時代。苦労して覚えたのに今は「ツァラストゥストラはこう語った」とタイトルが変わっているそうです。苦労して覚えたのに!分かりやすいにしても、口語より文語のほうが拡張高いように思うのは私だけ?苦労して覚えたから?

寝不足な時に限ってクラシック音楽満載の映画なんですね。これは明らかに「寝なさい」と運命に言われているとしか思えません。

こんにちは♪

寝不足での映画鑑賞はつらいですね^^;
こちらはやっぱり劇場には行けなかったんです(泣)

感想を言葉にするのが難しいのですが今観ても60年代に製作されたとは思えないすごさがありました。

>たけしさん

ありがとうございます。
これは、眠いときに見ると寝やすい映画だと発見しました!
映画の中で、いっぱい流れる「美しく青きドナウ」もワルツで、ゆったりとしてますしね。
「ツァラトゥストラはかく語りき」で、いいじゃないですかねえ。「こう語った」にする意味なし!

>yukarinさん

こんばんは!
寝不足でも大丈夫な映画もあるんですけどね。
これは、いけませんでした!
静かな映画だからでしょうねえ。。。

そう、1960年代の映画。CGなんて、たいしたことなくても、これだけのものができるんですよね。

こんばんは♪

毎日異常な暑さが続いていますが、ボーさん
夏バテしてませんか?
もう本当に暑くて溶けちゃいそうです(笑)

さて、この作品なんですが、睡眠不足で見ちゃあ
ダメでしょ(笑)
私はTVで観た記憶があるのですが、とにかく眠かったように
覚えています(笑)最初と最後の映像とツァラストゥストラはかく語りきの
音楽だけが記憶に残っています(^^;

それにしても、ボーさん、睡魔だったり、空腹だったり、トイレ行ったりと
忙しい鑑賞でしたね(笑)

>ひろちゃんさん

おはようございます!
少しの、ごぶさたです。(新作あまり観てないですし!)
夏バテまではしていないですよ。ちょっと慣れたかも?

チケット予約済みだったので、睡眠不足でも観にいきましたが、やはり眠くなりました。眠くなりがちな映画ですね。
トイレに行って戻ったら映画が再開していたとか、それはそれで、記憶に残るので、まあいいかと(笑)。

爆睡(爆)

いやー、眠いの眠くないのって。 笑
会議のシーンで記憶なくなって気がつくと宇宙船でした。
眠くなりますよねえ。 あれじゃ。

不思議ちゃんな映画の元祖という気がします。
松ちゃんの『しんぼる』もこれに影響受けたような感じ。。。

>rose_chocolatさん

やはり眠かったですか!
私は前回、家で見たときは、ちゃんと見ていたんですけど、もしや映画館では集団催眠効果が!(笑)

自分の感覚で感じて見ればいい、ということなんでしょうかねえ?

「しんぼる」が影響を受けたとは、はじめて知りました。あの映画は、あんまり見る気はしませんけど…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1898-67353e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2001年宇宙の旅

【2001: A SPACE ODYSSEY】 1968/04公開 アメリカ 148分監督:スタンリー・キューブリック出演:ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド声の出演:ダグラス・レイン(HAL9000)「午前十時の映画祭」21週目、監督・制作・脚本を手がけた言わずと知れたスタンリー・キュー

【午前十時の映画祭】『2001年宇宙の旅』(1968)...

原題:2001:ASPACEODYSSEY監督:スタンリー・キューブリック出演:ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルヴェスターTOHOシネマズ「午前十時の映画祭」 『2001年宇宙の...

2001年宇宙の旅

午前十時の映画祭でみました。説明するのが難しいので、後半だけ言うと、木星に未確認

「世界名作映画」ベスト10 SF篇

世界名作映画SF篇のベスト10は下記の通り。選出に当たっては、名作映画としてふさわしい作品テーマの普遍性、社会性、芸術性、エモーショナル度などを考慮して編成した。これらほとんどの作品の描く未来とは、決してバラ色のものではなく、たとえば読書が禁止された社会、酸性雨の降りしきる無国籍社会、核戦争により破壊された社会など、ネガティブなものが多い。もっとも、そうしたものでないと、ドラマが成立しえない...

「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」 «  | BLOG TOP |  » 「カリブ海の秘密」 アガサ・クリスティー

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード