topimage

2017-08

「ぼくのエリ 200歳の少女」 - 2010.07.27 Tue

この感じ、好きだよ!

ヴァンパイアものは、もともと好み。怪奇と幻想と、女性が絡んでくればロマンやエロスまで生まれてくる。

男の子
(c) EFTI_Hoyte van Hoytema

しかも主人公の男の子が12歳で、思春期に入ったとき。同じ年齢の頃の子と出逢う。
ところが、その子はヴァンパイアだった!
2人の関係の部分と、ヴァンパイアの怖い部分が、うまく、くっついて、ひとつの魅力ある物語になっている。

男の子が、いじめられっ子であることも、性に目覚める頃の年齢であることも、その容姿も、設定としてパーフェクトではないだろうか。
ヴァンパイアの子の、12歳といえば12歳、しかし、どこか老成した感もうかがえる顔立ちにも感心。(メイクの力のせいか?)
「200歳」とタイトルにあるけど、映画の中では言っていない。「12歳くらい」と、その子が自分で言ってはいるが。

多少はホラーのようなシーンがあるけれど、必要最小限にとどまっているし、遊び的な感覚でもあり、ホラー好きには楽しめるといっていい。(私はホラー好きとはいえないけど、楽しい。)
ヴァンパイアの子(年齢としては「子」じゃないけど、見かけ上として、以後「子」と書いておく)が人を襲って血を吸うシーンは、視覚的にも、うまい。上から覆いかぶさったり、見せなかったり。
なかでもいちばん私の好みなのが、建物の上層階の窓際で血を吸って、そのあと相手が落ちていくというもの。これは血を吸う相手にも驚かされるし、ヴァンパイアの子は上の階の窓まで飛んできた(!)わけだし、見た目も怖くて、だから美しい


ヴァンパイアの子
(c) EFTI_Hoyte van Hoytema

怖いから美しいというのは、ラスト近くのプールのシーンも同じ。本当は、とても恐ろしいことなのだが、主人公の2人に感情移入しているせいか、美しさすら感じてしまうのだ。
いちばん最後のシーンも、私は、ああ、よかったね、と思ってしまう。その先は苦難があるかもしれないけれど。

この作品は2人の子の関係が基本
ヴァンパイアの子にとって、生きていくのは大変なこと。助けてくれる人間がいるに越したことはない。ただし、その人間が裏切ったら、それは即時に自分の死を意味する。信頼できる者でなければいけない。
男の子との出逢いは、しかし、そうした打算はなく、男の子のほうもヴァンパイアの子との「きずな」を大事にして、しっかり守ってあげるのだろう。この子は彼にとって、たぶん初めての大切な、心を通わせた相手なのだから。

…と書いてきたが、映画を観た直後の思いを、一部、引っくり返すような事実を、あとで知った。

問題は、ヴァンパイアの子の股間が映り、「ぼかし」が入ること。
私は、あとで調べて「真実」を知ったのだが、もし本当ならば、これを知ると知らないとでは、大違いなのだ。原作では、こうなっている。パンフレットには、こう書いてある。という話がネット上にあり、私はそれを知って驚いたものだ。
感想文も、注意して書いてきた。


いっしょのベッド
(c) EFTI_Hoyte van Hoytema

「ぼかし」の下にあるものを知らず、また、それが何なのかを調べずにいると、この映画は大きな部分で誤解されたままの感想をもってしまうことになるらしい。
「それ」は、日本の映倫の判断では映せないようなものなのか。本物ではなく作り物であっても? 映画の意味を曲解させることになっても?

ただ、それを知っても、映画の「好き度」は変わらない

原題は「正しい者を入らせなさい」(?)
ヴァンパイアの子が、男の子の家に入れてもらえないと、体じゅうから血を噴き出すというインパクトのあるシーンが出てくる。ヴァンパイアは招待されないと家に入れない、という。
その意味も多少、かけてありそうだし、大きな意味では、(他人にとっては正しくなくても、)自分にとって正しい者、味方になる者を受け入れる、そういうことを指しているような気がする。ヴァンパイアの子にとって、味方を作る(引き入れる)ことは大切なことでもあるし。

(7月24日 銀座テアトルシネマ)


お互いに好き
(c) EFTI_Hoyte van Hoytema

LAT DEN RATTE KOMMA IN (LET THE RIGHT ONE IN)
2008年 スウェーデン作品
監督 トーマス・アルフレッドソン
出演 カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー

参考:ぼくのエリ 200歳の少女@ぴあ映画生活
「ぼくのエリ 200歳の少女」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

うーん、ますます観たい!!

さすがスウェーデンというか、ハリウッドぢゃ作られなさそうな繊細さにそそられますねー。
股間のくだりはちょっと飛ばしましたw知ってから観たほうがいいのか、知らずに観たほうがいいのかっ!?

コレもうやってるの?!

予告編みたけど、コレすんごく画面がキレイで面白そうなんで
絶対観たいです~!!

ボカシのくだり、ちょっと読んじゃったけど、
知ってると知らないとじゃどう変わってくるのかな?
観てのお楽しみ、ですね(^^)

>Rさん

観たいでしょー? 観てください。観た?
ハリウッド・リメイクしたんだそうです。同じ味は出せないでしょうから、どう仕上げるか興味はありますねえ。
股間は知らずにいたほうがいいです。(変な文)
映画として観る場合、そのシーンが来るまでは観ていないわけですから。

>わさぴょんさん

やってますけど、いまは東京の銀座だけかも?
予告編なんて、どこで!?
北欧らしい、澄んだような、きれいさはありますね。

私は、ネタばれといえるような重大な知識を得たうえで映画を観るのは、どうかと思うので、あとで知るほうがいいのかなと思います。
我が家では、大きくネタばれはしないつもりで書いてますが。

こんにちは。

この映画は、ボーさんのところから情報を頂いて、見たいと思うようになった映画です。素敵な映画のレビューをありがとう♪でも、銀座だけの公開でしたので、すぐにと言うわけにはいきませんでしたが、ようやく見る事が出来ました。期待を裏切らない良い作品でしたね。大ヒットしたので、銀座の後、渋谷でも遣ろうかと検討中らしいですよ。

>kiriyさん

おはようございます。
我が家の記事が動機になるとは、うれしいことです! 少しは役にたっているんだなと思えます。
しかも、観てよかったとなれば、なおさらです。

これは、もっと多くの映画館で上映してほしいですよね。

こんにちは~♪

公開後、かなり日が経っていたのですが、
どの回も満員だったのではないかという盛況ぶり。
これなどネットの力とクチコミ効果でしょうか^^

記事では触れていませんが、
ぼかしの件については、エリの再三の「少女」に関する否定的なセリフから
そうかな・・と思っていました。
ラストに関しては、同じ意見です~。
陽のあるうちに活動できる人間が傍にいてくれないと、
寝込みを襲われたりして、ヴァンパイアだってコワイわよね^^;

>kiraさん

おはようございます。
ありがとうございます。
映画館が1館だけ(?)だと、どうしても込みますよね。

そうかな、と思いましたか! 勘がいいですねえ!
私が鈍いだけか…。
ヴァンパイア、考えてみると、弱みがある生き物なんですね~。

観ました。

こんばんは~やっと公開ですよ(苦笑)

うん。
あのぼかしはいけませんよね。
私もセリフから想像はしたものの、帰ってネット上でそれを知って唖然でした。
なら、余計にぼかしちゃダメじゃん!
好みは分かれるでしょうが、異種間(?)同士の繋がりが切なくもあり応援したくもなるような作品でした。

>オリーブリーさん

こんばんは!
観賞、おめでとうございます!
やっぱり唖然でしたか。調べなきゃ分からない、というのは映画としてマズイですよ。
ヴァンパイアと人間の繋がり、味がありますよね。

雰囲気として、おなじみのアメリカなどの映画と違うところも好きです。今年のベスト上位に入りそうな感じです、今のところ。

懐かしかった

ボーさん、こんばんわ☆
真っ白で真っ暗な北欧の景色が、本当に懐かしくて、泣きそうでした。
凛とした大自然の美しさが、オスカーの無垢な姿に重なって、本当に崇高なかんじさえしましたね。
字幕無しで見たので、言葉は全くわかりませんでしたが、心に全部伝わってくる、いい映画だったと思います。

>ノルウェーまだ~むさん

こんにちは!
ああ、懐かしいことなのですね。それは映画で素敵な経験をされましたねえ!
あの自然は、映画の大きな力になっていたと思います。北欧ならではの背景があってのドラマ…。
台詞以上に雄弁な映像、表情、空気など、もってますよね。


ぼかし??

ボーさん、こんばんは!
またお邪魔します。

この映画、異色のムードですごく良かったです!
この2人に絆を感じたけれど、エリの獣の本能から、
ロマンと言える甘い関係よりも、
生きていくための宿命を背負った関係に思えました。

ぼかしなんてありました?←ボケてるね~私。
真実を知らない私は、勘違い感想文を書いちゃったかな。

>YANさん

毎度ありがとうございます!
ムードいいでしょう?
吸血鬼族が生きるのは大変ですよね。人間にとっては敵といってもいいようなものですもん。
「闇に隠れて生きる」といったら、どこかのアニメソングになっちゃいますが。

ぼかしてたはずですよう~。それともレンタルは違います?

良い映画でした♪

私ったら、この映画のことを全然知らなくて、何の予備知識もなく見ました。
ヴァンパイア役の子は、原節子さんに似ていませんか?
ビジュアルもストーリーも配役もパーフェクトです!

>マーちゃん

映画は、予備知識ないほうがいいです。
ヘンに知っていると、面白さが減ったり、思ってたのと違うじゃないか、と感じたり。
原節子さん…あまりよく知らないし…どうなんでしょう…。
パーフェクトですか! そういう映画に出会えてよかったです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1904-4c291a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくのエリ 200歳の少女

7月5日(月)@ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。 この日は某所で「瞳の奥の秘密」を観てから会社にとんぼ返り。 戻りは土砂降りに近い雨に降られて少しめげた。 会社に戻って一所懸命お仕事を片付けてから再び渋谷へ出発。 大車輪の活躍で、自分で自分を褒めて...

ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click タイトルから分かる通り、これ、純粋無垢なフツウのラブストーリーではありません 恋した相手はヴァンパイア! スウェーデンのスティーヴン・キングこと ヨン...

ぼくのエリ 200歳の少女 【何もかも キミさえいれば 怖くない】

『ぼくのエリ 200歳の少女』 Låt den rätte komma in / 英題:LET THE RIGHT ONE IN 2008年・スウェーデン ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著『モールス...

ぼくのエリ 200歳の少女

スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデション。監督はトーマス・アルフレッドソン。...

ぼくのエリ 200歳の少女

北欧特有の冷気と幻想の中で繰り広げられる残酷で美しいメルヘン。孤独な少年とヴァンパイアの少女の結びつきを、ポエティックに描いていく。12歳のオスカーはストックホルム郊外の街で暮らす繊細で孤独な少年。学校で深刻ないじめにあっているが、親も教師も彼の状況に気...

『ぼくのエリ 200歳の少女』

注・内容(ネタバレ)、ラストに触れています。鑑賞後にお読みください。スウェーデンのスティーヴン・キングこと、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を映画化した『ぼくのエリ 2

ぼくのエリ 200歳の少女

気になる映画。 ともやの琴線に激しく触れる映画を発見しました。 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作の小説「モールス」を映画化。 2008年に公開されたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN/英題:LET THE RIGHT ONE IN)。...

美しく せつなく 孤独な

28日のことだが、映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を鑑賞しました。 スウェーデン映画 いわいるヴァンパイアものです とはいえ、ホラーとも一概にはいえず 恋物語ともいえる ヴァンパイアの少女といじめられている少年 孤独な者ど...

『ぼくのエリ 200歳の少女』 カメラの秘密

 『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者であり、脚本も担当したヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストは、公式サイトに短い会話を書きだした。 ...

ぼくのエリ 200歳の少女

怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋 原題 LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 製作年度 2008 製作国・地域 スウェーデン 上映時間 115分 映倫 PG12

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女 - goo 映画 8月11日に銀座テアトルシネマにて鑑賞 世界各国で60の賞を受賞、80の賞にノミネートされている。 原作...

『ぼくのエリ200歳の少女』(2008)/スウェーデン

原題:LATDENRATTEKOMMAIN/LETTHERIGHTONEIN監督:トーマス・アルフレッドソン原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト出演:カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデション、ペール...

「ぼくのエリ 200歳の少女」:国際医療センター前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}国際医療センターも新しい建物になったみたいね。設備も最新なんでしょうね。 {/kaeru_en4/}じゃあ、万一ヴァンパイアに襲われたら、ここに駆け込めば助かるかな。 {/hiyo_en2/}「ぼくのエリ 200歳の少女」みたいに? {/kaeru_en4/}そう、そう。永遠に年

ぼくのエリ 200歳の少女

一人きりの部屋で、オスカーは「ブタの鳴きマネをしろ」と口ばしる。冬なのに上半身に服を着ず、手にはナイフを持って、少年のたたずまいは謎めいて不穏。少年が言ったのは、同級生が彼に放った言葉で、彼は毎日のように彼らにいじめられていたのだ。同じアパートに女の子...

■映画『ぼくのエリ 200歳の少女』

いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。 いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアスなヴァンパイア少女の切なくも美しい恋…というような表現は、こ...

ぼくのエリ 200歳の少女

スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー 『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。 同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな ことから恋に落ちていくも彼女の正体を知った少年の戸惑いと、彼女を受け 入…

ぼくのエリ 200歳の少女

ストックホルム郊外に住む少年オスカーは学校でいじめに合いながらも誰にも相談できない日々を送っていた。そんなある日、隣にエリと言う少女が引っ越してくる。

『ぼくのエリ 200歳の少女』

身を切るような北欧の冬。 白い雪上に赤い染みが滴るとき、 孤独と孤独を足し合わせ、運命に掛け合わせて導かれる。 少年がそっと手を伸ばす、その先の世界に見えたもの。 『ぼくのエリ、200歳の少女』 2008年/スウェーデン/115min 監督:トーマス・アルフ...

ぼくのエリ 200歳の少女

ストックホルム郊外の小さな町。 集合住宅で母親と暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。 ある晩、隣の部屋にエリ(リーナ・レアンデション)という...

ぼくのエリ 200歳の少女

ああ、そうなんだこれは邦題が間違っていますね。 エリはある部分でオスカーに聞くんです「もし女の子じゃなくても好きだと思うの?」と。 少年期の孤独感や疎外感、不安などをバンパイアに絡めて恋愛めいた関係にもっていくところが非常に繊細で切なくて良かった。永遠...

ぼくのエリ 200歳の少女 (Låt den rätte komma in)

監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 カーレ・ヘーデブラント 2008年 スウェーデン映画 115分 ラブロマンス 採点★★★★★ 初恋の思い出ってのはさっぱり覚えていないんですが、初めての彼女の事は意外とまだ覚えているもので。未練とかそんな感じのは全然ない…

ぼくとエリの闇の列車旅

「ぼくのエリ 200歳の少女」 「闇の列車,光の旅」 

ぼくのエリ 200歳の少女

初恋物語とするには、甘酸っぱさや淡さは無かった。 これはとても胸が痛くなる物語・・・ あの凍てつく雪空がとても象徴的。 監督:トーマス・アルフレッドソン 製作2008年 スウェーデン 出演:...

「ぼくのエリ 200歳の少女」(LET THE RIGHT ONE IN)

バンパイアの恐怖や哀しみと同時に、内気で孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描いたヒューマン・ラブ・ファンタジー「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年、スウェーデン、115分、トーマス・アルフレッドソン監督作品)。この映画は、スウェーデン・ストッ...

映画評「ぼくのエリ 200歳の少女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年スウェーデン映画 監督トーマス・アルフレッドソン ネタバレあり

DVD:ぼくのエリ 200歳の少女

 クロエ・グレース・モレッツ主演のモールスがとてもおもしろかったので、その原作であるぼくのエリ 200歳の少女をDVDで見ました。

『ぼくのエリ 200歳の少女』

JUGEMテーマ:映画 制作年:208年  制作国:スウェーデン  上映メディア:劇場公開  上映時間:110分  原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN  配給:インターフィルム  監督:トーマス・アルフレッドソン  主演:カーレ・ヘーデブラント      リー...

ぼくのエリ 200歳の少女

音も色も排除したオープニング・クレジット。小さな文字でキャストとスタッフが綴られていく。沈黙を破るのは、暗闇に舞う雪の音。はて?雪はしんしんと降るものだから、キラメキの...

ぼくのエリ 200歳の少女

LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 2008年:スウェーデン 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・ ...

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」 «  | BLOG TOP |  » マリリン9題(BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード