topimage

2017-04

「インセプション」(2回目) - 2010.08.29 Sun

なんだか、よく分からないのが悔しくて、2回目観賞。

前回より、少しは分かった。
1回目は、3段階目の雪の中の場面あたりから、いまいち理解があいまいになっていた。
誰が、なぜ、崖を登っているのかとか、誰が何をやってるのか分かりにくかったし、父親に会わせることで目的が達せられるのかとか。
2段階目で、なぜ浮いてる皆をまとめているのかとか、最後に謙さんは助かるのかとか。いろいろと分からなかったのだ。


インセプション1
エレン・ペイジとディカプー。
(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


もっとも今も分からないのは、そもそも謙さんの目的は達成できたのかということ。
相手の会社をダメにしたいわけでしょう。息子よ自分の道を行け、ってことでOKなのか。自分の道を行って、もしそれが会社を大きくしたい、となったら、なんにもならないのでは?

なんにせよ、アイデアと映像と音楽がすごい
映像のスケールに感激して泣き、ディカプーの悲しい運命に泣き。
夢の中では死なない、なんていっておきながら、アレなもんだから、スリルが出てくるし。(知らなかったメンバーにとっては、詐欺みたいなものでしょ。)
ディカプーが夫婦トラウマを抱えているから、危険が増えるし。

ラストは、どちらにも取れるように、できている。

でも、映画は、わかりにくかったら、いかん。という考えもあるので、たとえば、あとで観た「ソルト」のほうが、すっきり面白くて、より好みだったなー。
わかりにくくても面白い!というところまで、たどり着く映画も、たまにはあるけど、これは、もやもやが残りすぎの感が。


インセプション2
謙さんとマリオン・コティヤール。
(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


(8月21日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

INCEPTION
2010年 アメリカ作品
監督 クリストファー・ノーラン
出演 レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エレン・ペイジ、マリオン・コティヤール

参考:インセプション@ぴあ映画生活
「インセプション」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

あれっ?

ソルトの感想があるかとお邪魔したのですが(笑)
ソルトはこれからですか?

>アイデアと映像と音楽がすごい

私は、これ+キャストの良さで、おもしろ~いと
思ってしまったみたいです。1回鑑賞ではわからない部分もあるのですが、
なんかすべてに圧倒されて(笑)理屈じゃなくて好きな作品なんです(笑)

>ひろちゃんさん

ありがとうございます。はい、まだまだ「ソルト」には行き着きません。

キャストもいいですね。とくに、ゴードン=レヴィット君なんてクールだし。
なんだか、すごくて好き! というのも、もちろん、いいと思います。
ここに書いているのは、たんに私の考えに過ぎないのですからねッ。

ラスト…解釈がいろいろだろうなあと思いつつ、自分が一番納得できる解釈は「えええ、それじゃあ、つまんないよ」と思うものだったりします。うーん。
「わかりにくかったら、いかん」というのはありますよね!
基本的に私もそういう映画が好きなので、これは「面白い」とは思ったけど「好き」には難しいかもしれないです。

>まおさん

ラスト、子どもの服装が、それまでのコブのイメージと同じようだと思ったんですよ。そうすると現実でないことになりますが、似たような服を着ないと決め付けることもできず。
老人の謙さんが拳銃自殺したなら、生き返ってハッピーエンドかもしれず…。

考えるのが面白い、という面もありますけどね~。

謙さんの目的は達成できたのか?

謙さんを含めた出来事全てが壮大な夢オチ。心の傷を癒す目的で、他者がコブに仕掛けたインセプション段階のひとつなんです、あれは。
というのもあり?(いやムリ)
うーん、実は全てスケアクロウが見せた幻覚なんです。(笑)

兎にも角にも、自分にとっては今年の(多分)ベスト1です。
大好きな映画になりました。

興奮する作品

ボーさん、こんにちは!
やっと記事が登場しましたね~

ほんとにあのインセプションで、謙さんの目的が達成できたのか、
遠回りな方法ですよね~ もっと簡単なやり方がありそう(≧ε≦)
でもきっとリサーチして、あの息子の場合は、
こう言ってやると、こういう行動に出て
会社は継がないので、衰退していく・・・みたいな
裏付けがあったんじゃないでしょうか。なんてこじつけだけど。(^^;

犯罪なのに、あの息子を救うような思いを植え付けてあげるなんて、
その優しさがいいなあ。

映像、音楽、脚本、どれも刺激的で、
私はこの作品、とっても好きになりました~★

私も観た~♪

私もなんかとにかくこの凄さでノックアウト(≧▽≦)
なにからなにまで物凄い!そして繊細かつダイナミックで美しい!
唯一気に入らない点は、エレン・ペイジの作った夢を散歩する場面で
お店屋さんの軒先からバーンと破壊されていく夢が壊れる場面のぎこちなさ。(モノが飛び散る様子がいかにも作り物っぽい)
他は流れるような美麗さだったのになぁ? わざと? 
アソコだけいかにもCGぽい★

最後はコマがとまったなら普通過ぎるし、
とまらなかったとしたらホラーで良くあるパターンみたい。
と、どっちにしてもありきたりなのでどっちつかずにしたんじゃないかと。

>小夏さん

うん、ありじゃないですか!
コブが標的であるインセプション。マイケル・ケインが糸を引いていたりして。

ベスト1ほどに良かったですかあっ! なるほど…。
私に言わせれば「ジェニファーズ・ボディ」も、いっしょくたのステージ上なんですが(無茶いうなって?)(劇笑)

>YANさん

こんばんは。
お待たせしました。そのわりに、たいしたこと書いてない。
1回目の記事で肩透かしを食らわせてから、だいぶ経ちました。
まあ、いろいろ説明カット、勝手に考えてね、みたいな内容でもありましたか。

ほんとに、すごいなあといえる映画ですが、やっぱり、すっきりしないんですよね~。

>わさぴょんさん

おお、ご覧になりましたかー。
ものすごいですか。たしかにねえ。

あの店なんかの爆発シーンは、私は面白かったです。
ああいうふうに崩壊するのかどうかは別として、イメージ的には、よかったと思いましたよ。
スローだったから、ぎこちなかったんじゃ?

ラスト、どっちつかずにしたのは、余韻を引きますね。ずっと考えちゃいますし。頭のいい作り方です。
クリストファー・脳爛と呼びましょう。(はい?)

「クリストファー・脳爛」は思いつきませんでした(^^
そんな柔らか頭のボーさんを悩ませたんですから、
そういう意味でも面白い映画ですね、この作品♪
個人的には、あのシンプルなデザインのコマが欲しいです。
でもって、仕事が間に合わなくて焦ってる時なんかに、回してみて、現実か夢か確かめてみたいです(^^;。

>kiyotayokiさん

私は「脳」が「腐乱」ですけど!
論理が、どうでもいい映画は、ほんとにどうでもいいんですが、こういうふうに、きっちり組まれている(らしい)映画は、ちゃんと分かりたいんですよね~。

コマを使えば、夢でうなされることは、なくなりそうですね!(全部、現実だったりして!?)

わたしは、ストーリーとしてはわかりやすかったです。各階層の夢の中でどんなことが起こるのかが見所だと、お話の展開に期待しながら観ていたのですが、肝心な部分が希薄でとても残念でした。キャスティングはよかったです。着想もよかった。でも、満足のいく脚本になる前に疲れて力尽きてしまったような映画に思えました。ソルトのほうが、圧倒的におもしろかったです(ストーリーにたくさん仕掛けを持たせた映画ということで)。

>さえさん

こんばんは!
そう感じるのは、もしかして、各階層での出来事の意外さとかはあまりなくて、階層同士のつながりのほうとか、構造のほうに重点が行っているからかもしれませんね。
なんて自分で書いていて、よくわかりませんが!
これもいいけど、「ソルト」のほうが好きなのは、同じですね~。

TB&コメントありがとうございます

ボーさん、こんばんは。

ノーラン監督って複雑な話をこじれさせるのが本当に好きなんでしょうね。「プレステージ」でそれを感じました。個人的には「インセプション」は気に入りました。僕の周り否定派だらけで・・・うーむ。

こんばんは~☆
私は気持ちが引きずられるような映画が好きなので、「インセプション」はかなり気に入りました。加えてジョセフ・ゴードン=レヴィットと言う俳優さんとの出会いも嬉しかったのですよ。もちろん、レオナルド・ディカプリオも良くて、つまり、私のミーハー測定器の針のゆれ幅によって、映画のお気に入り度が変わるのかもしれませんね(笑)

>takさん

おはようございます。
複雑で、なお、こじれたら、もう大変ですよ。(笑)
そうそう、「プレステージ」はノーラン監督でしたっけ。
「インセプション」否定派、多いですか? 私の周りは否定派は少数のようです。

>kiriyさん

おはようございます。
ゴードン=レヴィットくんは良かったですよね! 「(500)日のサマー」のイメージとは違います。
気持ちを動かされる映画なら、ノーラン監督作品は、ばっちりですね。
ディカプーも良かったし、俳優は皆、わるくなかったと思います。というか、作品の内容に、演技を引き出されていたのかも…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1932-45f990d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インセプション (2010年 アメリカ)

いやぁ~!めちゃめちゃ面白かったです!2010年ベストムービーの予感大! とにかく情報量がとんでもないことになっていて、途中、「私の脳細胞じゃ追いつけんわ~!」とパニクったりしたのですが、それが杞憂に終わっちゃうところがノーラン監督の凄いところ。 今は、観...

インセプション(D-BOXにて)

ラストのコマ、ええ~~っ、そこでかい~!! ものすごく刺激的で興奮した~★ 引き込まれて観ていたので、時間を全く感じなかったなあ。 ...

インセプション

先行上映で鑑賞―  錚々たるキャストの中に渡辺謙が・・・【story】コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人の潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な企業スパイ。ある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事

インセプション

インセプション - goo 映画 8月4日映画館にて 夢から目覚めて、また夢を見る。 または夢の続きをまた違う日に見ている。 もしくは夢の中に...

映画『インセプション』

 この夏最大の話題作(だと思う)『インセプション』、今さらながら観ました。 インセプションサントラ ハンス・ジマー ワーナーミュージッ...

『インセプション』 映画レビュー

『 インセプション 』 (2010)監  督 :クリストファー・ノーランキャスト :レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、 ジョゼフ・ゴードン・レヴィット、マリオン・コティヤール 『ダーク...

インセプション (Inception)

監督 クリストファー・ノーラン 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 148分 SF 採点★★★★ 先日、吉瀬美智子さんと食事をするっていう、なんとも素晴らしい夢を見まして。ただ悲しいかな、食事を終えて店を出ようかという時に目を覚ましてしま…

映画鑑賞 「インセプション」と「トラブル・イン・ハリウッド」

新春映画2本立て!大晦日~元旦にかけて見ました。 レンタルDVDですがね^^; 正月はハリウッド映画に限るよね・・・というチョイス。 「インセプション」 デカプリオと渡辺謙の競演+クリストファー・ノーラン監督作品。 他人の夢に入り混んで、思い通りの夢を...

【映画】インセプション…ノーランにもハズレ無しオススメ

本日は映画「インセプション」の記事ということで最近私が観た夢の話でも書こうと思ったのですが…夢の話ってのは退屈だからねぇ…止めておきます では、早速。以下は映画観賞記録です。 「インセプション」 (監督:クリストファー・ノーラン、出演:レオナルド・

インセプション

2010年日本公開作品 吹き替えで観賞。アカデミー4部門受賞 作品賞ほかノミネイト。大好きな新バットマンシリーズの監督クリストファー・ノーラン最新作という事と、渡辺謙 ...

「影なき殺人」 «  | BLOG TOP |  » 「ピンキー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード