FC2ブログ
topimage

2020-09

「影なき殺人」 - 2010.08.31 Tue

実際にあった殺人事件をもとにセミドキュメント・タッチで描く、エリア・カザン監督作品。

影なき殺人
ダナ・アンドリュースと、奥さん役のジェーン・ワイアット。ワイアットさんは、若いころのマリリンに、ほんの多少ではあるが、ふと似ていないこともない。
(c) TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.


夕暮れの街角、神父が拳銃で撃たれた。逃げる犯人の姿を目撃した者は7人もいた。
しかし犯人は捕まらず、保守系の新聞は、政治にからめて政権を攻撃、市民の不満も増大してくる。目撃情報と似たような帽子とコートを着ていれば通報されるという事態が頻発した。

やがて有力な容疑者が見つかり、彼は長い取り調べの末、なかば強引に自白文書にサインさせられる。
しかし、裁判で判事がとった行動は…。

犯人を見た、といっても、顔見知りでない限り、よほど顔をしっかり見ないと、どの人間がそうだったのかは、後から確信をもって言えないだろう。
感情的な思い込みや、嘘の可能性もある。
似たような人物が容疑者として出てくれば、ああ、この人だ、と思い込んでしまったりもする。

判事は裁判の場で、そうしたことを明らかにしていき、最後に決定的な事柄を説明する。
ただ、いきなり裁判で、そんな方針を出してきたのに、ちょっと唐突感があった。それまで検事側が検証、実験してきたことを、いきなりラストのクライマックスで明らかにするわけだから。

法廷の場で、自分の命が危ないことまでして物事を証明するのは、行き過ぎで芝居がかりすぎだと思うが、無実の者を守る正義を行おうとする価値は大きいし、映画にして見せる意味もある。
この判事、のちに司法長官になったという。

(8月21日)

BOOMERANG !
1947年 アメリカ作品
監督 エリア・カザン
出演 ダナ・アンドリュース、リー・J・コッブ、ジェーン・ワイアット、アーサー・ケネディ、カール・マルデン

参考:影なき殺人@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

弊記事までTB&コメント有難うございました。

>感情的な思い込みや、嘘の可能性もある。
人間の記憶の曖昧さは、エドガー・アラン・ポーが「モルグ街の殺人」で150年も前に既に指摘しています。
僕は小学生の時に読んだ「モルグ街」をちょっと思い出しました。

前半のドキュメント・タッチ、後半の劇的な展開・・・ちょっと極端すぎる印象もありますが、なかなか計算された鮮やかな構成と思いましたよ。

>オカピーさん

おお、モルグ街ですか! 読みましたが細部は忘れています。
逃げていく姿を見ただけでは、後から犯人を指摘するのは無理でしょうし、でも法廷では、そうした証人の矛盾をちゃんと説明しなければならないのが難しいですね。
なかなか興味深い作品でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1933-73e46600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「影なき殺人」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1947年アメリカ映画 監督エリア・カザン ネタバレあり

「突然の訪問者」 «  | BLOG TOP |  » 「インセプション」(2回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード