topimage

2017-03

「ソルト」 - 2010.09.04 Sat

おもしろかった~! アクションをこなすアンジー、かっこよすぎる!

予告編は見ていた。「ソルト」? 塩? スパイなのか、そうでないのか。で、逃げる映画?
じつは、あまり興味を惹かれていなかった。
ごめん。それほど気乗りしないまま観はじめたら、これがまあ、おもしろいこと!

ソルト1

とにかく、これはアクションもの。たぶん、あとには心に残らない、映画館の大画面と音響のなかで、その場で存分に楽しんで観るべき映画
いつも言うけど、こうしたアクション映画は、テレビの画面で見たら、映画館で観たときと比べて、どれだけ満足感が低くなるか見当もつかない。考えるのも恐ろしい! 臨場感、迫力が違うんだから。

アンジェリーナ・ジョリーのアクションものは、いくつか観てきたけど、映画の内容としては、今回がいちばん私は好きだ。
オープニングは、スパイ嫌疑で拷問されているソルト(アンジェリーナ・ジョリー)。
彼女の正体はアメリカ側の機関関係者なのか、逆にロシア側なのか…。
この疑問がベースにあって、逃げながら標的を追う、というパターンへ移る。標的を追うということは、やはりロシア側なのか!? いや、真犯人を捕まえるためか?
そんなスリルを味わう楽しさ。

どちら側の人間にしろソルトはスパイの訓練を受けているわけで、逃げるにしても標的を追うにしても、手際がいい。
その行動を見ているだけで、こういうことをするのか、かっこいいなー! 危ない! すごいなー! と、さまざま興奮するのである。

ソルト3

そういうアクションを演じるアンジー(いちおう説明しておくと、アンジェリーナの愛称)が、また、サマになること!
「お熱いのがお好き」のマリリン・モンローさんの役である、甘くとろけるシュガー(砂糖)と反対の、ぴりっとしたソルト(塩)味を堪能!
ジェームス・ニュートン・ハワードの音楽も、かっこいい。

この暑い夏、涼しい映画館で、さらにスカッとしたい方には、おすすめの一品。
もちろん、単純なアクション映画は好みません、という方には、おすすめしません。

エンドクレジットで、監督がフィリップ・ノイスだと知って、ちょっと感動。(このように、ほとんど何の情報も知らずに映画を観ている場合も多い。)
なぜかというと、私には、この監督さん、「今そこにある危機」(1994年)、「セイント」(1997年)などのアクションものよりも、人間ドラマの「裸足の1500マイル」(2002年)が印象深かったから。
アクションも、えらく、いけるじゃない。

(8月22日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

ソルト2

SALT
2010年 アメリカ作品
監督 フィリップ・ノイス
出演 アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュライバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー

参考:ソルト@ぴあ映画生活
「ソルト」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

かっこいい!

ボーさん、こんばんわ☆
アンジーがものっすごく格好良かったですよね!
アクションもなかなか☆
新しい女スパイキャラの誕生です~
涼しい映画館でスカッとするのに最適ですね☆

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは! ありがとうございます。
かっこよかったです!
もしかして、シリーズにしようとしてるなんて、まったく思っていなかったんですが、ありうるみたいですね。
こういうアクションは映画館で観てこそ面白い。
期待してなかったぶん、楽しさアップでした!

わたしも、かなりこれ面白かったです!なんでお客さんが入らないのか不思議です。アンジーの出演映画の中でも、トップ3に入るくらいの出来栄え&適役だと思いました♪「次回に続く・・」の映画のほとんどが「なーんだ、こんなところで終わっちゃうの」と消化不良気味の作品が多いなか、この映画は「今回はココまで。満足、満足」と1話完結感がありました♪続きが観たい作品に出会えました♪

>さえさん

私も満足でした! 
終わってみれば、これはアンジー以外にいないと思えるくらいに、似合っていた役でした。
ヒットしていないのなら、宣伝段階で、いまひとつ惹かれるポイントがないのが痛いところでは? なんて思います。

私は見終わったときに、続編があるだろうと考えていなかったのですけど、思い返せば、ばっちり「つづきありの可能性」の終わり方でしたね!

DVDじゃ、もったいない!

ボーさん、大満足ですね。

私も、映画館で満喫しましたよ。DVDじゃ、もったいないですよね~。

アンジーが、カッコ良過ぎ。
どんな展開になるのかワクワク感があったし、ほんとに楽しめました!

こんばんは♪

ボーさんは期待なし(笑)で鑑賞したので、より面白く感じられた
のかもしれませんね^^
確かにこの猛暑の中で、スカッとしたい人にはお薦めですよね(^_-)-☆
だけど、後に何も残らないにも同感です(笑)

スピーディーな展開、アンジーのアクションにドキドキ、ハラハラ
スリルを味わいました\(~o~)/
アクション好き、アンジーファンなら、確実に楽しめる作品だと思います(*^o^*)

こんばんわ!

ボーさんこんばんわ♪

アンジー男前でしたね(笑)
映画の中の誰よりも男前でした!
そしてセクシー!
マリリンのかわいらしいセクシーも好きですが、
アンジーのカッコイイセクシーも好きです。

>チェズさん

ほんとに大満足です。
DVDじゃ、もったいない、まさに、そうです!

どちら側の人間なのか、というサスペンスも、ちゃんとありますし、アクションは楽しめるし、サイコーですね。

>ひろちゃんさん

おはようございます。
期待なしで観ると、たしかに、反動で(?)面白い場合は、より面白く感じるのでしょうね。

ちょっと悲しい部分もありますけど、かっこいいアクションにはスカッとしますよね。

アンジーは、アクションなしの映画でも演技で魅せることができるし、アクションもできる、これが素晴らしいんですよ~。

>maru♪さん

おはようございます。
男前!
じつに、そのとおりな、かっこよさ、タフさを見せてくれました!
しびれます。しびれすぎです。

砂糖なマリリンも、塩なアンジーも、素敵ですよね~。

No title

アンジーの細い腕でも強ければ一般の男は皆、超人ですよね(笑)

本当なら彼女に負けるような成人の男の方が滅多に居ないでしょう。

あほらしいので彼女のアクション映画は、もう観ません(笑)

>jkさん

コメントありがとうございます。ん~、まあ作り物の映画ですしね。私は気にならずに楽しめたから、いいのです。
見る人次第で、いろいろでしょうね!

DVDでも楽しめました♪

ボーさん、こんにちは!
パソコンの調子が悪いようで・・・困りましたね。

ボーさんの仰るように、ほんとアンジーのアクションの凄い事!
次から次へと、よくあそこまでスリリングな事を
やってのけるもんです。
出産後の女性とは思えない!ブラボー★

真の悪者は、あまりにも当たり前な俳優でちょっとガッカリ・・・
もっと驚きが欲しかったなあ。

>YANさん

こんばんは、ありがとうございます。
いま帰宅途中で、ケータイからです。帰ってもパソコンがつながるかどうかわかりませんし。
悪者キャラなんでしょうか、あの方。似合うといえば似合う…。
それにしてもアンジー、いいですよね。(アンジーと聞くと相変わらずローリング・ストーンズのアンジーという一節を思い浮かべる私です。)

こんちは

アンジーかっくいいっすね。

前半の机の脚から砲塔つくっちゃうとかいいっすね。後半はちょっと息切れ感があるかな。個人的に主人公の立場がはっきりしないのは苦手ですね。

>ふじき78さん

こんにちは!
かっこよくて惚れ惚れしました。
どっちの立場なのか分からないのがサスペンスでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1936-e3abc6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソルト

7月27日(火)@東京国際フォーラム ホールAで鑑賞。 ジャパンプレミア。 アンジーは、ロシアからやって来て、この舞台挨拶のあと韓国へ。 本人が語ったとおりのショートステイ。

ブラッディ・アンジー~『ソルト』

 SALT  優秀なCIA分析官のイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、夫のマイ ク(アウグスト・ディール)と幸せな結婚...

『ソルト』の気が利くところは?

 本作のタイトル及び主人公の名は『ソルト』(SALT)、すなわち戦略兵器制限交渉(Strategic Arms Limitation Talks)のことである。  その名のとおり、主人...

ソルト・・・・・評価額1500円

本物の美しすぎる女スパイがアメリカのマスコミを席巻した今年、何とも微妙なタイミングで公開されたスパイアクション。 元々トム・クルーズ...

『ソルト』(2010)/アメリカ

原題:SALT監督:フィリップ・ノイス出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<S...

『ソルト』

(原題:Salt) 「これは、少なくとも観ている間はオモシロい。 まあ、そういう映画だったね」 ----えっ、“観ている間は…”。 後で考えるとそうでもないってこと? 「いや、そこまではいかないけど…。 いまこうしてフォーンに喋るために 改めて予告を観て映画を思い出...

ソルト

『ウォンテッド』、『チェンジリング』のアンジェリーナ・ジョリー最新作。二重スパイの嫌疑をかけられた主人公ソルトが身の潔白を証明しようとする過程で様々な真実が浮き彫りになってくるスパイアクションムービーだ。共演には『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリ...

映画レビュー「ソルト」

公式サイト◆プチレビュー◆アンジーの七変化が楽しめるスパイ・アクション。リアリティーはないがタフなヒロインの活躍は嬉しい。 【55点】 CIAの敏腕分析官イヴリン・ソルトは、何者かの企てによってロシアの二重スパイの嫌疑をかけられる。自分の無実をはらすた

★ソルト(2010)★

SALTあなたは見抜けますか?彼女は、いったい何者なのか?上映時間100分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2010/07/31ジャンルアクショ...

「ソルト」女スパイはイヴリン・ソルト

もともと『正体を暴け』みたいなつもりもなく、ボンヤリと見始めたスパイ映画は、『そういえば、スパイ映画は普通正体を隠しているからややこしいんだったっけ?』と気が付いた時には既に遅く、すっかり話しに置いていかれた私。 とはいえ、スタイル抜群を強調しないアン...

ソルト

アンジー姐さんカッコよすぎます!  

ソルト

【SALT】 2010/07/31公開 アメリカ 100分監督:フィリップ・ノイス出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー彼女は、何者なのか?CIAエージェント・イヴリン・ソルトは、ロシ

ソルト

二重スパイに疑われたCIA諜報員ソルトの、危機また危機の逃走劇。その正体は核兵器を狙うテロリスト?一瞬たりとも目が離せない展開!物語:アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機

「ソルト」

先日『ソルト』(TOHOシネマズ岡南)劇場鑑賞しました。 これは傑作サスペンス・アクションですね。 この夏一押しです。ぜひ、劇場でご覧になってください。 アンジーファンの方も、そうでない方も(笑) 「ソルト」(2010)アメリカ 監督 フィリップ・ノイス 出演 アン...

映画:ソルト

 アクション映画やスパイものって好きなんです。なのでとても楽しみにしていて公開してすぐにでも観に行きたかった作品なんですが、公私ともに忙しくてようやく観てきました。しかも記事にするのが結構遅くなっちゃったので、若干忘れ気味ではありますが、今回の記事はソ...

ソルト (Salt)

監督 フィリップ・ノイス 主演 アンジェリーナ・ジョリー 2010年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★ 秘密を持ち続けるのも内緒話を聞くのも、イマイチ苦手な私。普段はお喋りな割に口は堅いんで言いふらすことはないんですが、秘密を持っちゃった事自体がプ…

先週観た映画 ~12/5

映画1本ペースになってます… 「ソルト」Salt/10   元々は男だった予定の役をアンジーがどかーんと演じた女スパイ映画。   久々にスカッと本格的なアクションスパイ映画を観たなあ!という感じ。  ...

ソルト

この女、相当できるな。 次から次へとたたみかけるアクションに目が釘付け! と言いながら、途中ちょっと寝ました・・・(^^; 監督:フィリップ・ノイス 製作:2010年 アメリカ 出演:*アン...

『ソルト』『ナイト&デイ』を新橋文化で観て、緩いけど割といい2本立てじゃんふじき☆☆☆,☆☆☆

◆『ソルト』 五つ星評価で【☆☆☆東西冷戦はまだしゃぶりつくせる題材だったのか、という点にビックリした】 アンジェリーナ・ジョリーかっくいっすね。 そこは評価。 お ...

ソルト

SALT 2010年:アメリカ 監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブ ...

『ソルト』 映画レビュー

『 ソルト 』 (2010)  監  督 :フィリップ・ノイスキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、ダニエル・オルブリフスキ、 キウェテル・イジョフォー、ダニエル・ピアース、アウ...

「ミクロの決死圏」 «  | BLOG TOP |  » マリリン映画にジュディ・デンチさん出演

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード