FC2ブログ
topimage

2019-12

「リリィ、はちみつ色の秘密」 - 2010.09.29 Wed

子どもが主役の映画って、やっぱり、いいものが多いと思う。

本作の主演、ダコタ・ファニングは撮影時は14歳くらいのはずで、演じる役柄と同じ年齢だった。

はちみつをとる
オーガスト(クイーン・ラティファ)に、はちみつ採りを教わるリリィ(ダコタ・ファニング)
(c) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.


以下、だいぶネタばれ。
14歳のリリィ。彼女は4歳のとき、家を出ていこうとした母親を、誤って撃ち殺してしまった過去をもつ。
たぶん母親がいなくなってから心がすさんで専制的になったのであろう父親のもとでは、家は居心地のいいものではなかった。黒人のお手伝いさんが、傲慢な白人とトラブルを起こしたことをきっかけに、彼女は家を出る。

黒人に参政権を、という話が出ていたから、それで時代背景はわかる。
映画館の入り口が、白人と黒人とでは別になっていたりするのだ。

家で、ハチの群れの夢を見ていたリリィは、運命に導かれるように、はちみつ作りで暮らしている黒人姉妹の家に泊めてもらうことに。
彼女は、姉妹や、その周囲の人々との交流のなかで成長していく…。

とても、いい話。
事故とはいえ、幼い頃に母親を殺した心の傷は、並大抵のものではないだろう。その苦しみを10年間抱えてきたのだ。
はちみつ作りの姉妹は、オーガスト、ジューン、メイ。8月、6月、5月という意味の名前だ。(なぜ7月が抜けているのか不思議だが。幼くして亡くなったのかも?)
やっと彼女は心の休まる「家」に、たどり着いた。
若い黒人男性との、ほのかな恋も生まれたのだが、この顛末(てんまつ)を見ていて、私はハッと気づいた。
当時(1964年)は、白人と黒人が結婚することは考えられなかったのではないか、と。


ダコタちゃん
ダコタちゃん、いい演技するね! これからも楽しみ。
(c) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.


3人の姉妹や、リリィと行動をともにするお手伝いさんの個性は豊か。当時の黒人の生き方、感じ方の様々な面を象徴させているようだ。

神様からの赦(ゆる)しを求め、母親の過去に触れ、父親から真実の言葉を聞き、家には3人の「母親」が。
ラストシーンは、これまでの苦しい過去と決別し、自分でしっかりと立ち上がることを思わせる、さわやかなものだった。

ダコタちゃんをはじめ、出演者は、みな好演。クイーン・ラティファは母性そのもののよう。
悲しみを、あたたかさや優しさで覆いつくすような一編だ。

(9月20日)

THE SECRET LIFE OF BEES
2008年 アメリカ作品
監督 ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演 ダコタ・ファニング、クイーン・ラティファ、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、ソフィー・オコネドー

参考:リリィ、はちみつ色の秘密@ぴあ映画生活
「リリィ、はちみつ色の秘密」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんばんは☆

登場する女性がみんな個性的で、前向きでしたね♪
ホントは、アメリカのこの時代のものは苦手なんですよ~。
戦慄しながら、でもどこか頼もしい女性たちを信じながら見守りました。
キャストも映像も素敵な1本でしたね~。

>kiraさん

こんばんは!
アメリカの人種差別は根が深いですね。
そもそも、先住民を追いやって国を作ってきたアメリカ。南部の農園も、黒人を使わなければ成立しなかったですし。

白人の女の子の救済と、当時の黒人の生き方を、うまく合わせて、素敵でハートウォーミングな、お話にしていましたね。

こんばんは♪

とっても良い作品でしたね。
本当はシリアスな内容なんですけど前向きに生きてる人たちで素敵でした。
キャストも良いですよね~。

>yukarinさん

こんばんは!
いい映画でした。癒し、おっきな愛情。
姉妹の名前が夏なのも、ふさわしいです。(秋や冬じゃ、なんとなく合わないですよね。)

弊記事までTB&コメント有難うございました。

蜂は黒人のメタファーであり、色々なタイプの黒人女性は様々の時代の黒人と女性の姿の暗示と思いました。
少女の成長物語としても十分優れた作品であると同時に、ヒロインを鏡のように配置して時代を映してみせた作品として完成度が高いと感心しましたです。^^

>ダコタ・ファニング
無視できない美少女になってきましたね。
これからどう大人の女優に脱皮していくか楽しみです。^^

>オカピーさん

一生懸命働いても、蜜を取られちゃう蜂。なるほど黒人と、かぶるところがありますね。
すぐに泣いてしまうメイは過去、強さがあるジューンは未来、というところでしょうか。

ダコタちゃんの映画はあまり見ていないかもしれませんが、他に「宇宙戦争」くらいしか思い浮かばず、本作のすばらしさで、要マークの女優になりました。

No Title

ボーさん

キャストがまた皆いいんですよね~。
ダコタちゃんの名演に思わず涙。
「トワイライト」続編第三弾でもダコタ出て来るのでとりあえずそちらも楽しみですよ~。

ロンドンからでした!(朝一で書いてます)笑

>migさん

こんにちは! はるかなロンドンから、ありがとうございます。
はい、よかったですよねえ、俳優さんたち、みんな。
最初は憎たらしいと思えた、お父さんでさえ、そのままでは終わらせず。
ダコタちゃん「トワイライト」3作目に出ていますね。まず私は2本目を見ておかないと!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1959-5bd65ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リリィ、はちみつ色の秘密

母はやさしい人だった。 そして私を捨てた。 原題 THE SECRET LIFE OF BEES 製作年度 2008年 上映時間 110分 原作 スー・モンク・キッド 『リリィ、はちみつ色の夏』(世界文化...

映画評「リリィ、はちみつ色の秘密」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ジーナ・プリンス=バイスウッド ネタバレあり

リリィ、はちみつ色の秘密 [DVD]

原題:THE SECRET LIFE OF BEES公開:2009/03/20製作国:アメリカ上映時間:110分監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド出演:クイーン・ラティファ、ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、ソフィー・オコネドー、ポール・ベタニー、ヒラリー・...

リリィ、はちみつ色の秘密

主演のリリィを演じるのはダコタ・ファニング。リリィが家出して身を寄せる養蜂家の主人オーガストをクイーン・ラティファが演じる。ただ本作の場合、むしろウィル・スミス夫妻がプロデュースしたことの方が話題になっているかもしれません。『7つの贈り物』ではさんざん...

リリィ、はちみつ色の秘密

リリィ、はちみつ色の秘密 (特別編) [DVD]天才子役ダコタ・ファニングが、大人と子供の中間の少女の繊細な内面を丁寧に演じている。60年代のアメリカを舞台に、母の死のトラウマに悩む14才の少女リリィが、養蜂業を営む魅力的な黒人3姉妹の家で暮らし、次第に癒されてい

リリィ、はちみつ色の秘密 / The Secret Life of Bees

抱え込んだたくさんの悲しみと、めいっぱいの愛と、きらきらした優しさ詰まった物語。{/m_0150/} 14歳になった主演のダコタちゃんがもうとにかく素晴らしい{/hakushu/} 今さら言うこともなく上手いし、可愛いしで、ダコタ最高{/ee_1/}(←大絶賛{/ee_3/}) 全米で50...

『リリィ・はちみつ色の秘密』(@「シネマのすき間」)

-----いやあ、先週は怒涛の一週間。 フォーンも車に乗ってお出かけ。 子供のとき以来だから、だいじょうぶかな? と、えいも心配していたようだけど、 これが意外と楽しいのニャ。 大きい音がしたりして 怖くなったらいすの下に潜り込むけど、 決して運転の邪魔はしなかっ...

リリィ、はちみつ色の秘密

1964年、アメリカ南部サウスカロライナ州。 14歳の少女リリィ(ダコタ・ファニング)は、4歳の時に誤って拳銃で母親を殺してしまった。 薄情...

『リリィ、はちみつ色の秘密』 (2008)/アメリ...

原題:THESECRETLIFEOFBEES監督・脚本:ジーナ・プリンス=バイスウッド原作:スー・モンク・キッド出演:ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、クイーン・ラ...

「ディセント2」 «  | BLOG TOP |  » マリリンの未発表写真100点以上が新刊本に

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード