topimage

2017-08

「瞳の奥の秘密」 - 2010.10.14 Thu

何十年か越しのラブストーリーだったのだね、この話。

ふたりで
再会した男女。
(c) 2009 TORNASOL FILMS - HADDOCK FILMS - 100 BARES PRODUCCIONES - EL SECRETO DE SUS OJOS(AIE)


ある事件のことを本に書こうとしている退職後の男が、かつての女性上司のもとを訪ねてくる。
25年前、刑事裁判所で働いていた男は、暴行殺人事件を担当し、犯人とにらんだ人物を追いかける一方で、上司に配属された女性に、ほのかな恋心を抱いていた。
再会した男女の間にあるものは? そして、過去のものとなっていたはずの事件に新たな進展が…。

アカデミー外国語映画賞をとった作品。
刑事裁判所という仕組みがよくわからないが、とにかく、犯罪の捜査をしているから、刑事のようなものですね。


エレベーターで
エレベーターのなかで、こんな状況は…
(c) 2009 TORNASOL FILMS - HADDOCK FILMS - 100 BARES PRODUCCIONES - EL SECRETO DE SUS OJOS(AIE)


しっかりしたドラマを味わえる。
渋くて、よろしい雰囲気。俳優も含めて。
事件のほうは、それほど意外性はなかった。最後の真実も、ああ、なるほどとは思ったが、衝撃には感じなかった。感情的には、そういうのもあるかもね、と。
事件と恋愛が並行して蒸し返すところが上手な脚本だ。

幕切れは鮮やか。単語の使い方も。
孤独の絶望を見たあとの彼が、どういう行動に出たか、という心理の捕らえ方としても、うまい。

ただ、いい映画だけど、気持ち的には好きというほどでもない。

(10月2日 TOHOシネマズ シャンテ)


駅で
駅、別れ。別の映画を思い出させるようなシーンでもあった。
(c) 2009 TORNASOL FILMS - HADDOCK FILMS - 100 BARES PRODUCCIONES - EL SECRETO DE SUS OJOS(AIE)


EL SECRETO DE SUS OJOS
2009年 スペイン・アルゼンチン作品
監督 フアン・ホセ・カンパネラ
出演 リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、ギレルモ・フランセーヤ

参考:瞳の奥の秘密@ぴあ映画生活
「瞳の奥の秘密」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ボーさん☆

>いい映画だけど、気持ち的には好きというほどでもない

何か、わかります。 それ。
何だろう・・・。 今一つスッキリとしないのです。
テーマ的にものすごくハマるだろうなと思ったんですけどね。 詰め込み過ぎかなとちょっと思ったり。

>rose_chocolatさん

ありがとうございます。
「いい映画だけど~」という一文は、あとから追加したものです。なんだか簡単すぎる感想だなあと思って、素直な気持ちを足しました。

後から思い返して書こうと思っても、あまり書くことが出てこなかったのですよ。つまりは、それほど好きでもないのか、と。
私は映画の出来じゃなくて、好き嫌いの感覚で決めますからね~。

結局、自分にフィットするかしないか、好みの問題なのでしょうか。

No Title

こんばんは~。
普通といいながら、実はこれが邦画だったら、
結構あれこれ言われるくらいの作品だな~と思いました。
コレはたぶん登場人物に好みのキャラが一人もいなかったのも残念。
強いて言うなら、あの被害者の夫が一番よかったかも(^^;

>kiraさん

こんばんは! ありがとうございます。
おお、そこまでの印象でしたか!
わりと都合のいい展開もありましたし、私も好みのキャラはなかったです。それで決めるなって言われるかもしれないけど、そういう問題は私には大きいです。こちらは映画評論家じゃないですしねえ。

No Title

>いい映画だけど、気持ち的には好きというほどでもない

私も分かります。
上手い!!って思うトコも多々あるけど、うーん。。。ってなる荒いトコもあって。
アカデミーってだけで期待度も上がっちゃいますしね(;^_^A アセアセ・・・

>オリーブリーさん

ありがとうございます。
「これはちょっと…派」(?)のコメントが寄せられてますねえ。(笑)
雰囲気、うまさはありますし、嫌いじゃないですけどね。
点数は「好き度」なので3.5でいいのかなあとも思いましたが、結局そのままにしています。

No title

>いい映画だけど、気持ち的には好きというほどでもない

一票!

>ふじき78さん

清き一票ありがとうございます。これで当選確実です。…ん??

こんにちは!

ボーさん、また以前の記事にお邪魔します。

ここではこの作品の評判があまり良くないようで・・・(^^;
私はけっこう好きになりました。
ラブとサスペンスの絡め具合が良かったなあと思って。
登場人物の瞳の見せ方も上手かった。

ラテンの国なのに、男性がかなり奥手でしたね。

>YANさん

こんにちは!
ありがとうございます。
まあ、星3つ半ですから、悪くはないです。特筆するようなことは感じなかったな、というわけです。
夜、帰宅したら、そちらに訪問しますねっ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1973-def65dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

瞳の奥の秘密

7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今...

瞳の奥の秘密

刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の...

『瞳の奥の秘密』

(原題:El secreto de sus ojos) 「う~ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。 そういう手合いの映画だね」 ----へぇ~っ。そうニャンだ。 アカデミ...

『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン

原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...

瞳の奥の秘密

ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国...

瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos

ランキングクリックしてね

瞳の奥の秘密

サスペンスがおもしろい 次はどうなる? で、驚きの・・・内緒っ 2009年アカデミー外国語映画賞は エンタメ要素の濃い作品でした 制作国、スペイン/アルゼンチン。そのアルゼンチンでは歴史的大ヒットとなりアカデミー外国語映画賞をも受賞した作品ということと、...

情熱の行方~『瞳の奥の秘密』

 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、2...

映画「瞳の奥の秘密」

 アルゼンチンを紹介する記事の中で、パンパスを駆けるガウチョ(牧童)たちが非常に怒りやすく、すぐナイフで刺してくるとあった。情熱的であることは理解できるが、男たちが本当にそんなに短気でなぜ命を軽んじているのか私は知らない。つい150年ぐらい前まではすぐダ

瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円

人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...

映画レビュー「瞳の奥の秘密」

El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は

★瞳の奥の秘密(2009)★

THESORCERER'SAPPRENTICEELSECRETODESUSOJOSTHESECRETINTHEIREYESブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。上映時間129分製作国スペイン/アル...

『やさしい嘘と贈り物』『瞳の奥の秘密』をギンレイホールで観て、思ったよりそんなでもなかった男ふじき☆☆☆,☆☆☆

嘘と秘密の二本立て。 ◆『やさしい嘘と贈り物』 五つ星評価で【☆☆☆まあ普通】 爺さんと婆さんの思いやりと恋愛の話なので 「やらしい嘘」じゃなくっても、まあいいか ...

瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos(映画/DVD)

[瞳の奥の秘密] ブログ村キーワードブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。瞳の奥の秘密(原題:El secreto de sus ojos)製作...

mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆

長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一...

瞳の奥の秘密

2009年アカデミー賞外国語映画賞作品。 これはなかなか見応えがあった。上手い作りです! タイトル通り、いろんな秘密を隠した瞳が印象的。 それにアッと驚くラストも! 監督:フアン・ホセ・カン...

瞳の奥の秘密(THE SECRET IN THEIR EYES)

僕としては、めったにお目にかかれないアルゼンチン映画なんで、この国の映画感性はいかなるものか、興味深いものだった。マラドーナのイメージが強いせいか、「表向きの激しい情熱」を想像していたが、映画はその逆である。「内に秘めた激しい情熱」である。もどかしいく...

映画評「瞳の中の秘密」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり

『瞳の奥の秘密』'09・西・亜

あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始め

小悪魔女優ベスト10 by 文藝春秋 «  | BLOG TOP |  » 海抜

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード