fc2ブログ
topimage

2024-03

マリリン in VANITY FAIR NOV.2010 - 2010.10.27 Wed

「バニティ・フェア」2010年11月号にマリリン。

表紙
Tさんの情報で知って、新宿紀伊国屋書店で買ってきた。
きのう現在で、まだ、たくさん置いてあったが、買いたい方はお早めに。

表紙には彼女の写真が載っていて、「マリリンの秘密の日記」とある。
記事のタイトルは、直訳すると「マリリンと彼女のモンスターたち」。モンスターをどう取るか、難しいので訳さないけれど、感じは分かる。

ずっと公開されてこなかったマリリン・モンローのプライベートな手紙や日記は、彼女の伝説にまつわる謎を説明してくれる…などと目次の紹介文には書いてある。

彼女が書いた文章が、いっぱいあるのだけど、分からない単語もいっぱい。
読むには辞書片手でないと…。

ほかに、THE STORK CLUBという小さな記事があって、ジョー・ディマジオと2人で来店している写真もある。

香水の広告があって、匂いつきの雑誌。


内容1

内容2

● COMMENT ●

 

おお、直筆の文章がいっぱい鏤めてあるのですね!
(読むのは本当に難しそうですが…)
表紙のマリリンの写真も好きですけど、中で構成されている写真もいいですねえv
何気にカメラ目線ではない、普段のマリリンぽいところがまた。
そして香水付きですか、擦ると香るのって昔ありましたが、そんな感じでしょうか。

>まおさん

さっそく、ありがとうございます。
英語が堪能なら、すいすい分かるのになあと、歯噛みして、歯が欠けました。

載せた以外にも、もっと写真がありますよ。

ページの端が折りたたんであって、広げると香りがする、というものですが、広げなくても匂っています。
しかも3つ?の広告の香りが…。

マリリンの直筆、見たことがないので、
是非見てみたいです(読めなくても^^;)。
今朝、流し見していたTVで、パリス・ヒルトンのご自宅拝見みたいなのをやっていたんですが、彼女のベッドルームはマリリンの部屋(マリリングッズや本でいっぱい)みたいになっておりました。
彼女がマリリンを尊敬・崇拝していたってのは本当だったんですね。

無事購入出来てよかったです。
マリリン本人の文章ですから、やっぱり読みたいところなのですが…今は彼女の直筆を眺めるだけで満足しています。

>kiyotayokiさん

日記が本になる(洋書です)、という話もあって、どうなることやらですが。
読めたらいいなーと思いますよ~!

パリスのマリリン好きについては、部屋のことも、雑誌に載ったときに我が家で記事にしてありますよ~ん。
http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-1666.html

>たけしさん

買いました! かなり歩いて疲れました~。
マリリンのカレンダーで、サム・ショーの写真のものがありました。ちょっと迷いましたが、買うのは見送りました。

前に、マリリンの日記本の話がありましたが、日本語版も出してほしいなと改めて思いました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1983-cb20ed0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「フロスト×ニクソン」 «  | BLOG TOP |  » コンテスト(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード