topimage

2017-08

「バーレスク」 - 2010.12.23 Thu

歌とダンス。ショーアップされたステージ・パフォーマンスを満喫。

大満足。

じつをいえば、クリスティーナ・アギレラの歌は、あまり聴いたことがなかったのだ。
こんなに、すごいパワーで歌う人だったんだね。完璧ノックアウトです。
でもでも、そうだよ、大好きな「ムーラン・ルージュ」のなかの歌「レディ・マーマレード」のボーカルのひとりだったんだよね!
たしかに、パワフルだった!

bur6.jpg

以前からマリリン・モンローさん風の格好をしたりしてくれるので、マリリン・ファンな私としても、うれしいなーと思っていたのだが。
なんとっ!
“Diamonds are a girl's best friend”が映画で使われているではありませんか!
マリリンが「紳士は金髪がお好き」で歌った曲。
マドンナが「マテリアル・ガール」のビデオで、その真似をしたり、「ムーラン・ルージュ」でニコール・キッドマンが歌ったり、ほかの歌手たちも歌っている。

ショーのダンサーは口パクだから、歌はマリリンの声。
この曲が歌われるのを知らなかったから、聞こえてきたときの喜びったら、もう天国やん!!!!!

bur4.jpg

クリス(日本ではアギレラと呼ぶのが多いらしいが、もっと愛着を込めて呼びます)がマリリン好きなら、この選曲には、もしかしたら彼女の意向があるのかもしれない
映画では、クリスがまだウエイトレスの立場のときに歌われる曲なので、ステージでは違うダンサーがパフォーマンスをしている。
曲の後半になって、クリスが自分でステージに立って歌うのを想像するシーンが入ってくるのだ。

bur1.jpg

この店で歌いたい! となれば、まずは強引にウエイトレスの仕事を「もぎとる」。
チャンスをつかむには、積極的にいかなければ。
クリスが歌手として成功してきた過去と、シンクロしているのかもしれない。
アメリカのショービジネスで頭角をあらわすのは、並大抵のことではないだろう。
歌の才能があっても、それだけで、うまくいくとは限らないはず。チャンスを逃がさないこと。これを実際にやってみせているのだ、クリスはこの映画で。

bur7.jpg

お話のほうは、クラブのスターにのし上がって夢をかなえる一方で、恋愛では三角関係っぽくなったりで、よくあるストーリーじゃないかってことですが、それでいいんです。
へたに難しい話にしなくてもいいのだ。
歌とダンス、ステージの魅力に9割くらいのパワーを注ぎ込んで作ったっていい。そこに惹かれるんだから。

とはいいながらですよ、お話だって決して悪くない
クリスは映画デビュー作なんでしょう? それなのに、この自然な演技は何!? うまいですよ。
かわいいし、、、(…なぜか、いろんな顔に変わるような気もするが、基本的には、かわいいんじゃないか?)

bur2.jpg

相手役のカム・ジガンデーも感じがいいし、ライバルのエリック・デインだってカッコイイでしょ。
スタンリー・トゥッチのゲイ・マネージャー(?)も、ぴったんこのハマリようだし、忘れちゃいないよ、もちろん、シェールだって歌唱力を見せつける
思い出したけど、最初クリスはカムが厚化粧してるからゲイかと思って、安心して一緒に住むんだよね。
ゲイだから女性は安心、というパターンが「キック・アス」でもあって、なんだか男は狼なのよ気をつけなさいって感じ。(そのとおりだけどさ。笑)

bur5.jpg

ミュージカル好きな私としては、今年は「NINE」の、ひとり1曲単発ミュージッククリップ歌合戦で欲求不満のまま、2010年のミュージカル映画経験を終えようとしていたところに、こんな楽しい音楽映画がやってきた。うれしいの一言である!
ミュージカルというより、もしかしてクリスのライブショーに近いかもしれないが、とにかく楽しければいいのだ。ゴージャスならいいのだ。
クリスのド迫力の歌に圧倒されて感動し、ダンサーたちの、きらびやかなショーに酔いしれたら、それでいい。

こんなに音楽で気持ちを高揚させてくれて、楽しませてくれる映画は久しぶり。
音楽好き、ミュージカルショー好きな人なら、見逃せないよ。

bur3.jpg

(12月19日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

BURLESQUE
2010年 アメリカ作品
監督 スティーヴン・アンティン
出演 クリスティーナ・アギレラ、シェール、カム・ジガンデー、クリスティン・ベル、ジュリアン・ハフ

参考:バーレスク@ぴあ映画生活
「バーレスク」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

お気に召した

ようですね!
音楽好きさんならこれは楽しめると思います。
アギは、マリリンに似せてましたよね。

>rose_chocolatさん

たいそう、お気に召しました!
ふだん、あまり音楽聴かないんですけどね、どういうわけか。
気分が乗るのは、いいですねー。
この映画でのアギレラさん、マリリン似になってました? どのシーンだろう…全体? とにかく、どうりで可愛いわけです!?

マリリンの曲が使われていたとは!なら観に行ってもいいかも。
ポスターのアギレラさんのメイク、マリリンっぽいなぁって思ってたんですよ。髪型は違いますけど。

メリークリスマス!

いや~ボーさん大興奮の感想ですねえ(笑)
そそ、知らないで観に行って、そういうことがあると
喜び倍増ですよね~♪
私はマリリンの歌は知らなかったのですが(すみません(^_^;))
アギレラの衣装、メイクから、マリリンみたいな感じだなあとは
思ってました^^私もアギレラを聴くって言う世代ではないので(^_^;)
初めて聴く彼女の歌声に痺れ、パフォーマンスに魅せられました!
ボーさんと違って(ケンカ売ってません・笑)ミュージカルはあまり
好きではないのですが、音楽は大好きなので、こういう音楽映画は
大好きです!

No title

コメありがとうです☆
アギちゃん、胸は大きいけどもうちょっとお尻とか身体むちっとしてる方がセクシーなのに、って思ってたら来日時は太り過ぎで太ももとかセクシーだけど顔パンパンで
それはそれでこっちの方が良かったなと(笑)
マリリンはまさに理想のボディですからね♡

そういえばレディマーマレード、pinkなんかと一緒にアギちゃんもいましたね~
忘れてました☆
CD持ってるのでよく聴いてます♪

>たけしさん

そう、使われていたんです。
ぜひ観てみてください。
あ、ポスターですね、うん。そうでしたか、マリリンっぽかったでしたっけ。

>ひろちゃんさん

メリー・クリスマス!
ええ、歌とパフォーマンスには興奮しましたよ!

そうなんです、知らないままで観たら、ファンにとっては、驚きがあるので、うれしさが大きい。
だから、こうやってブログなどで前もって知ると、うれしさはちょっと減るかも。だけど書かなきゃみんなが知らないままで終わってしまう、という葛藤があります。(葛藤というほどのものでもないか。)

マリリンみたいと思ってましたか! 私はマリリンに慣れすぎていて、似てても当然と思っているのかっ!? もしかして。(笑)
 
「バーレスク」は、セリフが歌になっているわけではないので、まさに「バーレスク・ショー」プラス演劇を観る感覚ですよね。

>migさん

メリー・クリスマス!
来日時の写真、見せていただきました。びっくり!
わりと太りやすいのかもしれないですね。
やっぱり、顔は大切。(笑)
マリリンは、いつも「ナイスバディ」でしたね~。

「ムーラン・ルージュ」のCD、私も持っていますが、最近は聴かないですねえ。ふだん音楽を聴く習慣があんまりないのですよ。
でもっ! クリス(ティーナ)・アギちゃんのCDも聴いてみたくなりましたよ。

メリークリスマス

この映画は見に行こうかどうしようか迷っていましたが、ボーさんがお気に召したのなら絶対に見に行こうと思いました。

“Diamonds are a girl's best friend”が聞けるのが楽しみです。

>michiyoさん

メリークリスマス!
うーん、そういう理由だとプレッシャーが。つまんなかったら「ごめんちゃい」と、前もって謝っておきます。(笑)
私は明日も観に行きますけどっ!

こんにちは。

マリリンのお声とは気づきませんでした~「ムーラン」でもあったな~ぐらいで…(;^_^A アセアセ・・・
想定外、突然って、かなりテンション上がりますよねっ!
「キサラギ」でジョニー・デップ…ってセリフが出ただけで興奮しましたもん(大爆)
内容はともかく、パフォーマンスを身体で感じて楽しめればそれで良し!
年末年始にも明るい気分になれるしね♪

No title

ぎゃーっ映画館で観られるうちに観に行きた~~~い!

ところで、いつもボーさんのブログでは、画像にカーソルを合わせると一言コメント?がでてきたのに
あれは無いんですか・・・?
密かに楽しみにしてたんですよ~(^^)

>オリーブリーさん

おはようございます。
マリリンの声って分かる方は多くないでしょうね。
スタンリー・トゥッチさんが言ってました。…客は、偉大な歌手の歌を聴きにくるんだ。(だから、口パクでいいんだ。)
そーなんです、マリリンは偉大な歌手なんですよう。

楽しければよし!ですね。
そうそう、デップ氏の話、「トロン:レガシー」の記事に書いてありますので、よろしかったら興奮してください!

>わさぴょんさん

ぜひ観てください。
深刻じゃないので、お正月には、いいんじゃないかと。

画像の説明文は、今回、単に忘れていましたね!
説明文を書かないと、そのまま画像の番号になっちゃうんですよ。
わざわざカーソルのせる方は、あまりいないと思って適当にやってますが、ちょっとは真剣にします! さ来年から…(笑)

No title

いいですね、ゴージャスなミュージカルで1年の映画の見納めにするの♪♪♪
僕がこないだ観たの、とっても良かったんですが、地味~なドキュメンタリーだったので、なんとか僕も締めにもう一本、華やかなヤツ観たいなぁ(^_^)v

>kiyotayokiさん

私にとっては、「ミュージカル映画で締める」のは最高ですよ。
ドキュメンタリー系統は、あまり好みじゃないので…ええ。
まだまだ今年は4日もありますから、ぜひ映画館で「バーレスク」を!

サイコーでした!

お正月まで待てず、観に行ってきました~~
めっちゃ素敵でキラビヤカで最高でした!
ボーさんが二回観に行ったのも判るわ~
私も何度でも観に行きたいです!
パンフレットも買っちゃいました!(≧▽≦)
選曲、彼女の意向も随分入ってたようですよ♪

ここでコメントしちゃいますが・・・
今年一年おせわになりました♪
来年もよろしくお願いしますね~(^^)/

>わさぴょんさん

観にいっちゃいましたね。大正解の結果だったようで、よかった!
好きな人には、めちゃ楽しく観られる映画に違いないですよねっ!
パンフレットは見たいけど、何回か見て終わりになるので、もったいない気も。でも欲しくなってきました。
楽しくて気分がいい映画は、文句なしに、いいです。

素敵な1本♪

私も観て、クリスティーナの圧倒的な歌唱力に度肝を抜かれました!映画も楽しく鑑賞できて、すっごく美味しいスイーツを食べた後の満足感そのものでした!と、映画に対してちょっと失礼な例えになってしまいましたが(笑)地方では上映館が少ないばかりか、夕方以降の上映で、限定上映色が強いのでけど、尻上がりに入りがよくなっているようです!お正月映画に超お薦めですよね☆私も今年のベスト3のうちの1本です!で、映画の作りはというと、よく練られていて関心もしています。伏線も品があるし、何よりカメラワークや編集が私たちの気がつかないところで、冴えています。クリスティーナの小さな身長が小さく見えないように、実に美味く工夫されているし、それが彼女のクローズアップにもつながり、相乗効果をうんでいるようにも思えました。カット割も同様。3目を見る機会があれば、この辺も是非観ると別の楽しみも発見できるかもです!たくさんの皆さんに観て頂きたい1本でした。同じマリリンファンの私は、ボーさんの喜びと同じです♪

>さえさん

ありがとうございます。
アギレラさん、すごいですよね! 今までよく知らなかったのが、もったいないくらい。
こちらも夕方から上映のパターンは多いですね。2回目の観賞は川崎の映画館です。
マリリンの歌が出るなんて、テンション上がります!
もし次に見たら、カメラや編集なども、よく見てみますね。

元気が出ました。

ボーさん、こんにちは。
この映画は年末に、自分へのご褒美のようなつもりで2010年最後の映画として選びました。ご褒美にふさわしく、元気が湧き上がってきた作品でした。
お話の単純さもかえって良いですよね。
>クリスのド迫力の歌に圧倒されて感動し、ダンサーたちの、きらびやかなショーに酔いしれたら、それでいい。
まさに、バーレスクの夜を堪能出来ましたよ♪

☆今年もよろしくお願いいたします☆

>kiriyさん

ケータイから、こんにちは!
ご褒美で観る映画としたら、サイコーじゃないでしょうか。よかったですね!
ほんとに楽しいしシンプルだし、元気になる映画。いいですよね。
今年も、よろしくお付き合いのほど、お願いいたします。

楽しくなる映画

ボーさん、こんにちは!
「レディ・マーマレイド」のPVが好きでした。
あれは映画のワンシーンだと思い込んでいたので、
映画を観て、「アレ?彼女達出てない・・・」とガッカリした覚えがあります。
あの映画はあれで良かったんだけれども(^^;

「Diamonds are・・・」は口パクだと言ってましたね、
それがマリリンの声だったんですね~
そう言われてみると可愛らしい声でした。
そりゃボーさん、大喜びだ\(^▽^)/

この映画、アギレラの歌唱力に圧倒されました。楽しかったです☆

>YANさん

ありがとうございます。
もう公開から半年ですか…はやっ。

マリリンの歌が使われてる!と気づいた瞬間、もう好印象ぐぐんとアップ。
しかも、すごい歌唱。
しかもミュージカル好き!
とくれば? 満足しますってば。

「バーろすけ」というからロシア人だらけの飲み屋かと思ったらマリリンの歌にビックリ。

>ふじき78さん

ロシア人もびっくり大好きなマリリンです、もー、最強なのですよ。

あ、東京の渋谷では「紳士は金髪がお好き」かかる予定が入ってますね。シネマヴェーラ渋谷で2016,1/3と6日と8日

>ふじき78さん

おお! 知りませんでした。ありがとうございます。
でも3日は帰省中かな…。併映の「ノックは無用」もマリリンですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2035-f3e42719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バーレスク

 『この声で、夢への扉を開けてみせる。』  コチラの「バーレスク」は、人気シンガーのクリスティーナ・アギレラが映画初出演を果たした12/18公開のミュージカル・サクセス・ロマ ...

バーレスク

Burlesque歌姫クリスティーナ・アギレラの映画初主演作は、歌手を夢見るヒロインのシンプルなサクセス・ストーリー。物語は他愛ないが、圧倒的な歌とダンスのパフォーマンスが楽しめ ...

バーレスク

ショービズ界でスターになることを夢見るオクラホマ出身のヒロインが、クラブ「バーレスク」で働き始め、やがてその夢を叶えていくと言うミュージカル・ドラマ。主演は大人気のアーティスト、クリスティーナ・アギレラ。共演に『月の輝く夜に』のシェール、クリステン・ベ...

『バーレスク』(2010)/アメリカ

原題:BURLESQUE監督:スティーブ・アンティン出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 11本目)...

バーレスク

11月29日(月)@新宿明治安田生命ホール。 この日の試写は他に “GANTZ” の完成披露が当った。 舞台挨拶があると開演は遅れるし終わるのは遅くなるし私にとってはマイナスでしかなかったりする。(笑) で、すんなりとパスして期待の一作 “Burlesq

『バーレスク』

  □作品オフィシャルサイト 「バーレスク」□監督・脚本 スティーヴン・アンティン□キャスト クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ、カム・ジガンディ、クリスティン・ベル、エリック・デイン、ピーター・ギャラガー■鑑賞日 12月19...

バーレスク

歌は5つ星! ドラマは・・・  

バーレスク/シェール、クリスティーナ・アギレラ

失礼ながら主演のグラミー賞歌手・クリスティーナ・アギレラのことは全く存じませんでしたが、それゆえなのか劇場予告編で唄いだした主人公に周囲が一瞬にして魅了されたように私 ...

『バーレスク』('10初鑑賞160・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。

★バーレスク(2010)★

BURLESQUEこの声で、夢への扉を開けてみせる。上映時間120分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2010/12/18ジャンルドラマ/ミュージカル/...

バーレスク

アイオワの田舎から歌手を夢見てロサンジェルスへやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然目にした“バーレスク”の華麗なショーに心奪われる。 どうにかウェイトレスとして雇ってもらったアリは...

バーレスク/Burlesque

これは、予告編での迫力満点の声に魅かれて、楽しみにしていた作品。 公開の土曜日の朝一で、「バーレスク 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、いつもよりは多い感じ。 「バーレスク 」は、小さめのスクリーンで、3~4割。 【ストーリー】 成功を...

バーレスク すっげ~♪鳥肌たったやんっ!

【{/m_0167/}=57 -16-】 おそらく今年最後の劇場鑑賞の映画、しかし最後を飾るにふさわしい素晴らしい映画だった~! バーレスク、映画館とかでも予告編があまり流されていなかったようで、予備知識があまり無く、ただなんとなく「「いいぞ」という噂をジワーッと感じて

バーレスク

Burlesque (2010年) 監督:スティーヴン・アンティン 出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ アイオワ州の田舎町からロサンゼルスに出てきた女性が、持ち前の歌唱力を武器にナイトクラブのスター歌手になるサクセス・ストー...

バーレスク

バーレスク'10:米◆原題:BURLESQUE◆監督:スティーブ・アンティン「告発の行方」◆出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ◆STORY◆成功 ...

[映画『バーレスク』を観た]

☆これまた、新春早々、燃える映画でした^^  アメリカの片田舎からLAに出てきた少女アリ(クリスチーナ・アギレラ)が、絢爛豪華なれど傾きつつあるクラブ<バーレスク>で、経営者兼ダンサーのテス(シェール)に才能を認められ、トップを目指しつつ、多く...

映画:バーレスク

 予告編を見ただけで鳥肌が立ってしまうクリスティーナ・アギレラの歌声。もうこれは迷わず観に行かなくては!と言うわけでバーレスクです。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップは年を越えてしまいました(汗)。ちなみに2010年、私が勝手に選ぶ、見て良かった映画ベ...

『バーレスク』'10・米

あらすじ歌手になる夢を追いかけているアリは、ロサンゼルスにあるバーレスク・クラブで働き始めるが・・・。感想トータル・セールス3000万枚人気歌手クリスティーナ・アギレラ...

大人も夢みちゃう

どひゃーと派手でパワフル 普段にないようなシーン 大人も夢みちゃうって必要よね オーバー40の友達の中でも話題中 映画バーレスク楽しんできました 歌とダンスの才能があるアリ(クリスティーナ・アギレラ) 夢をいだきロスで働く場所を探す 偶然訪れたバーレ...

バーレスク

バーレスク - goo 映画 12月29日、仕事納めの自分へのご褒美に、夫に送ってもらい映画館で一人で鑑賞しました。これが今年の最後の映画館での最後の鑑賞になりました。 予告編で、クリスティーナ・ア...

バーレスク

 友人の強い薦めもあり、『バーレスク』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)吉祥寺のバウスシアターの一番小さな劇場(座席数50)で上映されたためもあって、ほぼ満席の状況でした。クマネズミが見た前の回は、出入り口の扉の前で数えてみましたら、約50人の...

ショーガール!~『バーレスク』

 BURLESQUE  アイオワの田舎娘アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、ショウビズの世界を夢 見てLAの街にやってくる。彼女が魅せられたのは、伝説の歌姫テス(シェール) が経営するクラブ「バー...

映画『バーレスク』を観て

10-83.バーレスク■原題:Burlesque■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月24日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円ス...

[映画『バーレスク』を観た]

☆これまた、新春早々、燃える映画でした^^  アメリカの片田舎からLAに出てきた少女アリ(クリスチーナ・アギレラ)が、絢爛豪華なれど傾きつつあるクラブ<バーレスク>で、経営者兼ダンサーのテス(シェール)に才能を認められ、トップを目指しつつ、多くの仲間や...

■映画『バーレスク』

クリスティーナ・アギレラとシェールの歌声とパフォーマンスに圧倒される映画『バーレスク』。 絢爛豪華なステージに華やかな衣装、セクシー美女たちのダンスに見事な歌声。 色と欲の渦巻くショウビズ界を舞台に、田舎娘が自らの才覚と実力を武器に、名声を勝ち取って...

先週観た映画 ~5/9

  GWはあんまり映画を観なかった… 「バーレスク」Burlesque/10   クリスティーナ・アギレラ初主演のショービジネス・ミュージカル映画。   盛大なプロモと言ってもいいくらいなんだけどバーレスク...

バーレスク

ミュージカル好きの私としては観ておきたい映画ですね。 最近の洋楽はあまり聞かないのですが クリスティーナ・アギレラの「Beautiful」という曲は大好きです。 可愛い外見からは想像つかない、 パンチのある歌声が良いですね。 共演はシェール。 「月の輝く夜に」

バーレスク

クリスティーナ・アギレラのパワフルな歌とダンスに圧倒される~★ これは元気が出るね~! 監督:スティーヴン・アンティン 製作:2010年 アメリカ 出演:*クリスティーナ・アギレラ *シェー...

「バーレスク」(BURLESQUE)

「月の輝く夜に」のシェールと、映画初出演の人気シンガー、クリスティーナ・アギレラを主演にしたミュージカル・ドラマ「バーレスク」(2010年、米、120分、スティーヴン・アンティン脚本・監督作品、SONY映画配給)。この映画は、スターを夢見るヒロインと、シ

映画評「バーレスク」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督スティーヴ・アンティン ネタバレあり

『バーレスク』をHTC渋谷3で観て、なんて愉快なのど自慢ふじき★★★

五つ星評価で【★★★頭が悪くても喉が良ければ世界はどうにでもなる】 借金経営で潰れそうなショーパブを救うのは 田舎からやってきた喉自慢アルバイト。 喉と度胸とダンスと、 ...

「ヒッチコックに進路を取れ」 山田宏一・和田誠 «  | BLOG TOP |  » 「キック・アス」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード