topimage

2017-07

「エンジェル ウォーズ」 - 2011.05.08 Sun

すごく好き。

「DOA/デッド・オア・アライブ」が好きだった私なら当然かも。

3月5日の「アンチクライスト」以来、映画を見ていなかった。
3・11の大地震のせい、というよりは、引越しのせいだ。いろいろ物件を当たって部屋を決めて、3月末に引っ越した。
部屋を整えるのと働くのに忙しいのとで、録画した映画を見るような態勢も、なんとなく、できなかった。

一方、パソコンは、おニューがやってきた。設置してから2週間ほど経って、いくらかは以前のソフトやデータも普通に使うことはできるようになってきた。
よれよれWindows98パソコンを使っていたところから、いきなりWindows7にジャンプアップ。30秒で起動する。飛躍的に速い。時間の節約になるのは大きい。

映画感想は、見た順番に書くのがポリシーだが、今回は、1か月以上の映画観賞ブランクを乗り越えて観た記念作(?)を先に書いておいて、あとで順番を直す。
…と前置きが長いぞ!

戦え! 自由のために

予告編を観て、これは楽しそうだと、その時点で、ほぼ観るのは決定していた。
だいたいは、期待どおり。

まず、ヒロインがある場所に行くことになる理由を、セリフなし、映像と音楽だけでスピーディに見せる。スローモーション多用。
やはり、この監督、映像派

若い女の子がいっぱい、という状況設定も、すばらしい! それだけで私には得点アップというものなのだ。
彼女たちは「脱出」を決意するのだが、さて、ここで何が「エンジェル ウォーズ」なのか。現実の生活から、どうやってド派手なアクションが出現するのか。
その切り替わりの「きっかけ」のアイデアが、とても上手い。
映画が想像と創造の世界であることを堂々とあらわしてもいる。

ベイビードール

ベイビードール役のエミリー・ブラウニングは、調べてみると私は出演作を2本ばかり見ていたのだが(テレビ映画の「偽りのブロンド~マリリン・モンロー」〔2001年〕にも出ている!)、記憶はなく、今回初めてご対面するようなもの。
たしかにベイビードール、童顔です。そういう人が戦う仲間の中心になるのが、うん、やはり正しいのだろうな。
最初のファイトでは、和風ウルトラ超人武士3人と戦う! 監督の日本映画好き(とくに黒澤明か)がうかがえて楽しい。
映画の挿入歌も、たぶん3曲歌っている!

スイートピー

スイートピー役はアビー・コーニッシュ。彼女の作品では、「キャンディ」(2006年)を見ている。そのときの感想にも書いたように、私の好きなタイプ! 主役5人の女の子のなかでは大柄に見えた。で、調べてみると、身長173センチなんだって! エミリー・ブラウニングは公称165センチというが、このふたりは、もっと差があるように思う。

ロケット

スイートピーの妹で、ベイビードールと仲良しになるロケット役のジェナ・マローンは、私が見ている映画では「ドニー・ダーコ」(2001年)や「コールド マウンテン」(2003年)などに出ている。
5人のガールズのうちでも、わりと、だいぶ、かなり、好きなタイプっす。今回。

以上3人が、戦闘に多く参加。訓練は大変だっただろう。
あとのふたりは操縦者だったり飛行機の機銃手だったりもする。

ブロンディ

ブロンディ役は、ヴァネッサ・ハジェンズ「サンダーバード」(2004年)、「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」(2008年)を観ている。
髪がブロンドじゃないのにブロンディとは、これいかに?

アンバー

アンバーを演じるのは、ジェイミー・チャン。韓国系アメリカ人2世だという。「DRAGONBALL EVOLUTION」(2009年)に、チチ役で出ていたんだ! いま検索して知った。

すでに2回観賞したあとなのだが、あくまでも1回目に観たときの感想を書く。
キュートで、かっこよく、映像と音楽で魅せる、空想SFチック・ガールズ・アクション、大好き。
映像の色も凝っていて、いい。
評論家の否定的な評価は信用しない。あんたたちは退屈だろうが、そうでない人間もいるのさ。

…なのだが、終盤の展開がリアルすぎやしないか、と思った。現実の世界で。
そこまですることはないだろうと。詳しくは書かないが。

私はゲームはしないので知らないが、このようなゲームって…あってもおかしくなさそう。もちろん、細かい点は違うだろうけど。
Wikipediaによると、監督はベイビードールには当初アマンダ・セイフライドを希望したという。ああっ、それ実現してほしかった! 大好きなんだもん、アマンダ。「マンマ・ミーア!」(2008年)で披露したとおり、当然、挿入歌も歌えるし。
また、エヴァン・レイチェル・ウッドにもオファーが行っていたらしい。ううっ、なんと私のツボを突くキャスティングアイデアであったことか。
(アマンダ・セイフライド、アビー・コーニッシュ、エヴァン・レイチェル・ウッド、ヴァネッサ・ハジェンズ、エマ・ストーンというのが最初の構想。)

マダム・ゴルスキー

マダム・ゴルスキー役で、カーラ・グギーノも出演。

エンディングで、主役5人以外の登場人物ふたりが歌うシーンが入るのだけど、あれはカットされたショーの一部か。

原題の“Sucker Punch”とは、「予想外のパンチ」「不意打ち」の意味だそう。

最後に。
スコット・グレンおやじ、最高! (いきなりですが。)

(4月17日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ)


All the pictures (c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

SUCKER PUNCH
2011年 アメリカ・カナダ作品
監督 ザック・スナイダー
出演 エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン

参考:エンジェル ウォーズ@ぴあ映画生活
「エンジェル ウォーズ」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

関連記事:
映画「エンジェル ウォーズ」の音楽
「エンジェル ウォーズ」(2回目)
「エンジェル ウォーズ」(3回目)
「エンジェル ウォーズ」(4回目)
「エンジェル ウォーズ」(5回目)
「エンジェル ウォーズ エクステンデッド版」
「エンジェル ウォーズ」(6回目)
「エンジェル ウォーズ」(7回目)
「エンジェル ウォーズ エクステンデッド版」(2回目)

● COMMENT ●

こんにちは!

「評論家の否定的な評価は信用しない。あんたたちは退屈だろうが、そうでない人間もいるのさ。」
その通り!拍手喝采雨アラレ(笑)
アマンダ・セイフライド、アビー・コーニッシュ、エヴァン・レイチェル・ウッド、ヴァネッサ・ハジェンズ、エマ・ストーンというのが最初の構想だったんですか。
このキャスティングならどうだったか想像するの楽しいですね。

>まっつぁんこさん

こんにちは!というか、とても、おはようございます。(あ、このテンプレート、投稿時間は出ないのか。)
ありがとうございます。権力者には反抗したくなる私なので、意見の違う、偉そうな評論家たるものにも同様になってしまいます。
アマンダ、エヴァンが入っていたら、私にとっては、もう悶絶するくらいの夢のキャストでした。
映画同様、空想世界でアマンダたちのファイトを思い描いてみるのもいいですね~。

おもしろかったです!!(長文すみません)

私もこの映画、大好きです!いやぁ、久しぶりにセンスのいい映画を観たって感じでした。評論家からは不評なのですか?!信じられないです。この映画、たくさんの人に観て頂いて、楽しんで欲しいですよね☆映像、構成、それに音楽がいい!トータルバランスがすごくいいですよね☆絵コンテがかなりしっかりしているなぁ、とも思いました。構図やカメラワークもすきです~。当初のキャスティングは実現しなかったようですすけど、私はこれで充分です。登場人物もみな印象深くて、味があってヨシ(笑)。
なんと私は昨日も含め4回観ました(笑)。六本木で夜中に字幕版も観ましたけど、長いセリフがないので、字幕もほぼセリフに忠実に表現できていました。エンディングも音楽がかっこよかったし、ショー風景も楽しめました♪そうそう、Emily Jane Browningは、157cmのようです。NHKの「東京カワイイ!」にも是非出演してほしいものです。ベイビードールの装いはまさに東京カワイイ風で好きです~!それから、戦闘シーンが多くて、ばっさ、ばっさシーンの連続なのに血が流れないので、安心して観れましたし、これには◎(二重丸)映画館では女性にうけがよい感じです。「観おわってみたら、結構楽しんじゃっていた」と私のお友だちも大満足でしたよ☆まさに映画ですよね、エンジェル・ウォーズ♪

>さえさん

こんばんは! ありがとうございます。

4回観るほど好きになってくれたとは、予想もしなかった驚きのうれしさです!
いや~、かっこいいですよね! 映像センスは抜群。文句なし。
ストーリーの根本は重いですが、それもありだな、と2回目観賞時は感じていました。

字幕が言葉の省略が少ないのなら、吹替でなく、また字幕版で観てこようかなあ、なんてことも考えています。

エミリーの背丈、やっぱり、そんなでしたか。そう見えます!
まさに、国際語の「カワイイ」を体現してますね。

血が流れない。なるほど! この監督、映画は作り物だとわかるのがいい、という考えらしいので、リアルな血は、なしなのでしょう。
ちょっと悲しいけれど、わくわく感いっぱいの物語ですよね!

TBいただいてるんですが、こちらからはうまく反映されないみたいですみませぬ
この映画、わたしは楽しみましたが、賛否両論というか否定的な意見をよく目にします。こんだけ褒めちぎってる記事は初めて見ました。がんばって引き続き応援してあげてください
女の子はやっぱりベイビードールとロケットちゃんが好みですね。ポスターのアビー・コーニッシュ怖い・・・

>SGA屋伍一さん

そうでしたか。TB相性が悪いところ、あるみたいで申し訳ないです。
きのうも女子高生が「わけわかんない」って言ってましたが、ま、わかりにくい点もあろうかと思いますが、おもしろいですよ。
応援します。…といっても、いつまで公開なのか…4回目は、さすがに観ないだろ、というのもあり…。
ポスターは、アビーちゃんだけ、こんなんで、いいんでしょうか。

こんばんは♪

6周年記事のコメありがとうございました(*^o^*)

>5人のガールズのうちでも、わりと、だいぶ、かなり、好きなタイプっす。
大好きなんだもん、アマンダ。

ほらほら、ボーさん、人のこと言えないぞ~~(笑)

この映画、予告編観て、映像と音楽がすっごく好みだったんですが
観に行く時間が取れなくてσ(^◇^;)
そうこうしているうちに、耳にする感想が、あまりよくなかったりしたので
もう行かなくてもいいかあ~なんて思ってしまいました。

ボーさんの感想や皆様のコメント読んで、行く気になりましたが
そろそろ上映が終わってしまいますよねσ(^◇^;)
この映画は、スクリーンで観たほうがいいですよねえ・・・
行けるかなあ。。。

ボーさん、愛するアマンダ(笑)のジュリエット~は、いつご覧になるのかな?

>ひろちゃんさん

こんばんは。
お互いに面食いですねえ。ふっふふ。

この映画は、乗れる人と乗れない人、きっと、分かれますね。
ただ、映画館で観ないと、戦いの迫力が減るのは確かでしょう。
映像と音楽とストーリーの組み合わせが素晴らしいです。今度の木曜日終映が多いと思います。

「ジュリエット」、今週末に観たいです。「赤ずきん」の予告編も、2回見ました。「クロエ」も来るし、アマンダ集中攻撃ですね!

こんにちは。

こんにちは。

「エンジェル ウォーズ」5回も観られたんですね。

ザック・スナイダー監督の独特の映像には魅せられます。今回も堪能しました。

美女たちが大勢出てるのは、観ていて楽しいです。

ほんとスコット・グレンおやじ最高ですね!(笑)

>チェズさん

こんにちは。
5回、観てしまいました! まさか、こんなにハマるとは。
美女たくさんなのも、もちろん見どころ!
映像も音楽も抜群ですもん。
オヤジもサイコー!

でもDVDでは、どうかなと多少思います。完全版ブルーレイが出るらしいので、チェックはしますけど。

私は3回・・・(^^;

ボーさん、こんにちは!
この映画、すごく良かった!私も好きになりました。
ボーさんは確か7回観たよねと、途中で頭に浮かんできましたよ(≧ε≦)
それで、全部の記事を読ませてもらいました!

やっぱりボーさんも、映像や音楽のカッコ良さ、
それと少女たちの頑張りに感動したようですね。
スコット・グレンの助けが良かったよね~☆

私はストーリーの魅力にハマっちゃいました。
私のような感想を持つ人は珍しいのかなあ。
共感してもらえたら、うれしいんだけど。。。(^^;

>YANさん

こんばんは!
わー、ありがとうございます! 好きになってもらえて、うれしいです。3回といわず、100回くらい見てください…って、返しちゃいましたか?

かっこいいし、お話もいいですよ。
友情や自己犠牲。勇気。大きな意味での愛情。弱い者への応援と取ってもいいと思います。
まだまだ見たいですよ。エクステンデッド版も。

ラストにグレンおやじ出てきて、よかった! 最後まで救いの神であってほしいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2075-6a407de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エンジェル ウォーズ

『300』のザック・スナイダーが製作・監督・原案・脚本の一人四役を務めて送るSFアクション。家族を奪われた上に継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女が、そこで出会った4人の女性とともに空想の世界で壮絶なバトルを繰り広げる。主演はエミリー・ブラウニン

映画「エンジェル ウォーズ(日本語吹替版」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『エンジェル ウォーズ(日本語吹替版)』(公式)を、初日第1回目で鑑賞。午前中でもあり観客は10名いたかどうか。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点。 ざっくりストーリー 母親の死と継父の嫌がらせと言う暗黒の現実から逃避

エンジェル・ウォーズ

4月5日(火)@よみうりホール。 この試写会は外した。 というか、開催されるか定かでない試写会なのであまり真剣に応募する気がしなかった。 で、直前まで観にいく気がなかったのだが、野島孝一氏の記事読んで行きたくなった。 とはいっても試写状がない。 しかた...

劇場鑑賞「エンジェルウォーズ」

「エンジェルウォーズ」を鑑賞してきました吹き替え版しか上映しておらず。声優陣を起用しているので違和感無し。「300<スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナ...

『エンジェル ウォーズ』・・・二重の空想世界

家庭内の事情により精神医療施設に送られてきた少女ベイビードールが現実逃避のために作り出す空想世界。そこで“ダンサー”として働かされる少女たちの脱走計画が、さらなる空想世界の中で描かれていく。 5つのアイテムを追いながら、この二重三重の異次元ワールドを行

エンジェル ウォーズ

評価:★★★★【4点】(13)(10) 端っから期待値なんて持たずに観てきたので、かなり拾いモノ感が!

エンジェル ウォーズ/エミリー・ブラウニング

劇場予告編の映像ではヒロインらしき女性がセーラータイプの戦闘服を着ていたり甲冑の敵と戦ってたりお寺みたいなとこで賢者らしき人に諭されてたりとやたら日本文化かぶれしてい ...

エンジェル ウォーズ

Sucker Punchクチコミを見るアキバ系ガールズ・アクションファンタジーは、いかにもザック・スナイダー印のけれん味にあふれている。ストーリーよりキメポーズの絵作りに賭ける情熱は ...

エンジェル ウォーズ

「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナイダー 監督が、5人のセクシー美女を主人公に描く痛快ファンタジー・バトル・ アクション大作。 全てを奪われ精神病院送りとなった少女が、そこで出会った4人の美女と共に 自らの運命を変えるため、空…

エンジェルウォーズ

悲しみと興奮と希望の涙。  

エンジェル ウォーズ・・・・・評価額1500円

「不思議の国のアリス」+「カッコーの巣の上で」×「日本製美少女アニメ」=「エンジェル ウォーズ」 「300 スリーハンドレッド」 「ウォッチメン」で知られる映像派の俊英、ザック・スナイダー監督による、...

エンジェルウォーズ

【SUCKER PUNCH】 2011/04/15公開 アメリカ/カナダ 110分監督:ザック・スナイダー出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、ジョン・ハム、スコ...

『エンジェル ウォーズ』('11初鑑賞51・劇場)

☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:25の回を鑑賞。

■映画『エンジェル ウォーズ』

『300<スリーハンドレッド>』でガチムチ男たちの華麗なる戦いをこだわりの映像美で描いたザック・スナイダー監督が、またまたやってくれました。 今度はミニスカセーラー服を着たブロンド・ツインテール少女が、日本刀とマシンガンを手にいろいろなクリーチャーたちを

「エンジェルウォーズ」感想

 「300」「ウォッチメン」の鬼才ザック・スナイダー監督最新作は、薄幸の少女が心の自由を勝ち得るため、仲間とともにイメージの戦場を戦い抜く、叙情派(?)アクションムービー。 世界観、ストーリー、キャラクター、全部ひっくるめて、個人的にはものすごく

エンジェル・ウォーズ

義父にはめられ精神病院に入れられた少女・ベイビードール。病院から脱出しようとするベイビードールは、脱出のためのアイテム、「地図」、「火」、「ナイフ」、「鍵」を手に入れ ...

エンジェル・ウォーズ

 まいった! もう、予告では、「こりゃあ、アメリカ版のセーラームーンかいな」くらいにしか思っておらず、それでも「エンジェル・ウォーズ」なるタイトルから受ける印象でもよろしいから、単純に「月にかわってお仕置きよ」が観られればいいかあ、そんな気持ちで劇場に...

「エンジェルウォーズ」(2010)

ユーリズミックスのスゥイートドリームスのカヴァーで始まるステキな映画を見てきた。 彼女は見る者全てを魅了するステキな踊りで何もかも解決して行くのです。 バーレスクとかシカゴとかコーラスラインとか好きな人はイチオシです。 いろいろ盛ってありますが、基本、か

『エンジェル ウォーズ』 それは金田伊功からはじまった

 【ネタバレ注意】  『エンジェル ウォーズ』なんて可愛げな邦題が付いているが、原題は「Sucker Punch」。「不意打ちの一発」といった意味だろうか。  ザック・スナイダー監督は、この題名には二つの...

映画 「エンジェル・ウォーズ」

 核になるのはエンジェル軍団のコスチュームプレイで展開する、シチュエーションの異なる数回にわたるド迫力の戦闘シーン。RPGゲームの戦闘シーンのみを切りだして見せられているような感覚だ。  が、これは並外れた身体能力を有するらしいヒロインのダンスのイメ...

映画:エンジェル ウォーズ

 ロリ系美女がミニスカセーラー服で機関銃と日本刀を振り回す映画と言われたら観に行くしかないでしょ!!そして、原題は“サッカー・パンチ”。ツイッターではパンチラシーンもたくさんあることから、“サッカーパンチラ”と呼ばれもした作品。と言うことで、今回の記事...

セーラー服と日本刀とゾンビとドラゴンとマシンガンが混在する驚愕の異次元ワールド!!!!! 『エンジェル ウォーズ』

■ストーリー『愛する家族を奪われ、醜悪な継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女、ベイビードール。そこに待ち受けていたのは、世にもおぞましいロボトミー手術だった。 ...

「エンジェル ウォーズ」

久々の更新となりました(笑) 相変わらず映画鑑賞は行っておりますが、ブログの方が・・・・ 震災後1ヶ月ほど、あまり映画を観る気にはなれませんでしたが、今はもう(被災して ...

エンジェル ウォーズ

SUCKER PUNCH/11年/米・加/110分/アクション・ファンタジー/劇場公開 監督:ザック・スナイダー 製作:ザック・スナイダー 原案:ザック・スナイダー 脚本:ザック・スナイダー 出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネ...

エンジェル ウォーズ

精神病院に入院させられてしまった少女が精神的(妄想)に立ち向かうというもの。 妄想世界観は目新しさはないものの、なかなか良くできてると思いますしベイビー・ドールたちも可愛いです。閉鎖された空間からアイテムを集めて脱出するというのは、ほんとゲームの世界だ...

先週観た映画 ~8/21

  週末から今日は雨がちながら涼しくてよかった。 そして映画はなんとちょうど100本になってた、おお。 「エンジェル ウォーズ」Sucker Punch/11   ボーさんのハマった今年の映画ですね~ダークで見...

エンジェル ウォーズ (Sucker Punch)

監督 ザック・スナイダー 主演 エミリー・ブラウニング 2011年 アメリカ/カナダ映画 110分 アクション 採点★★★ 妄想と現実逃避が大好きな私なんですが、年々その現実逃避の逃避距離が短くなってきた感じが。大金持ちになる妄想をしてても、その金額が徐々にリ…

DVD:エンジェル ウォーズ Sucker Punch 抜群の映像+音楽のセンスに、DVDまでスルーを後悔(笑)

300やWatchmenで、独特の映像美が印象的だった、ザック・スナイダーの新作をDVDで。 公開前、ちらっと聞いた映画のあらすじが「5つのアイテムを集めれば自由の道が開ける」とのこと。 この設定自体がまるでゲーム!! だったので、全く観る気がなく、DVDまでスルー。 ...

エンジェル ウォーズ

主人公は誰なんだろう・・・ ラストでガ~ンときちゃって、また最初から鑑賞し直しました。 この映画、とっても良かった~★ SUCKER PUNCH 監督:ザック・スナイダー 製作:2011年 アメリカ・...

【映画】エンジェル・ウォーズ…の記事と長く放置した間の近況

ブログを長く放置した間の近況報告から(といっても大した内容でも無いですよ) 2012年1月21日(土曜日)は夜勤明けのため、15:00過ぎごろまで睡眠。その後用意して夕方からお仕事…お仕事は21:00前に終了。 2012年1月22日(日曜日)は、英語検定を受検するという娘を朝...

エンジェルウォーズ(DVD)

想像の世界を作り出したヒロインが、4人の女戦士と共に幻想的な戦いに挑むアクションファンタジー。監督は「ガフールの伝説」のザック・スナイダー。出演は「レモニー・スニケット ...

映画「エンジェル ウォーズ」の音楽 «  | BLOG TOP |  » 「アンチクライスト」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード