topimage

2017-11

「アンチクライスト」 - 2011.05.07 Sat

ラース・フォン・トリアー監督は素直すぎる。表現が行き過ぎたとしても、自分の思うところを映画に留めずにはいられないのだろう。

狙って、やっているのか。そうではないと思うが、たとえ、そうであっても彼の作品を見るのはスリルだ。

蠢き

結果的に、つまらなかったとしても、並みの映画とは違って、それなりに心はざわめくものがある。…または、心をざらつかせるものがある。

トリアーの過去の作品すべてを見ているわけではないが、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は見事なもので、それから注目するようになった。
ほかにはない映画。何はともあれ、その点は貴重だと思う。映画の山の中に、決して埋もれない作品群。普通じゃないから、見ておきたいのだ。
「ダンサー~」は衝撃度はもちろん、ミュージカルとしても見過ごせないものだった。

性

その後、数本を経て、2009年作の「アンチクライスト」。
すぐに公開にならなかったのは、映画を観れば納得。よく日本で劇場公開してくれたものだ。

冒頭の美しいモノクロスローモーション場面で、性(生)と死、ドラマの柱になる観念が、さっそく「対称的」に提示されている。
トリアー監督は、うつ病の自己治療的な意味もこめて映画を製作したらしいが、このストーリー、彼の頭の中をさらけだしているようなものではないのだろうか。
いったい、この人は、どんなことを考えているのか、と観客は楽しめばよろしい。でも、楽しむどころか嫌悪を抱く観客もいるから、難しい。

森

森は恐ろしいところ、というのは、たぶん西洋ではよく言われていることだと思う。
夫は子どもを事故で失って精神的に参っている妻を、森の中の小屋に連れていった。これは…やばい、と思いましたよ。
しかも夫は、妻とまったく違って、子どもを失ったことが平気なのかと思えるくらいに普通にしているように見える。
これは、いかんのじゃないですか。妻、キレますよ? キレないまでも不信、やがて憎しみの心が生まれてきてもおかしくない。

やがて妻の仕事の研究内容がわかったり、動物がしゃべったり(このシーン好き! 画像を載せました。画像じゃ、しゃべってるのかどうかわからないですが。こういう、ハッタリ、インパクトが強いのが私は好きなのさ)、どんぐりが騒音状態で屋根に落ちたり、もう、神経、ざわめくなったって無理です。

予言

狂気へ向かう妻。
そそりたつものを見て、阿部定みたいなことをしなかったのは男としては幸いだが、なぜ、あそこから血が噴き出したのかが、よくわからない。暗喩か?
ちょんぎらなかったのはいいが、そのかわり、ほかの部分にとんでもない痛いことをしてくれる。男を足止めしたいから、だろうけれど、その方法は、まさに常識はずれもいいところ。

そのうち、冒頭のシーンで隠されていた真実が、映像で現され、そうか、そういうことだったのか、そりゃ深刻にもなるよ、とわかる。
それで彼女は自分の性を、あれだけ嫌悪もするように…。

脅威

ラストのアンチクライストの文字、t が雌をあらわす印の♀になっていた。
反キリストならば、悪魔のようなものか。女性がキリストに敵対するものだったり、悪魔だったりするのか?
そして、下山する男と反対に、登ってくるもの。
意味深である。なんとなくわかったようで、わからないようで。

何考えてんの、トリアーさん。
でも、3人の賢者のバリエーション(?)とか、アダムとイブかい?とか、いろいろと、ちりばめられていそうな意味(寓意)を想像することもできて、刺激的だったよ。結局あんまりわかんないけど。

不通

最後に、触れないわけにはいかない。
シャルロット・ゲンズブールさんの演技は、すごすぎる。(次回作もトリアー監督と組むって!?)


All pictures (c) Zentropa Entertainments 2009

(3月5日 シアターN渋谷)

終末

ANTICHRIST
2009年 デンマーク・ドイツ・フランス・スウェーデン・イタリア・ポーランド作品
監督 ラース・フォン・トリアー
出演 シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー

参考:アンチクライスト@ぴあ映画生活
「アンチクライスト」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

予告編を見てみましたが、かなりの問題作のようですね。
タイトルがタイトルだけに、キリスト教との関わりも深いのでしょうか。
それにしても、ウィレム・デフォー、年をとりませんね。




シャルロットファンの僕ですが、観るのが正直怖いです。

つーか、僕の生息地域にはまずかからない映画のような気もする。

>kiyotayokiさん

こんばんは。
精神的なところにも重い題材があるのですけれども、センセーショナルには違いないです。
また、ヨーロッパの多くの国では、どうしてもキリスト教は切り離せないのでしょうね。映画で描かれると私などには、わかりにくいのですが。
デフォーさん、昔から、あんな顔だったような…(しわが増えただけ? 笑)

>takさん

こんばんは。
トウキョーでも数館しか、かかってないはずです。
いやー、ファンなら見届けないと! 追いかけてでも…?

ベスト10から飛んできました。おもしろそう!レンタルになってくれるかなあ。見たいです。

>とーふさん

ありがとうございます。
10本中、これに反応がきましたか。賛否両論、受け入れ派、嫌悪派、まっぷたつな問題作ですよ。
9月7日発売予定なので、レンタルにもなるでしょう。

ボーさん、こんにちは!

これを映画館で観たとは、心がさぞ ざわめいたでしょうね~

何を意味しているのか分かり辛かったです。
頭の中に???が飛び交うんだけれども、
衝撃の展開に驚き、映像の美しさに驚き、
しっかりと心がざらつきました。

>YANさん

おはようございます!
はじめ、スマホのメールでコメントを見て、何の映画かな~?と思いましたが、これでしたか!
いや~、こんな、きわどい映画でも、レンタルあるんですね。(そりゃそうか)
トリアーからは目が離せません。

お久しぶりです(^^)

冒頭のシーンで隠されていた真実・・・・なんだっけ^^;

>結果的に、つまらなかったとしても、並みの映画とは違って、それなりに心はざわめくものがある。…または、心をざらつかせるものがある

これすごく納得です!
そうそう、そういうのを求めてるんですよ!
いくら面白いと言われても、他にはない「何か」がなきゃツマラナイんですよね~

で今作、内容を理解したとは言えませんが(´Д`)
間違いなく私の心に杭を打ち込んでくれました・・・

>わさぴょんさん

うわー! おひさしや!
おはようございます。お元気ですかっ!

隠されていた事実とわっ!
私も記憶が薄れましたが、お母さん、落ちるのを見てた(危ないと気づいてたけどエッチしてたから止めにいかなかった)ふうでなかったですか?

そう! スペシャルなモノが見たいわけです。そういう意味では、ホラー系に行きたいところもあるのですが、普通(?)の映画優先で、手が回らないんですよねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2086-5ad824ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンチクライスト

情事の最中に息子を事故で失い、深い悲しみと自責の念に苛まれ精神を病んでしまった妻と、それを治そうとするセラピストの夫の姿を描いた衝撃の問題作だ。出演は本作で第62回のカンヌ国際映画祭で女優賞を授賞したシャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォー。監督は...

アンチクライスト

公式サイトほぼ二人芝居のこの物語は、自ら“うつを患った”と公言するラース・フォン・トリアー監督が、物議を醸すことを目的にしたかのような問題作だ。子供を失った夫婦が“地 ...

『アンチクライスト』

(英題:ANTICHRIST) ----この映画、日本での公開は絶望視されていたとか。 監督がラース・フォン・トリアーで、 主演のシャーロット・ゲンズブールは カンヌ映画祭主演女優賞受賞しているのに、なぜ? 「まあ、そのふたつの事実で おおよその想像はつくよね。 かなり...

アンチクライスト / ANTICHRIST

ランキングクリックしてね←please click ウィレム・デフォー×シャルロット・ゲンズブール。 カンヌ映画祭で話題となったラース・フォントリアー監督最新作! ホラーやミステリアスな映画、衝撃作!や問題作!は全然平気、むしろ好み。 当然の...

『アンチクライスト』 私を泣かせてください

 最初の10分間だけで映画代を払う価値があった、と『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想に書いたが、『アンチクライスト』は冒頭の5分を観ただけで大満足だった!  これまでもたびたび引用している岡田斗...

『アンチクライスト』

悲嘆を乞い、苦痛を乞い、絶望を乞う者。 3人の乞食が現れれば、そこには死が訪れる。 果たして死を乞うたのは、誰であったのか。 『アンチクライスト』 ANTICHRIST 2009年/デンマーク,独,仏,スウェーデン,伊,蘭/104min 監督:ラース・フォン・トリアー 出...

アンチクライスト

なんだろ、覚悟の問題かな。とっても理解できた。トリアー監督の中でいままで一番・・・ 。でも嫌い。

アンチクライスト・・・・・評価額1500円

デンマークの鬼才、ラース・フォン・トリアーによるミステリアスなスリラー。 事故で子供を喪った夫婦が、心を癒すために訪れた森で、狂気の地獄に溺れてゆく。 「アンチクライスト」という直球なタイトルに...

映画『アンチクライスト』を観て

11-17.アンチクライスト■原題:Anchchrist■製作年・国:2009年、デンマーク・ドイツ・スウェーデン・イタリア・ポーランド■上映時間:104分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:2月26日、シアターN渋谷(渋谷)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名) □監

アンチクライスト

ANTICHRIST/09年/デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド/104分/サスペンス・ドラマ/R18+/劇場公開 監督:ラース・フォン・トリアー 脚本:ラース・フォン・トリアー 出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー <ストーリー> 子供...

アンチクライスト

監督さんはうつ病の自己治療的な意味もこめてこの作品を製作したらしい…。もっと鬱にならないか?これ… 美しいモノローグの中、激しい性行為の最中子供が転落死した夫婦。妻は精神的に追い込まれており、セラピストである夫は彼らがエデンと呼ぶ森の小屋へと妻を連れて...

映画評「アンチクライスト」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年デンマーク=ドイツ=フランス映画 監督ラース・フォン・トリアー ネタバレあり

トラウマづくりの名人芸 『アンチクライスト』

監督:ラース・フォン・トリアー出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィリアム・デフォーデンマーク他映画 2009年 ・・・・・・ 6点

アンチクライスト

過激な衝撃作にアイタタタ・・・(><) 圧倒されっ放しで、言葉が出ない。 ANTICHRIST 監督:ラース・フォン・トリアー 製作:2009年 デンマーク・ドイツ・フランス・ス

『アンチクライスト』'09・丁・独・仏・瑞・伊・波

あらすじ激しいセックスに没頭している最中に幼い一人息子が・・・。解説カンヌ国際映

WOWOWで

「完全なる報復」 2011年 ジェラルド・バトラーとジェイミー・フォックス共演のクライム・サスペンス。 愛する妻子を惨殺され、司法取引によって極刑を免れた加害者と、腐敗した

映画「アンチクライスト」批評 確かにこれはヤバイΣ( ̄ロ ̄lll)

アンチクライスト観ましたよ~(◎´∀`)ノ 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の鬼才

「エンジェル ウォーズ」 «  | BLOG TOP |  » 舞台「トップ・ガールズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード