topimage

2018-07

「エンジェル ウォーズ」(5回目) - 2011.05.26 Thu

また、この人は5回目なんて、凝りだすと何回も観るねえ、と呆れた方、ご安心を。
もう、うちの近所の映画館で上映してないから!


これまでベイビードール、スイートピー、ロケットについて記事にしたので、ブロンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)とアンバー(ジェイミー・チャン)のことも。

あたしがブロンディ

ブロンディは、5人のなかでは一番、割に合わないというか微妙な立場にいたキャラクターだった。
地上戦に出たのは1回だけ、ラストの戦闘には参加していないし、何よりも、泣いて××を告白したうえに、退場の仕方が悲しい。

計画をバラす…?

一匹狼的に思えるのだが、突っ張った見かけに似合わず、弱いところがあるということか。
ヴァネッサのファンで、この映画を観にきた人には、ちょっと不満を感じさせるのではないかと危惧いたします。
人間らしい、といえば、そのとおりなのだが。もう少し、いいシーンを作ってあげてもいいように思う。

操縦者として活躍も

アンバーは「うさぎさんメカ」や、爆撃機やらヘリコプターの操縦を担当。
位置づけとしては「サポート」として、しっかり支える役。
ちなみに「うさぎさんメカ」が活躍するときに流れる音楽は「White Rabbit」(白いウサギ)。もしかして、曲名に合わせたメカかもしれない。または、メカに合わせた選曲?

市長からライターを!?

葉巻は髪の毛がくさくなるから嫌なのよ、などとボヤキつつ、しっかりと任務を果たすアンバー。
アジアン・ビューティーって、欧米の人には独特の魅力があるんだろうなあ…(たんなる想像だけど。)

なぜか似た角度

ヴァネッサ・ハジェンズさんは、いろんな国の血を引いているから、ジェイミー・チャンさんとのツーショットは、なんだか国際色が豊かなビジュアル。
体が同じ傾き加減なのも、微笑ましい。(?)

1回目に観たときには、終わり方が悲しくて、そこに気持ちが引っかかったけれど、今では、こうした展開だからこそ、深い余韻が生まれるし、何回観ても、じーんとするのだと思う。

ハッピーエンドの映画が好きだ、と言いながら、思えば私が大好きな「ムーラン・ルージュ」「マルホランド・ドライブ」も、悲しい終わり方をしている。

いまのパソコンの壁紙がコレ!

5回目は字幕版だった。(1、2回目が字幕、3、4回目が吹替、5回目が字幕。)
また機会があったら、何度も見るよ!

上映後、「わけわかんない」という声を、すごくよく聞く。聞かないときがないくらい聞く。
何がわかんないのか、私には、わからない。観ていて、すべて明白ではないか。
エンディングに、あの男の歌があるのがわからない、というなら、私も多少は、こりゃ何だ?と始めは思ったけれども、まあ、「おまけ」「おふざけ」、単に「エンディングっぽかったから」、または「ここまで、最初から、ずっとショーだったんだyo! じつはね。ふふん」と解釈してもいいのではないか。そう思いたかったら。
(実際は、本編ではカットされたショーの一部をエンドクレジットとして使ったのではないかと思うが。)

素敵な女性(たち)が主役で、友情があって、思いやりがあって、命を懸け、かっこよくて、クズ男どもに負けない力強い生き様がある、刺激的な映画。映像も音楽も抜群にかっこいい。大好きだ。

コメント・TBがありましたら、1回目の記事に→ここ

(5月15日 丸の内ピカデリー3)

好き度は☆☆☆☆★


All the pictures (c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

「ジュリエットからの手紙」 «  | BLOG TOP |  » 「エンジェル ウォーズ」(4回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード