topimage

2017-04

「ブラック・スワン」 - 2011.06.11 Sat

これは、すごいものを観た。

エンドロールを見ながら、そう思っていた。
本作の監督ダーレン・アロノフスキーの過去作「レクイエム・フォー・ドリーム」に通じる悪夢感が、見る者の心に迫る。

鏡って怖いよね

バレリーナが初めての主役を得るが、その大役のプレッシャーに潰される過程。
ひとりの人間の生き様、精神分裂・崩壊を、ミステリアスかつホラー的にも、にくらしいほど見事に描いた傑作だ。

好敵手? 顔立ちがなんとなく似ているのも怖い

ナタリー・ポートマン嬢の清楚なキャラクターが生きた。つまり、黒鳥を舞うには、色気が足りないよ、という役なのだ。
(ものは言いよう、みたいなもので、色気がない場合に「清楚だ」と言ってほめるようなこと…ではない! 私は、昔っからナタリー好きですよ。)
とにかくも、まさに、ハマり役なのだった。

あたしがブラック・スワンよ

精神不安定な演技も、監督の演出力とあいまって的確で、これで賞を取らなかったら、どうなのよ? っていうくらい。
とくにアカデミー賞が好みそうな種類の演技内容のような気もするし。…なんとなく。

自己分裂気味なところを、を使ってあらわしたところも、うまい。
鏡には自分が映る。その像が本当に自分なのか…違うものが映っていないか…そういう使い方はよくあるものだけど、本作は、これ以上ないと思えるほどに、うまい。
幻覚か真実か。あやふやなまま、引っ張ってゆく。

ヴァンサンでかっ! ナタリーが小さいのか?

ヴァンサン・カッセルがバレエの偉い人(なんていうんだか?)を演じるのに大丈夫かと思ったが、違和感はなかったし。
ウィノナ・ライダーの名前があって、あとから、あ! あの役だったのか! とわかった。(観ているときに気づけよ、って感じですか?)

本作、完璧主義もいいけど、ほどほどにしておかないと、つらい。という結論ですね!?

ウィノナ・ライダーさん。

文句なしに見事だが、「好き度」で評価するならば、たとえば私の場合なら「ブラック・スワン」は「エンジェル ウォーズ」には勝てない。
ロードショー中に5回観た「エンジェル ウォーズ」と違って、「ブラック・スワン」は何回も観たい、というものではないからだ。

おかあさんは元バレリーナ

しかし、ナタリー・ポートマン嬢には、素直に敬服する。
彼女の主観を含め、ほとんどの場面に彼女が出ずっぱり、だったのではないだろうか。(正確には覚えていないけど。)
確実に、彼女の代表作の1本になる。

(5月22日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)


やっぱり怖い、鏡

All the pictures (c) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

BLACK SWAN
2010年 アメリカ作品
監督 ダーレン・アロノフスキー
出演 ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ヴァンサン・カッセル

参考:ブラック・スワン@ぴあ映画生活
「ブラック・スワン」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんちは、いつも通りピントのずれた事を書きます。

「さかなくん」が鏡をのぞいたらそこには自分の姿ではなく「もう中学生」の姿が

キャー

お久しぶりです♪

こんばんわ♪ TBありがとうございました!

この映画見終わった直後はボーさん同様「すごいものを見た!」と思い、感動でしばし動けなかったです。
でも、時間が経ってみると、なんとなく感動が薄れてしまったような・・・

上手く言えないんですけど、見ている側の極度の緊張が解けたことによる震えや脱力感も感動にすり変えている部分もあったのかなぁ・・・ なんて・・・

でも、それはもちろんナタリーの演技と演出の上手さのおかげだと思います!

おはようございます。
「さかなくん」と「もう中学生」、たしかに、どこか似ている! じつは2役かも!?(笑)

ウワー

>maru♪さん

おはようございます。コメントありがとうございます!
そうですね、とくに、あの終わり方。ヒロインのたどる結末の衝撃の影響は強かったと思います。
心理サスペンスの緊張が続いて、最後には彼女の運命に圧倒されちゃうんですね。
そこまで観客を引き込む、映画のパワーがすごいともいえそうです。
こういう話だ、と知ってしまった後は、衝撃度の分の印象は減るのだと思います。

おはようございます。

この映画を見て、ボーさんは
>すごいものを観た。
とおっしゃり、私は
>凄まじい、
と思いました。又、ボーさんも
>何回も観たい、というものではない
とおっしゃり、私も「二回見たいとは思わない」と思ってしまいました。それは見たばかりだったので極端な発言になってしまいましたが、今ではもう一回見て細かいところをチェックしてみたいような気もしますが、凄まじさゆえにクタクタになってしまったのは確かです。
言葉は違っても、同じように感じたのですね。そして、以前から好きだったポートマンがさらに好きになった点も一緒かしら(笑)

こんにちは♪

この頃は、作品自体の見せ場のショットを
もう予告に入れてくる作品が多すぎて、、、公開前に
粗方内容の予測がついてしまうのがちょっと残念です。

キャストはみんな持ち味を活かせた役回り。。。
白鳥ママ、怖かったですね~)^0^(

ナタリーさん~

ボーさんもナタリーさんがお好きでしたか!
清楚で知的で美人・・・言うことなしの女優さんですよねe-266
私はウィノナ・ライダーさんも好きなのですが、本作では端役でちょっとがっかりしました。

ナタリーさんの演技を見て、ますます彼女のファンになりました♪

>kiriyさん

こんばんは!
感じた総合印象(?)は、かなり同じですね。
私も見直すという意味ならば、もう一度見てみたいとも思います。
彼女が追い込まれてクライマックスへと一気に進むのが、息つくひまもない印象で、すごいなと感じます。
ナタポーで近年、印象に残るのは、ゴヤは見た!みたいなヤツ。(タイトル調べもせず、すいません!)

>kiraさん

きょうこ友達のkiraさん、こんばんは!
予告編、さんざん見ましたね。でも私は、あんまり考えないで、ボーっと、その名のとおりに見ているので、あんまりネタばれしていた気がしません。(←おばか)
黒鳥になる、というあたりはバレてたのかな…。

ママも心配のあまり、なので気持ちはわかる、というところでしょうか。

>マーちゃんさん

はい、好きですよ! 昔は婚約していました。いつだったかエイプリルフールに。
誰が「レオン」の少女が、これほどになると予想したでしょうか?(…誰か、したかも。)
ウィノナさんは、まだまだ主役級でがんばってほしいですよね! これからですよ。
ナタリーは、「マイティ・ソー」とか、新作公開が続くみたいで、楽しみです!

続けて2回観ました

ボーさん、こんにちは!
やっと話題作を観ました。
悪夢がとてもリアルにこちらに迫ってきて、
神経が疲労するような作品でしたね。

鏡の使い方も上手く、ホラーっぽい演出が
すごく面白さを引き出してました。
それに2回観ても、どこが現実で妄想なのか、
分からないのよね~

完璧主義は、たいていの芸術・スポーツの表現者は
そうなんじゃないでしょうか。
つらいけれどもそこを乗り越えた者だけが極致に立てるのかも。

>YANさん

こんばんは。
2回見ちゃいましたか!
ほんと、これ悪夢ですよね。
精神がおかしくなっちゃうほど、がんばらなくても…と思うけど、しょうがないんでしょう。
環境や性格にも、よって…。

ナタリーが受賞したのは喜ばしいことです。なんたって私の彼女ですからね~。(ん?)

完璧さを求めるがために ほころびが出る

きのう レンタルDVDで新作に ありましたので みてみました。

 たしかに 役のポジションは ライバルを蹴落とし 何時間もの練習で技術をみがきます ねたみ 嫌がらせは つきものですけど 

 ナタリー演じる ソリストは 母の期待に答えようとライバルに負けまいとあまりに役に没頭し過ぎ 精神状態が不安定でしたね。それが いかに こわいことか 知りました。
 
 昔 70年代 作家の三島由紀夫や川端康成は 作品を極めようと日々 構想を練っていましたが あまりに "日本の美"が なんなのか "完璧さ" を考えすぎたために 割腹自殺や ガス自殺しました。 詰めすぎると一般の精神感覚がなくなってしまうんですよ。
 この ブラックスワンにしても それと同様 精神がまともじゃなくなっていく様子が こわかったです。

>zebraさん

ありがとうございます。
何かを極めようとする人は、のめりこむ度合いによっては、精神に影響が及ぶことがあるのですね。
単に仕事に集中するだけでも疲れてしまうことがありますし…。
やはり、完全は求めないとか、どこかで息抜きするとかしないと、大変ですよね。
こわい映画でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2103-d9248bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック・スワン

飛びます,舞います!  

ブラック・スワン・・・・・評価額1700円

「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...

ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン

最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...

ブラック・スワン

■「ブラック・スワン/Black Swan」(2010年・アメリカ) 監督=ダーレン・アノロフスキー 主演=ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー ●2010年アカデミー賞 主演女優賞 ●2010年ゴールデ

ブラック・スワン

『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...

映画レビュー「ブラック・スワン」

Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...

『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから)

五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】 ネット、ツイッター、初日興収1億突破、 なんて話題からハードルが上がってしまったのか、 ムチャクチャ打ちのめされ ...

『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)

(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...

ブラックスワン(2010)◆◇BLACK SWAN

                        純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… MOVX京都にて鑑賞。話題作、ついに観ました。もうこれはナタリー・ポートマンの演技につきますね。 それにしてもスレンダーな身体、、、、。バレリーナって本...

映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)はニュー

ブラック・スワン

かなり前から流れている劇場予告編の中身がどんどんネタバレになっていて大丈夫かと心配しながらも、期待しまくってた『ブラック・スワン』を観てきました。 ★★★★★ いろんな意味でダーレン・アロノフスキー監督作のオイシイ所を凝縮したような映画。 精神的に追い

「ブラック・スワン」私の中の黒鳥

これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!

ブラック・スワン

(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画

ブラック・スワン

ブラック・スワン - goo 映画 2011年5月23日映画館にて鑑賞。 この映画を見に行くためにバスを待っていたら、友人から電話が入りました。バスを待っている間の時間つぶしは大歓迎ですが、この映...

ブラック・スワン

純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...

『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由

 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...

ブラック・スワン

この映画に登場するのは親も子も男も女も皆、バレエの世界の人間たちである。それもニューヨークのバレエ・カンパニーという、至極小さな空間を扱っている。物語はバレエの世界に設定されているが、その芸術性...

カ・ン・ペ・キ~『ブラック・スワン』

 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...

ブラック・スワン

【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...

ブラック・スワン / Black swan

ランキングクリックしてね←please click まさにこのバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」「...

ブラック・スワン ナタリー・ポートマン

  ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、悪の分身である“黒鳥”に変身すること...

ブラック・スワン

ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...

「ブラック・スワン」感想

 「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督最新作。バレエ「白鳥の湖」の主役を演じることになったバレリーナが、清楚なホワイトスワンと、官能的なブラックスワン、二つの役の間で苦悩するうち、徐々に内なる衝動に支配され、役に取り込まれていく様を描く。  ...

ブラック・スワン

大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...

★ブラック・スワン(2010)★

BLACK SWAN 純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 映時間 108分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/05/11 ジャンル サスペンス/ドラマ 映倫 R15+ 【解説】   「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロ...

■映画『ブラック・スワン』

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...

ブラック・スワン

バレリーナのニナは、美しく正確な踊りで『白鳥の湖』の主役を射止める。しかし監督は彼女に、繊細な白鳥と同時に官能的な黒鳥も演じるよう要求してきた。難しい役柄に悩むニナ。 ...

『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ

原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...

「ブラックスワン」

栽培された優等生の憂鬱。 「子役はグレる」ってのは一つのステレオタイプのようなもので。わが国では「パッとしない」くらいで済むが、あちらハリウッドは半端なくて薬物やら中絶やら、時には若くして命まで落としてしまう人もいるから怖い。 そんな中で、着々とキャ...

『ブラック・スワン』 映画レビュー

『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...

映画『ブラック・スワン』~アカデミー賞受賞作品を観て

11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...

ブラック・スワン 怖かった~妄想も女性も・・・

 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...

ブラック・スワン

2011年5月22日(日) 18:45~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『ブラック・スワン』公式サイト 予告編を見ていれば誤解することはないと思うが、単純なサクセスストーリーでない。狂気の映画だ。...

映画:ブラック・スワン

 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。

ブラック・スワン

予告編を見て、絶対に観たいと思いました。 ナタリー・ポートマンのバレエ映画、 かなり面白そうです。 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナのニナは、 元ダンサーの母親・エリカの監督のもと、 人生の全てをバレエに捧げていた。 芸術監督のトー...

[Review] ブラック・スワン

白鳥の湖。チャイコフスキー作曲によるバレエ作品。 1877年のボリショイ・バレエ団による公演以降、多数の演出家・振付師によって様々な版が出され、今やクラシック・バレエの代表作ともいえるに至りました。 僕はバレエにはとんと疎い人間ですので、『白鳥の湖』と言わ...

ブラック・スワン

ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を演じ...

ブラック・スワン

BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する...

ブラック・スワン

もう~黒鳥の踊りは圧巻~★ 遥かな高みを目指すプリマの苦悩と葛藤が リアルに迫ってきました。 表現者って奥が深い。。。 BLACK SWAN 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:2010年 アメリ...

「ブラック・スワン」(BLACK SWAN)

「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台?...

ブラック・スワン

84点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー、 主演はナタリー・ポートマンです。 2010年度のアカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。 バレエ「白鳥の湖」の...

「クロエ」 «  | BLOG TOP |  » 「ランナウェイズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード