FC2ブログ
topimage

2019-09

「マイティ・ソー」 - 2011.07.14 Thu

ナタポーである。

そう、ナタリー・ポートマンお嬢さまが出ていなければ、ほとんど興味がなかったといってよい。

なたぽー

ハンマーを振り回すのかあ。それが最強か…。いや、ナタポーじゃなくて、ソーがさ。
ナタポーがハンマー振り回したらサイコーなんだけど。

3Dじゃなくて、わざわざ2D上映館を探して観に行った。もう最近は3Dなんて、どうでもいい。ただ料金が高くて、邪魔なメガネして画面が暗いんだから。
ろくに飛び出さないなら、安くてラクで明るい2D!(「トランスフォーマー」は3Dで観てみたいが。)

アクションは、どうってことないような印象。
それよりも、ソーが地球に落ちてきて、ナタポーといい感じになって、人間として(神か?)成長していくところが、なにやらサワヤカで、よろしかった。

ナタポー

エンドロール後のラストでお約束の、アベンジャーズ関連の話だけど、もうちょっとワケわかんなくないようにできないものか。
「アベンジャーズ」を観たときに、ああ、あれはこういうことか、と思うには、もはや時間が経ちすぎていることになりそう。
まあ、本作のラストにおまけでついている、というのが重要で、意味はどうでもいいんだろうけど。

アサノタダノブは、あんまり台詞がなかったような。

なんで監督がケネス・ブラナーか。シェークスピア劇っぽさ狙い? 神の話だから?
少なくともアクション重視とは思えないよね。

で、ステラン・スカルスガルドが出てくると、もはや私は「マンマ・ミーア!」を思い出す体質なのだ。

ソーの母親で、レネ・ルッソさんが出演しているのに感涙。なつかしい! 下の画像は違います。たぶん、ジェイミー・アレクサンダーさん。

(7月2日 池袋東急)

誰かって?

THOR
2011年 アメリカ作品
監督 ケネス・ブラナー
出演 ナタリー・ポートマン、クリス・ヘムズワース、ステラン・スカルスガルド、カット・デニングス、ジェイミー・アレクサンダー

参考:マイティ・ソー@ぴあ映画生活
「マイティ・ソー」の映画詳細、映画館情報はこちら

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


All pictures TM &(C)2010 Marvel(C)2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.

● COMMENT ●

コメントなさソー。

>BJさん

ソーっすね。TBも飛ばしてないので、なおさらね。

こんばんは☆彡

ボーさんは、いまいちだったみたいですねσ(^◇^;)
私は、たいして期待しなかったせいと、こう言う作品が好みなようで(笑)
かなり楽しめちゃいました♪

>ナタポーがハンマー振り回したらサイコーなんだけど

それだと、エンジェルウォーズになってしまうのでは?(笑)

TB入らなかったのかな?と思ったら、飛ばしてなかったんですね(^^;

>ひろちゃんさん

おはようございます。
おおっ! まさしく「エンジェル ウォーズ」ですよね。
そっかー。好みが出てしまいました。
わりと地味に感じたのですけど…。仲間の活躍がもっとあれば、よかったかも?

こんにちは。

>ステラン・スカルスガルドが出てくると、もはや私は「マンマ・ミーア!」を思い出す体質なのだ。

わたしは、「パイレーツ」を思い出す体質です(*^-゚)vィェィ♪爆。
お顔にヒトデが付いてなくて、ホッ(笑)
あっ、ナタポーと一緒なので「宮廷画家~」も思い出しました。
ほとんど楽しみにしてなかったので、2D字幕上映日まで2週間待ちましたが、これが拾い物したかのように楽しめました♪
「アイアンマン」のおまけもやっと納得できたしヾ(~∇~;)
「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」が楽しみになりましたぁ~!

>オリーブリーさん

こんばんは。
そうそう、パイレーツにも出ています。あ、ナタポーと共演は、ゴヤは見た、もですね! 気づかなんだ。。。
私は「アイ~ンマン」のエンディングおまけ、覚えてないので、結びつけようがなかったのであります。
でも、こりずに、アベンジャーズ関連は観ていきますよ!

こんにちは。

今頃、のこのことすみません・・・
このところ、暑いですね。お元気ですか?

私は3Dで観たのですが、画面の飛び出しがあまりなかったような・・・汗

>マーちゃん

こんばんは!
また暑くなりました。なんとか、しのいでおります。今年からエアコンありますし!(喜笑)
3Dの飛び出し感って、あんまり感じないですよね。
IMAXで一度観てみたいとは思っていますが、その他の劇場では3Dでなくてもいいかなと、最近思っています。

ボーさん、こんにちは!

やっぱりナタリーお嬢様が目当てでご覧になりましたか。
正直言って、特にナタリーでなくてもいい役柄だったけど、
手にキスされて照れるシーンとか、
ソーを見つめる表情とか、さすがの上手さでしたね~☆

私は、ソーの肉体美と爽やかな所に
すっかりやられました~♪

いろいろ笑えて楽しかったです。

>YANさん

こんばんは!
ええ、ナタポー以外は、どうでもいいようなものでした。
あ、ジェイミー・アレクサンダーさん(画像あり)もいいな~。

えーっ、でも3か月しか経っていないのに、映画館以外で見られるの!?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2117-149fdf37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■映画『マイティ・ソー』

これを書いていいものか、ちょっと悩みましたが…。勇気を出して書いてみます。 『マイティ・ソー』のポスター画像を初めて観た時、「へー、『マイティ・ソー』って、ジャック・ブラックが主演なんだぁ」と思ってしまいました。すみません。 だって、なんか、台形っ...

★マイティ・ソー(2011)★

THOR 失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に  上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2011/07/02 ジャンル アクション/アドベンチャー 映倫 G 【解説】 シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・...

マイティ・ソー

神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...

マイティ・ソー

品田雄吉先生の評論(朝日新聞7月1日付)から抜粋。アメリカの大衆文化<マーベル・コミック>の映画化。それをシェークスピア物で知られるケネス・ブラナーが監督している。神の国における古典的展開と、地...

マイティ・ソー

ソーに魅せられた~♪ 内容は分かり易いヒーローものだけど、 神の世界が絡む事で、かなり面白くなってます! 浅野忠信さんも出演☆ THOR 監督:ケネス・ブラナー 製作:2011年 アメリカ 出演...

先週観た映画 ~12/4

  どうも最近はドラマの録画を消費しているので、 レンタルで来る映画ばかりであります。 「マイティ・ソー」The Mighty Thor/11   アメコミの映画化、アヴェンジャーズの中の一人でもありますよね。...

映画評「マイティ・ソー」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ケネス・ブラナー ネタバレあり

『マイティ・ソー』

「アイアンマン」のラストにニック・フューリーが出てきたり、「インクレディブル・ハルク」のラストにトニー・スタークが出てくるのは、次につながる「何か」を期待させる役目を担ってましたが、「アイアンマン2」のラストはモロに本作のワンシーン。ワクワクはしたものの、その一方であんまりフェアではないなあ、という気もしていました。予告をおしまいに付けるのとはワケが違いますしね。本編開始後、約30分経つとこ...

帰省中 «  | BLOG TOP |  » 熱いぞ!猫ヶ谷!! 暑いぞニッポン

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード