topimage

2017-07

「新少林寺/SHAOLIN」 - 2011.07.31 Sun

土曜日の試写会。
平日の試写会へは絶対に行けない私には、めったに開催がないと思える土日の試写会には優先して当てさせてもらいたいものだ。


というわけで、当たりました。
あまり興味がない中国拳法ものでも、行きますってば。
リメイク作品らしい。

ポスター

主演のアンディ・ラウは、顔、知ってる。主役だから、てっきり少林寺の人の役なのかと思ったら違って、将軍でした。
その部下が、たぶんニコラス・ツェー。だって、準主役の役柄だったから。
ラウくんの妻がファン・ビンビン。奥様とはいえ、おしとやかにしているだけでなく、かなりハードな演技もありました。

ジャッキー・チェンは、途中から出てきて、やっぱり、おいしいところを持ってきますね。ユーモラスな見せ場あり。

ジャッキー

アクションは、さすがに見せてくれるが、味方側で殺られる人も多くて、なんだか死ぬのが当然みたいな形になっているように思えるのが、いまひとつ引っかかる

観ている間は、それなりに楽しめるが、やっぱり、私は映画館に行って観ようとは思わないジャンルだなあ、どうしても。
下記「ぴあ映画生活」では好意的なコメントが多いように、もちろん、ここでの感想は単なる個人的意見にすぎません。

劇場公開は11月とか。ずいぶん先だ。

(7月30日 東商ホール)

夫婦

新少林寺
SHAOLIN
2011年 香港・中国作品
監督 ベニー・チャン
出演 アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン、バイ・ビン

参考:新少林寺/SHAOLIN@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

土曜日はお誘いいただきありがとうございました♪
迫力のある映画だったので、大きなスクリーンで観ることができたのは幸運でした。
僕も一応、感想みたいなものを書いちゃったのでトラックバックさせていただきますね。

>kiyotayokiさん

こちらこそ、楽しく過ごせてよかったです。
アクションものは、大きなスクリーン向きですよね。ただ見なので文句は言うまいかとも思いましたが、正直に書きました。とはいえ、星3つだから普通なんですけどね。
さきほど拝読したkiyotaさんの感想のほうが、ちゃんとしております。

こんばんは☆彡

え~~、ボーさん、こんなに早くご覧になっていたんですね~
7月って、まだ夏じゃあないですか!
試写会でご覧になったんですね~。土日の試写会も結構あるんですね。
私は、最近、年のせいか(苦笑)、夜の試写会は、面倒になり、最近は
応募してません。仕事終わって~って言うのも疲れるし(笑)
土日ならいいですよね(^_-)-☆

さて、前置きが長くなってしまいましたが・・・

私も特にカンフーものが好きと言うわけではなかったのですが
この作品は、好きでした。確かに、あそこまでの殺戮はいらんだろうとは
思いましたが(^^;

ボーさんが美女に弱いのと同じく(笑)、いい男に弱い私なので(笑)
アンディ、ニコラス、ジャッキーというだけで、評価が良くなるのかもです(^^;

>ひろちゃんさん

おはようございます。
そうなんです。試写を観たら、公開が11月というので驚いた!
土日の試写会は少ないです。しかも子ども向けのものが多いですね。土日って、会場費が高いのかもしれません…。

あ! 美男が出ていたから!?(笑) なるほど~。
出演男女比では、男が圧倒してましたもんね。(それで、まとめていいのか? 笑)

ボーさん、こんにちは!

私もポスターからして、アンディ・ラウが少林寺の人だと思ってました。
最初は酷い悪役で驚いたけど、やっぱりどこか高潔な顔をしてるから、
良い人の方が似合いますね~

ちょっと死者の数が多過ぎだけれども、ラストの少林寺崩壊は、
すごく迫力あってクライマックスとして盛り上がった映像だったのでは。

ファン・ビンビンは美しい人ですね~
ジャッキーはさすがの存在感でしたね。

>YANさん

おはようございます。
はじめは悪役、というのは、びっくりしましたね。
ブルース・リーの映画でさえ、一応見たのがあるという程度で、あまり興味のないジャンルなんですよ。
ということで醒めているので、みんな死ぬ様子が、かっこいいな、すげーなと思わせる手じゃないかと思っちゃうわけで…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2126-ae8df0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『新 少林寺』(2011 香港・中国)

ブログの行き来だけでなく、時々お会いすることもあるボーさんからお誘いをいただいて 試写会に行って来た。 映画は、11月公開予定の『新 少林寺』。 原題:『新少林寺 SHAOLIN』() 監督:ベニー・チャン 脚本: 音楽:アンディ・ラウ     ニコラス・ツ...

新少林寺/SHAOLIN

1982年に日本でも大ヒットしたジェット・リーの出世作『少林寺』が、29年ぶりに甦る。といっても武術アクション映画から人間ドラマに重心を移した文字通り新たな少林寺だ。主演は『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウ、共演に『孫文の義士団』のニコラス・ツ...

★新少林寺/SHAOLIN(2011)★

クリックして頂けたら嬉しいです 新少林寺 SHAOLIN  守れ。 人々の希望のため―― 上映時間 131分 製作国 香港/中国 公開情報 劇場公開(ブロードメディア・スタジオ=カルチュア・パブリッシャーズ) 初公開年月 2011/11/19 ジャンル アクション/格闘技/ドラマ ...

新少林寺/SHAOLIN

カンフー映画の金字塔が再びスクリーンに蘇った歴史アクション大作「新少林寺/SHAOLIN」。ジャッキー・チェンが厨房係ならではのコミカルな技で武道をアレンジする場面が楽しい。辛 ...

新少林寺/SHAOLIN・・・・・評価額1700円

伝説の拳が、新たな時代に蘇る。 「新少林寺」というタイトルだが、ジェット・リーのデビュー作として知られる、武術アクション映画の金字塔、「少林寺」のリメイクではない。 あの映画は隋朝末の時代を舞...

新少林寺/SHAOLIN/アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー

ジェット・リーを一躍スターへと押し上げたという1982年のカンフー・アクション映画の金字塔『少林寺』を29年ぶりに再構築したという作品です。オリジナルはテレビで見ていると思う ...

新少林寺/SHAOLIN

2011/11/19公開 香港/中国 PG12 131分監督:ベニー・チャン出演:アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン、ウー・ジン、ユエ・ハイ、ユィ・シャオチュン、ション・シンシン、シー・イェンレン 守れ。人々の希望のため―― 辛亥革命の...

新少林寺/SHAOLIN

悪の限りを尽くした男が愛する者を失った悲しみから改心し、人々のために生きる人間の成長物語を軸に、近代武器と伝統武術の壮絶な戦いを描く「コネクテッド」のベニー・チャン監 ...

新少林寺/SHAOLIN

原題 新少林寺/SHAOLIN 製作年度 2011年 製作国・地域 香港/中国 上映時間 131分 映倫 PG12 出演 アンディ・ラウ/ニコラス・ツェー/ファン・ビン/ビンジャッキー・チェン/ウー・ジン/ユエ・ハイ/ユィ・シャオチュン/ション・シンシン/シー・イェンレン ジェット・リー...

「武」 をもって 「禅」 を修める~『新少林寺』

 SHAOLIN  1912年、辛亥革命後の中国。各地で騒乱が起こり、登封市にある少林寺 では、僧侶たちが修行の日々の中、難民を受け入れ世話をしていた。ある日、 かつて少林寺で粗暴な振る舞い...

映画:新少林寺/SHAOLIN

 この映画を知ったきっかけもツイッターの公式アカウントにフォローされたからでした。と言うわけで今回は新少林寺/SHAOLINを見てきました。

新少林寺/SHAOLIN

新少林寺/11年/香港・中国/131分/格闘技アクション・ドラマ/PG12/劇場公開 -監督- ベニー・チャン 過去監督作:『マーシャル・シティー ~ 超人大戦』 -アクション監督- コリー・ユン -製作- ベニー・チャン -出演- ◆アンディ・ラウ…侯杰(こうけつ...

新少林寺/SHAOLIN

「少林寺」シリーズをみてないので比べられませんが、なにやら少林寺の僧たちの凄さは伝わってきました。 ただしアンディ・ラウさんが主演じゃなきゃ観てなかっただろうな~^;ジャッキー・チェン共演。これもレンタルはツタヤ限定。 権力を握っていた主人公が、幼い娘...

映画評「新少林寺/SHAOLIN」

☆☆★(5点/10点満点中) 2011年香港=中国合作映画 監督ベニー・チャン ネタバレあり

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 «  | BLOG TOP |  » 野菜だけカレー

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード