FC2ブログ
topimage

2020-08

「アイランド」 - 2005.07.30 Sat

ユアン&スカーレット

(c) 2005 Dreamworks LLC and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

面白かった。優待券をもらってタダで観たから、というわけではない。仮に、前売券代1300円を出しても惜しくなかっただろう。(最近は前売券を買うので、正規料金の1800円は、めったに払っていない。)

100パーセント、どんな話なのかを知らずに観たので、まず、あの管理された生活は、いったい何なんだろう?という興味で、序盤は物語に引っ張られた。
楽な仕事をして、食事でも健康管理され、いたれりつくせりの生活。抽選に当たると、夢の島「アイランド」に行くことができる。
ところが、いろいろと疑問を抱く者というのは、どこにでも、いるものなのだ。そこから、お話が広がっていく。
この管理社会の仕組みについては、へえー、なるほど考えたねー、と、面白く観た。

後半は、いかにもベイ監督らしい、大規模アクション炸裂で楽しませる。
軍隊なみのチームによる派手な追っかけあり、カーチェイスあり、「スター・ウォーズ」シリーズのスピーダーバイクみたいな乗り物も登場(「ワスプ」というらしい)。

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」で、ユアン君、活躍中の夏だが、ここでも場所を変えて大活躍。
1人2役とも言える終盤では、自分もかなり楽しんで演技しているように見えた。ここは面白い展開だった。

ラストシーンでは、不覚にも(?)うるうるしてしまった…。ああいう、感情が湧き上がるようなラスト(ネタばれするので言わないけど、集団のシーンね)には弱いんだよねー。

ユアンは、相変わらず嫌味がないし、上手だし、スカーレット・ヨハンソンはアクション映画出演というのが意外だったが、やはり、うまく無難にこなしている。けっこう演技(など)についてワガママを言う女優という噂も聞いていて、本当のところはどうなのか知らないけど、これだけのスターになれば、多少ワガママでもいいんじゃないでしょうか。(女優に甘いワタシ。)


おいしい個性のスティーブ・ブシェミ

(c) 2005 Dreamworks LLC and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

スティーブ・ブシェミが、いつもながらユニークです。(上の写真)
あの、ご面相だからユニークになるなといっても無理か(笑)。
ユアンと仲良しの役で、しょーがねーなーという感じで、彼の行動に付き合うわけだが、はたして、どうなることやら。(それは映画を観てのお楽しみ。)
マイケル・クラーク・ダンカンも出ていたが、あまり出番なし。なにやら、「グリーンマイル」のときのイメージを思い出した。
ショーン・ビーンは…観ている間、誰だったっけなー、こいつ。ワルそうで、いいじゃん。と思っていた。失敬、失敬。ショーンじゃないの。いい脇役、存在感出すよね!(と、後でフォローしても遅い、という声が聞こえる…)

テーマとしては重大で、警鐘を鳴らしているといえば言えるし、だが、進んで鳴らしてはいない。娯楽映画一直線だから。
観た人が、引き続いて考えればいいことである。
(7月30日)

THE ISLAND
2005年 アメリカ作品
監督 マイケル・ベイ
出演 ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ショーン・ビーン、ジャイモン・フンスー、スティーブ・ブシェミ、マイケル・クラーク・ダンカン


スカーレット in アクション活劇

(c) 2005 Dreamworks LLC and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

リンクしているお友達ブログ様が、けっこう観ている作品なので、トラックバック、行きます! 七月のうさぎ様No Cinema, No Life様【待宵夜話:徒然夢想】様アイランド@映画生活様に。

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

アイランド

アイランドを観て来ました。
ストーリー的に想像外だったので
期待以上の面白さでした。

私的には★★★★☆4ツです。

ではでは。

>mr-real-estateさん

いらっしゃいませ。
そうですね、何も知らずに観ると、けっこう想像外で楽しいですよね。
ベイ監督なので大味な映画の可能性も心配しましたが、気になるところは、それほどありませんでした。

次回は

スター・ウォーズとヒトラーを
観てきます。

ではでは。

ショーン・ビーン……。

 BJさん、こんにちは♪ 文中内リンク&TB、どうもありがとうございました。

 ショーン・ビーンが出ていることは事前に知っていたはずなのに、エンド・ロール見るまで、誰がショーンだったのか確信が持てなかったのでした……。メイン・キャラで名前が思い出せなかった役者があの悪そうなヒトだけだったので、彼がショーンなのだろうな、と予想はできたにしても。想像していたショーンより(よい意味で)枯れた雰囲気で、はまってたなぁ、いいなぁ、と思いました。

 スカーレットわがまま説はよく耳にしますけれど、有名税のようなものかもしれませんしねぇ。着々と大スターになっていってますよね。最近はかなり好きな女優さんです。

 長々と失礼致しました。ありがとうございました♪

わがまま?

記事内リンク、TBありがとうございました。
ショーン・ビーンは個人的に好きな役者なので登場を楽しみにしておりました。
いかにも「こいつは悪いぞ」オーラを放っていてステキでした☆
スカーレットと言えば、噂ではもっと激しく脱ぎたいと主張したとかしないとか。
「豪快な脱ぎっぷり」と言えば、ユアンの専売特許だったのに時代は変わったものですな(笑)。

>mr-real-estate さん、香ん乃さん、小夏さん

mr-real-estateさん。「ヒトラー」は、かなりヒットしているようですね。感想も楽しみにしています。

香ん乃さん。気づきにくいのは、社長みたいな感じが、ショーン・ビーンっぽくなかったのでしょうね。
有名になると、あることないこと言われてくるものですね。マリリンだって、しかり、でしょう。
「アイランド」は期待しなかったけど、面白かったので、得しました!

小夏さん。ショーン・豆ですねー。出た映画では、きちんと、いい仕事してますよね! 
スカーレット、脱ぎたいって言ってたのですか! それは…言うこと聞けばいいのに、監督ぅ!
まさに、ユアンのお株奪取ですね。弟子は師を越えたか!(映画が違うよ!)

アイランド

TB&コメントありがとうございます!
テーマはよかったしキャスティングがすごく良かった気がしました。
けっこう好きな役者ぞろいで・・・
スカーレットヨハンソンキレイになりましたね~
僕はブロンドの方が好きですね~(^^)

>mobeerさん

この映画、公開するまで、何も知らなかったのです…! ぜんぜん頭にありませんでした。
でも観てみたら、面白かったです。キャストもよかったですね。スカーレットはアクション映画でもOKでしたし、脇役たちも印象に残りました。

こんにちは!

ボーさん、こんにちは!
この作品は前半のほうが、不思議ムードが漂っていて、
引き付けられるものがありました。
でも、近未来って言っても、ちょっと古臭い感じもしますね。

スティーブ・ブシュミは相変わらず、いい味を出してますね~
ショーン・ビーンが出てくると、「あ、こいつは悪いヤツだな」と
すぐ思ってしまいます。

>YANさん

私にとっては、すでに、なつかしの映画…って感じですが、コメ&TBサンキューベリマッチです。
細かく覚えてないんですが、ホントに何も知らずに見た前半…マイケル・ベイらしくないといいますか。後半は地が出たんですかねー。(笑)
ショーン・ビーン、悪者イメージがついちゃいましたか。たしかに、悪いほうが似合う…。

こんにちは

ボーさんとは逆のパターンで、何も知らずに観た初見より、知ってから再見した時の方が楽しめました。
前半は初見再見どちらも楽しめたんですけどね。ラストは何にも解決してないじゃーん!と野暮なこと考えてしまったクチで…(汗)

世界は汚染されて、大人しく管理されてればいつか楽園に行けるよ、という管理方法は、ホント面白いですよね。
管理社会ものというと、恐怖・抑圧が多かったけど、こういう方法もあったか!と驚かされました。
ま、コスパは悪そうですけど…。

アクション娯楽映画路線を突っ走ってるのに、何気に考えさせられる作品ですよね~。

>宵乃さん

こんばんは。
なつかしの(?)作品に、コメありがとうございます。
2度目のほうが面白いこともありますよね。
ラストがどうなったか、おぼえていませんけど…。
管理されてて、そこから出て…えーと。思いだせない。
機会と、その気があったら、見ます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/215-04e171f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイランド

都合の良い展開があるものの,見応え満点のアクションと,人類への警告が絡み合い,最後まで飽きずに楽しかった!

アイランド 今年の232本目

アイランドいやぁ、おもしろかった。うちの姉君、最近、少し良くなってきたのですが、まだ安静生活。で、アイランド見たいから、借りてこい!と、、、新作だから、全部貸し出し中yo。といっても、誰かが返しに来るまで、そこで待っていろ!と、、、最初の近未来的なお....

アイランド

『アイランド』 2005年アメリカ(136分)監督:マイケル・ベイ 出演:ユアン・マクレガー   スカーレット・ヨハンソン   ジャイモン・フンスー   スティーヴ・ブシェミ    ショーン・ビーン★ストーリー★近未来。大気汚染....

映画鑑賞感想文『アイランド』

さるおです。 『THE ISLAND/アイランド』を観たよ。 監督は『BAD BOYS/バッド・ボーイズ』シリーズ、『ARMAGEDDON/アルマゲドン』『PEARL HARBOR/パール・ハーバー』『THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE/テキサス・チェーンソー』など効率よくヒットを生み出すマイケル・ベイ(Mic

アイランド (The Island)

監督 マイケル・ベイ 主演 ユアン・マクレガー 2005年 アメリカ映画 136分 アクション 採点★★ どんなに高級な素材を使おうが、ファーストフードを作ってしまう男、マイケル・ベイ。マク○ナルドのハンバーガーにとやかく文句を言っても大人気ないと思うので、出来るだけ

植物たちのささやかな反逆:アイランド(2005)

メリック博士のメリック・バイオテック社は去年オリジナルのサイトを作成(Division13というデザイン集団の製作です)した様ですが、映画の架空の会社だとサイトに書いて無かったらしく、(私が見た時はもうサイトは消えてましたので・・・涙)アメリカのクローン・ウオッチ

アイランド

監督:マイケル・ベイ             製作:2005年 アメリカ 出演:*ユアン・マクレガー *スカーレット・ヨハンソン ...

アイランド

 コチラの「アイランド」は、2019年を舞台にした近未来SFアクション・サスペンスです。監督は、マイケル・ベイ。主演は、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン。コスチュームが真っ白なつなぎのスーツだけに、スカちゃんの美しさが際立って素晴らしかったです!...

アイランド

再見につき記事内修正あり。 クローンである主人公たちが自らの出生を知り、逃げ出し抵抗する…と言う話です。地上最高の楽園「アイランド」へ行くことが憧れである彼ら。その本当

映画「アイランド(2005)」観た

原題:THE ISLAND 製作:’05 監督:マイケル・ベイ【あらすじ】近未来。大気汚染から守られ、管理の行き届いた安全で快適なコミュニティで暮らすリンカーンたち。彼らの夢は、地上最後の楽園“アイランド”への移住者として選ばれることだった。だがある日、リンカーンは換気口から迷い込んだ一匹の蛾を見て、ある疑念を抱き…。<ネタバレあり> 初見時はツッコミどころの多さと、おそらくTVカ...

夢から醒めた夢 劇団四季公演 «  | BLOG TOP |  »  アガパンサス@携帯 (BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード