fc2ブログ
topimage

2024-03

テレ東でマリリン映画 - 2005.08.02 Tue

テレビ東京では、きょうから3日間、マリリン・モンローさんの主演作を放送する。
すべて、放送時間は13:30~15:30、二カ国語放送。

命日が5日なのに合わせてくれたのだと思うが、嬉しいことである。
スケジュールは、

2日(火)「ナイアガラ」
3日(水)「バス停留所」
4日(木)「七年目の浮気」


うちのHPでも紹介してます。と、ちゃっかり宣伝したりして。

吹き替えでも、多少カットがあっても、観てもらえるのが先決。マリリン・ファンが増えると嬉しいね。

● COMMENT ●

情報ありがとうございます。予約しましたのでね!
近日中にマリリンとデート(=映画鑑賞)でかけてきまーす。
またお喋りにおじゃまさせてくださいませ。

>とーふさん

ありがとうございます。
吹き替えというのが、ちょっとマリリンの肉声での演技が分からないので残念ですが、観てもらえるのが一番。
感想、お待ちしております。

全部は見れなかったけど・・・

さっき少し見られました。おーおーこれがボーさんを悩殺する
モンローウォークだね。南佳孝も歌ってたわね、ってマジマジ観察しました。
ナイアガラの滝、10年以上前に訪れた際、私も霧の乙女号に乗って、滝の間近まで行きました。私たちは青いカッパを着せられたなー。
マリリンさん、当時まだ20代だなんて信じられないですね。
「妖艶」そのものでした。

>紅玉さん

ワーオぅ! ありがとうございます!
…って、少しですか、観たの?(>_<)

南佳孝、なつかしーですね。「ナイアガラ」日本公開当時、観客はモンローウォークに失笑した、という話が、まことしやかに囁かれています。実際、観ているのも恥ずかしかったんでしょうね。うぶな観客。うふ。
妖艶ですか? ありがとうございます。映画が違うと、コロッと可愛くなりますよ。

あのー、今思い出したんですけど、「レオン」でナタリーちゃんが、マリリンの真似をするシーンがたしかありましたよね?
あれってボーさん的には、たまらないですか?やっぱり。(^^)

>紅玉さん

いいえ。実際、それほどインパクトはなかったです。
よく覚えてもいないというところ。
そんなに似てないから、ということでしょう。

そういえばナタリー、マリリン、2人ともに私はファンですが、それとこれとは、違うぜ! なんですね。ヘンなところでシビアです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/218-ae676965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大地震予言の記事@夕刊フジ «  | BLOG TOP |  » トラックバック・ポリシー

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード