FC2ブログ
topimage

2019-12

「ミッション:8ミニッツ」 - 2011.11.22 Tue

アイデアが面白い。

実際問題としては、たぶん無理だとは思うけど、要するに…
以後、少しネタばれしますので、ご注意を。



他人の8分間だけの記憶のなかに入り込んで、そこから、どんなことが起きたのかを探るという話。
その8分を繰り返し行なえることがミソで、繰り返すうちに、どれだけ新たな情報をつかめるか。

たぶん、万が一、記憶のなかに入れるようなことがあったとしても、その記憶はただひとつのもので、変わるものではないから、そこから新たな何かを展開させることはできないと思う…
なんてことを言ったら、映画にならないので置いといて。

sou20111119-2.jpg

記憶潜入&捜査の興味に加えて、主人公コルター(ジェイク・ギレンホール好演)個人の情況や、彼とプログラムを進めていく係官との関係、彼と記憶のなかで出会った女性との関係などが絡んできて、飽きさせない。

けっこう私のお気に入りであるミシェル・モナハンさん(お気に入りが多すぎるという噂も聞こえてくるのであるが)は、相変わらず素敵だし、プログラム係官のヴェラ・ファーミガさんは、ほとんど座っていて表情のみの演技が多いにもかかわらず印象に残る。

コルターと父親との関係については、よくあるネタで正直いって食傷気味だが、いい話であるには違いない。

sou20111119-3.jpg

考えてしまうのがラストだ。
いったい、どういうこと?
もし彼が、ああなるのだとしたら、あそこに残っている彼は、どうなっている状態なのか?
そのあとに、再びミッションができるのか。
…なんて思ったが、そもそもが無理な話だろうから、現実性との整合なんて、どうでもいいんだろうなあと。
夢と希望のあるエンディングにしたかったのかな。こんな世の中だし。

映画通ほどだまされる、とかなんとかいうコピーがあるらしいが、別にだます、だまされるとか、関係ないんじゃありません?
ラストは意外とはいえるが、だまされた覚えはないし、的外れなコピーではないだろうか。
じゃあ、見てやろう、という人を釣り上げるための策略だとしたら、あざとい考えだ。

sou20111119-4.jpg

コルターの捜査は、まわりの善良な人たちには迷惑千万なやり方なのだが、未来のない記憶のなかみたいなものだから何をしてもいい。そう、偉い人が言ってたっけ。
スピード感があって、楽しめる作品。

原題は、コンピュータープログラムのことだが、まるで、さも原題がMission:8minutesであるかのような邦題をつけてくれた。まあ、わかりやすいけど。

sou20111119-5.jpg

(11月19日 TOHOシネマズ 有楽座)

SOURCE CODE
2011年 アメリカ作品
監督 ダンカン・ジョーンズ
出演 ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト、マイケル・アーデン

参考:ミッション:8ミニッツ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


20111119-6.jpg

All pictures (c) 2011 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.

● COMMENT ●

大人~~♪

>夢と希望のあるエンディングにしたかったのかな。こんな世の中だし
ここ、可笑しかったわ(^ー^;)ボーさん、大人ぁ~~(笑)
ミシェル・モナハンもお気に入り?
私はヴェラ・ファーミガがお気に入りになったかも~♪

>kiraさん

先に訪問していただいて、ありがとうございます!
いや、大人とかそういうんじゃ…こんな世の中だし。ええ。
ミシェルは、「M:i:III」に出てましたね。「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も、いいですよ。
私はヴェラさんは初めて見たかも。妖怪人間ベラなら知ってるんですが。(おいおい)

こんにちは。

ボーさんのお気に入り女優さんは何人?
お気に入りの男優さんはいますか?(愚問ですかね・笑)

ラストはよく、よくわかりませんでしたが
全体的には好感が持てる作品でした。

>マーちゃん

こんばんは!
お気に入りの女優? えーーーーーとーーー、ああっ、指の数が足りない!(大笑)
お気に入りの男優? とくに、いません。(きっぱり。)

テンポがいいし、人間の生き方に触れているし、希望があるから、いいですよね。

こんばんは。

>お気に入りの男優? とくに、いません。(きっぱり。)

わっはっは~~!
清い!(爆)
私もとくにいません(きっぱり。)

ホント、このスピード感と役者の芝居で、あれこれ突っ込んだりしてる暇がないんですよね。
細かい事はともかく、面白いには違いないし♪

あれれ、ヴェラさん初ですか?
私「縞模様の~」で初めて観て、偶然、「エスター」「マイレージ、マイライフ」と立て続けにお会いして、お化け(ちがーう)作品ごとに化ける女優さんだとビックリしました。
来週、キアヌの「フェイク・クライム」では、女優の役だそうです~楽しみ!

こちらにも~♪

>お気に入りが多すぎるという噂も聞こえてくるのであるが

あはは~。聞こえちゃいましたか!(笑)
そっか~指の数足りないんだ~(笑)

さて、この映画ですが、現実との整合性とか倫理的なこと考えて
観ていたら、楽しめないですよね(^_^;)
8分間が何回も繰り返されるのに、飽きないつくりで
面白かったです♪

ジェイクに興味ないでしょうが、好演(って書いてありますね・笑)でしたね(^_-)-☆

>オリーブリーさん

ん、オリーさんの場合は、お気に入りの女優がいない、ということでしょうか。
ねえ、男優では、しっかり、いますもんね~?

そうそう、スピード感にごまかされる…いや、ごまかされてはいないか。
ヴェラさんはお化けだったんですか。妖怪人間とは違うんですね?
「エスター」に出てるというので、怖そうな主役かと思ったら違うんですね?
ファーミガというのも面白い名前です。

>ひろちゃんさん

んー、ちょっと指が少なすぎたようです。ちゃんと5本×4ありますけどっ。

まじめに考えると、つじつまが合わなかったり、どうなってんだろう?という映画って、たくさんありますよね。SF系のものには。
じつは今年のマイ・ナンバー1映画「エンジェル ウォーズ」も、ちょっと、どうなってんだろうふうです。でも、いいんです。映画だし。

興味ないけど、好演はちゃんと認めますよう。

ヴェラ・ファーミガさんって、ちょっと若い頃の岸田 今日子さん
みたいだなぁと、観ながら思ってしまいました。

ミシェル嬢は、今回は少々控えめな役でしたね。

>kiyotayokiさん

おお! 岸田今日子さんに思い至る人は、なかなかいないのではないかと!
「砂の女」は見たことあります。
ミシェルさんは、はじめ正体が謎でしたからね。なんでダニエルに近づくのか、とか。

こんばんわっ

「みっちょんの8分間」あっという間でしたか?
終わり辺りの、ジェイクの腰から下が・・・ショックな映像で涙がチョチョ切れましたが(ジェイも完全・チョチョ切れてたけど・・・;;)
あの知的そうな女性はヴェラ・ファーミガさんと言うんですね。
ミシェル・モナはんって、京都弁みたいな名前どすえ。
常に口元が半開きで「笑い口」になってたり、挑発的な怪しい目付きがイイどすえ。
ブルーのセーターが、よお似おうてはりました。

この映画、最初は客の食いつき悪かったみたいだけど、まだ頑張って上映中みたいで嬉しいです。
日本では人気のないジェイクだから・・・(つд⊂)

>unikoさん

おはようございますっ。
みっちょん8分、繰り返しましたので、8分の掛け算になりました!(笑)
ジェイク、あんな姿とは。まるで、ジェイ苦です。
モナはんは、ええやろ~? モナカはんやったら、もっと美味しそうなんやけどなあ。

ジェイク、人気ないですか? 変化球ハンサムだと思いますけどねえ。

ジングルズさんこんばんは!
ラストには、私も「ええっ!?」となったけど、全体的には面白かったです。
ジェイクはいつでも一生懸命なキャラですね~。
たまには、のほほんとしている役柄演じてるところも観たいです。

>かもめんさん

こんばんは!
のほほんジェイクですか。んー、見当がつかない…。
名前からして、ギラギラホールですから…違った、ギレンホール? ほんとはジリンホールとかいう感じですか?

ボーさん、こんにちは!

これアイデアが本当に面白くて、最後まで引き込まれて観ました。
プログラムとか平行世界とかSFなんだけれども、
人間関係がしっかりと描かれていて、人間臭い作品でしたね!
特にヴェラ・ファーミガさんの切ない表情が良かったな~

そうそう、あのコピーはヘンテコリンでしたよね。
ボーさんの言う通り、全く的外れなんで、記事に載せませんでした。(^^;

>YANさん

おはようございます!
よくできた映画ですよね。
アイデアも良し、出来上がりも良し、という。
ヴェラさんは、最近「マイレージ~」を見て、ああ、この人! と思いました。

宣伝コピーは、客寄せを意識したものになると、私の場合は反対に拒否反応を起こしますので、ほとんど無視です。(笑)

映画通ほどだまされる

あら、そんなキャッチコピーがあったんですね。
むしろ、「キャッチコピーに騙された」とツッコミたい?(笑)

ヴェラ・ファーミガさん、最後のほうで一瞬だけ微笑むシーンがあったのですが、
それまでの理知的な表情から一転、とても可愛らしくて魅力的な女優さんだなぁ、と。
いわゆるギャップ萌えというヤツですかね。

>小夏さん

私は観たあとで、キャッチコピーを知ったので問題ないのですが。
だますとか、意味わかりません。
宣伝部は、下手なコピーを出すと、映画ブロガー大勢にたたかれます。

ファーミガさんの一瞬を見逃さないとは! んーと、あのシーンかな? このシーンか?(覚えとらんのかい!笑)

こんにちは

ホント、あの煽りは意味がわからないですよね。
でも中身は良かったです。細かいところは気にせず、サクッと観られました。
何気にホロリとさせてくれるし、必死な主人公を応援したくなります。きっと彼に協力したヴェラさんも、そんな気持ちだったんでしょうね~。

>宵乃さん

おはようございます。
見ていて面白いのが一番ですね。
宣伝はお客を呼ぶために必死で考えるのでしょうけど、的外れなことをやったらいけないです。
主人公を応援したくなる映画は、いいものですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2194-cfa19e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミッション:8ミニッツ

警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 原題 SOURCE CODE 製作年度 2011年 上映時間 93分 脚本 ベン・リプリー 監督 ダンカン・ジョーンズ 出演 ジェイク・ギレンホール/ミシェル・モナハン/ヴェラ・ファーミガ/ジェフリー・ライト/マイケル・アーデン 『月に囚われ...

ミッション:8ミニッツ

(原題:SOURCE CODE) 【2011年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督、ハリウッド進出第1作。 特殊な装置で爆発8分前の乗客の意識に入り込み、列車爆破事件の犯人を見つける主人公の運命をスリリングに描いたサスペン?...

ミッション:8ミニッツ

『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作目となるSFサスペンスだ。主人公は爆破テロで死亡する人間の8分前の意識に入り込みテロの犯人を探してゆく。主演は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェイク・ギレンホール。共演に『SOMEWHERE』の?...

ミッション:8ミニッツ/ SOURCE CODE

ランキングクリックしてね ←please click 「このラスト、映画通ほダマされる。」というキャッチコピーの本作。 ダマされるとかダマされないとか言うのカンケイないんだけどなー。 それに邦題も「ソースコード」でいいのに。トムちんのミッションに便乗? ...

ミッション:8ミニッツ

Source Code [Blu-ray]時間のループの果てにある思いがけない秘密と切ないラストに驚く「ミッション:8ミニッツ」。ダンカン・ジョーンズ監督のセンスが活きたSF映画だ。シカゴで乗客 ...

『ミッション:8ミニッツ』 選ぶのは誰か?

 【ネタバレ注意】 (2011/11/3 改稿し再公開)  公式サイトによれば、ダンカン・ジョーンズ監督は『ミッション:8ミニッツ』の内容に関する科学的データを徹底的に調べ上げたいという強い好奇心に駆られ...

ミッション:8ミニッツ

列車の座席で目覚めたコルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)は、目の前にいる見知らぬ女性(ミシェル・モナハン)から親しげに話しかけられた。 状況が理解できないコルターは、鏡を覗き込...

『ミッション:8ミニッツ』をヒューマックスシネマズ池袋4で観て、映画通じゃないと自覚ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆この映画が公開されて無数の映画通が抹殺されていった。映画通撲滅映画であると言えよう】 映画その物より宣伝に使われたコピーが物議を呼んだ。 うん、 ...

ミッション:8ミニッツ (Source Code)

監督 ダンカン・ジョーンズ 主演 ジェイク・ギレンホール 2011年 アメリカ/フランス映画 93分 SF 採点★★★★ 数年前に電車通勤をしていた頃、意識していた訳でもなく習慣として毎日同じ時間の同じ車両、同じ場所に立っていた私。しばらくして、ちょいと綺麗な…

ミッション:8ミニッツ・・・・・評価額1650円

この世界、果たしてホンモノか? 「月に囚われた男」で脚光を浴びた、ダンカン・ジョーンズ監督による長編第二作。 今回は、8分間という時間を無限ループする男の話で、言わば「時に囚われた男」。 厳密...

ミッション:8ミニッツ/ジェイク・ギレンホール

第一印象でとてもSF小説っぽいお話だなと思ったんですけど原作モノではないのかな?日本では賛否両論みたいですけど私は大好きな『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の ...

多世界解釈~『ミッション:8ミニッツ』

 SOURCE CODE  コルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、目を覚ますとシカ ゴ行きの列車の中にいた。目の前には、クリスティーナ(ミシェル・モナハン)と いう女...

ミッション:8ミニッツ

ストーリー等、省略します。公式ホームページはコチラ。 死の前の8分間の意識に潜入できることを前提にストーリーは展開していく。一見、映画的な発想のようにみえて、実のところ、それほど荒唐無稽な...

『ミッション:8ミニッツ』

※ネタバレ注意:鑑賞予定の方は、ご覧になってからお読みください。 ミッション:8ミニッツ (原題:Source Code) ----これも、もっともらしい英語のタイトルを日本で付けたってパターンだよね。 「8分間のミッション」って、どういうこと? 「これはね。 シカゴ郊?...

ミッション:8ミニッツ

アメリカ空軍のパイロット、コールターは、列車の座席で目を覚まします。目の前には彼をよく知るらしき女性がいて彼に「ショーン」と呼びかけます。コールターはワケが分からず混乱しますが、やがて、列車は爆発。その後、装置の中で意識を取り戻したコールターは、彼にあ...

ミッション:8ミニッツ(2011)◆◇SOURCE CODE

警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 評価:→70点 騙されはしませんでしたが、、、、(笑) 「月に囚われた男」の監督 ダンカン・ジョーンズの長編第2作目。確かにこれ前作が好きだとこれも気に入る作品かもしれません。 私も決して嫌いな作品では...

★ミッション:8ミニッツ(2011)★

SOURCE CODE 警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 上映時間 93分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2011/10/28 ジャンル SF/サスペンス/ドラマ 映倫 G 【解説】 デビュー作「月に囚われた男」で注目を集めたダンカ...

ミッション:8ミニッツ

【SOURCE CODE】 2011/10/28公開 アメリカ 93分監督:ダンカン・ジョーンズ出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、...

ミッション:8ミニッツ

列車爆破事件の乗客の死の8分前に潜入して爆破犯を突き止める極秘任務を受けた男が、ミッションの謎に迫っていくサスペンス・アクション。監督は「月に囚われた男」が高評価を受け ...

『ミッション:8ミニッツ』(2011 米)

『警告:このラスト、映画通ほどダマされる』 という謳い文句にはすっかりダマされてしまった。 これ、罪作りだなぁ。 というのも、この宣伝コピーのおかげで、観る前にある種の心構え(先入観)が生まれてしまったからだ。 それは、どんな風にダマしてくれるのだろ...

「ミッション:8ミニッツ」斬新!!

今月面白い映画が目白押し・・・と思っていたら、これもなかなか面白い♪ ラストは大きな?マークが出るけど、斬新なアイデアと、先の見えないハラハラ感で、そんな違和感吹っ飛んじゃう!! ネタばれ完璧NGレビュー、果たしてどうやって書こう・・・・?

『ミッション:8ミニッツ』

□作品オフィシャルサイト 「ミッション:8ミニッツ」□監督 ダンカン・ジョーンズ □脚本 ベン・リプリー □キャスト ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト■鑑賞日 11月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎...

ミッション:8ミニッツ

ミッション:8ミニッツ'11:米◆原題:SOURCE CODE◆監督:ダンカン・ジョーンズ「月に囚われた男」◆出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー ...

ミッション:8ミニッツ

『ミッション:8ミニッツ』は、非常に入り組んだ設定が用意されたストーリーで、一回観ただけではその全貌がよく分からず、ともすれば大きな矛盾を感じるかもしれない。 私も当初、日本の配給会社による宣伝文句、「映画通ほどダマ

■映画『ミッション:8ミニッツ』

デヴィッド・ボウイの息子であるという、一般人とはかなり違う育ち方をしたであろう出自を持つ若手監督、ダンカン・ジョーンズが手がけた映画『ミッション:8ミニッツ』。 既に死んでしまっている人間の死の直前8分間の意識の中に入り込むことができるというプログラム...

映画:ミッション:8ミニッツ

 「映画通ほど騙される」というキャッチフレーズ。映画通の方はみんな「どこが?」って感じで、映画通ほどこのキャッチフレーズに騙されてしまったようですね。と言うわけでミッション:8ミニッツ。

ミッション:8ミニッツ

SOURCE CODE/11年/米/94分/SFサスペンス・アクション/劇場公開 -監督- ダンカン・ジョーンズ 過去監督作:『月に囚われた男』 -出演- ◆ジェイク・ギレンホール…コルター・スティーヴンス大尉 過去出演作:『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』 ◆ミ?...

ミッション:8ミニッツ

毎回異なる8分間、それぞれ事態も変って行くのがとってもスリリングに描かれてました。「月に囚われた男」の監督さんの2作目になるSFサスペンスもの。94分と短いですが内容は濃かった。パラレルな展開は混乱を生みますが、ここはあまり深く考えないのがいいのかも。...

ミッション:8ミニッツ

SFサスペンスの中、しっかりとしたヒューマン・ドラマが核になっている。 一捻りどころか二捻りもある展開が、実に面白い! SOURCE CODE 監督:ダンカン・ジョーンズ 製作:2011年 アメリカ ...

映画評「ミッション:8ミニッツ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ダンカン・ジョーンズ ネタバレあり

「ミッション: 8ミニッツ」 2011年 米

「彼に伝えてくれ。『きっとうまくいく』と。」 WOWOWにて鑑賞。面白かった! 余計な贅肉ざっくり削ぎ落とした「上映時間93分」という尺の短さも◎。 とりあえず、未見の方

映画「ミッション:8ミニッツ」観た

原題:SOURCE CODE 製作:アメリカ’2011 93分 監督:ダンカン・ジョーンズ ジャンル:★SF/サスペンス/ドラマ【あらすじ】列車の中で目を覚ましたコルターは、見知らぬ女性から親しげに話しかけられ当惑しているうちに、大爆発に巻き込まれる。再び意識を取り戻すと、そこは軍の研究室だった。彼は次の犯行を食い止めるため、特殊プログラムによって構築された爆発事故8分前の世界へ送...

「カウボーイ&エイリアン」 «  | BLOG TOP |  » 「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」の記事

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード