FC2ブログ
topimage

2020-09

「ウィンターズ・ボーン」 - 2011.12.10 Sat

なんて荒涼とした世界なのよ、これ。

あまりに寒々しいコミュニティ(?)ぶり、情況設定が普通じゃない、おなじみじゃないせいか、なんだか、ピンとこなかった。

ポスター

マフィアの一家みたいな雰囲気も? そういう空気、たとえば「ゴッドファーザー」とか私は好きじゃないから、なんとなく、これも好きじゃないのかな?

姉弟

幼い弟と妹をもつ少女、一家を支えていかなければならないティーンエイジャーの少女が、父親を探す過程で過酷な経験をする。
大人になるための試練というには、きつすぎる気がするが、それでも彼女は立ち向かっていく。(いくしかない。)
生きることは過酷。
観ていて、楽しくはないなあ。

姉弟妹

ウィンターズ・ボーン、冬の骨って、なに? 寒々とした骨?
こんな人たちがいるんだ、アメリカって。いろいろなんだね。
ハードボイルド。

(11月27日 TOHOシネマズ シャンテ)

WINTER'S BONE
2010年 アメリカ作品
監督 デブラ・グラニック
出演 ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、シェリル・リー、デイル・ディッキー

参考:ウィンターズ・ボーン@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.

● COMMENT ●

これこそね~

もう少し事前情報が必要ですよ。
せめてチラシぐらいに書けよっ!
村の掟だの、女がクビを突っ込むなとか、私もマフィアか?!と思いました。
「ヒルビリー」なんて、バックグラウンド知らないもん(/□≦、)エーン!!
後から知れば、なかなか奥が深い映画なんですよね。

>オリーブリーさん

ヒルビリー?
観た後でさえ知らない私。ロカビリーみたいなものですか?(笑)
ああいう世界…勉強になりましたっ。
あのムードで押し切る映画、ある意味では、すごいかも。

アメリカの闇

ボーさん、こんばんは☆
月食が丁度おわったところです。

こういう世界もあるんだなーと、過酷な現実に向かっていく子供たちに思いを馳せました。
生きるために何でもする子供たちは、今の日本には程遠い現実でしょうけど、先の見えない日本の未来も結構わからないですよね???

>ノルウェーまだ~むさん

おはようございます。
ねぼけてメールから一度削除してしまい、さきほど復活させました…。
月食だったんですよね、私は見ませんでしたけど。

ああ、そうだ、同じような年頃の子どもをもった方が観ると、感慨が違うかもしれません。
日本の未来も、どうなっていくのか、なんだか難しそうですね…。

こんにちは。

珍しく半分くらい寝た映画でしたよ~
なので語る資格はないけど
騒がれてるほど良い映画なのかな

寝ちゃうということはそれだけ作品に力がないんだと自己判断(偉そう)です(笑)

>migさん

おはようございます。
うん、エンタメではないですよね。
ああいうコミュニティもあるんだ~、という、新しい世界を覗いてみたみたいな。
自分に合わない映画は、その感じたままでいいと思います。いま現在の自分の素直な気持ちで書いてるんですもんね。

ボーさん、こんにちは!

荒涼として寒々としてましたね。
まだ17歳だというのに、あんな過酷な状況を背負わされて、
それでもくじけず淡々と立ち向かっていく姿が凄いなあ~って思いました。
気丈さが出ていたジニファー・ローレンスの演技が良かったです。

ウィンターズ・ボーンは冬に見つかる骨と解釈して、
きっと骨で出てくるんだろうなあと思いつつ観てました。

>YANさん

こんばんは!
おおー! これもごらんになりましたか! すごく見てますよね~!
私は、どうも寒々しすぎて、好きじゃなかったんですけど。

こんにちは

バックグラウンドがわからないと、凄惨な村の様子が
犯罪者一族?とか思ってしまいますもんね
もとは、外国から移り住んできた、宗教や風習の違いから差別された人々がコミューンを形成して独自の生活を守ってきたところらしいですね。だから、よそ者を嫌うし自分たちの仲間には寛大だけれど掟がある。
ジェニファー・ローレンスさんの自然体な演技が素晴らしかったですね

>makiさん

こんばんは!
なんだか荒涼として、楽しくなかったですねえ。
そんな印象をもたらしたことは、心に残るから、意味がある映画ともいえるかもしれないのですけども。
ねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2205-8910aa31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その先の森へ~『ウィンターズ・ボーン』

 WINTER'S BONE  17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、保釈中の父が失踪。心を病ん だ母を抱え、12歳の弟と6歳の妹の面倒を見ながら暮らしていた。保釈金 の担保になっている家と森...

映画レビュー「ウィンターズ・ボーン」

ウィンターズ・ボーン◆プチレビュー◆父を探す少女の過酷な旅を描く秀作「ウィンターズ・ボーン」。ジェニファー・ローレンスが圧倒的に素晴らしい。 【85点】 ミズーリ州の貧 ...

「ウインターズ・ボーン」過酷な人生

葉の落ちた冬の森はどこか物哀しい。 だけど同じ冬の森でも、ノルウェーで体験した森は寒くてもどこかあったかい。 どうしようもなく殺伐としたかんじがするのは、そこがアメリカの闇だからなのか・・・

ウィンターズ・ボーン

アメリカ中西部の寒村を舞台に、失踪した父親を捜す少女とその少女を取巻く厳しい環境を描いた人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞し、第83回アカデミー賞では主演のジェニファー・ローレンスが主演女優賞にノミネートされた。共演には『アメリカン・ギャン...

ウィンターズ・ボーン

アメリカ中西部ミズーリ州のオザーク高原。 17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、心を病んだ母と幼い弟と妹の世話に励み、その日暮らしの生活を切り盛りしていた。 ドラッグの売人をしていた父親...

【TIFF 2010】『ウィンターズ・ボーン』 (2010) / アメリカ

原題:Winter's Bone 監督/脚色:デブラ・グラニック 原作:ダニエル・ウッドレル 出演:ジェニファー・ローレンス ジョン・ホークス ケヴィン・ブレズナハン デイル・ディッキー ギャレット・ディラハント シェリル・リー ローレン・スイーツァー...

ウィンターズ・ボーン

(原題:WINTER'S BONE) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 第27回サンダンス映画祭、グランプリ&脚本賞受賞。 第26回インディペンデント・スピリット賞、助演男優賞・助演女優賞受賞。作品賞・監督賞・主演女優賞・脚本賞・撮影賞ノミネート。 第83?...

ウィンタ―ズ・ボーン(2011)★☆WINTER'S BONE

 家族のために 未来のために、彼女は大人になるしかなかった―― 評価:=60点 新京極シネラリーべにて鑑賞。実はこれ京都での公開はないと思っていた作品。先日東京の新宿武蔵野館で近日上映だとされていて、ちょっと気になっていた。 最近このシアター、邦画が多...

ウィンターズ・ボーン/ WINTER'S BONE

ランキングクリックしてね←please click サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の映画祭で絶賛。 アカデミー賞作品賞ノミネートで一番最後の公開となった作品。 監督は、女性で長編第二作目のデブラ・グラニック。 主演は「あの日、欲望の...

映画『ウィンターズ・ボーン』を観て

11-70.ウィンターズ・ボーン■原題:Winter's Bone■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:100分■字幕:杉田朋子■鑑賞日:11月13日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円□監督・脚本:デブラ・グラニック□製作・脚本:アン・ロッ...

『ウィンターズ・ボーン』'10・米

あらすじ父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪家を立ち退くまで残

ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーン@ギンレイホール

ウィンターズ・ボーン

WINTER'S BONE/10年/米/100分/犯罪サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開(2011/10/29) -監督- デブラ・グラニック -脚本- デブラ・グラニック -出演- ◆ジェニファー・ローレンス…リー・ドリー 主な出演作:『X-MEN:ファースト・ジェネレーシ?...

ウィンターズ・ボーン

過酷な状況を背負わされた17歳の少女リー。 家族を守るため、ここで生きるため、何があってもくじけない。 圧倒的な姿が胸を打つ。 2010年サンダンス映画祭グランプリ受賞。 WINTER’S BONE ...

ウィンターズ・ボーン

人々が閉鎖的に暮らすにもほどがある荒涼とした山村が舞台。17歳の少女リーは、幼い弟妹と心を病んだ母を抱えて、何とか生活していた。しかし、失踪した父親は家と土地を保釈金の...

映画評「ウィンターズ・ボーン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督デブラ・グラニク ネタバレあり

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 «  | BLOG TOP |  » 「マネーボール」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード