topimage

2017-10

第7回(2011年)シネマ停留所映画賞 - 2012.01.08 Sun

恒例の「シネマ停留所映画賞」の発表です。

映画のタイトル名では、記事へのリンクがついているものもあります。

《最優秀新人賞》

メリュジーヌ・マヤンスちゃん(「サラの鍵」)が受賞。
「Ricky リッキー」からステップアップ。
「サラの鍵」の主演者のひとり。過去のパートの話は、彼女が映画を引っ張っていったのです。かわいいだけじゃない、演技力あり。将来、素敵な女優さんになるといいなあ。
あ、メリュジーヌちゃんは写真左の女の子ですよ。右側の怖い人はお父さんです。(笑)


将来、女優になるのかなあ

(c) 2010 - Hugo Productions - Studio 37 -TF1 Droits Audiovisuel - France2 Cinéma


《助演男優賞》

候補者は、
オスカー・アイザック「エンジェル ウォーズ」(女たちの脅威の対象であり、ダメ男でもあるキャラを体現)
ベン・ウィショー「テンペスト」(ヘンな妖精)
ジョナ・ボボ「ラブ・アゲイン」(年上のおねえちゃんに一途にアタック!)
ジャッキー・チェン「新少林寺」(ユーモラスに、おいしいとこ取り)
鹿、狐、烏「アンチクライスト」(…男優かどうか知りませんが)

審査員(私だけ)の票は…オスカー・アイザック「エンジェル ウォーズ」に! 歌も歌ったしね。(関係ないか。)
あ、オスカーは写真左です。右はエミリー・ブラウニング嬢。オスカーが、このシネマ停留所映画賞のオスカー像をとった…。


ベイビーあやうし

(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES


《助演女優賞》

候補者は、
アビー・コーニッシュ「エンジェル ウォーズ」(ヒロインたちのなかで姉御的な存在。戦いぶりの的確さにも惚れる)
エル・ファニング「SUPER 8/スーパーエイト」(いま思うと、美しき紅一点として輝いていたなあと)
アナリー・ティプトン「ラブ・アゲイン」(のっぽで、くしゃっりっ(?)とした顔が魅力! すいません)
ヴァネッサ・レッドグレイブ「ジュリエットからの手紙」(もう、大御所。出演するだけで映画の格があがりそう)
人魚(アストリッド・ベルジュ=フリスベ演じる)「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(映画のなかでは人魚のシーンが一番よかったし)

1分間の厳正なる審査の結果、受賞者は…アビー・コーニッシュ「エンジェル ウォーズ」! 映画のなかでは、かなりの重要人物だが、彼女が演ってくれてよかったなあ~としみじみ思う。
あ、写真の彼女、怖い…。


おこらんといて~

(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES


《主演男優賞》

候補者は、
スティーヴ・カレル「ラブ・アゲイン」(ちょい情けない役は絶品)
マイケル・ファスベンダー「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(かっけーです)
アンディ・サーキス「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(お猿の動き、表情は彼の演技が基だ!)
トム・クルーズ「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(あんだけ頑張ってるもん、候補にしないわけないって)
豆富小僧「豆富小僧」(…ん? アニメキャラか?)

本映画賞実行委員会(私だけ)は…素直にトム・クルーズにあげることに決定。
私なら、たとえ命綱があったって高層ビルから吊り下がるなんて嫌だが、トムっち偉い。


手袋なんて、ずり落ちるやん

(c) 2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.


《主演女優賞》

候補者は、
エミリー・ブラウニング「エンジェル ウォーズ」(ベイビードール役は、もはや彼女しか考えられない)
アマンダ・セイフライド「ジュリエットからの手紙」「クロエ」「赤ずきん」「親愛なるきみへ」(去年は4作品! 今度はポルノ女優リンダ・ラブレイスを演じるのも楽しみ)
キャリー・マリガン「わたしを離さないで」(彼女のムードと映画のムードがピッタンコ!)
シャルロット・ゲンズブール「アンチクライスト」(この演技、ハンパない)
ナタリー・ポートマン「ブラック・スワン」(女優冥利に尽きる役柄を演じきったよね~)

みんなにあげたい、あげたいんだけど…エミリー・ブラウニング「エンジェル ウォーズ」でしょう、どうしても。歌も歌ったしね。(関係ないか。)
本映画賞製作者協会のメンバーすべて(私だけ)が、この映画のファンだから!


オープニング近くですね

(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES


《監督賞》

候補者は、
ザック・スナイダー「エンジェル ウォーズ」
ジル・パケ=プレネール「サラの鍵」
J・J・エイブラムス「SUPER 8/スーパーエイト」
グレン・フィカーラ、ジョン・レクア「ラブ・アゲイン」
ポール・W・S・アンダーソン「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

この候補者、マイ・ベスト5作品そのまま。そして、受賞者は…ザック・スナイダー「エンジェル ウォーズ」!
え、意外性がなくて、おもしろくない? すみませぬ。
この写真、監督だよね? いえ、エミリーじゃなくて右の男子。


先生、夏休みのコスプレ宿題のデッサンです(違う)

(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES


《作品賞》

…は「エンジェル ウォーズ」に。リンクは、こちら
昨年度のマイムービー好きな順1位だから、もちろん作品賞になります。
ほぼ「エンジェル」独占のようで申し訳ない。だから言ったじゃないの。え、言ってない?


雑誌の表紙の一部

(c) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES


おまけの 《ワースト賞(別名、愛のムチ賞)》

…の2本は、「リセット」「ワイルド7」
「リセット」は、「なんだかな~映画」の決定版。まさに、見たのをリセットしたい、と100人中半数以上は言いたいのでは?
「ワイルド7」は原作ファンゆえに、かっこよさ、決めシーン、その他もろもろ圧倒的に物足りない。ゆるすぎ。

ということで、今回も、たいそう真面目に終わります。

関連記事:年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リスト

● COMMENT ●

今年もよろしく。

よろしくお願いします。
やっぱり「エンジェル・ウォーズ」でしたね♪ 僕は見損ねたので、機会があったら見てみます。「サラの鍵」はこちらでは今月末にかかるので、観ようと狙ってます。

>takさん

今年もよろしくお願いします。
もう、はまりましたね。すごく気に入ると何回も観る傾向があるみたいです。
「エンジェル ウォーズ」は、最初にスクリーンで観たほうがインパクトが違ったと思いますが、テレビ画面からだと、どうでしょうか…。
「サラの鍵」は、ぜひチェックしてみてください。

こちらにも

もう、ほとんどが「エンジェル・・・」絡みじゃないですか(≧ε≦)
ほんと意外性がなくて、笑っちゃいました。

私はこの作品を次点に挙げましたけど、
どなたか、ベストの中に入れていた方はみえましたか?

私も同じで、

2011年度のマイベスト作品は、エンジェル・ウォーズです♪女性が観ても、この作品面白かったですね~。音楽や映像のセンスも私の心にグイグイきましたもの(笑)。女優賞は、わたしの場合、エミリー・ブラウニングとナタリー・ポートマンが同点です。主演男優、助演男優・女優はなんと同じですね~!それぞれ、映画を楽しませてくれました♪そうそう、私はキック・アスを昨年WOWOWで初めて見たので、マイ候補に主演女優と作品賞候補に入れました~♪

>YANさん

ありがとうございます。
意外性がないくらいの本命圧勝ですね。
ここまで本作が勝っているのは、他サイトでは、めったにないのでしょうねえ。。。
ベストに入ってるのを見たのは、上記のさえさんだけですよう。

>さえさん

うれしいですね~、「エンジェル ウォーズ」の1位。
当然、俳優陣も高得点ですよね。
こんなにワクワクして面白くて、でも浅くない映画。でも、どこかに引っかかる人は、しょうがないのでしょう。
ナタリーも素晴らしかった。エミリーちゃんがいなかったら1位でしたよ。…でも、同点でもいいかな…(笑)
「キック・アス」みたいに年末公開の映画は、その年に入るか、翌年になるか、ベストテン投票などでは、ばらついて可哀想な面もありますね。

こんばんは

あいさつが遅れましたが、旧年中はお世話になり、ありがとうございました。本年もよろしくお願いしします。
「エンジェルウォーズ」は未見ですが、今度見てみようかなと思います。

>デイヴィッド・ギルモアさん

おはようございます。
今年もよろしくお願いいたします。
ハードルを上げずに、あまり期待しないで見てくださると幸いです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2219-b598965f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

THE BEST CINEMAS CHOFU 2011 外国映画編

外国映画部門は基本的に年初のアカデミー賞作品が年の中頃までに公開されるため強い傾向にありますが、その分ハリウッド作品だけでなくヨーロッパ・アジアと広範囲にわたるため選考に非常に悩みます。ドキュメンタリーとアニメーションは日米合わせた形でこちらで発表しま...

2011年シネマ・ベスト10

2011年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。今年は昨年に比べると、全体的に低調だったように思う。巨匠オリバー・ストーンの「ウォールストリート」にしても、名匠ラッセ・ハルストレム監督の「「ザ・ホークス」、鬼才リドリー・スコットの「ロビン・フット...

謹賀新年&tak's Movie Awards 2011発表

あけましておめでとうございます。 旧年中は当ブログ、並びに本家サイトSome Like It Hotを ご愛顧くださいましてありがとうございました。 本年も映画感想、偏りある音楽の話題、家族ネタなど綴ってまいりますので 今後ともごひいきに。 なるたけ不満のはけ口やグチを...

[新年! <ナカデミー賞 2012’> 実はホモ、男優にも目配せ! (中編)]

☆すいません、またも酔っ払ってしまいまして、完結できなくて、中編とします・・・。    ◇  ・・・さて、幼女と少女は置いといて、今年の<助演男優賞>の発表です^^  この、素晴らしい野郎です^^      伊勢谷友介!!  『あしたのジョー』で、やっ...

日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 «  | BLOG TOP |  » 2011年・映画館で観た映画・好きな順

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード