topimage

2017-05

「バットマン リターンズ」 - 2012.01.19 Thu

ペンギンとキャットウーマンの2本立て!

ティム・バートン監督のバットマン第2弾は、ダニー・デヴィートのペンギンと、ミシェル・ファイファーのキャットウーマンが登場して豪華。
さらに、悪い奴で、クリストファー・ウォーケンもいるから、濃い!


お茶はいかがですか?
キャットウーマンになる前のミシェル・ファイファー嬢。

以前、メルマガに感想文を載せてもらったことがあるので、せっかくだから、ここにも掲載しておく。

『前作「バットマン」は、映画館ではなく、ビデオで初めて観た。
単純なヒーロー物かと思っていたのだが、まず、全編を通して、画面の色調の暗さに驚いた。暗さに統一されたムードなのだ。マイケル・キートン演ずるバットマンも、お気楽な超人ではなかった。暗い過去を背負った悩み多き「人間」だった。その点では、あまり派手とはいえないマイケル・キートンは、実に適役だった。

続編になっても、前作のムードは変わらない。今回は、怪人ペンギンとキャットウーマンが、バットマンの敵となる。彼らが悪に走るのは、彼らが理不尽に、社会に受け入れられなくなってしまった存在だからだ。その悲しみを社会にぶつけているのだ。今の姿は本当の自分自身ではないという悲しみは、マスクをかぶって自分を隠しているバットマンにも、よく分かる心情ではないだろうか。言ってみれば、バットマンの姿も、彼らと同じ「奇形」なのだから。

ミシェル・ファイファーのキャットウーマンは出色だ。平凡なOLが、キャットウーマンとして復活した際の悲しみと怒り。彼女は自分の部屋中の物を手当たり次第に投げつけ、壊す。やり場のない悲しみと怒り。そして、バットマンとペンギンの前に立ち、「ミャーオ」と鳴いて挑発する色っぽさといったら! ミシェルほど大人の猫っぽさ(?)を感じさせる女優さんも、そうはいないだろう。ラスト、彼女のシルエットで終わるシーンも余韻を残す。私は大好きである。

ちなみに、ティム・バートンが監督を降りた第3作以降の「バットマン」は、単純なる娯楽作品となる。4作目でバットマンを演じたジョージ・クルー二ーが、仮面をかぶった役じゃ自分の演技なんかできない、というようなことを言っているのを雑誌で見たが、マイケル・キートンはバットマン役をどう思っていたのだろうか。

ティム・バートンの映画全体を眺めてみると、もしかすると彼は、奇形(異端)への愛情というテーマでも持っているのかもしれない。』

…まあ、なんとも知ったかぶりな感想文であるが、これも若さゆえか。(今より若いってことさ。)


あたしはいかが?
で、キャットウーマンになったら、変身しないときもワイルドで素敵。

ミシェル・ファイファー嬢、キャットウーマンになったときの顔が丸い!
コスチュームのせいかもしれないが、まるいなーと思ってしまったのであった。下の写真だと、そうでもないな…。
でも、猫っぽくていいな、やっぱり
彼女のキャットウーマンはサイコーっすよ。

クリストファー・ノーラン監督版では、アン・ハサウェイ嬢が演じるキャットウーマン。どんな見映えになるのか、楽しみだ。

(1月9日)


キャットウーマンはいかが?
で、キャットウーマン。ペンギンといっしょに。

BATMAN RETURNS
1992年 アメリカ作品
監督 ティム・バートン
出演 マイケル・キートン、ミシェル・ファイファー、ダニー・デヴィート、クリストファー・ウォーケン、マイケル・ガフ

参考:バットマン・リターンズ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


All pictures Warner Bros.

● COMMENT ●

そういえば、パットマンXってマンガあったね。

>BJさん

古い話ですね~。好きでしたけど。ジョージ秋山の。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2223-1272aaec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「バットマン リターンズ」観た

ショーウインドウを覗き込む猫 製作:アメリカ’92 原題:BATMAN RETURNS 監督:ティム・バートン ジャンル:SFアクションゴッサム・シティに現れた謎のペンギン男と、シティの実力者シュレックが手...

ミシェル・ウィリアムズさん、ゴールデン・グローブ賞に輝く «  | BLOG TOP |  » 「バットマン」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード