topimage

2017-03

「英国王のスピーチ」 - 2012.01.21 Sat

ううむ…ソツがない。

すごく良く、きれいに、まとまっていて、かえって、すごいな~と感じない私は、やはり不干渉、いや不感症、いや、あまのじゃくじゃないかと我を疑うのであった。だから、こちらから最初には、お友達にコメントしに行かない。正直にコメントしにいって、嫌われて交際謝絶、なんて経験があるし。
とはいえ、「好き度」は☆☆☆(普通)ですけど。
そもそも映画館で観る気はしなかったのだから「興味がない」という前提なので、基本的に本作にノレないのかもしれないな…。

コリン

人前で演説をするような人が、どもりぐせがあったら本当に困る。
結局、うまく喋れるようになった理由は何か。練習と先生への信頼か。リラックス&自信を与えてくれるような先生?

王族とフツーの人という、階級を超えたお付き合いを築いているのは感心する。

映画館じゃなくて、家でDVDで見たので、なんだか良く出来たテレビドラマを見ているようなのも、のめりこまなかった理由かな?

演説は、落ち着いて、間を置いてやると、ゆっくりと、聞く人の心に染み込む。そういう方法もあるんだなと分かったよ。

ヘレナ

(1月14日)

THE KING'S SPEECH
2010年 イギリス・オーストラリア作品
監督 トム・フーパー
出演 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェニファー・イーリー、ガイ・ピアース

参考:英国王のスピーチ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ジェフリー

All pictures (c) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.

● COMMENT ●

今年の感想は簡単に…と言いつつも、ボーさんの記事の最低ラインはしっかりしているなあv
ソツがない、は私もなるほどです(笑)

>まおさん

いいえ~、ろくなこと書いてないです。
悪くはないけど、すごくいいとも思えず…普通じゃん、と。
考えても、書くことがないんですよ。心に響かないですね。

雪降りました、寒いですね。

TBありがとうございますv-237
そちらがコメントできないのなら、私の方から乗りこみましょう(笑)。
これを観た時期は映画どころじゃない状況だったので、
メモ的な感想しか書いてないんですが(汗)。
スマートな映画なので、私は好感を持ちましたよ。
ボーさんがおっしゃる通り、ソツがありませんね。

>マーちゃん

お寒うございます。
むむ、乗り込んでこられましたか。
ありがとうございます。
私の場合は、まー、いい映画ですけど…というところで感想が終わってしまいます。
べつにアカデミー賞に反撥しているわけでもないのですけど。
おもしろくないわけじゃないんですよ。ないんですけどね。

私も

これは★3点です!
可もなく不可もなし。
以上! 笑

>rose_chocolatさん

おー!
これは頼もしいお仲間!
そうですよねー。どうしても、そう思いますもん。

こんばんは~☆

この映画、私もソツのない映画だと思いましたよ。映画館では実は感動できず、私って浮いているなあと思いました。私の場合は期待が大きすぎたのかも知れませんね。だけどこれ、いろいろと後からジワジワときたように思います。映画の感じ方もいろいろですよね。

>kiriyさん

こんばんは。
そうでしたか。そうですよねー、みんながみんな同じ感想なわけないですもんね。
私の場合は期待も何もなかったので、順当に(?)普通だったかもしれません。(笑)

ボーさん、こんにちは!

いかにもアカデミー賞作品という感じの良質な作品でしたね。
それをソツが無いと感じる事もあるでしょうね。
私はこの俳優陣が好きなので、
すごく心地良く、ス~ッと入ってきました。

うまく喋れなかったのは心に問題があったせいで、
そこの部分を解きほぐしていったから上手くいったんじゃないでしょうか。

>YANさん

こんばんは!
ええ、そつなく、すんなり素晴らしいんですけど、優等生すぎるというのか、物足りない気がします。

そうですね、心の問題。トラウマとか。子どものときの体験は大事ですね。

演説は、落ち着いて、間を置いて、ゆっくり…と。メモメモ…

あ…いえ、ちょっとヤボ用で必要でして…

もしかしたらこの映画は見ておくと便利かもしれません。自分には。

>たけしさん

そうそう、どもったり、つっかえたり、早口よりも、ゆっくりと分かりやすく、がいいですね。
ええ、ぜひ、がんばっていただきたい!
予行演習して、録音して聞き返してみるといいかもしれませんよ。映画では、そんなことやってませんけどっ。

公開時に観ました。途中で飽きることなく楽しめたのですけど、ぐいぐいと映画にひきこまれるような面白さはなかったです。英国王の苦難よりも、スピーチ矯正の先生の方が印象に残りました♪今、あらためて思い起こしてみると、アカデミーの頂点にたつような作品力はなかったような感じがします。。おしくも、オスカーのがしたものの、Geoffrey Rushの先生役はよかったです♪☆☆☆。

>さえさん

ね、私も普通かな~というところなのです。
悪くないけど、どこが特別いいのか分からない…。
ジェフリー・ラッシュは、どの映画でも、かなり目立つ人ですね。存在からして、個性のあるキャラクター。

本日DVDにて・・・

やっと鑑賞しました。私もこの時期まで伸ばしてたので、まあ、それなりに・・・
内容は綺麗に纏まってて「チャンチャン♫」って感じでしたね。
俳優陣があの人この人、「テレビ版・高慢と偏見組」と「パイレーツ」と「ハリー・ポッター組」やらで取っかえ引っかえ出てくるのがオモロかったけど。
途中で何ども「マイ・フェア・レディ」が無性に見たくなった、映画でした(笑)ジェフリー・ラッシュがヒギンズ教授みたいだったので。コリン・ファースがオードリー。踊って歌ってたし(笑)違う妄想で遊んでしまった・・・スンマセン;;

>unikoさん

むむ…似たような感想かも?
あ、そうだ、奥方と教師がパイレーツとハリポタ!
「マイ・フェア・レディ」とも似ていますね。ミュージカル版をつくるといいのに。

私はコリン・ファースといえば、「マンマ・ミーア!」なんです。この映画でも、もっと本格的に歌ってよ~と思いました。あはは。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2225-31f615a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

英国王のスピーチ

わーい、コリン・ファースさん(好き)。吃音のため話すことが苦手な国王が、国民の心を掴むためにスピーチに挑むというこの作品、実際の話なんだそうですね。軽快な言い合いやユーモラスな場面で、開戦前という時代ながら暗さをなくしているのがいいですね。 生真面目で...

英国王のスピーチ

2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試...

「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采

思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!

英国王のスピーチ

1シリングから始まる家族と言葉の物語。   

『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ

 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...

英国王のスピーチ

幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...

英国王のスピーチ

現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大...

【英国王のスピーチ】その治療とは、心を育てる治療

英国王のスピーチ ~ THE KING'S SPEECH ~ 監督: トム・フーパー    出演: コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、マイケル・ガンボン、ガイ・ピアース、ティモシ...

『英国王のスピーチ』 (2010) / イギリス・オーストラリア

楽天ブログ「Nice One!!」2011年2月16日のコピー記事です。 TBはこちらにお願いします。 原題: THE KING'S SPEECH 監督: トム・フーパー 出演: コリン・ファース 、ジェフリー・ラッシュ 、ヘレナ・ボナム=カーター 、ガイ・ピアース 、ティモシー・ス...

『英国王のスピーチ』

(原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだし?...

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター ¥3,990 Amazon.co.jp 二つの世界大戦を体験した英国の"善良王"ジョージⅥ世に纏わる実話を映画化した作品。 ...

『英国王のスピーチ』

□作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、       デレク・ジャコビ、ジェニ...

王の声~『英国王のスピーチ』

 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...

「英国王のスピーチ」

吃音の王様なんて、ユニークなところに目をつけるわね。 しかも、実在した国王。 いまのイギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。 たしかに、国王っていえば演説をするのが仕事だもんな。吃音じゃ困っちゃう。 まだまだ、映画のテーマはあるってことよね。 そこで...

英国王のスピーチ/The King's Speech

後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...

「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH)

英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...

英国王のスピーチ

英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...

映画レビュー「英国王のスピーチ」

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作「英国王のスピーチ」。威厳と繊細さを同時に ...

英国王のスピーチ / The King's Speach

ランキングクリックしてね←please click 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。 エリザベス女王の父上で国王、ジョージ6世は、子供の頃からの吃音に悩まされていた 監督、トム・フーパーは38歳で監督賞も受賞  こ...

英国王のスピーチ

評価:★★★☆【3,5点】(14) アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。

英国王のスピーチ The King's Speech

●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第83回アカデミー賞 作品、監督、脚本...

先週観た映画 ~9/11

  今回は二週間分! 「シーサイドモーテル」10   山奥のモーテルで4組11人の男女が絡むようで絡まないような一夜の話。   騙し騙され、本音を見たり人生が変わったり…そう来るか、という感じで、 ...

英国王のスピーチ・・・・・評価額1750円

王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...

英国王のスピーチ

国王の人間の部分を描いた温かい作品。 一流の役者の確かな演技に支えられた映画は、 満足度が高い! THE KING’S SPEECH 監督:トム・フーパー 製作:2010年 イギリス・オーストラリア 出...

英国王のスピーチ☆THE KING'S SPEECH(2010)

 コリン・ファース、アカデミー賞・主演男優賞おめでとう! 英国史上、もっとも内気な王。 いやいや、アカデミー賞ということで、満席に近い状態でした。受賞効果は本当に凄いもんです。主演は「シングルマン」でも高い評価を得た、コリン・ファースさん。見た感じはそ...

★英国王のスピーチ(2010)★

THE KING'S SPEECH 英国史上、 もっとも内気な王。 映時間 118分 製作国 イギリス/オーストラリア 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2011/02/26 ジャンル ドラマ/伝記 映倫 G 【解説】 「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマ...

英国王のスピーチ

現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...

■映画『英国王のスピーチ』

誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...

映画評「英国王のスピーチ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり

英国王のスピーチ

51点 2010年のイギリス映画で、 監督はトム・フーパー、主演はコリン・ファースです。 2010年度のアカデミー賞で作品賞、主演男優賞、脚本賞を受賞しています。 イギリスの王子ヨーク公が 吃音症(...

別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目)

6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ...

【映画】英国王のスピーチ…前回に引き続きダン・シモンズの話を書いて見た

そういえば、先日2012年6月27日(水曜日)は、職場(というか会社)の食事会でした。 お店は某食べ放題のお店…以前行った時よりなんか味が良くなっていたような気がします 以下は映...

「フライトナイト/恐怖の夜」 «  | BLOG TOP |  » ミシェル・ウィリアムズさん、ゴールデン・グローブ賞に輝く

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード