FC2ブログ
topimage

2018-08

「グリーン・ホーネット」 - 2012.02.05 Sun

うーん、ばかばかしいお笑い映画。

正義のためにどう行動を起こすのかを、秘書に聞いてるくらいですからっ。
けっきょく自分たちで建物を破壊しまくっているあたりが、気になった。

ポスター

カトーが何でも作っちゃうし、戦っても呆れるほど強いのは、ありえない天才っぷり。
全編、能天気たっぷりに作ったよね~。

出動!

クリストフ・ヴァルツの悪役ギャングっぷりは素晴らしい。似合ってる! おバカが入っても似合ってる。

撃つよ

「ラブ・アゲイン」で注目した、アナリー・ティプトンさんが出ていたらしいが、どこにいらっしゃいました?
ジェームズ・フランコも気づかなかったな~。「ターミネーター2」で売り出した(といっても、ずいぶん過去の話)エドワード・ファーロングも。

今度悪党退治に行こうよ

次回のラジー賞に資格があるなら、有力候補じゃないでしょうか。嫌いじゃないけど。

(2月4日)

ひゃっふぉーい!

THE GREEN HORNET
2010年 アメリカ作品
監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ

参考:グリーン・ホーネット@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

そこを求めてなかったのかもしれないけど、主役がマスク被ってもかっこよくないよね。口に締まりがないんだな、この人は。

>ふじき78さん

おお! そこは、まったく考えていませんでした。
一見おばかに見せて、じつは…というわけでもない…ですか? ですね。笑

私もちょうど観たのでびっくり嬉しい!な記事でした。
(滅多にないですよね?観たのは日曜でした~)
予想したよりセス・ローゲンらしいというか、馬鹿馬鹿しかったですね(笑)
ジェームス・フランコは最初に悪役に爆殺されるヤツですよね。
エドワード・ファーロングは見る影もない脇役…;
メイキングを観たら、クリストフ・ヴァルツは脚本のあがる三日前に決まったとか。
実にいい感じの悪役でしたよね~v

>まおさん

同じ週末に同じ映画を見るのは、めったにないですね。
いま、ちょうどWOWOWで放送しているので合ったのでしょうか。
ちなみに吹替版です。

あっ! あの若造がフランコ! 言われてみれば、そんな面構え!
ヴァルツは「三銃士」でも悪役で目立ってました。これからも活躍しそうですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2237-2923cd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グリーン・ホーネット

昔ブルース・リーが演じてたドラマとして有名なんだそうですね(そもそもブルース・リーのこと自体全然知識ないです私)、…なもので、オリジナルとの比較が出来ません。最近だと「アイアンマン」の資金を使った普通の人間「キック・アス」とかに近い設定の作品でしょうか...

「グリーン・ホーネット」カトーなのに

相棒はカトーなのに、「ケイトゥー」だし 日本人なのに上海生まれで、ストリートチルドレンだし 御曹司なのにダメダメだし ヒーローなのに悪者だし 弱っちかったのに、いきなり強くなるし・・・・・ そんな今までのヒーローものとは一味違ったダメダメ感が、非現実的...

『グリーン・ホーネット』

(原題:The Green Hornet) ----- えいは、風邪をひいたみたいで、 せき込んでいる。 でも、あまりここをお留守にするのもなんだからって、 今日はフォーンが枕元でインタビュー…。 選んだのは『グリーン・ホーネット』。 今週末に公開だし、 なんと、あの独特の語り口...

グリーン・ホーネット

類は友を呼ぶ。 

映画レビュー「グリーン・ホーネット」

グリーン・ホーネット [Blu-ray]◆プチレビュー◆鬼才ミシェル・ゴンドリーが往年のヒーローものを再構築。凸凹コンビの正義の定義がビミョーで可笑しい。 【60点】 父の死によっ ...

グリーン・ホーネット

THE GREEN HORNET/10年/米/119分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ミシェル・ゴンドリー 製作総指揮:セス・ローゲン 脚本:セス・ローゲン 出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ファ...

グリーン・ホーネット/The Green Hornet

ブルース・リーが出演していた往年のTVドラマを劇場長編にリメイク。昼は新聞社の社長、夜はグリーン・ホーネットとして犯罪者と戦う正義の味方の活躍を描いたヒーローアクションだ。主演は『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のセス・ローゲン。共演にジェイ・チョウ、キ?...

グリーン・ホーネット (The Green Hornet)

監督 ミシェル・ゴンドリー 主演 セス・ローゲン 2011年 アメリカ映画 119分 アクション 採点★★★ 私が子供の頃の30代40代ってすっげぇ大人に見えたんですが、いざ自分がその年代に入ってみると、さっぱり大人になった気がしない。まぁ、身体はヨボヨボですが。…

グリーン・ホーネット IMAX-3D版/セス・ローゲン、ジェイ・チョウ

私の大好きな『僕らのミライへ逆回転』のミシェル・ゴンドリー監督の最新作はなんと3D映画?人気TVドラマシリーズのリメイク版らしいのですが、私は全く知りませんで初めて知りまし ...

グリーン・ホーネット 3D

ロスの夜に出没する“グリーン・ホーネット”その正体は悪を装い、悪を刺す・・・ダメな二代め社長とイケてるお抱え運転手のコンビだった!物語:ブリット・リード(セス・ローゲ ...

『ゲーマー』『グリーン・ホーネット』を浅草中映で観て、期待しなかった分、楽しめちゃった男ふじき☆☆☆,☆☆☆

◆『ゲーマー』 五つ星評価で【☆☆☆中だるみはあるけど思ったより楽しめた。ありがちって言っちゃえば全力でありがちだけど・・・考えたら負けだ】 ・「ゲイ間ーっ」ジェラ ...

グリーン・ホーネット 3D / The Green Hornet

ランキングクリックしてね ←please click もともと映画に3Dの必要性感じてないので反対派なんだけど これほんと3Dの意味ほとんどなし。 「恋愛睡眠のすすめ」「僕らのミライへ逆回転」のミシェル・ゴンドリーが往年のTVドラマに挑んだ最新作 ゴンドリー作...

悪を刺す~『グリーン・ホーネット』 【3D・字幕版】

 THE GREEN HORNET  新聞社社長の御曹司であるブリット(セス・ローゲン)は、パーティ三昧の放蕩 息子。厳格な父の急死により社長の座に就いた彼は、父のお抱え運転手だった カトー(ジェイ・...

グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット [DVD]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス ¥2,980 Amazon.co.jp ブルース・リーがアメリカでキャリアを積んでいた時代、レギュラー出演していたTVシリーズをリメイクして映画化した作品。 サンフランシスコの?...

先週観た映画 ~2/5

まとめて借りた DVD&Blu-ray を土日で一気に観ました。 なんというか、見事にアメリカ・ヒーロー物系? ついでにレンタルで借りた「アイアンマン」のアニメも観ちゃったし(笑) 「X-MEN2」X2/03   X...

『グリーン・ホーネット』('11初鑑賞10・劇場)

☆☆★-- (10段階評価で 5) 1月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:10の回を鑑賞。

映画評「グリーン・ホーネット」

☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ミシェル・ゴンドリー ネタバレあり

グリーン・ホ―ネット(2010)2D字幕版 THE GREEN HORNET

 俺たちが、悪を刺す! グリーン・ホ―ネットとは緑色の蜂という意味です。 MOVX京都にて鑑賞。実はここでしか通常版はやっていないのです。その他のシネマでは3Dの字幕版か吹き替え版の上映。ということで日に2度のみの上映ということで行って来ました。お客さ...

『グリーン・ホーネット 3D字幕版』

□作品オフィシャルサイト 「グリーン・ホーネット」□監督 ミシェル・ゴンドリー □脚本 エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン □キャスト セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ■鑑賞日 1月30日(日)■劇場 10...

「グリーン・ホーネット」

グリーン・ホーネット - goo 映画 2月4日wowowで見ました。 既に3月になってしまいましたが、2月にテレビで見た映画の感想を書いていこうと思います。内容は薄いと思いますが、いわば記録帳的「見たよ...

グリーン・ホーネット(感想220作目)

グリーン・ホーネット はWOWOWで鑑賞したのだが 結論はドラマのリメイクだったけどもカトー凄かったね 内容は新聞社の跡取りバカ息子が父の急死で社長も クビにしたカトーと悪のフリしたヒーローとなる展開

映画 『グリーン・ホーネット』

  JUGEMテーマ:洋画    お金持ちの娯楽といった感じのダークヒーローである   『グリーン・ホーネット』。愛車である『ブラック・ビューティー』が   素晴らしい!   アメリカ的なクラシカルな要素がある粋な車ですね。   『ブラック・ビューティー』...

「西部開拓史」 «  | BLOG TOP |  » ミシェル・ウィリアムズさんのマリリン、雑誌にて

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード