topimage

2017-04

1995年に見た映画ベスト5 プラス7 - 2012.02.11 Sat

各年のマイ・ベスト・ムービーを、記事にしていく企画。(ワースト・ムービーがある場合も。)
どんどんさかのぼって、今回は1995年。


この年に見た映画は全部で133本。
この年以前になると、見た映画名と年月をノートに書いてあるだけで、内容については何も記していない。したがって、記録してある映画名を見て、これは面白かったな、と思い出すしかない。
というわけで、再見したら、もしかしたら、つまんないかもしれないので、あしからず

映画館で観た数が少ないので、テレビ、ビデオなどで見た旧作も合わせて、ベストを選ぶ。
映画の製作年度は関係なく、「1995年に見た映画」を対象とする。


◎ベスト5(順不同。初見の映画に限る。)

「スピード」(1994年)
監督ヤン・デ・ボン、出演キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、デニス・ホッパー
爆発を避けるために、どんな障害があってもスピードを落とさずに走り続けなければならないバス。そのほかのアクションもスリルいっぱい。アクション映画の奇跡的な傑作のひとつ。


スピード注意
(c) 1994 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

「クイック&デッド」(1995年)
監督サム・ライミ、出演シャロン・ストーン、ジーン・ハックマン、ラッセル・クロウ、レオナルド・ディカプリオ
シャロン・ストーンの女ガンマンというのが、かっこいいし、楽しめた。なんか好きなんだよね~。「スペル」もそうだったが、遊び精神のあるサム・ライミ作品とは合うのかもしれない。


シャロン姐さん
(c) 1995 TriStar/JSB Productions, Inc. All Rights Reserved.

「拾った女」(1953年)
監督サミュエル・フラー、出演ジーン・ピータース、リチャード・ウィドマーク、セルマ・リッター
最近も見たけど、ノワールの秀作でしょう。「ナイアガラ」で良妻を演じたジーン・ピータースさんの、がらりと変わってクールで色っぽいこと! ウィドマークのハードボイルドもいい。


惚れました
(c) 1953 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

「めぐり逢えたら」(1993年)
監督ノーラ・エフロン、出演メグ・ライアン、トム・ハンクス、ビル・プルマン
メグちゃんの可愛さは永遠。「めぐり逢い」(1957年、デボラ・カー、ケイリー・グラント主演)のように、エンパイアステートビルで待ち合わせ。すてきなラブストーリー。


かわいすぎます
(c) 1993 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

「深夜の告白」(1944年)
監督ビリー・ワイルダー、出演フレッド・マクマレイ、バーバラ・スタンウィック、エドワード・G・ロビンソン
ジェームズ・M・ケインのミステリ「倍額保険」を、ワイルダーがレイモンド・チャンドラーとともに脚色したサスペンス。名作ですね。ワイルダーは素晴らしい。


悪女の代名詞にも
(c) 1944 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


このへんまでは、ふたたび見ても楽しいと思うんじゃないかなと想像します。
以下は、あんまり記憶にないけど、また見てみたい気がするタイトル。

「蜘蛛女」(1993年)
監督ピーター・メダック、出演レナ・オリン、ゲイリー・オールドマン、アナベラ・シオラ、ジュリエット・ルイス、ロイ・シャイダー
悪女に振り回される男の破滅。レナ・オリンさんの威力(魅力)にやられた映画だったような。


妖艶すぎます
(c) Working Title Films

「ノートルダムの傴僂男」(1939年)
監督ウィリアム・ディターレ、出演モーリン・オハラ、チャールズ・ロートン、エドモンド・オブライエン、セドリック・ハードウィック、トマス・ミッチェル
これは、もう、モーリン・オハラさんの美しさに尽きます! 当時18歳か19歳! くせ者俳優ロートンも怪演していたんでしょうね。

色気あります

「愛と呼ばれるもの」(1993年)
監督ピーター・ボグダノヴィッチ、出演リヴァー・フェニックス、サマンサ・マシス、ダーモット・マローニー、サンドラ・ブロック
リヴァー・フェニックスの遺作。それとは関係なく、内容も思い出さないけど、なんだか記憶に引っかかってる。


亡くなるには早すぎる
(c) 1993 Paramount Pictures.

「愛よりも非情」(1993年)
監督カルロス・サウラ、出演フランチェスカ・ネリ、アントニオ・バンデラス
哀しい話。暴行された女性が復讐をとげようとするが…。

ほんと、非情

「アポロ13」(1995年)
監督ロン・ハワード、出演トム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ゲイリー・シニーズ、ビル・パクストン、エド・ハリス
まあ、王道エンタメというか…? おもしろく観ていた記憶はある。

アポロも昔か…

「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」(1993年)
監督マーティン・スコセッシ、出演ダニエル・デイ=ルイス、ミシェル・ファイファー、ウィノナ・ライダー
文芸作品。詳しい記憶はないけど…。

ミシェル!


それに、マリリンの端役時代の映画も初見。

「結婚しましょう」(1951年)(原題LET'S MAKE IT LEGAL)
監督リチャード・セイル、出演クローデット・コルベール、マリリン・モンロー


マリリン!
(c) 1951 Twentieth Century Fox. all rights reserved.

私が、いかに女優さんで映画を見ているか、がわかりますね。全体的に。

年度別ベストムービー記事のリストはこちら

● COMMENT ●

17年前

17年前、映画のラインナップを眺めてるとそんなに前じゃないと思えるんですが、
当時の自分の歳を考えると随分昔のような気も(;^^
この中だと「蜘蛛女」が強烈でしたねぇ。レナ・オリン姐さんの凄みのある演技はもちろん、
今年主演男優賞候補にも名を連ねているらしいゲイリー・オールドマンの悪徳刑事ぶりも良かったです。

>kiyotayokiさん

17年と改めて言われると、ずいぶん前に思えますね。
内容のメモがなければ、あんまり覚えてないわけです…。
「蜘蛛女」って、タイトルもすごいですし、「蜘蛛女のキス」というタイトルの似た映画までありましたね。
これは、再見してみたいものです。

こんにちは。

ボーさんの○○年に見た映画とは、ちょっとニュアンスが違うのですが、私は公開年に見られないケースが多いので、○○年に公開された映画として、ランキング遊びをしています。未見作品で優れたものが挙げられないのが欠点ではありますが。
例えば、ボーさんが挙げられた「深夜の告白」は残念ながら見逃しています。1960年に公開されているようですね。

私はまだ1950年代のランキング遊びの途中でして、1990年代までは、まだまだですが、1995年公開映画で、現時点で思い浮かぶ映画は、ボーさんが挙げられた「アポロ13」のほかでは「ショーシャンクの空に」「マディソン郡の橋」「フォレスト・ガンプ/一期一会」日本映画では「午後の遺言状」です。間違いなくMyベストに入ることでしょう。

>ascapapaさん

こんにちは。
なるほど、日本公開年で分けているのですね。
私のは「自分が見た年」なので、ベスト10としては、えらく個人的です。
「マディソン群の橋」は私も入れました。
日本映画には弱くて…語る立場にもありません。
これから、年代をさかのぼっていくのですが、記録と記憶が、どんどん、おぼろげになっていきます。(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2240-b6f35f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先週観た映画 〜11/18

  寒くなってきました。 もう起きた時から暖房つけちゃってます。 「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(The Age of Innocence/93)」   19世紀ニューヨークが舞台のクラシカルに...

「ベリッシマ」 «  | BLOG TOP |  » 「デイブレイカー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード