topimage

2017-04

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 - 2012.02.29 Wed

素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。

泣けるから、いい映画だとは言わない。
泣けるよ~=素晴らしいよ~、と言いたいわけでもない。
実際、泣かせにくるんじゃないかなという映画が好みというわけでもない。はじめから泣こうと思っているわけでもない。それでも泣けてしまったから正直に書いているだけなのだ。
しかし、なんの感情ももたらさない映画よりは、泣ける映画のほうがよほど素敵なことには違いないのではないか。

ポスター

アメリカが受けた9.11。
ひとつの大事件のあとには、たくさんの傷が残される。
映画は9.11で父親を亡くした少年が主役。
彼は父が残した、ひとつの鍵の正体を突き止めようとすることで、父とのつながりをたぐりつづけ、喪失感を埋めようとする。

お父さんと

この少年を演じるトーマス・ホーンが、すごくいい
2010年からテレビには出たことがあるらしいが、映画は初出演。どうして、こんなに自然で上手なの!?

あとに残された妻サンドラ・ブロックも、お隣の言葉を発せられないおじいちゃんマックス・フォン・シドーも、お父さんのトム・ハンクスも…みんなみんな、いい。
まったく文句なしです。

お母さんと

少年は、ある手がかりによって、大勢の人たちを訪問する計画を立てる。
この鍵に合う鍵穴は見つかるのか?

本作の監督スティーヴン・ダルドリーの「めぐりあう時間たち」は、とても感銘した作品で、今度もまた、それに匹敵するような、いい映画を見せてもらいました。
ありがとう!

おじいちゃんと

(2月25日 ワーナー・マイカル・シネマズ 大井)

EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
2011年 アメリカ作品
監督 スティーヴン・ダルドリー
出演 トーマス・ホーン、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー、トム・ハンクス、ヴァイオラ・デイビス

いっしょに

参考:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆★(4.5点。満点は5点)


All pictures (c) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

● COMMENT ●

同じ気持ち

ボーさん☆
コメントありがとうございます。
まさに冒頭におっしゃっていること、そのまま私も同じ気持ちです。
泣かせにきているあざとい映画は決していい映画ではないし、やっぱり思わず泣いてしまったというところに映画の醍醐味がありますよね。
どれだけ心に残ったか?っていうのも大きいと思います。

「泣く」という言葉

こんばんは~☆
私は映画の中で、子供が「エーン」と言うと一緒にすぐに泣いてしまう程度の人なので涙は評価には全く関係ないのですが、でもその涙に意味のある時は、感想などでも敢えて「泣いた」と書くときがあります。
嬉しい、感動した、悲しい、切ないと同意語でまた微妙に幅のある言葉として。
>半分以上は泣きながら観ていた
で、半分以上どんな映画なのかも分かったような気もしますよ(笑)
それに映画は、ドラマもだけど「泣かせてやれ」ぐらいの気構えで作って欲しいと思います。それがわざとらしく感じる時は、失敗だったのだと思います。

この映画はじわじわと波のように押し寄せてきました。
本当に、俳優さんたちがみんなみんな素晴らしかったですね。

>ノルウェーまだ~むさん

ありがとうございます。
泣いた泣いたと自分はよく書くので、なんだかそれを自慢しているように思えるかもしれないなあと、ふと考えまして、エクスキューズのように書き綴ってみました。
自分がいいと思うものは、どんな内容であったって、いい! のですよね。

>kiriyさん

おはようございます。
ほんと、涙腺が弱くて。子どものころ、父親が朝ドラを見て泣いているのを目撃してましたが、血統は脈々と受け継がれているようです。(笑)
そう、泣くといっても、そのなかには色んな感情が理由にありますよね。
それに、そういう感情は豊かでありたいです。

わざとらしく感じたり、どこかで醒めてしまったり、ということには個人差もあるのでしょうが、本作には素直に浸かることができました。

はい、これは、泣きたくなくても泣けてしまいしたよね。
どうでしょう、登場人物、全ての感情に共感しませんでしたかぁ~?

>オリーブリーさん

そうですね、なんだこいつは?という人はいなかったような。
会ってくれない人にしても、そんな人は普通にいるわけですし…。でも、会ってくれた率が高い理由がありましたよね。

こんにちは♪

ここにも涙腺の弱い人が~(笑)
いや~私もボーさんに負けないくらい(笑)泣きました。
ボーさんの言葉(いい映画論・笑)に大きくうなづく私です^^
私もまったく文句なしでした(^^)

ボーさんが、最後に、ありがとうって書くってことは
それだけ素晴らしかった作品なんですね^^
(初めて見たような気がします)
もちろん、私も好きな作品でした♪

>ひろちゃんさん

こんばんは!
ええ、最後に「ありがとう!」と書いたのは初めてだと思います。
(なーんて言っといて、前のことを忘れてたりして?)
(でも、似たような言葉を書くとしても、それにふさわしい映画は、めったにないと思われ…)

涙腺の弱さと女優さん好きには定評のある私ですが。(おいおい)
こういう感情を抱いた映画は、再度見るのが怖いと言いますか、感動度が下がるのが怖いのですよね…見たいけど。

ものすごく的違いでありえないコメント

お、俺なんかボーさんの10倍泣いたんだからね

>ふじき78さん

私の足元は水たまりになっていて、隣の観客は帰るときに飛び越えてましたよ。

こんばんは♪

悲しみや息子の心など様々なものを受け止めて行く母親の姿に感動しました。でも実はラストの父親の手紙にあざとさを感じてしまって、素直に泣けなかったのですけれど…^;
でも素敵な作品でしたね。あの日からだいぶたって、ようやく人も街も再生しだしたのかなと感じました
ただ、オスカーが嫌いな物が全部9.11繋がりだというのは切なくなりましたね、人々の心に与えた衝撃は大人も子供も変わらないんだって。

>makiさん

おはようございます。
おお! なるほど。受け取り方は人それぞれなので、しょうがないですよね。
私はテレビで見ていましたが、遠い日本でさえ、衝撃はすごかったですから、ましてや近所の人々は…。
心に響く映画でした。

ボーさん、こんにちは!

最初の所、「泣けたよ~良かったよ~」って、
もっと素直に言えばいいのに~(^▽^;)
ほんとにひねk・・・いやいや・・・(^^;

あのー、出てくる人が皆温かくて、
悲しみが少しずつでも癒えていくであろうと思えましたね。
父と息子の物語に、母のたくましさも描かれていて、
そこがすごく良かったです★

>YANさん

ん? ひねk…
ひねこ…ひねか…ひねき…ひねけ?

このお母さん、すごいですよね! 子どもを無理やり止めたり意見をしても逆効果と分かっているにしても、すごい。
見習います。…って、お母さんじゃないやい!(笑)

自然と泣かされますよね~

これはフィクションだけど、こんな風に傷を抱えている人が今もたくさんいると思うと…。9.11の傷を風化させずに後世に伝えていこうという気持ちも感じられました。
少年や他の方の演技も素晴らしかったです。
おじいちゃんと歩いている後姿の画像がいいですね!

>宵乃さん

観てから4年以上たっているので、観た印象は風化してきていますが…。
書き留めておくと、多少は当時の思いがわかるものですね。
逆に、映画というものが、時がたっても新たに思いを伝えられるものだと、わかります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2250-bf450a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud

ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バト...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い・・・・・評価額1600円

探しものは何処にある? 9.11の同時多発テロによって、父を亡くした11歳の少年、オスカー・シェルの小さな冒険を通して、大いなる喪失と再生を描いた現代の寓話。 原作は2005年に発表されたジョナサン・サ...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン

『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 原題 EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 製作年度 2011年 上映時間 129分 原作 ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(NHK出版刊) 脚本 エリック・ロス 監督 スティーヴン・...

映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ

原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス 試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開] 公式サイ...

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由

 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - goo 映画 2月18日、映画館にて鑑賞。 良作の小説を一ページずつめくって読み進めていく様な、そんな作品でした。 9.11で大好きだった父親を失ってし...

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シド?...

鍵穴を探す旅~『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、...

「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須

予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...

ものすごくうるさくてありえないほど近い(2011)EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

 あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 評価:=70点 主役を演じたトーマス・ホーン君は正真正銘の天才少年らしく。アメリカで有名なクイズ番組でチャンピオンに選ばれたことから今回のような主役抜擢となったようです。現在14歳ですが、飛び級で高校...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...

スティーブン・ダルドリー監督『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(Extremely Loud

注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

いろんな面で辛すぎるが、力もみなぎる。さすがダルドリー。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

おばあさんがおじいさんとヨリを戻す場面。おばあさんはおじいさんの姿を見とめて自分が持っていたショッピングバッグをドカンと床に卸す。おじいさんはそれを持つ。ただ、それだけ。言葉は何もない。 なに、いきなりディテールから入ってるの。しかも本筋とは関係がな...

★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★

EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 上映時間 129分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル ドラマ 映倫 G  【解説】  「僕の大事なコレクション」の原作『エブリ...

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。

[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで...

映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close 

アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっ...

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をユナイテッドシネマ豊洲12で観て、あれは本当にハッピーエンドなのかふじき★★★★(ネタバレ)

ネタバレするつもりなので注意。 五つ星評価で【★★★★少年の演技、サンドラの演技、マックス・フォン・シドーの存在感、そして、トム・ハンクスの誰でもよさそう感にぐっと引 ...

シネトーク103『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』●少年に感情移入できるかどうか

面白い映画には愛を捧げ、そうでない映画には鉄槌を下す てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のちょい気になることシネ言 「チケットを買う時『ものすごく近くて、ありえないほどうるさい』を1枚!と言ってしまった・・・・」 シネトーク

■映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

過去、鑑賞中に一番泣いた映画は何かと言うと、間違いなく『リトル・ダンサー』という作品です。 イギリスの炭坑街出身のバレエ・ダンサー、ビリー・エリオットを描いた、スティーヴン・ダルドリー監督作です。 単純に“悲しい”とか“感動する”という感情とも違うの...

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想

 ジョナサン・サフラン・フォア原作の小説を、「愛を読む人」のスティーブン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック出演で映画化。  アメリカ同時多発テロ事件で父を亡くし、心を閉ざした少年。ある日、遺品の中から鍵の秘密見つけた彼は、その秘密を解...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリカ同時多発テ...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− スティーヴン・ダルドリー −原作− ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないの

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

大切な人の喪失とその悲しみを、どう乗り越えて生きていくのか・・・ やっぱり私は、母親の気持ちに一番心打たれた★ EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督:スティーヴン・ダルド...

映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

 ネットでは感動したという書込が多く、評判上々の作品、ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのレビュー記事です。。

【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解?

現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行...

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観ました

原題:EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE 製作:アメリカ’2011 129分 監督:スティーヴン・ダルドリー 原作:ジョナサン・サフラン・フォア ジャンル:★ドラマ【あらすじ】9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父を失った少年、オスカーは、父の遺品の中から一本の鍵を見つける。それが入っていた封筒には“ブラック”の文字があり、オスカーはそれが父からの...

マリリン、カンヌ映画祭のポスターに «  | BLOG TOP |  » 「メランコリア」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード