FC2ブログ
topimage

2019-09

ミシェル・ウィリアムズさん「マリリン 7日間の恋」ジャパンプレミア - 2012.03.20 Tue

少し前の話だが、3月13日、TOHOシネマズ六本木ヒルズでの「マリリン 7日間の恋」ジャパンプレミアに、主演女優ミシェル・ウィリアムズさんが登場した。



マリリン・モンローさんが、「王子と踊子」(1957年)で第3助監督を務めた年下の英国人青年と恋に落ちるという内容の作品とのことで、ミシェルはゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門の主演女優賞を受賞した。
彼女はアカデミー賞はとれなかったが、マリリン自身が「お熱いのがお好き」でゴールデングローブ賞をとり、アカデミー賞にはノミネートすらされなかったのを思い出すと、ミシェルもマリリンの道を行っている!と思えてしまう。
アカデミー賞なんぞ、どうでもいいのだ。

ゴールデングローブ賞受賞当時の感想については
「とても興奮した。ぼーっとしてあまり覚えていないの」

以下は、フジテレビ「めざましテレビ」で取り上げられた詳細。

マリリン・モンローの再来!? ミシェル・ウィリアムズ初来日。
映画「マリリン 7日間の恋」のジャパンプレミアが行なわれ、マリリン・モンローにあこがれる著名人が来場しました。
(石田純一、辺見マリ、佐伯チズ、楽しんご、の姿が映る。楽「マリリン注入!」って。がっくり。マリリンが飲んでいたというシャンパンを渡す役はD-BOYSの遠藤雄弥で、ほかに叶美香も来場していたらしい。)

舞台あいさつでは、映画でマリリン・モンローを完璧に演じきり、ゴールデングローブ主演女優賞を獲得したミシェル・ウィリアムズが、マリリンをほうふつさせる純白のドレスで登場。
「コンニチハ」
「12歳か13歳のころ、寝室にマリリンの写真を貼っていました。映画を通してマリリンの知られざる一面を知っていただければと思います。アイコン化された姿に隠された、ひとりの女性、人間としての姿を見てほしい」


マリリンに強いあこがれを持っていただけに、演じることへのプレッシャーもあったそうで、
「10か月かけてマリリンを研究しました。車を運転するときや、街を歩くときもiPodで彼女の声を聞いていました」
というミシェルは、今回、初来日。
日本のファンの印象はいかがですか?
「サイコー!」

まちわびたファンの熱烈な歓迎に、ていねいに応えていた彼女は、ぜひ日本でやってみたかったことがあるんだとか。
「時間があったら、京都で茶道を経験したい」

ミシェルは大のキティちゃん好きで、ハローキティのお店に行って、いっぱい買って帰るということです。

(軽部アナ)ショートカットなんで、今ちょっとマリリンと雰囲気ちがうんですが、映画を観ると、まさにマリリン! そしてマリリン・モンローがローレンス・オリビエと共演した「王子と踊子」、その7日間、じつはマリリン・モンローが恋をしていたと、そういう話なんですよね。

画像は、角川映画宣伝部に貸してくれとメールしても、いっこうに返事をくれないので、海外のサイトから持ってきました。

さて、ミシェル、茶道やったんでしょうか?
ちなみにミシェルがいちばん好きなマリリン映画は「お熱いのがお好き」だそう。

映画は今週土曜日、24日公開!

関連記事:
「ミシェル・ウィリアムズがマリリン役に?」
「マリリン映画にジュディ・デンチさん出演」
エマ・ワトソン、「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」に出演!
「ミシェル・ウィリアムズのマリリン」
「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」、いよいよ公開へ始動
「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」予告編
「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」の記事
「邦題決まる! マリリン映画」
「ミシェル・ウィリアムズさん、ゴールデン・グローブ賞に輝く」

● COMMENT ●

映画公開なのに、ファンクラブも盛り上がらず。

ちょっぴり出遅れました。

ミシェルさん、日本でも映画PR頑張ってましたね。他の有名人もミシェルさんに負けじとマリリン風なファッションで登場してますし。分かりやすいマリリン風というと、どうしてもあの白ドレスになっちゃうのは仕方ないですね。
楽しんごさんの「マリリン注入」は、とりあえず何でも注入しちゃうキャラってことで。オネェキャラな方にもマリリンは人気なんですね。

ミシェルさんの茶道も見たかったですが、やってたらきっと報道しているはず。今回は恐らくやってないでしょうね。

映画公開まであと数日。カウントダウンです。

>たけしさん

ずいぶん先のことだと思ってたら、やっと、もうすぐですね。
楽しみです。
他のどこも盛り上げなくても、自分のなかで盛り上がって観に行こうと思います。

ミシェル、いつ帰ったんでしょう…住んでたりして。そんなわけないですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2264-81f69ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「王子と踊子」(6回目) «  | BLOG TOP |  » 「愛の泉」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード