topimage

2017-04

「マリリン 7日間の恋」(Vol.1) - 2012.03.26 Mon

ミシェル・ウィリアムズさんの演じるマリリン。
期待以上に、うまくスクリーンに「マリリン・モンロー」と「ノーマ・ジーン・ベイカー(マリリンの本名)」を刻みつけてくれました。


横顔などの、ふとしたときにマリリンに似ているなあと感じることもあり、しかし何よりも、マリリンの繊細な内面を、物真似ではなく、ミシェル自身の解釈と演技で見せてくれていたことが、マリリン・ファンとしては、とてもありがたく思います。

ミシェル
ミシェル・ウィリアムズさんのマリリン・モンロー。

マリリン・モンローさんという大きな存在を映画に描くには、表面的な見かけや仕草や喋り方を似せようとはしても、彼女の感情の複雑で微妙なあたりをしっかり描くのは難しいことでしょう。
この映画は、その点でも、かなりいいところをつかんでいたと感じます。
ミシェルはメイクをしてみれば、マリリンに全く遠い外見というわけではないのも幸いでした。そのうえでマリリンを研究していけば、もっと似てくる。
彼女はマリリンの映画を見たり、声をiPodで聞いたり、振付師について動きを訓練したりもしたようです。


エディ
エディ・レッドメイン演じるコリン・クラーク。「王子と踊子」の第3助監督。

いっしょけんめいにマリリンを研究して理解して演じようとすれば、見ている観客もミシェルのなかにマリリンを見るように感じてくるのです。
ただ、ミシェルは喋り方、声のトーンは変えていないのではないかなと思います。そこまでは真似しなかった。どこまでやるか、の見極めは成功しているのではないでしょうか。
パンフレットには、こう書かれています。
「(略)不安は無視することにして、私らしいマリリンの姿を演じようと思ったの。(略)ひとりの友人のような感覚でアプローチしたの」

到着

マリリンを演じるということが、女優にとって、どれほどの重圧なのか。ミシェルの挑戦意欲には素直に敬意を払います。
どうもありがとう!
Thank you very much, Michelle !


空港
撮影のためにロンドンに到着したマリリン。

映画が始まると、ピアノの美しい旋律が流れてきます。アレクサンドル・デスプラ作曲の「マリリンのテーマ」を弾くのは、ラン・ラン(郎朗)!
そして、マリリンがスクリーンのなかで歌っているシーンへ。
ここでは、“When Love Goes Wrong”と“Heat Wave”がミシェルによって歌われていますが、前者は「紳士は金髪がお好き」、後者は「ショウほど素敵な商売はない」からの曲であり、マリリン自身はこのように歌ったわけではありません。この映画の創作です。


会見
記者会見のマリリンと、ローレンス・オリビエ(ケネス・ブラナー)。

まず導入部として、マリリンの魅力のひとつであるミュージカルシーンを、ガツンと持ってきて、それを観て楽しんでいる人々、これからマリリンにリアルに恋をすることになるコリン・クラークという青年を含む観客との関係を端的に見せた、上手なやり方だと思います。

(「Vol.2」へ続く。リンクは下記。)

(3月24日 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)


ミラーと
マリリンと、アーサー・ミラー(ダグレイ・スコット)。

MY WEEK WITH MARILYN
2011年 イギリス・アメリカ作品
監督 サイモン・カーティス
出演 ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、ジュリア・オーモンド、エマ・ワトソン

参考:マリリン 7日間の恋@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆☆(5点。5点はマリリン映画以外は、ほぼありえないのですが、ミシェルに、おまけします。満点は5点)

〔続きは「マリリン 7日間の恋」(Vol.2)へ。〕

関連記事:
「ミシェル・ウィリアムズがマリリン役に?」
「マリリン映画にジュディ・デンチさん出演」
エマ・ワトソン、「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」に出演!
「ミシェル・ウィリアムズのマリリン」
「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」、いよいよ公開へ始動
「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」予告編
「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」の記事
「邦題決まる! マリリン映画」
「ミシェル・ウィリアムズさん、ゴールデン・グローブ賞に輝く」
ミシェル・ウィリアムズさん「マリリン 7日間の恋」ジャパンプレミア
「マリリン 7日間の恋」(Vol.2)

「マリリン 7日間の恋」(Vol.3)
「マリリン 7日間の恋」(Vol.4)
「マリリン 7日間の恋」(Vol.5)
「マリリン 7日間の恋」(Vol.6 オリビエ自伝より)
「マリリン 7日間の恋」(2回目)
「マリリン 7日間の恋」(3回目)

All pictures (c) 2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved

● COMMENT ●

こんばんは!

自分も今日観に行きました。
やはり最初のシーンの、知っているミュージカルの2曲がかかるとうれしかったです。
マリリン7日間の恋の、原作本は読まれましたか?

>やんちゃりかさん

おはようございます!
ありがとうございます。
ミシェルさん、しっかり歌っていましたよね。
原作は読んでいませんが、ちょっと読みたくなりました。

星5つ!でもこれは私も納得です。
そして、異例ともいえる「映画感想の続き物」!私もここでついついいろいろと書いちゃいそうになりますが、今回はあえて控え目に。

でも!観て良かった~!また映画館で観たいです。次は違う映画館にしてみようかな。

ぼくも今日観てきましたあ。(月曜はサービスデーで1000円だというので、ちょうど仕事が休みだった今日に行ってきましたあ。。平日だから空いててガラガラ、快適に観れました)。

よかったですねー。。。ずっと余韻にひたりながらエンドロールを最後まで眺めていました。
ミッシェルさん演じるマリリン。欲をいうなら、もう少しコケティッシュさが欲しかったかなとは思いました。
でも良かったあ!

>たけしさん

土曜日は一緒に観られて楽しかったです。その後もマリリンに浸ってましたよね~。
書いていて夜中になったし、画像が多いとケータイで表示しきれなくなるし、で途中で切りました。ほんと、初めてのことです。
次を書いたら、またコメ入れてくださいね~。
私は日曜も観てきましたよ。

>officeroader さん

ありがとうございます。
1000円、いいですねー。私も日曜は1000円の映画館で、2回目を観てきましたよ。
もうちょっと観客が入ってほしいなと思いますが…。
ミシェルのマリリンは、色っぽいというよりは、かわいかったですね。この映画のときのマリリンは、こんなふうに、めっちゃ可愛いかったんだなーと思うことにしました。(笑)

4点台にはしたい!

4にしようか4.5にしようか考えてるんだけどね。 予想以上によかったです。
とにかくミシェルが上手かったね。 彼女も頭のいい女優さんなのでしょう。 
ミシェルとマリリンは顔をじっくりと見比べちゃうと違うよなあって思っちゃってたんだけど、途中からそんなことどっちでもよくなっちゃうくらい、2人が一体化してました。 ミシェルがちゃんとマリリンの孤独を受け止めていたことが、この映画に深みを与えていましたね。 個人的には主演女優オスカーはミシェルだよね?と言いたいです!
書いたらまた来るね~

お墨付き?

ボーさん☆
マリリン大ファンのボーさんのお墨付きなら、大成功なのですね。
ミシェルも本当にやりすぎずいいカンジにマリリンになりきっていて、しかも繊細な部分も上手く演じていて好感持てますよね。

よかった~♪

マリリン・ファンだと、ついつい甘い評価になりがちですけど、この映画は期待以上でしたよね!
予告編や宣伝からだと、大女優のスキャンダルをあつかった物語を想像してしまいますけど、そうではなかったですね!心の温かさで包み込まれるような映画でした。
ミシェルは、マリリンを外見だけでなく、内面からもしっかりとマリリンを演じてくれたので、
ほんとうのマリリンの優しさにふれたような感じがしました。コリンのマリリンに対する暖かい愛情も、観ていて心地よかったです。あと、ミシェルは、マリリンの話し方、歩き方とか、よーく研究もされていましたよね♪
音楽もこの映画がもつ雰囲気を上手に引き出していたなぁ、と思いました。エンドロールの音楽は、映画の余韻にしたるのにいい感じでした♪ということで、2回観てきました(笑)。
なんだか、上映時間が40分くらいにしか感じず、あっというまに終わっちゃいましたよ(笑)
なので、たぶんまた観に行きます(笑)

そうそう、

私はT・ジョイで観たのですけど、ここは音響がよいので映画の雰囲気が充分につたわってきてよかったです♪2回目を観られる方へは、是非音響設備のよい劇場を選ばれることをお薦めしたいです。109も音響がよいのかしら?
あと、ローレンス・オリビエが「王子と踊り子」を制作したことを自分自身に対してどう評価したのか、知りたくて自伝を買ってしまいましたよ(正確には注文中)(笑)。

>rose_chocolat さん

4.5にしましょうよ。
ミシェルには感心します。こないだ見た「ブルーバレンタイン」もやれば、マリリンもできる。
この映画を観てみれば、オスカーはミシェルにとってほしかったと思いますね。メリルは、もう、あのくらい上手くて当然、というふうに見るべきで、ミシェルにあげて、もっと讃えてあげたかった!
顔もね、あのくらい雰囲気で似てたら問題ないです。

>ノルウェーまだ~むさん

いえいえ、マリリン・ファンで、しかもミシェルも好きだから、喜んで甘くなっちゃってるのかもしれませんよ?
マリリンを、よく研究したうえで、どこまで、どのようにやるかを考えて、大切に演じたのだと思います。
ほんとに、ありがたいことです!

>さえさん

観る前はちょっと不安もありましたが、観たあとは何の問題もなし!
そうなんです、マリリンの悲しさや複雑な面もありましたが、その上から、あったかさが、ふんわりと覆って、後味がいい映画になっていました。
コリン役の青年も素朴そうでいい感じでしたね!
私も、すでに2回。
100分の映画なので、もともと長くはないですが、短く感じるのは、それだけ、楽しめる良い映画ということですね。
私も、また観たいです。109は行ったことないかも。
オリビエは、この映画の中では、自分に対しては、いいところなし、みたいに言っていました。実際はどうだったのか知りたいですよね。

こんばんは。

こんばんは!そうなんですか、原作のマリリンもとても魅力的ですよ~

映画は私も星5つです!
ミシェルさんとてもよかったです。繊細な表情でアピールしすぎないけどリアル。だけどちゃんと伝えてくる演技でした。ローレンスオリビエもよかった~。そして背景、はじまりの切なげなピアノ。泳いだ後、家に帰るときに見せる(魔法の時間が終わってしまったかのような)表情のきりかえとてもよかったです。映画の舞台裏もわくわくしました。まだまだよかったとこありますがきりがないのでやめときます。

新潮文庫の原作を読んだ私ですが、映画と本は違うものだと理解してるのですが、
原作を読んでいるときに、ここのマリリンの言葉深いな~このマリリンの行動かわいいな~(本当に実話かは本人にしかわからないが)映画で再現されるだろうなと頭の中でどんどん妄想試写会してしまい、映画では、そのシーンが違う形で表現していたり、なかったりと、原作を先に読んでしまってからこその余計な期待のせいで、「あのシーンのマリリンみんなに観てほしかったな~」と思ったりしました。

たびたびすみません…

原作は2作あるようなので、もう1作も読んでみたいと思いました。日本で発売されてるかはわかりませんが・・・

ボーさんも皆さんも好評価で、わくわくしてしまいます。
来日のミシェルさんも上の写真だけでも、本当に素敵!
感想の続編もお待ちしてます♪
(私はちと初日に違う方を優先してしまったら、映画館に観に行けるかあやしくなってきた…(汗))

>やんちゃりかさん

おはようございます。
いま発売中の文庫本とは別に、「王子と踊り子と私」というのがあると聞きましたが、それのこと?

たいてい、本は映画よりも詳しい内容になっているのが普通ですね。映画は時間が限られていますし。
文庫は安いので、買ってみたい気持ちになってきましたよ!

>まおさん

これは映画館で観てほしいです!
アクションものではないですけど、大きな画面と、いい音響のほうが絶対に、いい印象と体験になります。とくにファンならば。天と地の違いですよ。

続きは別記事を立てることになりそうな…少々お待ちを。
こういう場になると、きっと、好評価でない方は、コメント書きにくいこともあるのかも?

こんにちは♪

ミシェル・ウィリアムズ、かなりのプレッシャーもあったと思いますが頑張ってましたね。
なんとなく似てたし。
マリリン大ファンのボーさんの感想が気になってましたが良い評価のようで...
この作品を機にたくさんの方にマリリン出演作を観てほしいですね。
私も観なきゃー。

こんばんは★

ボーさんもミシェル好きだったんですね~。
男性で好きな人多くてびっくりです(笑)
私はあまり好きじゃなかったんだけどこれは可愛いなって思いました。
でもやっぱりマリリンと比べちゃうと、、、、
ってこれは仕方ないですよね。
そっかそういうアプローチで演じたんですね、
これをキッカケに、マリリンの可愛さをわかって、興味持ってくれる人も増えてるみたいでファンとしては嬉しい事ですよね。
もっとマリリン没50年で劇場で上映すればいいのにね。
マリリンの映画を。

>yukarinさん

こんばんは!
なんとなく似てるでしょ! 
そして、心を込めて演じれば、もっと似て見えてくるものです。
yukarinさんも、マリリン映画をいっぱい見てくださいね~!

>migさん

マリリン・ファンのmigさん、こんばんは!
ミシェルはねえ~…かわいいですもん。とくに本作なんて。
演技も上手ですし。
髪が短いときは、ちょっとな、とも思いますけど。

マリリンの映画や人生に興味をもってくれる人が増えたらいいですよね。
それに! イベントが少なすぎます。映画祭とか、写真展でもいいから、なんでやらないのかな~。50年の節目なのにねえ!

ありがとうございます。

そうです!「王子と踊り子と私」のことですよ~!
「マリリン7日間の恋」映画また観に行こうと思います。

>やんちゃりかさん

こんばんは。
情報によりますと、日本語版は、なさそうですよ。残念です!
詳しくわかったら記事にするかもです。

こんばんは~☆

風邪ひいてて、世界フィギュアは観なければだし(笑)
ちょっと訳ワカンナイ感想になってるかも~ですが、
追い詰められていくマリリンの孤独を受け止めるコリンがよかった♪
ミッシェルも無理やり完がなくて、特にデート途中の学生にサービスのシーンは
一番にてたかも~。
私はビビアンがアノヒトっていうのが納得できなかったけど~(笑)

>kiraさん

おはようございます。
お大事に!
フィギュアは、今回ぜんぜん見ませんでした~。
学生に囲まれる場面、うれしそうな感じが出ていたのもよかったですね。
コリンもよかったです。マリリンがいたら、自然にああなっちゃうと思いますけど…それは私のようなファンだけか…?
ん、ヴィヴィアン・リーの? んー、まあ、いいんじゃ?(適当発言?)
感想文、Vol.5まであるので、ひまなときに読んでくださいね!

こんばんは。

娘の卒業や入社準備で忙しく、なかなかお邪魔できないうちに、、、ボーさん、すごい、もう5回も観たのねっ!!(笑)
マリリンファンの方がそれだけ気に入られたって、ミシェルも喜びますよ♪^^

「ブルーバレンタイン」でもやっぱり上手いと思ったけど、またまた演技力を立証しましたよね。
仰るとおり、ものまねそっくりさんにならず、ミシェルなりのマリリン像がとっても繊細でチャーミングでした。
大スターなんだけど、一人の女性として何となく気持ちが分かるの^^
オープニングとラストの映像、本当にスクリーンに愛された女優さんなんだと感じました。

>オリーブリーさん

おはようございます。
おお、卒業・入社ですか! おめでとうございます。
んー、これ、5回観たんじゃなくて、5回に分けて書いたんですねー。わかりにくい。
観たのは3回です。

観客の皆さんに、いいなと思ってもらえるふうに演じてくれたミシェルには、感謝感激雨あられです! 

こんばんは

ポーさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。

>どこまでやるか、の見極めは成功している
そう思いますねー。
外見を完コピするというよりは、その内面を見抜いて演じようという気持ちを感じました。
確かに超有名人を演じるというのは、ミシェル・ウィリアムズとしてもそうとうプレッシャーはあったかと思いますが、その加減をうまくとっていましたよね。
アカデミー賞を競うというのもわかる演技でした。

>はらやんさん

こんばんは。
はじめにミシェルが演じると聞いた時、顔を見て、さて似てるのかなあと疑問符がつきましたが、いざ観てみると、予想以上に感じをつかんでいるので感心しました。
無理なことはしないで、ていねいに、よく考えてアプローチしていたと思います。
アカデミー賞、メリルが今回いなかったらなあ…惜しいです。
TB、来ていないようですね。再度やってみてください。

観てきましたよ!

へへへ、ボーさん書いてらっしゃる「高評価じゃない方」の部類に入るか入らないか、微妙なラインです。
ミシェルの映画としては実に素晴らしい。でもマリリン、となると、うしても拭いきれない違和感が。質感が余りにも違うな、と。Yahoo!映画の寸評欄の森山京子さんの感想とほぼ同じかも。 ごめんなさいね・・・

>unikoさん

ふふふ、いいですよ。感想は人それぞれなので。
私はミシェルのマリリンとして、いいと思います。あとは、知らない方のためにマリリン紹介編としても。
森山さんの評、読んできました。たしかに。わからないことはないです。
でもまあ、では、誰がマリリンを演れるかといえば…??? わからないですよね~。

ボーさん、こんにちは。
感想は人それぞれ、そんな風に思ってくれるんですね。よかった~。ここにおじゃまするのが、ちょっと怖かったんです><。
6月1日にコメントすれば、それに免じて許してもらえるかしら?なんてこともちょっと考えてましたがw。
そう言えば、マリリンは生きていれば86歳か~。本当なら生きていても可笑しくない年齢ですよね。グラディスも長生きで・・

そうそう、ボーさんはジェームズ・ハスピールのマリリンについて書いた本は読んだことありますか?
マリリンの追っかけで、友人になった、という人。特にNY時代よく一緒に居たっていう。
コリン・クラークも、スクリーン上のマリリンに恋して、ファンから映画の世界へ入っていく、あの下りがワクワクしました。
彼がイギリス人だから、余計ロマンチックに感じちゃうのかもしれませんが!^^
私こちらもまだ読んでないんです。面白かったですか?

>とらねこさん

こんにちは!
だいじょうぶですよ~。
この映画、それほど気にいっていない方も、けっこう、いらっしゃいますよ。

私自身は、気に入らない映画だと、わりと、そのとおりに書くので(というか、そっけなく文章が終わったりして。笑)、そのときは私のほうも心配…。

グラディス、お母さんですね。娘より長生きしたのでした。。。
あ、ハスピールの本は読んでいないです。何かのフィルムで彼自身を見たことはありますが。
なんだか、うらやましい人ですよね! ファンから友人になるなんて、もう!
コリンの原作本は、ほとんど映画と同じに感じました。だから、感動とかはしないのですが。映画との大きな違いは…エマ・ワトソンの役は、原作では、衣装係と仲がいいらしいじゃないか、みたいに、コリンが誰かに言われるくらいで、実際には登場しませんでしたよ。
後日になってから書いているせいか、考え方がしっかりしているというか、1956年に感じたことだけでなくて、執筆当時の頭の働きも、当然、加わっているんだなと思いました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2267-61bb48c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリリン 7日間の恋

原題   MY WEEK WITH MARILYN 監督   サイモン・カーティス 原作   コリン・クラーク 脚色   エイドリアン・ホッジス 撮影   ベン・スミサード 音楽   コンラッド・ポープ 出演   ミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー       エデ...

映画 「マリリン 7日間の恋」

映画 「マリリン 7日間の恋」

ミシェル・ウィリアムズ主演『マリリン 7日間の恋』(My Week with Marilyn)

注・内容、台詞に触れています。マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを同作のスタッフであったコリン・クラークの原作(books My Week with Mar

マリリン 7日間の恋(’11)

先週7日(水)に、有楽町よみうりホールで今月24日公開の「マリリン 7日間の恋」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。試写会は久方、一昨年夏頃の「借りぐらしのアリエッティ」以来。 ローレン...

マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞)

ランキングクリックしてね ←please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...

映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。

これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの...

マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn

現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エ...

マリリン 7日間の恋

マリリン 7日間の恋@一ツ橋ホール

マリリン 7日間の恋

マリリン 7日間の恋(ミシェル・ウィリアムズ主演) [DVD]クチコミを見る世紀の大スター、マリリン・モンローの秘めた恋を描く「マリリン 7日間の恋」。無理にマリリンに似せようとし ...

『マリリン7日間の恋』

(英題:My Week with Marilyn) ----この映画って、 ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じているんだよね。 「うん。 それほど似ているとは思わなかったけど、 映画の中、つまり劇中劇での彼女は 本物そっくりの表情、しぐさ。 まあ、これで改めて確認した...

「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて

「試写会に行く前にこのDVDを見ておくといいよ」とmigちゃんに薦められて借りて見たのが、マリリンモンロー主演「王子と踊り子」。 そういえば、マリリン・モンローの映画を見たのは初めて☆

マリリン 7日間の恋/MY WEEK WITH MARILYN

伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。 監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。 撮影が始まるが、精神が不...

マリリン 7日間の恋/MY WEEK WITH MARILYN

伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・ 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。 監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。 撮影が始まるが、...

マリリン 7日間の恋

【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・...

マリリン 7日間の恋

評価:★★★☆【3,5点】(P) マリリン・モンローの年齢を超えたときからファンになりました。

マリリン 7日間の恋

マリリンに恋をして [E:kissmark]公式サイト http://marilyn-7days-love.jpコリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」

人気者はつらいよ。『マリリン 7日間の恋』

マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを描いた作品です。

マリリン 7日間の恋

1956年、ロンドン。『王子と踊り子』

『マリリン 7日間の恋』

永遠のセックス・シンボル、マリリン・モンロー。その評価は演技下手な三流女優、天性の才能を持つ女優、頭の悪い見てくれだけの女、天真爛漫な笑顔が永遠に魅力的な女性と様々。 ...

マリリン 7日間の恋

1956年、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める映画の撮影のためロンドンに降り立った。 本作に意欲を見せていたマリリンだ...

「マリリン 7日間の恋」感想

 1957年公開の映画「王子と踊り子」の舞台裏を描いたコリン・クラークの著書を基にした、伝説の大女優マリリン・モンローと著者との淡く短いラブロマンスを映画化。  コリン氏の体験談が原作という事もあり、主観的過ぎるように思われる部分も多々見受けられる...

マリリン 7日間の恋

メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊) 監督 サイモン・カーティス...

『マリリン 7日間の恋』

□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナメイ...

マリリン 7日間の恋  監督/サイモン・カーティス

【出演】  ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。撮影が始まるが、精神が不安定な...

マリリン 7日間の恋

2011年 アメリカ/イギリス作品 100分 角川映画配給原題:MY WEEK WITH MARILYNSTAFF監督:サイモン・カーティス脚本:エイドリアン・ホッジス 原作:コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』CASTミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー エディ・レッドメイ...

マリリン 7日間の恋

春休みの日曜日の昼下がり 東京有楽町に「マリリン 7日間の恋」を見に行って来た ってマリリンの名前ではなくて ミシェル・ウィリアムズさんが見たくて・・・ だってマリリン・モンローの映画なんて見たって記憶ない マリリン・モンローがどういう人かは一応知ってるけど...

好きにならずにいられない~『マリリン 7日間の恋』

 MY WEEK WITH MARILYN  1956年。ハリウッドで絶大な人気を博していたマリリン・モンロー(ミシェル・ ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督する『王 子...

マリリン 7日間の恋

Data 原題 MY WEEK WITH MARILYN 監督 サイモン・カーティス 出演 ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン  ジュディ・デンチ  エマ・ワトソン 公開 2012年 3月

*『マリリン 7日間の恋』* ※ネタバレ有

2011年:イギリス+アメリカ合作映画、サイモン・カーティス監督、ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン出演。

『マリリン 7日間の恋』 (2011) / イギリス・アメリカ

原題: MY WEEK WITH MARILYN 監督: サイモン・カーティス 出演: ミシェル・ウィリアムズ 、ケネス・ブラナー 、エディ・レッドメイン 、ドミニク・クーパー 、ジュリア・オーモンド 、エマ・ワトソン 、ジュディ・デンチ 公式サイトはこちら。 アカデミ...

マリリン 7日間の恋        評価★★★60点

世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。出演は「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、「パイレーツ・ロッ...

マリリン

 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...

「マリリン7日間の恋」ギリギリセーフ。

なんとかギリギリ?間に合いました。 大阪の難波、土曜日、お客さん10人くらいかな。。。 さて、感想を分けて書きます。 ①ミシェル・ウィリアムズはマリリンを研究しつくした感じ! 仕草やちょっとした歩き方とか、半端無かったです。 半年間の間、マリリンの映画やビデ…

マリリン 7日間の恋

もし、アカデミー賞にノミネートされなかったら 観なかったかもしれません。 1956年。 コリン・クラークは恵まれた富裕の家に育ったが、 映画業界への憧れを捨てられないでいた。 機転のきく性格をかわれ、 ローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子...

■映画『マリリン 7日間の恋』

過剰すぎる魅力を持っているが故に、人びとから過剰すぎる愛を向けられた、それにも関わらず自分の持つ過剰すぎる愛を受け止めてくれる人がいないことにに苦しむ女性、マリリン・モンローをミシェル・ウィリアムズが演じた映画『マリリン 7日間の恋』。 決して顔自体が...

25★マリリン・モンロー 7日間の恋

’11年、イギリス、アメリカ 原題:My Week with Marilyn 監督: サイモン・カーティス 脚本: エイドリアン・ホッジス 原作:コリン・クラーク 『同タイトル』 製作: デビッド・パーフィット、ハーベイ・ワインスタイン 製作総指揮: ジェイミー・ローレンソン、サイモ...

マリリン 7日間の恋

 一般的に「マリリン・モンロー」はセックス・シンボルと言われていますが、わたしに言わせれば彼女は「童女」です。可愛子ぶっているのではなく、可愛いのです。彼女はいつも無防備です。その潔さに魅かれますが、その無邪気さに痛ましさを感じます。  一方で、彼女...

映画『マリリン 7日間の恋』を観て

12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有

「マリリン 7日間の恋」

この映画を観てマリリン・モンローについてもっと知りたくなりました マリリン・モンローってお色気ばっかりで 演技とはほど遠い ってイメージを持ってたので・・・ でも実は違う...

マリリン 7日間の恋・・・・・評価額1650円

伝説に恋した七日間。 今年は、ハリウッドが生んだ永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローの没後50年にあたる。 これは、モンローが全盛期を迎えつつあった1956年に製作された...

マリリン 7日間の恋

コリン 7日間の恋 【Story】 ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督・主演を務める『王子と踊子』の撮影で、ロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィ

マリリン 7日間の恋

★★★★  どちらかと言うと、主人公はマリリン・モンローではなく、マリリンに気に入られて、1週間だけ彼女のきまぐれな恋に付き合った青年・コリンのほうだったような気がしな

マリリン 7日間の恋

とにかく、ミシェル・ウィリアムズが秀逸!

マリリン 七日間の恋

【あらすじ】 1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演 を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと 渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・

マリリン 7日間の恋

マリリン・モンローの秘められたスキャンダラスな1週間を想像して『マリリン 7日間の恋』を観てきました。 ★★★★ デイム役のデイム・ジュディ・デンチ、役者監督役の役者監督ケ

映画評「マリリン 7日間の恋」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年イギリス=アメリカ映画 監督サイモン・カーティス ネタバレあり

先週観た映画 〜3/24

  すっかり桜が満開! 本当に今年は早いですねえ。 「まほろ駅前多田便利軒(11)」   同じキャストでのドラマも放送してたので、録画でまとめて観ました。   以前にマンガ

「マリリン 7日間の恋」(Vol.2) «  | BLOG TOP |  » 「ドリームキャッチャー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード