topimage

2017-03

「アーティスト」 - 2012.04.25 Wed

このくらいの話って「並」じゃないですか?

なんで今、サイレント映画をつくるのか。
ハリウッドへのオマージュ?
単に、つくってみたかったから?
フランス人がつくった「それ」をハリウッドが大喜びして、アカデミー賞をあげる?

私には分かりません。

ダンス

アーティストって、芸術家というよりは、芸能人(俳優やら歌手やら)を意味するのだろうか。
俳優の浮き沈みを描いた作品。
ひとつ確かなのは、私はジャン・デュジャルダン、あんまり好きじゃないな。
役としては、舞台あいさつを独り占めしたりして鼻持ちならないし、それが、なにか面白いシーンなのでしょうか?
サイレント映画の動きが、大げさだし。大げさすぎると、わざとらしくて。

(4月21日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

THE ARTIST
2011年 フランス作品
監督 ミシェル・アザナヴィシウス
出演 ジャン・デュジャルダン、ベレニス・べジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ぺネロープ・アン・ミラー

妻

参考:アーティスト@ぴあ映画生活

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) La Petite Reine - Studio 37 - La Classe Americaine - JD Prod - France 3 Cinema - Jouror Productions - uFilm

● COMMENT ●

だめでしたか~

昔のサイレント映画の、そのまんまに作ってしまったらたぶん今の観客は退屈してしまうと思うんですよ。
音もないですし、だからわざと大げさにしているのかもね。

本当~♪

世間の圧倒的な高評価に、
大声で(汗)並っていいにくいよね、言ってるけど(^^;

わたしは、率直に楽しめましたよ♪(笑)

サイレント映画があったからこそ、今の映画があるのだなぁ、ともことも感じました。
演技の進歩などもふくめて。言葉の自由な方とお話しするとき、言葉の通じない海外の
方とお話しするとき、まさに私たちはサイレント映画の演技そのもをしてしまうことが
多いですよね♪て、映画の話から脱線してしまいました(笑)。
今の時代にサイレント映画を作ったらこんな風になるのね、とわたしはちょっと関心も
してしまいました♪逆に演じる方は、結構演技を苦労されたのではないかな、などなど
とも思いました。お話はサイレントなので単純明快な方がわかりやすいので、私的には
これはこれでOK♪
タイタニックと比べてしまうと、確かに落差は大きいですよね~(笑)
そうそう、映画が始まって最初は場内がお葬式のように静まりかえって、息苦しい空気
でした。ですけど、がまんできなくなって大笑いしたらあっというまに館内がはじけて、
以降はみなさんで大笑い!映画館でみなさんと一体になって楽しめたのでそれもよかったです♪

>rose_chocolatさん

だめですね~。
大げさすぎると、わざとらしく思えますし。
退屈はしないけど、おもしろいとも思いませんでした。

>kiraさん

大声で言いましょうよ。仲間がいると心強いし! それっ!
どこが、そんなにいいのか分からない作品ですね。あくまでも私には、ですよ。

>さえさん

そうそう、サイレントなので、場内がシーンとするんですよね。
ん~、でも、すごく笑えるほどの場面があったかな…と思い出そうとしても、もう忘れました。(早っ!)
昔のサイレント映画でも、気に入ったものはありますから、サイレントがダメなのではないのですけどね。

久しぶりにトラバしましてん。

こんばんわ。
GWに見て、感想、思い出すままに書きなぐってます。ヨロピク。
ペピー役の人が久本に似ていて(特に登場シーン!)、美人好みの私にはあんまり嬉しくなかったです。
マリリンや、エヴァ様級の美人は無理だとしても、もうちょっとねぇ。。。
ジョージ役の人の顔も、出ずっぱりで、段々飽きてきたっちゅうか・・・
お犬様は素晴らしかったですけど。

>unikoさん

こんばんは。
久本。。。うー、そういえば、そうかな?
監督の奥さんというウワサも…(ウワサというか、はっきり分かってるはずだが)
じゃんじゃんデュジャル段さんも、飽きますよね! ニヤケ面だし。
犬だけは、ワンカデミー賞、妥当ですね。

うんまあ普通。

つまらんとは思わんかったけど、話がベタなので新味はなかった。
サイレント・モノクロに接してない人には新鮮かもしれない。

>ふじき78さん

奈美、いや、並ですよね。
並すぎます。
アカデミー賞基準、ワタシには、まったく意味不明です。

あじゃ~・・・゙;`(゚∀゚)`;:゙

ボーさん、こんにちは!

これまたボーさんにとって、ハズレの作品でしたか・・・
4作品?続きましたね~(^^;

実は私も、世間が言う程 傑作とは思えなかったんです。
演出や音楽など良い点がいろいろあったとは思うんだけど、
ストーリー展開が平凡でしたね。

しかし、ボーさんはいったいどの作品が気に入ったんだろう?
これは一年のまとめが興味深い。

>YANさん

うわちゃー!
これに来てしまいましたか!
だって、フツーなんですもん。というより、この「でゅじゃるだん」は好きじゃないですね。
「えせクラーク・ゲーブル」でしょうか。(苦笑)
わざわざサイレント映画つくらなくても…と思っちゃいます。

気に入った映画は、あれとか、これとか…それじゃわからん!笑

だんなさんオススメで最初は内心ブーブーで見てたのですが最後は号泣してしまいました。。。

白状すると前半50分はたるくてつらかった。
けどジョージがどんどん情けなくなる感じがかわいくてよかった。ペピーも美人とは言い切れない感じが新鮮でよかった。音楽もわんこもよかった。ので、見てよかったです。

話が単純ですよね、メロドラマに酔えなかったらわたしも楽しめなかったかも。
わたしにはちょうどいいメロ具合でした。
そしてちょうど飽きてきたかなーと思ったころ、狙ったかのようにクライマックスが来て、号泣。

往年のスターもみてみたくなりました。
クラークゲーブルの出てくる映画もこんど見てみようかな。


わたしはサイレント映画をみたことがないのですが冒頭の部分の生演奏つきの場面がとっても贅沢な感じがしてあこがれちゃいました。

ではではなんだかまとまらない書き殴りで失礼しました。

>とーふさん

かわいいですか…なるほど…。

なんで、わざわざサイレント映画をつくって…というところからして、私はダメなんです。
なんか狙ってるんじゃないかと、鼻持ちならない気分がしてしまうのですよー。

ゲイブルなら、それこそ我が家のブログタイトルの元である、「或る夜の出来事」とか、それこそ名作「風と共に去りぬ」とか、マリリンと共演した「荒馬と女」(遺作)とか、いかがですか?

こんにちは!
この作品、小手先感がありますよね。今の時代「サイレント」にしてみればウケるんじゃね?みたいなノリで企画してそう(笑)
私も主人公が舞台挨拶するシーンが嫌いで、それだけ喝采を受けるのが好きなのに「サイレントじゃなきゃ嫌!」と時代の流れについていく努力もしないんで、呆れ果てました。
更には奥さんないがしろだし、トーキーをみて「お遊びだ!」とかホント嫌な奴です…。
あえてサイレントにするなら、もっと心温まるかもしくは大笑いできる作品がよかったなぁ。

>宵乃さん

こんばんは!
ありがとうございます。
小手先感! うん、いい表現です!(笑)
記憶は薄れましたけど、その制作姿勢の基本から好きじゃないんですよね。
呆れ果てたり、いやなやつだと思ったり…なんとも心強い味方(?)で、うれしいです。
肯定する方向の共感で盛り上がりたいものですけど、そう思うものはお互いに、しょうがないですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2286-e11b4c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アーティスト』

(英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあんて、最初は思ったけど、 なるほど、この映画はサイレントだから どう転んでも“外...

アーティスト

アーティスト@東商ホール

映画レビュー「アーティスト」

Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ...

『アーティスト』 (2011) / フランス

原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当選...

アーティスト/ THE ARTIST

ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳...

アーティスト

【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント映...

アーティスト

原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...

『アーティスト』(2011 仏)

本年度(2012年)のオスカー受賞作を観てまいりました。 原題:『THE ARTIST』(101分) 監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス 音楽:ルドヴィック・ブールス 出演:ジャン・デュジャルダン     ベレニス・ベジョ     ジョン・グッドマン ご存知の?...

「アーティスト」無声の声

モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。

アーティスト

人生は悲しいが美しい。  

映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。

噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...

映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり!

1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならでは...

★アーティスト(2011)★

THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ?...

アーティスト

Data 原題 THE ARTIST 監督 ミシェル・アザナヴィシウス 出演 ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン  ジェームズ・クロムウェル  ペネロープ・アン・ミラー 公開 2012年 4月

『アーティスト』感想、つらつらと。。。

思いついた事をすぐ書けばいいのだが、睡眠の誘惑には勝てん。。。。 『アーティスト』鑑賞したからメモっとこ。 ①サイレント映画で内容は『ライムライト』っぽいヤツと思ってた。 『ライムライト』のように自己愛的な要素が濃かったらちょっと無理かなーと思ってた。 …

アーティスト

アーティスト '11:フランス ◆原題:THE ARTIST ◆監督:ミシェル・アザナヴィシウス「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」 ◆出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッ

『アーティスト』を丸の内ピカデリー3で、かなり今更今頃観て定番じゃんふじき★★★

五つ星評価で【★★★意外と普通じゃない?】 焼き肉のタレみたいな名前の 「ジャン・デュジャルダン(ジャンだけじゃん)」と 美女と言いたいけど、ちょっと躊躇しちゃったみ ...

映画:アーティスト

 84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。

アーティスト

サイレント・モノクロ映画を現代風にアレンジ。 映画本来の魅力を新鮮に味わえる、温かい良作です。 THE ARTIST 監督:ミシェル・アザナヴィシウス 製作:2011年 フランス ...

先週観た映画 〜3/24

  すっかり桜が満開! 本当に今年は早いですねえ。 「まほろ駅前多田便利軒(11)」   同じキャストでのドラマも放送してたので、録画でまとめて観ました。   以前にマンガ

一言映画感想(2/16~2/24)

「所さんの目がテン!」が結構好きなんだけど、前にやってた島根の美肌入浴法(41度のお風呂で15分)で顔に何度もお湯をかけるのがいいというから、洗顔の時に試してました。蒸しタオルよりも毛穴の黒ずみが減ったのを実感。やっぱり流さないと汚れは落ちないね。2/24「サンダーボルト(1974)」なりゆきまかせに二番煎じで銀行強盗してやろうというところまではよかったけど、その後急にある方向へと向かってい...

「バトルシップ」 «  | BLOG TOP |  » 「ドライヴ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード