topimage

2017-03

「ダーク・シャドウ」 - 2012.05.19 Sat

ほとんど想定内? 意外な部分での面白さはなかった。

勢ぞろい

白塗り(?)魔女エヴァ・グリーンをはじめ、反抗期小悪魔クロエ・グレース・モレッツ、新星くっきり目鼻立ちベラ・ヒースコートはいい感じだし、大御所ミシェル・ファイファー(彼女は自分から出演を願い出たらしい)、バートン組常連ヘレナ・ボナム=カーター奥様も、しっかり味わいを出している。
とくに、エヴァ・グリーンは、ぴったり、はまってる!


私がバーナバスだ
バーナバス・コリンズには、ジョニー・デップ。

…女優ばっかりじゃん!
たしかに主役はジョニー・デップ。でも、そのほかは…女優競演だ!
えーと、下僕(?)でジャッキー・アール・ヘイリー、あとは一家の息子と親父がいたっけ…。
歌手のアリス・クーパーが本人役で出てきたのもあり。(知らないけど。)


ベラ・ヒースコート
ビクトリア・ウィンター、ジョセット・デュプレスの2役には、ベラ・ヒースコート。

個々のキャラクターは面白いけれど、話が平凡なのか、もうひとつ押しに欠けるというのか、全体的に。
ティム・バートン監督、かつての、とんがってたところが丸くなってきてるんじゃないか?


エヴァ・グリーン
アンジェリーク・ボーチャードには、エヴァ・グリーン。

笑える場面が案外少なくて、けっこう、まじめな映画になってるのが、いいのか悪いのか。
コメディじゃなきゃ、これは何? ゴシックホラーともいえず…。
原作のテレビ番組は知らないから比べようがないが、そのお話にのっとったテイストなのだろうか?


ミシェル・ファイファー
エリザベス・コリンズ・ストッダードには、ミシェル・ファイファー。

個人的に好きな監督だけに、その熟達というよりも、刺激の抜けた炭酸飲料のような気分も、ちらりと思うのだった。

ヘレナ・ボナム=カーター
ジュリア・ホフマン博士には、ヘレナ・ボナム=カーター。

ただ、先に書いたように、キャラクターは楽しいので、出演者の誰かのファンなら、それだけでもOKかも。
できればクロエちゃんには、もうちょっと出番が欲しかったが。


クロエ・グレース・モレッツ
キャロリン・ストッダードには、クロエ・グレース・モレッツ。

(5月19日 TOHOシネマズ 渋谷)

DARK SHADOWS
2012年 アメリカ作品
監督 ティム・バートン
出演 ジョニー・デップ、ベラ・ヒースコート、エヴァ・グリーン、ミシェル・ファイファー、クロエ・グレース・モレッツ

参考:ダーク・シャドウ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

● COMMENT ●

こんばんは♪

期待し過ぎたのか、なんか普通な感じだったんですよね。
お目当てのジョニーよりもエヴァ・グリーンが頭に残っていて...
思ったほどの笑いがなかったのがちょっと残念でした。

ティム作品は昔からとんがってはいないと思いますが
ナイトメアとかシザーハンズの傑作とは
またずいぶん違ってきちゃった感はありますよね。
選曲の良さは変わらずですけど。
今回は70年代音楽よかったな。

期待しすぎたせいかも

ですが、観終わって振り返ると、私も同様にエヴァ・グリーンの魔女が印象に強く残っていただけで、全体としてはやや消化不良ぎみでした。どの役者さんも、役にははまって持ち味を出していて○(子役の男の子も)、なのにキャラがたっていなかったように思えました。ジョニーだけが、持ち味を充分に発揮できていなかったのかな。脚色で律速になってしまったのでしょうね。エヴァ・グリーンの魔女はぴったりでしたね~♪それから、ジョセットが親密になっていく課程や家庭教師の役割を果たしていく課程がもっと描かれているとよかったな、とも思いました。クロエちゃんの最後の、あのなんでもありの展開は・・。この手の役柄が多いので、ちょっとかわいそう。私も全体を通して☆☆☆で同じです♪長崎は、初日なのにお客さんの入りがかなり悪かったです(邦画のS-3Dはどの時間帯も先週から満席!)。

こんばんは~。

この二人のコンビ。
で、ジョニーの(やっぱりな)この容姿(笑)
私はァ~もうお腹がイッパイなので期待はしてなかったけど、それにしても、内容が酷かった(汗)
ジョニーにしてもそうだけど、他のキャストの扱い、雑すぎる(^_^;)
ティム、何をしたくてこの映画作ったんだろうと疑問?(汗)

>yukarinさん

おはようございます。
普通な感じ、わかります。
おもしろみが、あんまりないような。
バーナバスのジェネレーションギャップも、ほとんど笑いに生かせていませんでしたよね…。

>migさん

こういう怪物くん系(?)だと「ビートルジュース」、ジョニデじゃないですけど、あれはヘンな雰囲気もあり、笑えたなあと思い出したりします。
バートン作品常連の音楽担当ダニー・エルフマンは私も好きです。
カーペンターズとか、(あとは知らないけど)よかったと思います。

>さえさん

クロエちゃんは最後が意外でしたが、いきなりな展開感もありましたね。
あのストーリーを、ごく普通に撮っていったら、こうなった、という感触も。
もうちょっと何か工夫できなかったものかとも思います。
ベラ・ヒースコートの役も、もっと時間をさいて描いてくれたらよかったですね。

貞子、大うけですか。。。人気と内容は一致しないとは思いますが、どうなのでしょうね…。

>オリーブリーさん

おはようございます。
雑すぎましたか。
ジョニデが原作ドラマが好きで、企画を上げたとか聞いた覚えが…。
とすると、監督は「頼まれ仕事」かも?(笑)(いえ、わかりませんが)
なんだか、これ!といった部分が少ないような…(これ!といえるのは、エヴァだけか?)

こんにちは♪

ジョニーファンでさえ睡魔が来るとは、恐るべしダーク・シャドウ(笑)
キャストは、キャラはすごくいいのに、それを活かしきれていない内容で
残念でした。オリジナル未見なので、比較は、できないんですけどね(^^;

クロエちゃん好きなので、私も、もっと多く出て欲しかったかなあと・・・

ジョニーに指名されての監督のティムでしたが、彼もこの作品の大ファンとのことですから
決して、やっつけ仕事(笑)ではなかったと思いますよ(^_-)-☆

>ひろちゃんさん

こんばんは!
さすが「暗い影(ダーク・シャドウ)」!?
ファン同士の監督・主演で、こういう映画になったとしたら、オリジナルが、きっとこんなふうなんだ!
…と思っておきましょうか。
大勢出ているので、クロエちゃんの割り当て時間は、あんなもんかな…?

次作に期待かな?

うーん、それぞれの人物の紹介を1時間くらいかけて回して、みーんな濃い人ばかりなんだよーってふって置いて、そろそろ「殺し合い、行ってみるー?」「オー!」「完了!」みたいに終わった、と言う感じです。
アリス・クーパーも私も特に思い入れが無いので、あそこまで一人のアーティストのシーンを引っ張るのは監督、走りすぎ?言うか、ファンでない限り、ある意味退屈なシーンになってしまうのでは?と思いました。
「再建、やるぞーー!」って張り切った後、Top of the worldで「アレ(笑)?カクン☆」ってなって、カレンのTV映像が出たところは楽しかったけど。ヒッピーとのやりとり「愛とは決して後悔しないこと」とか。
クロエたん、「キック・アス」「モールス」やら、ピョンピョン飛びついてかぶりつく(?)役が多いですねえ。ラブな話のクロエたんも見たいですよね。

>unikoさん

そーそー、盛り上がりに欠けるというか、やはり脚本の問題なんでしょうか。
あ、言えてます、アリス・クーパー私は知らないし、そうすると、本当に本人なのかもハッキリしないし。
トップ・オブ・ザ・ワールドでカクン、は上手いシーンでした。そういう面白いところが、少ししかないんですよね。
クロエたんも、またかよっていうか、もしや、もしかして、自己パロディの可能性も…ないかな~?(笑)

こんにちは

結構アダムス・ファミリーみたいなコメディを連想している方が多いようですね
私は予備知識ゼロだったので、楽しんでみることが出来ました
予告編すらみてないのですから^;カーペンターズの楽曲の中、色々な場所で寝てるバーナバスに笑っちゃいましたし…
平和について語り合ったヒッピーたちには…ですし
笑いというよりユーモラスな部分が多かった気がします
あと彫像!襲ってくる彫像にはロマンを感じました(笑)

>makiさん

こんにちは。
襲ってくる彫像…うーむ、すでに記憶になく…(苦笑)
なんだか、決め手がないというか、あー、おもしろかった!といえるまでいかなかったみたいな印象だったんですよね。
俳優はそろっているのですけど。
見たことないけど、原作のテレビに近いテイストを狙ったのかな、なんて思いました。

ボーさん、こんにちは!

またボーさんがあまりお気に入りでない作品だわ・・・(^^;

確かに大きな笑いや強い印象は残らなかったですね~
でも、そこそこコミカルで楽しかったです。
ヘレナとミシェルはまあまあ、クロエちゃんは出番が少なかった、
その中で、エヴァ・グリーンは本当に弾けていて
セクシーで恐ろしい魔女にピッタリでしたね!
主演のジョニーを食っていた気がするなあ~

>YANさん

こんばんは! ありがとうございます。
意外と、いまいちでしたね~。
そこそこではあるかもしれない。期待値の問題なのでしょうか…。
エヴァはジョニデを食ってました! こう、頭からガブリと…ちがーう!
本作のなかで、いちばん目立った俳優なのは間違いない! です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2298-5d7dfdd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダーク・シャドウ/Dark Shadows

数々のヒット作でタッグを組んできたジョニー・デップとティム・バートン監督の8度目の作品。1960年代に放送されていた「ゴシック・ソープ・オペラ」をもとに、魔女とその魔女にヴァンパイアにされた男が200年ぶりに復活した男、更にその末裔たちの姿を描く。共演...

ダーク・シャドウ

【DARK SHADOWS】 2012/05/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベ...

ダーク・シャドウ

Scoreクチコミを見るバートン&デップのテッパンコンビによるダーク・ファンタジー「ダーク・シャドウ」。“浦島太郎”状態のヴァンパイアが笑いを誘う。18世紀、アメリカ・メイン州 ...

「ダークシャドウ」白塗りジョニーとジャパンプレミア

やっぱりステキ!!ジョニーのお洒落センスはぴか一だよね☆ 「ダークシャドウ」ジャパンプレミアの今回は、胸元も大きく開いてとってもセクシーなジョニー様☆ 相変わらずお洒落度ハンパないwa。ドン小西が5つ☆をつけていたけど、当然でしょう? それにしても冷たい?...

ダーク・シャドウ

私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。

ダークシャドウ / Dark Shadows

ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血...

ダーク・シャドウ

ダーク・シャドウ@中野サンプラザ

ダーク・シャドウ

裕福なコリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上、生き埋めにされてしまう。 200年後の1972年。 ふとし...

ダーク・シャドウ

悲劇を笑い飛ばす愉快劇!  

ダーク・シャドウ

評価:★★★☆【3,5点】(10) 予想と違い意外にも真面目に作られてますね。

ダーク・シャドウ

Data 原題 DARK SHADOWS 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ  ミシェル・ファイファー  ヘレナ・ボナム=カーター  エヴァ・グリーン  クロエ・グレース・モレッツ 公開 2012年 5月

映画「ダーク・シャドウ」感想

舞台は1972年、メイン州コリンズポートの町 カーペンターズの歌、アリス・クーパー(本人)、ヒッピーなどのノスタルジアも混ぜながら、ヴァンパイアになりきりジョニーが町中を駆け巡る。ベースは昔の...

ダーク・シャドウ IMAX版/ジョニー・デップ

ティム・バートン監督とジョニー・デップによるコンビ8作目は今や流行りものから定番ジャンルと化したヴァンパイア・ムービーです。ティム・バートン監督までヴァンパイアに手をだ ...

映画:「ダーク・シャドウ」♪。

平成24年5月22日(火)。 映画:「ダーク・シャドウ」。 監  督 ティム・バートン 脚  本 セス・グラハム=スミス 原  案 ジョン・オーガスト 、セス・グラハム=スミ

★ダーク・シャドウ(2012)★

DARK SHADOWS 200年ぶりに甦ってしまいました 上映時間 113分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/05/19 ジャンル コメディ/ファンタジー 映倫 PG12 【解説

『ダーク・シャドウ』

ティム・バートンがマトモになったら映画がつまらなくなります。 久しぶりにティム・バートンとジョニー・デップとダニー・エルフマンがコラボした映画が見れると楽しみにしてい ...

ダーク・シャドウ ヴァンパイアの浦島太郎物語(泣)

【=22 -1-】 ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビがお送りする、やからね〜観たくなるやん、どうしても、だから封切りの日に行ってきた、さすがに満員だ。  18世紀半ば

「ダーク・シャドウ」

やもめ岬。 魔女の呪い。 家族こそが財産。

[映画『ダーク・シャドウ』を観た]

☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、  小さな町(コ

【映画】ダークシャドウ

JUGEMテーマ:洋画  ジョニー・デップ主演、ティム・バートンのコンビ作品です^_^ このコンビが好きな方にはたまらんでしょう! 昔、魔女により吸血鬼にされた挙句に200年近く閉

鑑賞中はワハハ、後はなんとなくモノ足りなかった『ダーク・シャドウ』

こないだの日曜日、行ってきたんすけど。 お金かけてるなー、とホウッと溜息が出るほどの美しいアングル・・・ 紅葉の山、沼地を列車が通り抜ける風景、 岩壁にお城のような豪華な屋...

『ダーク・シャドウ』 (2012) / アメリカ

原題: DARK SHADOWS 監督: ティム・バートン 出演: ジョニー・デップ 、エヴァ・グリーン 、ミシェル・ファイファー 、ヘレナ・ボナム=カーター 、ジョニー・リー・ミラー 、ク...

ダーク・シャドウ

ダーク・シャドウ '12:米 ◆原題:DARK SHADOWS ◆監督:ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」 ◆出演:ジョニー・デップ、エヴァ・グリ

映画:ダーク・シャドウ

 ジョニー・デップは別段好きではないんだけど、ティム・バートンが好きなので、予告に連られてダーク・シャドウを見ました…。

『ダーク・シャドウ』’12・米

あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前

ダーク・シャドウ

DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) −監督− ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 −製作− ジョニー・デップ −出...

ダーク・シャドウ

評価が芳しくないし、オリジナルである60年代のTVシリーズを知らないのもあってちょっと心配していたんだけれど、ダークでファンタジックな世界観、オブジェがモンスターと化して襲

ダーク・シャドウ

コメディ、ロマンス、ホラーがゴチャ混ぜで単純に楽しいけど、 もっとぶっ飛んでほしかったな~ ティム・バートンとジョニー・デップのコンビなんだもの。 DARK SHADOWS 監督:テ

映画『ダーク・シャドウ』を観て

12-48.ダーク・シャドウ■原題:Dark Shadows■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:113分■字幕:石田泰子■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ティム・バ

ダーク・シャドウ

【あらすじ】 1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子 バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けて イギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら

先週観た映画 〜11/13

  ドラマを観つつ、レンタルで届いた映画を観てたり。 「バーク アンド ヘア(Burke & Hare/10)」   1827〜28年に実際にイギリスで起きた連続殺人の映画化。   解剖用の死体を調達...

映画評「ダーク・シャドウ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ティム・バートン ネタバレあり

【映画】ダーク・シャドウ…(ヤッツケ映画観賞記録6)と夏休みの過ごし方。

2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしま

ダーク・シャドウ

ジョニー・デップ&ティム・バートン監督のコンビの熱烈ファンの方には、期待が大きすぎてか、(毒っ気が乏しい、とか)賛否両論あったみたいですが軽く見られる、コメディとして、私は面白かったです。背景も、うんと雰囲気だったし、美女達を眺めてるだけで楽しく、オトボケなところも御愛嬌。それにしても、バートン監督。ジョニー・デップの美貌を特殊メイクで封印させることがお好きですね。その徹し方に、思わず (^...

「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 «  | BLOG TOP |  » 「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード