topimage

2017-07

「スノーホワイト」 - 2012.06.26 Tue

白雪姫のクリステンさんの映画というよりは、継母のシャーリーズ姉御の映画ですね。

当然、シャーリーズ映画は観ますが。
なんたって、今回は、ドSなシャーリーズにゾクゾクしちゃうの。(って私Mでも、おかまでもないわよ。)

ポスター

…自分より美しい娘が現れたら、ピーンチ!
というけど、シャーリーズのほうが美しいんじゃね?(苦笑)
好みの問題もあるかもしれんが。

シャーリズ女王

でも、クリステンさんは白雪姫って感じじゃないねえ。
華やかさとは、ちょっと違うし。どちらかといえば地味でしょ。

クリステン王女

スノーホワイトを助ける男、どこかで見たなと思ったら、マイティ・ソーじゃないか。そう、ソーだ
…じゃあ、強いんじゃん?
といっても、映画が違うからねえ。

ずいぶん背が縮みました

シャーリーズ演じる女性(継母)(女王)は、なぜ魔法の力を得たのだろう?
何のために? 何と引き換えに?
女王としての力を持つために、悪魔と契約でもしたか?
きっと女王の立場でなかったら、別の人生を歩んでいたのだろうなあ…。
私のお嫁さんとか。(…はい?)

あたしに逆らおうっての?

カラスの集合体シャーリーズ、よかったな~。
老けメイクも辞さないシャーリーズ、やはり私は好きです。
愛してます。

逆らうわよ

(6月17日 TOHOシネマズ 渋谷)

鹿さんハロー

SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
2012年 アメリカ作品
監督 ルパート・サンダーズ
出演 シャーリーズ・セロン、クリステン・スチュワート、クリス・ヘムズワース、サム・スプルエル、イアン・マクシェーン

寝ちゃダメ

参考:スノーホワイト@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ポスター

All pictures above (c) 2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

愛してます!
きれいな人だにゃ~。
(c) cafegroove Corporation. All Rights Reserved.

● COMMENT ●

こんばんは☆彡

>ドSなシャーリーズにゾクゾクしちゃうの

あはは~。もう、ボーさんたら~(笑)
実は、私、こう見えて(どう見えます?笑)、ドSなんですよ~(笑)
あっ!でも、美しいシャーリーズのドSが、ボーさんは
たまらないんですよね(笑)それに、Mじゃないんだ(笑)

さて、冗談はこのへんにして(笑)

そそ、シャーリーズの映画ですよね~
クリステンは、白雪姫って感じじゃあないですもんねえ。
ナイフを持ったクリステンのお顔、怖い、ブチャイクに見える~(笑)
映画の面白さは、残念ながら、期待以上ではなかったです(^^;

愛してます・・・な~んて言ちゃって~
ボーさん、浮気だ!浮気!マリリンに言いつけちゃうぞ~(笑)

>ひろちゃんさん

おはようございます。
むむ~、そう見えて、ドSでしたか! 
私は実はSもMもOK。SサイズもMサイズも入るのです。(おいっ! しかもウソだ。Sは入らん。)

あ。ほんとだ、ナイフを持ったときの画像を改めて見たら、ぶさい…
強さのある、旬の女優を配した白雪姫ということなのでしょうが、エル・ファニングちゃんあたりに頼んだら、もっとスノーホワイトっぽかったんじゃないでしょうか。
…単なる好みか。(笑)

マリリンは大丈夫です。彼女は「ボーは私の元に帰ってくる」と分かっていますので。(爆)

こんにちは♪

シャーリーズ美しかったですねえ!ため息漏れちゃいました
老けメイクもなんのその、哀しい過去を持つ類い稀な美貌の女王に主人公喰われちゃってましたね~
出来れば前半部だけではなくもっとその輝いてた美貌を後半ももっと見たかったですが…。

>makiさん

こんにちは!
ねー。
でも、クリステンのほうが美人で好きだー、という人も、なかには、いるかもしれないと思ったりして。
4分の1くらいは、「マイティ・ソー」を見ているようでもありました。(笑)

変わりまくる白雪姫人物像

>シャーリーズのほうが美しいんじゃね?(苦笑)
セロンが白雪姫でもよかった気はしますよ・・・まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

グリム童話って のちに子供向けにして表現されたのですよね。七人の小人ではなく暗殺者とか、継母から白雪姫を殺して彼女の肝臓やあるいは心臓をとって来いと猟師に命じたり 最後は焼けた靴を履かされる継母・・・・ 


 なんか 白雪姫が目覚めた説も王子のキスなんかじゃなく、 王子か王子の家来が藪で足を滑らせて倒れてその拍子に吐き出したり、 
 姫を運ぶのに疲れた王子の家来がイラついて姫を蹴り飛ばして その拍子に吐き出した・・・と。

 ぜんぜん ロマンチックじゃねえ~

そのうち物語は 年月が流れるたび内容が塗り替えられていく気がします。

 白雪姫はプロレスやカンフーなど格闘技の達人で自分を襲う刺客を  ドレス姿でジャーマンスープレックスやパイルドライバーを繰り広げるわ
 剣で襲ってきた敵に よけると同時に バク転蹴りや空中高く飛んだと 思ったら 敵の後頭部をかかと落としを食らわしたり・・・ 
 いつ"アメリカンコミックヒーロー化"したとしても おかしくないかも^^ 


 悪役の継母は
実は 村の子供たちから慕われている アニーサリバンのごとく教育者で慈愛の女性。
 「鏡よ、鏡…」でも 「この世で誰もが幸せにくらせるには どうしたらいいのですか?」 と 問いかける人とか・・・


 王子は王子で 死〇愛好家である他に ギャンブルと女性関係に だらしがなく 治めている国の財政が破綻寸前だったり 村の女性を見ると見境無く手をだして 何人かを妊娠させてしまい、表ざたにならないようお金で解決して表面をとりつくろう クズ野郎 だったとか

 やっぱり グリム童話って 怖いわ・・・・

>zebraさん

グリム童話…童話がこわいとなると、幼すぎる子供にはトラウマになりそうです。
でも、子どもは残酷といいますからねえ。案外、喜ぶのではないかと。

シャーリーズの白雪姫…○○年後の姫の物語なら問題ないですね。

コメント追加しま~す

白雪姫のクリステンさんの映画というよりは、継母のシャーリーズ姉御の映画ですね。

当然、シャーリーズ映画は観ますが。
なんたって、今回は、ドSなシャーリーズにゾクゾクしちゃうの。(って私Mでも、おかまでもないわよ。)

>きっと女王の立場でなかったら、別の人生を歩んでいたのだろうなあ…。
私のお嫁さんとか。(…はい?)

>きれいな人だにゃ~。
 ボーさん シャーリーズスキなんですねv-10

わかりますよ~  ・・・て、コトは 前国王の白雪パパことマグナス王 結婚初夜のベッドで殺されたみたいですが・・・
まあ、国王といえど、初夜のベッドじゃ ただの男ですからねぇ! 
仁義無き戦いで 組長のタマ・・・イヤ こともあろうに、国王の二つのタマと本当のタマ(命)取られちゃうとは(^▽^)


 "国王ぉぉぉーーー 覚悟しいやぁぁぁぁぁぁーーー"や、やめろ ラベンナ・・・ ワシのナニをどうするつもりじゃ・・・うぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!” 絶命・・・

"やったぁぁぁぁ  国王のタマ(ふたつも) 取ったよぉぉぉぉぉ"   勝利の雄たけびのラベンナ。

 まさに 白雪の世界観も下克上・・・・


恐るべしっ!!!!セロン女王!!!!

>zebraさん

カラフルなコメントありがとうございます!
シャーリーズスキです。…こう書くと、「シャーリー・スズキ」という日系人かと間違えちゃいますが!(笑)

セロン女王さまなら、ついてきますっ。っていうことで。
女王様でなくても、フツーの娘でお付き合いしたいです! タマはあげないです。(爆)

本当に「シャーリーズ姉御の映画」でした(笑)
ほぼシャーリーズのことしか残ってないボーさんレビューさすがですv
クリステン・スチュワートは、まあ逞しさはそこそこありますが、白雪姫としてのオーラが…向こうでは人気あるんですよねえ。

>まおさん

ありがとうございます。
シャーリーズびいき、正直にもほどがある。
けど、実際こんな映画でしたよね。
クリステンも、画像はちゃんと、いっぱいありますよ。

そういえば 続き書いてませんでした

 ボーさん、(坊さんじゃないですよ^^) こんにちは
そういえば あのコメ以来 続き書いてなかったので書きますね。

"これから 私が この国 仕切っちゃるけんのう~ 白雪、あんたぁ 城の塔で一生すごさせちゃる・・・ "

しか~ぁし! 7年後、虎視眈々と女王への復讐の機会を狙ってた白雪!ドスの振りぬき・・じゃなかった、剣術を習得して若頭の狩人や組員の小人たち仲間あつめて さあ 落とし前つけに!・・・
"ラベンナ姐さ・・イヤ じゃなかった 女王・・かちこみですぜ・・"
"なにあわてとんの!あんたらが はよ 白雪のタマぁ 取ってこんかい"

しかし 白雪に追い詰められらたラベンナ・・・

"ハア~ハァ~(ギラついた目つきで)ラベンナ・・・もう、逃げられんぞ!こんときをあてえは待っとった!オヤジの仇じゃぁぁぁ" 
"待っとくれ 白雪 私の話 きいとくれ・・・" 
"女王なら 死ぬときくらい潔くせいやぁぁぁ  うりゃぁ(ドスっ) " 
"うがぁ・・・ァ・・・(絶命)"
 "やりました・・・オヤジぃ・・・仇とりやしたぁ・・・ラベンナのタマ(女だからあっちのタマは無かったが)取りましたぁぁ!!! 
"
 しっかりと落とし前つけてラベンナのタマを取った白雪・・・ 仲間たちから新組長就任の杯受けて・・あっ、じゃなかった 戴冠式を受けて 新女王に就任。

 "新女王様 うぃッス" "ご苦労様です"
 "国のために よろしく お願いしまっす" 
怖い(?)強面になった組員・・じゃなく 狩人と小人たちから激励されるとは・・・恐るべしっ!!!! 白雪新女王!!! 女王の座はタマ(=あっちのタマじゃないですよ。"命"のコトですよ)の取り合いでなりたつ下克上のシンボルなんでしょうね。

>zebraさん

ううむ…
まるでヤクザの話んこつなっとる…
小娘の組長ということで、ちょっと「セーラー服と機関銃」を思い出しましたばい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2315-f2945f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スノーホワイト/Snow White and the Huntsman

有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤ...

映画「スノーホワイト」感想

映画「スノーホワイト」観に行ってきました。グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたア...

スノーホワイト

まさかの「もののけ姫」。

【映画】スノーホワイト

JUGEMテーマ:洋画 わかる人にはわかると思いますが、 スノーホワイト = 白雪姫この映画は白雪姫なんですが、とてもダークディズニーと世の中に出回っている白雪姫のイメー...

スノーホワイト

幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生...

★スノーホワイト(2012)★

SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN “おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる! この夏、世界は、初めて出会う。 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東

スノーホワイト

【SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN】 2012/06/15公開 アメリカ 127分監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、

スノーホワイト        評価★★★★85点

グリム童話「白雪姫」をモチーフに、悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインの姿を描くアクション・アドベンチャー。監督は、CM界で華やかなキャリアを築き上げ、本作が長編デ

美しさは権力なのか 『スノーホワイト』

監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点

スノーホワイト 自然に逆らうものと、自然と共生するものの闘い

【=27 -2-】 今年の父の日は何事もなく終わった・・・( ̄ω ̄;)エートォ... 白雪姫ってディズニーのアニメとその絵本でしか知らないが、もともとグリム童話なんだから、ディズニーでの

スノーホワイト

Data 原題 SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN 監督 ルパート・サンダーズ 出演 クリステン・スチュワート  シャーリーズ・セロン  クリス・ヘムズワース  サム・クラフリン  イアン・マクシ...

スノーホワイト(2012)***SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN

“おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる!好き度:=70点 母が退院したので一段落。ご心配下さった方、またコメントのお返しにお邪魔したいと...

映画:スノーホワイト

 1997年のシガニー・ウィーバーのスノーホワイトが結構怖かった印象が強いのですが、再び実写映画化された本作はどんな風になっているのでしょうか。と言うわけで今回の映画記事は

スノーホワイト

SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) −監督− ルパート・サンダーズ −出演− *クリステン・スチュワート...

スノーホワイト

いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこ

映画『スノーホワイト』を観て

12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパ

スノーホワイト (Snow White and the Huntsman)

監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性

映画評「スノーホワイト」

☆☆★(5点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ルパート・サンダーズ ネタバレあり

先週観た映画 〜6/30

  上半期が終わってしまった… もう7月なんですねえ。 「クィーン(The Queen/06)」   ダイアナ妃が亡くなった後の一週間を、王室側・女王・首相からの視点で描く。   現女王

DVDまとめてレビュー「野火」「スノーホワイト」「変態仮面」

風邪ひきさんがいたことで寝正月となった冬休み。 久しぶりの出勤・通学で疲れた体を癒す3連休もまたゴロゴロ。 こんな日はやっぱりDVD鑑賞ね。

「サニー 永遠の仲間たち」 «  | BLOG TOP |  » 「月に囚われた男」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード