FC2ブログ
topimage

2020-07

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」 - 2012.07.22 Sun

おもしろい! ゲームや漫画みたいで、遊び放題!

はじめのユニバーサルのロゴの音楽からして、ゲームの電子音楽風。
漫画みたいに、効果音が文字で出たりもする。
かと思えば、アメリカのホームドラマみたいに、偽ギャラリーの笑い声を入れたり、原作のコミックスの絵(?)を入れたりで、とくに映像表現の面で、もう、これでもか、の遊びの工夫てんこ盛り、いちいち面白い

ポスター

バトルアクションも頑張ってるし。

言っておきますが、私はゲームはしませんし、漫画もあまり読みませんよ。それでも楽しめた映画。

バトル!

主役のスコット・ピルグリムは、それほど格好よくないのに、女の子にモテているのが少々(どころか大変)気に入らないが、彼のおかげで(?)女の子がいっぱい出てくるので、大目にみてやる。(笑)

ラモーナ配達中

高校生女子のナイヴス(エレン・ウォン)に好かれているのに、ラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に鞍替えするのも腹が立つが、彼女自身も男を渡り歩いてきた過去があった! 
そして、彼女と付き合うためには、彼女の過去関係者7人の刺客(?)を倒さなければならないのだった!(爆笑)
…まあ、鞍替えするには、そのくらいの覚悟がなければいかん!

ナイヴスかわいいじゃん

ということで、ほかにも、妹にはアナ・ケンドリック、バンド仲間の元カノ(?)にはアリソン・ピル、元カノにはブリー・ラーソン、口の悪い女(って、どんな紹介してんだ)にはオーブリー・プラザ、対戦相手女子にはメイ・ホイットマン、なんてふうに女子陣豊富で楽しい。

兄妹電話中

女優好きで、おばかっぽいのが好きだったら、問題なく楽しめるんじゃないかと。
男優は誰が出てるか知りたかったら、調べてください。(冷たい待遇)
けっこう、みんな適役です。

カルキン、ゲイ

メアリー・エリザベス・ウィンステッドには、私は「ダイ・ハード4.0」「デス・プルーフ in グラインドハウス」でお目にかかってますが、あんまり顔を覚えてなかった。今回で覚えたよ。
Amazonの配達の仕事をしていて、1週間半ごとに髪の毛の色を変えるラモーナでした。

対決?

監督の過去作「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)も「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(2007年)も見ていないけど、そのうちチェックしようかなっ。

武器ゲット!

(7月21日)

SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD
2010年 アメリカ・イギリス・カナダ作品
監督 エドガー・ライト
出演 マイケル・セラ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、エレン・ウォン、アナ・ケンドリック、アリソン・ピル

言い寄る

参考:スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


ラブラブ

All pictures (c) 2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

● COMMENT ●

ボーさんの記事は女優さんにと~っても偏っているので(;^^
さっき調べて「へぇ~」って思ったことをちょいと。
この映画に出ていたキーラン・カルキンって男優さん、
マコーレ・カルキンの弟だったんですね。
え、興味ない?

>kiyotayokiさん

はい、興味ないけど、知ってます。
ゲイ役が、えらくお似合いなカルキンくんですね。ゲイだから、軽キン…ああっ!品のいい我がブログがっ!笑
スコットが目を覚まして起き上がると、隣の男も起き上がり…というギャグがおもしろかったです。

あはは、カルキン君も斉藤兄弟もスルーで潔い!(笑)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」も「ホットファズ」も私は好きです♪
サイモン・ペグ&ニック・フロストとまたやらかして欲しいなあ。

>まおさん

日本人のサイトーブラザーズのことは書こうかなとも一瞬、思いましたが、セリフもなかったし、やめました。
そういえば、ペッグ&フロストは、これには出てなかったですね。

たのしそー!

ああ・・・タイトルとジャケットの写真(なんて言うのかしら?)だけで、「これ見終わってつまんなくても金返せとは言わない」と思っちゃうくらい、アホ映画感が出てます。女の子みんなかわいらしい感じだし、夏だし、ビール飲みながら見たいです。

>とーふさん

いちばん上のは、ポスターですね。
カレとカノジョ、そして7人の敵が総出演!(笑)
ゲーム絡みですから、任天堂の許可をとったり…とかしているみたいですよ。
アホ楽しいので、機会があったら、どうぞ。
いや、どんなのを楽しがるのか分かりませんけど!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2325-49b8c52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

ユルくて長いが面白い。

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

エドガー・ライト監督作品だってことで期待していました。オタク系男子の身の動きを見よ!(ありえなッ) 漫画原作らしいですが、いかにも漫画らしい擬音なんかが飛んでいったり、

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (Scott Pilgrim vs. the World)

監督 エドガー・ライト 主演 マイケル・セラ 2010年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 112分 コメディ 採点★★★★ 男ってのは、好きな人が出来るとその人の過去までものにし

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

【SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD】 2011/04/29公開 アメリカ/イギリス/カナダ 112分監督:エドガー・ライト出演:マイケル・セラ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キーラン・カルキン、

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団/マイケル・セラ

『ホット・ファズ−俺たちスーパーポリスメン』のエドガー・ライト監督がカナダの人気コミックを実写映画化したバトルアクション・ラブコメディーだそうです。もう予告編からして ...

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』

(原題:Scott Pilogrim vs. the World) 「う〜ん。こういう映画を言葉で語るのは実に難しい。 まあ、とにかく観てみて感じて…」 ----えっ、それで終わり? あんまりだ〜。 どういう映画かくら...

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団/Scott Pilgrim vs. the World

カナダの人気コミック「スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド」を『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライト監督が実写映画化。ヒロインに恋をした主人公が

映画評「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」

☆☆(4点/10点満点中) 2010年アメリカ=イギリス=カナダ映画 監督エドガー・ライト ネタバレあり

『スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団』(2010 米・英・加)

tonbori堂さんのweb-tonbori堂ブログでこの映画の存在を知って以来、 ぜひ観てみたいと思っていたのだけれど、先日、映画サービスデーを利用してやっと行ってまいりました♪ 映画館は、...

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD/10年/米・英・加/112分/青春アクション/劇場公開 監督:エドガー・ライト 製作:エドガー・ライト 原作:ブライアン・リー・オマリー『スコット・ピル...

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 / SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD

ランキングクリックしてね←please click この映画、DVDスルーのはずだったのが、劇場公開を望むネットの署名運動によって公開が決まった 「ホットファズ-俺たちスーパーポリスメ

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010)★☆SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD

   ゲーム、ロック、イケてる彼女 それがぼくの人生の必勝アイテム! Tジョイ京都にて鑑賞。遅まきながら、ファーストディに観て参りました。「ホット・ファズ 俺たちスーパ

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

ウォレスとインド人の元カレのキャラが面白い。

「スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団」ゲームだけに

カナダのコミックが原作の、ゲームをそのまま映画にしたってかんじの映画。 あくまでゲーム。 それ以上でもなく、それ以下でもなく・・・・・

「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 «  | BLOG TOP |  » 「回路」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード