fc2ブログ
topimage

2021-12

「妖怪大戦争」 - 2005.08.15 Mon

神木くん、妖怪に囲まれるの図

(c) 2005 「妖怪大戦争」製作委員会

この映画は子ども向けかな、と考えていたのだが、思ったより面白かった、という評をいくつか見かけて、では観てみようかなと映画館に足を運んだのであった。
三池監督の映画では「カタクリ家の幸福」(2001年)が面白かったので、そこだけは少し期待していた。

結果。楽しんで観ました。いわば、脱力系(力が抜けるような展開と笑いで進行する、というか…)の映画なので、映画に対する見かたが堅苦しい人には向きません。

それにですね、栗山千明さんと高橋真唯さんの、お色気! これは思いがけない収穫でござんした。
「あゆ」みたいなコスプレ。アギ(栗山千明)
栗山さんは「キル・ビルVol.1」の、“ゴーゴー夕張”役が印象的な女優さん。本作では役名である“鳥刺し妖女アギ”ならぬ、“あゆ”(浜崎あゆみ)みたいなコスプレ・ミニスカ姿で、妖怪には見えないぞ。(笑)
写真はポスターから切り取ったものなので分かりづらいが。
エンドクレジットが出るまで、私は栗山さんとは知らなかった!

太腿に萌え。川姫(高橋真唯)
高橋さん。私は彼女を初めて知った。川姫という妖怪の役で、ふとももが…ふとももが! すっごくいいのだ! こんなんで膝枕されてて…男の憧れですね。
コスチュームが深く分かれていて、どこまで見せてくれるんだ、ふともも!
……失礼。とりみだしまして。

まあ、ヘンで面白いです。
敵が「帝都物語」の加藤保憲で、手下がコスプレ美女。作り出すのは「機怪」という、廃棄物と妖怪ミックスの怪物。
ゆるい笑いと、ときめく色気(?)と、さりげない主張が、確信犯的に表われる。
言葉として、はっきり主張されたのは、たとえば「復讐は人間の証し」とか「戦争は腹が減るだけ(by水木しげる御大)」とか。

下のデータに書いた出演者の他にも、いろんな人が出てます。南果歩、根岸季衣、岡村隆史、佐野史郎、遠藤憲一、忌野清志郎、そして私が観る数少ない邦画に、かなりの頻度で出てくる竹中直人と柄本明。(爆)
おまけで荒俣宏、宮部みゆき、大沢在昌、京極夏彦、水木しげる。

主題歌が、忌野清志郎と井上陽水!
映画が始まる前に館内に曲が流れていたのだが、小さい豆と書いてアズキ…読めねえぜ コマメだろ♪ なんて歌詞に笑ってしまった。
映画では、このコマメ、いや、小豆を扱う、妖怪・小豆洗い(岡村隆史、すごい変装。…変装というか?)が、とても重要な存在になるのだった。
重要といっても、脱力的に笑えるオチに突入するわけなんだけどもさ。

ただ、神木くんの「真っ白なウソ」には感動した。あの場面、彼に、こう答えてほしいなあと思っていたら、そのとおりに答えた。泣けたよ。

大人になるって…何かを忘れてしまったこと? 悲しいね。(8月14日)

2005年作品
監督 三池崇史
出演 神木隆之介、高橋真唯、栗山千明、三輪明日美、吉井怜、成海璃子、豊川悦司、菅原文太、近藤正臣、宮迫博之


妖怪バスの行き先は?

(c) 2005 「妖怪大戦争」製作委員会

トラックバックは、妖怪大戦争@映画生活様に。

追加トラックバック:
レザボアCATs様

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

これ、ちょっと観たいですw

「妖怪大戦争」は未見ですけど、神木隆之介くん見たさに行っちゃうかも。
彼のあまりの可愛らしさにぎゅーーー!!ってしたくなっちゃいます!
あ、あれ?これってアブナイ?(^^;

>小夏さん

そう、神木くんは可愛いですよね。同級生たちのセリフのあまりの下手さのせいか、彼の上手さが際立ってました。(^_^;)
びっくり体験が続く役柄のせいか、「おー!」と、ひとつ覚えのように驚いてばかり、いましたけどね!
ぎゅーとしたいの、分かりますよ。萌えても可!

同感

>大人になるって…何かを忘れてしまったこと? 悲しいね。

悲しいですね。今でも特撮ドラマ観ても楽しいし、アニメ観ても楽しい。でも、今の自分には妖怪は見えない気もする。でもその理由がよくわからない。だから悲しい。全く同感です。この映画は、子供にも大人にもお楽しみを配慮した結構いい作品だと思います。感想に関してはほぼ同感です。

>Mr.Ericさん

いらっしゃいませ! コメントありがとうございます!
忘れてしまったのは、素直な心、ですかねえ。
この映画を楽しめるのは、わりと純真というか、子どもの心を持っている人じゃないかとも思います。
ぬいぐるみみたいなスネコスリが、見えたらいいですね~。

こんばんは

そうですね、私も、この作品、とても楽しめました。
>太ももが、太ももが
って、こらぁ~!!(笑)
この作品、なんかみんな、太もも太もも言ってるんですねぇ。
でも、確かにこの高橋真唯という女優さん、私もとってもかわいいと思いました。
神木くんもとってもかわいかった~♪

>とらねこさん

いやー、あのコスプレは青少年(誰がだ?)には衝撃ですよ。
世の男性のためには、この配慮(?)は正解でしょう。
そのわりに、高橋真唯さん、見かけないですが。(私が彼女の出ている作品を見てないだけか?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/233-dc44bd43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

祭りに行こう 「妖怪大戦争」

荒俣 宏 妖怪大戦争 「妖怪大戦争」 今の時代に“妖怪モノ”ってどうなの?観るまでは不安だらけだったが、娯楽性、笑い、メッセージ性もあり、冒頭からラストまで楽しめました。子供向けなんかじゃなく、各世代が楽しめる作品だと思います。ここ最近

妖怪大戦争舞台挨拶@丸の内ピカデリー2

8/6『妖怪大戦争』の舞台挨拶に行ってきたぁ  サンスポ、日刊以前書いた通り(ココ参照)σ(●゜∇゜●)は神木くんと共演したことがあるのだぁ(笑)9:30に銀座に到着。地上に出ると(~Q~;) あっち~劇場入口で、大入袋と鳥取県の観光ガイド&マスコットの「トリピ....

#37:妖怪大戦争

麒麟送子に選ばれ、麒麟送子になり、麒麟に乗って空を飛ぶ。その姿が見えるのはKIRIN(麒麟)ビールを飲んだ時だけ?!お祭りでしたね~大人たちが寄ってたかって子供の頃戻って妖怪の映画を作ろう!!とした意気込みが感じられました{/kirakira/}それに出てくる女性陣がどれ

114.妖怪大戦争(’05 三池崇史監督)

妖怪が大好きです!!魔力を持っていて、見た目からして自然界との繋がりを彷彿とさせ、普通の人間には見えない彼らの存在は、もはや西洋にあって“妖精”である、とも思うし、“魔法使い”でもあると思う。だから、妖怪は立派な日本の“ファンタジー映画”なんだと思うし、

映画 妖怪大戦争

JUGEMテーマ:邦画    『帝都物語』をホラーにしたような『妖怪大戦争』。   ちょっと拍子抜けするような最後ですが   B級映画としては、まともな方ですね。       2005年 松竹映画 ...

帰省できないお盆 «  | BLOG TOP |  » 「奥さまは魔女」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード