FC2ブログ
topimage

2019-12

「ジェシカ・アルバの “しあわせの方程式”」 - 2012.07.27 Fri

止まってちゃだめ。逃げちゃだめ。
そして、不完全でも、みんなが揃っていることも大事。


原作は、エイミー・ベンダーの「私自身の見えない徴」。

ポスター

Amazonの解説を流用させていただくと…。
10歳の誕生日、父が原因不明の病気になり、モナは「止めること」をはじめた。大好きなピアノも、得意だった陸上も、デザートも映画も、卵入りサラダも何もかも。止められなかったのは、木をノックすること、それから数学。リズミカルにノックしながら、無限に数える。それがモナの愛。モナの全て。20歳を迎えたモナは、ある町の小学校で逃げ出した先生の代わりに算数を教えはじめる。理解不能、個性ばらばら、手に負えない子供たち。閉じていたモナの宇宙が、否応なしに開かれてゆく。

ポスター

ジェシカ・アルバたんの映画「キラー・インサイド・ミー」を見るも、後味が悪かったので、口直しに本作を観賞。
未公開らしいけど、ジェシカたんのおかっぱ頭というのか、雰囲気が違って、もしかして若い頃の映画なのかなとも思った。でも、あとで調べたら、2010年のバリバリ新作だったが!

「ジェシカ・アルバの~」なんてタイトルをつけると、いかにも安っぽい。
彼女の名前で引きつけて、このDVD借りてよ~!って言ってるのが見え見えじゃないか。いい映画だとしても値打ちが下がる、みたいな。まあ、見てもらえないよりも、そのほうがいいのか。

授業

私は好きです。
ちょっと風変わりな映画ではあるが、そのユニークさが面白いし、心の問題に対する姿勢があたたかくて、一歩前に進もうとする映画は、いいものです。
かわいい子役が出る映画であることも、好きな点。

ちょっと引っかかるところとしては、アメリカの先生って、授業を自分の自由にできるのか~? わりと子どもに受けてたから、中身としては、いいのだろうけど。
それに、1、2年生の授業風景は初回だけ見せたけど、子どもを静かにさせることができていなかった先生。その後はバッサリと割愛していて、その後うまくやっていたのかどうか、少々知りたくもあった。

子どもと

彼女の行動にヘンなところがあっても、それは彼女自身がさまざまなことを「止めている」わけだから、見ていて受け入れられないことはない。

(7月22日)

子どもと

AN INVISIBLE SIGN
2010年 アメリカ作品
監督 マリリン・アグレロ
出演 ジェシカ・アルバ、ベイリー・マディスン、ソフィー・ナワイデ、マッケンジー・ミローン、クリス・メッシーナ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


取り合い

All pictures (c) 2010 IFC Films

● COMMENT ●

原作を読んでみたいよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2332-64cfa186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジェシカ・アルバの “しあわせの方程式”

AN INVISIBLE SIGN/10年/米/96分/コメディ・ドラマ/劇場未公開 監督:マリリン・アグレロ 原作:エイミー・ベンダー『私自身の見えない徴』 出演:ジェシカ・アルバ、ベイリー・...

ジェシカ・アルバの“しあわせの方程式”

モナは数学が大好きということ以外は、他の子となんら変わらない、明るく、運動も好きな普通の女の子。

ジェシカ・アルバの“しあわせの方程式”

ジェシカ・アルバの“しあわせの方程式” [DVD](2011/11/02)ジェシカ・アルバ、クリス・メッシーナ 他商品詳細を見る 【AN INVISIBLE SIGN】 制作国:アメリカ  制作年:2010年 モナは数学

「ダークナイト ライジング」 «  | BLOG TOP |  » 「キラー・インサイド・ミー」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード