topimage

2017-08

「最強のふたり」 - 2012.08.31 Fri

よい話ではある。

「ぴあ」の試写会に当選、映画館での上映だった。
平日の試写会には、仕事の都合で絶対に行けない私は、平日の試写会に行ける人を完全にうらやんでいる。
土・日の試写会があると、私は土日じゃないと試写会に行けない身の上だから、どうか当選させてくれ!とお願いする。せこい。
でも、土・日の試写会は、子ども向けのものが多い。

今回は大人向け。東京映画祭でグランプリ、主演男優賞をとっているらしい。

首から下が麻痺の人が、看護人を募集した。雇われた黒人さんと麻痺の人との、あたたかい交流の話。
ガードを取り去った、裸の付き合い、みたいなもんだね。
黒人さんがユーモアのある人で、笑える場面が多い。
雇われれば、個室つきの、いい暮らしができるが、それまでの貧しい暮らしも、ちゃんと描いている。


ふたり

(c) 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

最後は、黒人さんの粋な計らいに泣けもした。
実話がベースだという。エンドロールに本人たちが、ちらりと登場。
よい話だ。
…だけど私なら、お金を出して観には行かないな…。男ふたりの友情なんて興味ないし。
タイトルもあまり好きじゃない。まあ、理屈じゃないので理由は聞かれても困る。

単純に、いい話すぎて、つまらないと言ったらいいのか、出来すぎな話と言ったらいいのか。

場内は笑いがよく起きていた。ああ、日本の観客って、こんなに笑うのか、と驚いたほど。
私も、くすくす笑ってたけど。
まさか、「笑い男」「笑い女」を潜ませてないよね、配給会社さん。(笑)

上映後のアンケートで「80点」としたが、やっぱり何だかおもしろくないので、69.9点くらいかな。
星にすると3つ(普通)で、どうだ!
(と書いておいたが、時間が経つにつれて、いい話すぎて、つまんなくなってきたので、あまのじゃくだし、星2つ半にする。)

単なる好みの問題なので、これから観に行こうという方は(なにしろ明日が公開日だ)、こんなタワゴト(といっても、「普通」ですから)は気にしないで行ってください。
「ぴあ映画生活」のレビューでも、90点で、たいてい星4つ以上ですし、肝心なのは、自分が観たいかどうか、ですから。

(8月26日 シネマート六本木)

INTOUCHABLES
2011年 フランス作品
監督 エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演 オマール・シー、フランソワ・クリュゼ

参考:最強のふたり@ぴあ映画生活

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ワタシには「埼京のふたり」のほうが身近だ。

確かに、よい話ではありましたよね。
ただ、モデルの人がご存命なせいか、作り手が気をつかっているみたいで、
いい人過ぎるんですよ、特に富豪のほうが。
新聞に載ってたストーリーだと、富豪は「傲慢」って書いてありましたけど、
傲慢さなんてかけらも見えなかったですし。
実話が災いしちゃったのかもしれませんね。

>kiyotayokiさん

どうも最近というか、単純にいい話には、面白みを感じにくい、ひねくれ者に育っているような私です。(苦笑)
いい話だけど、どちらかというと、あとから思い出しても、それほど面白くないように思えます。
富豪が傲慢ですか!? そう見る方もいるんですねえ…。へえ…。
やはり、気は使うでしょうね、モデルがいると。

あはは。

まあ、いい話ですよね。いい話過ぎちゃってってのはあるかも。
でも、妙にひねくったのとか、推理とか、残忍な映画とかが多い中、1本くらいこういうのがあってもいいかなって。
フィリップは傲慢には見えなかったけどね。その新聞記者、試写中寝てたんじゃないの?マスコミ試写でたーっぷり寝てる人よくいるよ(爆)

>rose_chocolatさん

まー、あってもいいけれど。
結局は、観たときにグイッとくるかどうかの個人差ですよね。
観たときの気分にもよるかもしれないですし。

マスコミ試写で寝てる!? 失礼なヤツですね。私が代わりに観たいですよ。

「ぴあ」の試写会

わたしも、この「ぴあ」の試写会当たったがパスした。
roseさんに誘われて観ちゃってたから。
休みの日にわざわざ出かけて2回目観る気になるほど良くなかったと思います。
ちなみに休みの日しか見られないからお願い!って書いても優遇はしてもらえないと思います。(笑)ぴあの試写募集は、色々書かされるわりに何を書いても結局当たらないのであまり応募する気になりません。何年かぶりにようやく当たってそれがだぶったのでがっかりしました。(笑)

>まっつぁんこさん

そうなんですか。
私の場合、ぴあは、ログインとか会員登録とかを経ないで、すらすらと進める状態になっているので、応募しやすいのですよね。
お願いの一筆追加は効かないかもしれませんが、何もしないよりは、ついでに悪あがきしておこうと思います。(笑)

2回目だったら、私も出かけてまでは観ないです。

あはは~

フランスの、特にコメディは、ちょっと合わないので
心配でしたが、コレはちょこちょこ笑えた~v-222
観終わって直ぐより、後になってイイハナシだったと思ったよ~。

ライブ記事、お2人の見ました!
キョン2、ホントにステキな大人になったんだね~~v-238

>kiraさん

そうですね、ちょこちょこ笑いは私もありました。
あとになったら…印象は変わりません。(笑)

ありがとうございます。
キョンちゃんの朝ドラ情報も教えていただき感謝!

ボーさん、こんにちは!

この映画の内容より、後半はボーさんのひねくれ感が
よく伝わって来る面白い記事ですね(≧ε≦)

劇場ではそんなに笑い声があがっていたの~(゚o゚)
そこまで笑える事はなかったけどなあ~
この映画だと富豪は柔軟で心の広い笑顔のステキな人として
描かれていたけど、
御本人に対する気遣いもあったかもしれませんね~

>YANさん

おはようございます。
おもしろいといっていただくと、調子にのって、ひねくれまくりますよ?

笑いが起きたのは、試写会ってせいもあるかもしれません。特殊な人(?)が来ていたのか…「サクラ」がいたりして…笑

うん、実在の人物への配慮はあるのでしょうね。

あっはは、「埼京のふたり」にヤラレタ!(笑)
うん、ボーさんのいうのも頷いてしまうな〜。
私は「これがハリウッドだと、もっとあざとくなるんだろーなー」と思ってしまいながら観たせいか、結構よかったです。

>まおさん

ああ、そうですよね、ハリウッドだと、どうなったことか。
ま、ひねくれものとしては、なんにしても、好みじゃないということでしか…。
将来どう思うかは、わかりませんよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2356-77c18024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最強のふたり

評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情もたまには良いもんだ。

★最強のふたり(2011)★

INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12

【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス

原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式

『最強のふたり』試写

2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはい

最強のふたり

【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フル...

「最強のふたり」心はひとつ

予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・

最強のふたり

最強のふたり@シネマート六本木

最強のふたり

Data 原題 INTOUCHABLES 監督 エリック・トレダノ 出演 フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ  オドレイ・フルーロ  クロティルド・モレ 公開 2012年 9月

心は自由。『最強のふたり』

車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。

最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE

ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみに...

最強のふたり / Intouchables (Untouchable)

ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット

『最強のふたり』

(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電

最強のふたり

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー...

最強のふたり

さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル...

映画「最強のふたり」

映画「最強のふたり」を鑑賞しました。

『最強のふたり』

□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ

無敵~『最強のふたり』

 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失

最強のふたり

『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  

最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ

【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグラ...

『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い

 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが

最強のふたり

さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あ

最強のふたり

先導。ウザい詩。Earth, Wind & Fire。

最強のふたり

とっても良い映画だった。

映画『最強のふたり』を観て

12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・ト...

最強のふたり

口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人

最強のふたり

INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・

最強のふたり

めちゃくちゃ感動したという事はなかったけど、 ユーモアと温かさが心地良かった☆ INTOUCHABLES UNTOUCHABLE 監督:エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ 製作:2011年 フ...

映画評「最強のふたり」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2011年フランス映画 監督エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ ネタバレあり

先週観た映画 〜11/17

  うかうかとしてると、あっという間に日が過ぎて… おわー、もう木曜日(汗)だけど、観た映画など。 「最強のふたり(Intouchables/11)」   実話を基にした身体の不自由な富豪と介護人の物語のフランス映画。   お互いの信頼が築かれていくのがなんとも楽しく心地よく、互いの笑顔がいいね。   それだけにずっと一緒にはいられない淋しさもつきまとうんだけど、   泣け...

マリリンも修復コラージュ «  | BLOG TOP |  » 「百万長者と結婚する方法」(7回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード