topimage

2017-04

アルバム「Breezing」 キョン2ディスコグラフィ(9) - 2012.10.13 Sat

小泉今日子さん3枚目のアルバムは「Breezing」。1983年7月5日発売。

その前に…
1983年、オンエアの月日は覚えていないけれど、2本のCMが記憶に残る。
まず、学生援護会「日刊アルバイトニュース」

だんぜん

日刊

「人間だったらよかったんだけどねぇ」というセリフが受けた。糸井重里の作らしい。「ほぼ日刊イトイ新聞」の「キョンキョンと原宿を歩く。」のなかに小泉さんと糸井重里との会話があり、彼女が髪を切ったあとの最初の仕事とされている。

アルバイトニュース


それから、ライオン「エメロン エチケットシャンプー&リンス」

エチケット

♪フケもおさえてウキウキフワフワ~ においもおさえてフワフワウキウキ~ 恋のお世話もいたします~ フレッシュフレッシュエチケット… という、かわいい歌にのせて、キョンキョンがシャンプーしている。

また、7月2日には出演映画十階のモスキートが公開された。


7月5日、3枚目のアルバム「Breezing」(ブリージィング)発売。
breezeは、そよ風などの意味だが、breezingを辞書で見ると、馬を制御しないで自然に走行させること、みたいなことになっている。
…アルバム名は、たぶん、そよ風が吹いている的な意味じゃないかと思うが(帯に「キョンキョンの前では、そよ風も踊りだす!!」とあるから)、キョンキョンが縮こまらずに伸び伸び自然に歌った、ということにしてもいいかな?

復刻プラスアルファ・アルバム「Breezing+2」に載った解説文によれば、3枚目から声の調子が変わってきますね、自分を出し始めた頃?と聞かれて小泉さんは「そろそろ本領を発揮し始めてた」と答えている。
「女の子っぽいGirl Sideと大人っぽいLady Sideに分かれてたから、ああ、アルバムはこうやって作るんだ、とも思いました。子供だったから大人な歌を歌えるのがうれしくて」。当時のレコード盤は、表と裏があったから、このアルバムでは、片面(1曲目から5曲目)をポップで弾けるように明るい曲、片面(6曲目から10曲目)を少し大人びた曲で統一した。いわゆるコンセプトアルバムだ。

Breezing

プロデューサーの田村充義さんは、小泉さんに、誰に曲を書いてほしいかを聞いた。彼女は「あっ、そういうこと、ありなんだ」と印象に残ったという。
シャネルズと横浜銀蝿が好きと答えたそうで(…だからヤンキーなどと言われるんじゃないか?キョンちゃん)、3、4曲目には作詞作曲に田代、鈴木のシャネルズコンビが参加している。
ほかにも、南こうせつ、タケカワユキヒデ、原由子などの名前が見えて、これもプロデューサーが代わったことによる変化かもしれない。

(無理やりな)例として挙げれば、ビートルズがアルバムの1、2作目は、とにかくいろんな歌を詰め込んできて、3作目の「ア・ハード・デイズ・ナイト」で、はじめてコンセプトアルバムをつくった(A面は映画のサントラ、B面はその他)のに似ているような気もする。1、2作目で経験を積んで、3枚目でステップアップするのだ!?

とくに5曲目までのGirl Side、元気で明るいポップな曲の連続は、明らかに2枚目までのアルバムから、一段上のステージに上がったと感じる。
作曲陣が新しいのも大きな理由だし、音はパキパキはっきりして、リズムがよくて、聴いているとウキウキとしてくるのだ。


1.まっ赤な女の子
作詞:康 珍化、作曲:筒美 京平、編曲:佐久間 正英
曲が始まる前に、breezing(ブリージング)…from Kyoko to you…と声が聞こえて、小泉さんが「From Kyoko to you(今日子から、あなたへ)」と言う。
この歌の前奏が始まるだけで、もうノリノリで楽しくなってくる。
この曲については、シングル「まっ赤な女の子」 キョン2ディスコグラフィ(8)を参照。
♪ぬれたTシャツ ドッキリ 脱げばキラリ 赤いビキニ Yeh! Yeh!

2. Candy Kiss
作詞:湯川 れい子、作曲:南 こうせつ、編曲:大村 雅朗
このアルバムの、はじめの5曲はGirl Sideのコンセプト。曲と曲の間も、なにかでつなげている。1曲目と2曲目の間は、ドラムスの短いフレーズ。
手拍子が効果的。明るくて、リズムがよくて、はっきりしている歌。お、これは過去2作のアルバムとは違うぞ、と感じはじめる。
編曲の大村さんは、松田聖子さんなどの曲でも活躍していて、ジャパニーズ・ポップスの大物だと思う。
♪あの人は もう誰かのモノですか 夢でわたしを抱いて ずるいキャンディーキッス

3. だから抱きしめて
作詞:田代 マサシ、作曲:鈴木 雅之、編曲:村松 邦男
ウーシュビドゥビ シュビドゥワッパッパ…というコーラスが楽しい。
「ダーリン」の歌詞で、ダーと音程が上がったところで声を裏返すのが色っぽい。以前からそうだったが、ときどき、このワザをやってくれる。
♪あなたと歩く ムーンライトビーチ 二人で探した サクラ貝

4. Happy Birthday
作詞:田代 マサシ、作曲:鈴木 雅之、編曲:村松 邦男
曲間は氷の入ったグラスの音が。男性が「渋谷まで」という声が、はっきり聞こえる。(笑)
ポップな曲が続いて、楽しさも続く。
終盤、自分の声での「ウォウォウォ~」というコーラスがつくが、ちょっと、たどたどしい。そもそも、ウォウォウォーなどと歌わせるのがいけないと思う。
♪いじわる あなたはロンリーボーイ 今夜はあなたに伝えたい オー・マイ・ダーリン

5.ときめきたいの
作詞:三浦 徳子、作曲:タケカワユキヒデ、編曲:甲斐 正人
グラスの音で曲間をつなぎ、キョンキョンの「ワン、トゥー、ワントゥースリー」の合図で男どものキョウコ~という掛け声が。親衛隊まで歌の中に入れちゃった! 本物の親衛隊かどうかは知らないが。(たぶん違う…のかな?)
コンサートでやったら、大盛り上がり間違いなし。
♪ドア叩く人は誰よ ひと晩眠れない でも私 幸福よ 恋することができたの

6.春風の誘惑
作詞:篠原 ひとし、作曲:緑 一二三、編曲:萩田 光雄
ここからは、「大人な」Lady Side。
本アルバム発表の段階で、ひとつ前のシングル曲だったので、もはや懐かしい気分。
この曲については、シングル「春風の誘惑」 キョン2ディスコグラフィ(6)を参照。
♪もうすぐ春です 心がなぜか 急ぎだすわ もうすぐ春です 素敵な恋を綴りましょう

7.愛なき世代
作詞:竜 真知子、作曲:鈴木 キサブロー、編曲:萩田 光雄
前奏からして、大人っぽい。こうした感じの曲は、セカンドアルバムあたりにもあったようにも思うが…。ドラマチックではある。
♪水色の受話器を 握りしめ迷ってる あの人につながる ダイヤルが廻せない

8.夢見る年頃
作詞:青木 茗、作曲:滝沢 洋一、編曲:難波 弘之
曲間は、波の音。あなただけに夢見る年頃…かわいい曲。
♪映画を観たあと 何故か無口なの それは多分 思い過ごし

9.雨の海岸通り
作詞:三浦 徳子、作曲:タケカワユキヒデ、編曲:甲斐 正人
引金、Burn! Burn!(バンバン)…と、物騒な、じつは切ない歌詞を歌い上げる小泉さん。最後は、歌でなくて、語りで終わる。
♪人さし指を背中に向けてるの 向けているの 約束を破った時 この引金ひきましょう

10.Kiss Me Please
作詞:原 由子、作曲・編曲:奥 慶一
夢にまで見たわ、の歌詞で、例の裏返りボイスを披露。
恋に恋していたの、だけど今は違う。…こうして大人になっていくのか…。(笑)
♪ああ 雨が降る ああ 光る海 揺れる私の恋 どうかなりそうなの


参考:ウィキペディア 小泉今日子、小泉今日子 歌の全曲集(第11版)

関連記事:
シングル「私の16才」 キョン2ディスコグラフィ(1)
シングル「素敵なラブリーボーイ」 キョン2ディスコグラフィ(2)
アルバム「マイ・ファンタジー」 キョン2ディスコグラフィ(3)
シングル「ひとり街角」 キョン2ディスコグラフィ(4)
アルバム「詩色の季節」 キョン2ディスコグラフィ(5)
シングル「春風の誘惑」 キョン2ディスコグラフィ(6)
ファースト・コンサート 「消しゴムのない手紙」 キョン2ディスコグラフィ(7〔番外編〕)
シングル「まっ赤な女の子」 キョン2ディスコグラフィ(8)

(c) Victor Entertainment, Inc., SHUEISHA Inc., Intelligence, Ltd, Lion Corporation, all rights reserved.

● COMMENT ●

来週17日だったかな?ラジオで小泉今日子さん特集があると聞きました。
NHK-FMだったと思います。
違っていたら、すみません。
個人的には、民放の特集の方が、ツイッターがたくさん読まれたりして、面白いと思うのですが…。

>モペットちゃんさん

ラジオ出演はあるけれど、NHK-FMはないみたいです。
27日のNHKテレビ「SONGS」でしょうかねえ。新アルバムが出るので、少しプロモーションしないと。
いま、CDはネット配信に押されて売れないから、大変なんです。あ、私は予約済みです。(スタッフ代理のボー)

ボーさんへ>

いつも、ありがとうございます

まずは、最初のCMの画像ですが、懐かしいですね。日刊アルバイトニュース!!
小泉さんのなんとも言えない表情が印象的です。

あと、「わたし今日子」。これ就職した年に神田の古本屋さんで見つけて買いました。驚きの金額でしたが、どうしても欲しかったので。。(でも、今はどこにあるか分からない(泣))

本題のアルバムですが、「Breezing」はやはり最初の、「Breezing Breezing Breezing 。。。 Breezing from Kyoko to You」がなんと言っても印象的。

また、レコードのよいところで、「Girl Side」と「Lady Side」に分かれているのも
印象に残っています。私はプレーヤを持っていなかったのでカセットに録音して聴いて
いたのですが、カセットもA面、B面になっていたので、レコードと同様、A面、B面に分けて
聴いていました(カセットなんて何年聴いてないのだろう。。。)

曲は田代、鈴木コンビが登場ですね。私は、小泉さんのお誕生日もお祝いしますが、
自分の誕生日は結構、「Happy Birthday 」を聴いて、ちょっとだけ幸せを感じていました。なので、この曲は結構好きです。あと、「Girl Side」では、最後の「ときめきたいの」も好きですね。こういうコールが入っている曲って、案外好きなんですよ。全盛期のコンサートに行って、この曲やってくれたら、間違いなく叫んでいたでしょう。流石にこの曲は生で聴ける機会はないですかね。。。


「Lady Side」も全体的に好きですが、特に好きなのは「雨の海岸通り」でしょうか。出たしも好きですが、最後のセリフが、切なすぎます。。。

「Breezing」は、もう何年も聴いてないような気がしますが、結構覚えているものですね。当時、どれだけ繰り返して聞いたんだろうという感じです。いやー、懐かしいです。
次のディスコグラフィも楽しみにしています。

>moonstarさん

コメントありがとうございます。
だんぜん日刊アルバイトニュース! キョンちゃんは、セリフなしで、そこにいるだけでも、彼女の表情のアップで終わるCM。なつかしいですよねー。
エチケットシャンプーも、YouTubeで見て、記憶が一気によみがえりました!

「わたし今日子」は、今もオークションで出てくるようで、欲しい人は入手できるかもしれないですね。
うちにもあると思いますが。わりと大判の本でしたっけ。

A、B面でそれぞれ趣旨を変える、というのは、CDになってから、できなくなりました。
このアルバムでは、やっぱり、明るいGirl Sideが出色だと思います。
1枚目、2枚目のアルバムから聴いてくると、3枚目でグンとポップになっているのが感じられます。

私もウォークマンで聴いた覚えがあるのですが、テープに録音したのか、テープを買ったのか…記憶が…。
誕生日の歌を自分の誕生日に聴く。いいですねえ。
「ときめきたいの」は、エルオーヴイイー、LOVE ユーなどと、英語のつづりで歌うのが印象に残ります。

歌詞の出だしを記事に書いているのは、紹介の意味もありますが、それでメロディを思い出すことがあるからです。…って前に言いましたっけ?
「雨の海岸通り」、切ない恋なのですよね。人差し指を自分に向けるのですから…。

このアルバムは、新生キョンキョンの勢いがあって、いいですよ~。

>ボーさんへ

歌詞の最初を書いていただけるのはとてもありがたいです。

「Happy Birthday 」は、先日の新宿のイベントでバンドの方が誕生日だったので、流れましたよ。

小泉ファンは、やっぱりこの曲で祝ってもらいたいもの。

>moonstarさん

ありがとうございます。
誕生日の人がいて、いいタイミングでしたね!
タイトルが、ずばりそのものだし、「ハッピーバースデー、ダーリン」なんて言われたら、うれしいですよねー!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2386-ce692d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「スチューデント」 «  | BLOG TOP |  » 「旅立ち寿ぎ申し候」 永井紗耶子

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード