topimage

2017-10

「大いなる西部」(5回目) - 2012.11.07 Wed

「午前十時の映画祭」にて。

いちど、大きなスクリーンで観たいなと、みゆき座へ。ここは、それほど大きくないけど、もちろんテレビよりは、でっかい!

オープニング

感想を書こうかと思ったが、前回の感想文「大いなる西部」(4回目)を読み返してみたら、これでいいんじゃないかと。
誰ですか、手抜きと言ったのは。…ええ、そうです。

婚約者と父

私にとっての永遠の名作のカテゴリーに入っている映画ですからね、もう、スゴイんです。(何が?)

水場

西部劇ファンのなかには、東部の野郎が西部に来て、なにやってんねん? と批判的な人々もいるようですが、べつにいいじゃないですか。
東西冷戦を象徴しているという意見もありますが、それも、まあそんなことはどうでもいいかと。
とにかく雄大な人間ドラマ。

監督と

上は、主演のひとりキャロル・ベイカーさんと、監督のウィリアム・ワイラー。

日本版ポスター

それから、何度でも言いたい、ジェローム・モロスの音楽は素晴らしい! マイ・ベスト映画音楽のトップ10には必ず入るであろう!

海外ポスター

それに、やっぱり、キャロル・ベイカーさんが好きです。
「西部開拓史」のときも良かったしね~。
ブロンド美人だと、なんだか、みんな、マリリンに通じるような…?
ということで、映画と関係ない写真も載せておきますよ。

キャロル

(11月3日 TOHOシネマズ みゆき座)

THE BIG COUNTRY
1958年 アメリカ作品
監督 ウィリアム・ワイラー
出演 グレゴリー・ペック、キャロル・ベイカー、ジーン・シモンズ、チャールトン・ヘストン、チャック・コナーズ

参考:大いなる西部@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆☆(5点。満点は5点)

● COMMENT ●

チャールトン・ヘストンのこと、はじめは「チャールストン」と思いませんでしたか?

この映画は、僕的にも西部劇のベスト5には必ず入れちゃう作品です。
そして、僕も「チャールストン」と間違えた記憶が確かにあります(^_^;)
ってことは、チャールストンって言葉のほうを先に知っていたということですよね。
今時の子はチャールストンなんて踊り自体知らないだろうと思われるので、
間違えようがないかもしれませんね。

>kiyotayokiさん

ありがとうございます。
我が家はコメント来ないと自分で遊んで書いてますが。(昔の映画なら、なおさら来ない。)
チャールストン・ヘストンだと思ってました、はじめは。
チャールストンは知っていたけど、チャールトンなんて聞いたことがなかったわけですよね。
いろんな名前があるものです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2402-3fc89c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」 «  | BLOG TOP |  » シングル「半分少女」 キョン2ディスコグラフィ(10)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード