topimage

2017-03

「人生の特等席」 - 2012.12.07 Fri

エイミーが出ていなければ、観なかったはずの映画だ。

クリント・イーストウッドが俳優に復活! なんていっても興味はないから、観るのはエイミーさん一筋じゃ! すまないねえ、こんな私で。

父娘

よくできた話で、最後のあたりは、できすぎのオンパレード。
昔のハリウッド映画を見るぶんには、できすぎ上等!みたいなもので、なんだか納得しても、今の映画になると、「どうなんだろうねえ」と思うのは、なぜ?(と、朝ドラのヒロインのようになるのは、なぜ?)

カップル

ネタばれしますので、これから本作を観る方は、ここで止めたほうがいいかも。

エイミーたん

エイミーさんが、偶然、いいピッチャーを見つけるところから、ラストまでが「できすぎ」なのであるが…まあ、いいか。
バッターはカーブが打てない設定なのに、直球すら打てない。いくら速い球だったとしても、まったく打てないとは。
父親の仕事もOKになるし、エイミーさんはケータイ捨てるし(仕事専用じゃないんだったら、捨てる必要ないさ? それに拾われて悪用されるよ?)、彼氏はちょうどよく戻ってくるし(なんで今ここに?)、それに、

またエイミーたん

コンピューターも使えないスカウトは時代遅れだ、と主張する人物を、徹底的に打ちのめすあたりも、どうかと思う。
機械を使ったデータ収集もしたほうがいいのは正しいといえるし、実際のスカウトも、そうしているのではないか?
いくら、これまで、さんざん嫌味を言われてきていたからといって、どうだ、やっぱり俺様が正しかっただろ、ざまあみろ、スカッとした~とするかのようなラストは、「クリント御大が正義である」のようなイメージになって、いけすかない。
ついでに言えば、カーブが打てないバッターについても、いくら、いけすかないヤツとはいえ、仮にも入団させておいて、あんなに恥をかかせることはない。

またまたエイミーたん

カーブに対しては難がある、というような原題で、直接的には、スカウトするバッターのことだし、人生のカーブで難がある人たちのことでもあるでしょう。
難がありましたねえ。

御大のセリフがユーモアのあるシーンは多くて、そのへんは楽しめたし、まー、やっぱり、エイミーさんは、かわいいなー、という結果でした。

いちおう男も

(11月30日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

TROUBLE WITH THE CURVE
2012年 アメリカ作品
監督 ロバート・ロレンツ
出演 クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、マシュー・リラード

参考:人生の特等席@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

● COMMENT ●

私は、

素直にこの映画を楽しめましたよ(笑)わたしもカーブは打てません。ストレートの速球も打てませんが、この映画のような直球は好きですよん(笑)脱線しますけど、私も野球できます!というか肩をぐるぐる回してボールを投げられるのと、バットもそれなりにブンブン振れます(笑)映画を見終わったあと、急にグラウンドでノックを受けたくなったのはなぜ?(笑)エイミー・アダムスさんは、ほんとうにキュートでかわいかったですね♪て、映画に関係ないことを書いてすみません <(_ _)>

>さえさん

ありがとうございます。
星3つですから、悪くはないです。
書かれたこと、映画に関係なくないですよ~。楽しい話も大歓迎。
私は草野球をしても、打球が外野まで飛びません! パワーなしです。

私もジャスティン・ティンバーレイクくんのように、エイミーがいたら、すぐ目をつけますねえ。

ミッキーが偶然いいピッチャーを見つけるところから、ラストまでが「できすぎ」なのは同意見でございます
爽やかないい話なのですが、ちょっとそこで冷めちゃった部分は多少なりともあると思います。ハッピーエンドにもっていきすぎ。
ジョニーも、なぜそこで戻る。お披露目を見ていたわけでもあるまいし…。
ただヨボヨボのガスが娘をとても愛しているのは伝わってきました
あの昔のエピソードから、だからミッキーの腕をつかんだ男に無茶に憤ったりしたんだなと。

>makiさん

そうでしょー。
できすぎてますよね。
イーストウッドが監督してたら、どうやったのかなあと思いますが…脚本が同じなら、同じか…? 自分で脚本を手直ししたり…しませんかねえ。

ボーさん、こんにちは!

原題の解釈の仕方は、ほとんど同じです!
2つの意味をかけていると私も思いました。
それとエイミーが安定した演技力でとても良かった☆
久しぶりに気が合いましたね~(≧ε≦)ププ

最後は本当に出来過ぎのオンパレード!
昔懐かしい映画を観た気がして、
まあそれはそれで良かったです。

>YANさん

こんばんは!
ん、似た意見?
はい、エイミーちゃんが良ければ、すべて良し!(いいのか、それで?)
終盤は、できすぎですよ~。

最後まで、クリント・イーストウッドが監督だと勘違いしたまま見ていましたe-263
“こんな爽やかなタッチの作品も撮れるんだ~”と思っていたら、違ってた…。

エイミー・アダムス、“ひたむき”な役柄が似合いますね。
「わたしが運転するから、キーv-267を貸して」と言う時とかのパッチリした目v-416が素敵v-352
真剣にものを言う時、自分は、どちらかというと眉間にしわを寄せていることが多いので、
“そっか、目を見開いて訴えるのか…”と、鏡の前で練習したりして…(ません)。

カーブが打てないバッターの名前がボーさんで、「ボーはひどい!」「ボーは最悪だ」とか、結構ひどいこと言われてましたね。
確かに、ひどいキャラクターだったけど…。

>モぺ改め「謎の」ミトンさん

まあ、最近はイーストウッド監督が前提ですからね。え、監督してないんだ!と驚いても無理はありません。

そうです。ぱっちり目を見開いて訴えれば、男なんて、いちころ、にころですよ。
練習して成果を見せてください。

「ボーはひどい!」「ボーは最悪だ」なんて言ってましたっけ? 言われ慣れているので、あんまり気にしていませんでした…あははっ。
…ひどい! (いまごろ気づくな)(笑)

エイミーさんは

可愛かったですね。
私の感想には何も触れていないので、ここに書き込んでおきます〈笑〉

クリントさんはじぃさんなのに、いつだってかっこよく見えます、私には。この映画、彼にぴったりな役どころでしたね。
確かにいきなりラストはご都合主義全開でお話が進むのですが、映画的楽しさがあって、私は結構好きに感じました。

だけど
>、いくら、いけすかないヤツとはいえ、仮にも入団させておいて、あんなに恥をかかせることはない。
っていうのは、同じ意見で、コテンパンは可哀想だなと思ってしまいました。なんたって彼は老けていても子供みたいなものですものね。
って、考えは甘いかしら^^

>kiriyさん

かっこいいジイサンになりたいものですねえ~。
クリントの爪の垢でも送ってもらおうかと考慮中です。
そういえば、ティンバーレイクくんも、わりとよかったと思います。感想には書いてないけど。歌手かよ!?と、びっくりするくらい。

甘くないです、だって、ひどいですよ。
自分が正しい、お前はダメだ、なんて(もう内容をほとんど忘れてますけど)のは。

ボーさんの ”女神病”がでましたねえ

おはようさん ボーさん。 夜勤明けの朝帰りで コメントしてます。

>エイミーが出ていなければ、観なかったはずの映画だ。
>まー、やっぱり、エイミーさんは、かわいいなー、という結果でした。

 またしても ボーさん特有の”女神病”がはじまりましたね。
マリリンでしょ、セロンでしょ、アマンダでしょ、んで こんどはエイミー・・・
アマンダは彼女じゃなかったのかな?v-12

>エイミーさんが、偶然、いいピッチャーを見つけるところから、ラストまでが「できすぎ」なのであるが…まあ、いいか。
 それはボクも思った。娘は 父親のそばにいてスカウトもできて 恋人と仲たがいしたと思ったら すぐに戻ってきて・・・
んで スカウト先で そこらへんにいたピーナッツ坊やが才能がすごかったとか。・・・ ありえへんやろ・・・・

この中で ひとつだけならまだわかる。 こんないくつも重なるのは ご都合主義っぽいな~

 それと ジョングッドマン演じたスカウト主任が
「スーパーで野菜を買うように選手の才能は手に入らん」といってたっけ。

 これじゃあ スーパーの特売安売りやん!!!

>原題で、直接的には、スカウトするバッターのことだし、人生のカーブで難がある人たちのことでもあるでしょう。 
 あの大物新人の スラッガーくん 今後どーなるんでしょうね・・・
<いくら、いけすかないヤツ>   彼の迷語録
” もしメジャーに入れたらデスパレートな妻たちの女優とヤる。俺は年上が大好きだ。 有名な女もそうじゃない女も 遠くからでも イチ〇ツ しゃぶりに来るんだ"  素晴らしい・・・v-12

 たぶん戦力外かな。 彼の場合 ランク落として マイナーリーグや 一般企業で開催してる 職業クラブチーム からスタートしたら いいんじゃないかな。 んで 見込みが出てきたら 推薦状書いて送ってメジャーのテストへ・・・とか。

>zebraさん

夜勤帰り、ありがとうございます。私も過去に夜勤経験ありますが、大変ですよね!

いや、あの、美女が好きなので…それだけです…。アマンダは彼女ですよ。ええ。

できすぎ、でしたよねー。誰だ、脚本は!?  まさかクリント御大!? と思ったら、違いました。
大物新人、そんな、やらしいこと言っていましたか。すっかり忘れてます。
まー、そのくらい野望を抱いたほうがいいかもしれません。モチベーションとしては。
アメリカの場合、一軍になれない選手はどのくらいいるのか、きっと、ものすごい数なんでしょうねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2417-35ee245b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生の特等席/クリント・イーストウッド

すっかり監督業が板についてもう俳優業はやめちゃったの?と思っていたたクリント・イーストウッドが4年ぶりに主演を務めたヒューマン・ドラマです。監督はクリント・イーストウッ ...

人生の特等席

数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が...

人生の特等席

人生の特等席@スペースFS汐留

人生の特等席

【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマ

頑固親父~『人生の特等席』

 TROUBLE WITH THE CURVE  メジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスの老スカウトマン・ガス(クリント・イー ストウッド)は、ある日視界がぼやけることに気づく。生来の頑固さから、

人生の特等席・・・・・評価額1500円

ガンコ父娘の心の旅路。 映画人生の集大成とも言うべき傑作「グラン・トリノ」を最後に、俳優引退を宣言していたクリント・イーストウッドの四年ぶりとなる主演復帰作は、長年メ

2012年11月 観賞記録

11月3日(土) 『黄金を抱いて翔べ』 11月5日(月) 『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』 11月6日(火) 『桃(タオ)さんのしあわせ』 評判通り良い話。なのだがペースが

人生の特等席 ★★★.5

監督・主演作『グラン・トリノ』で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに主演を務めたハートウォーミング・ドラマ。『マディソン郡の橋』以来17年に...

人生の特等席 / TROUBLE WITH THE CURVE

『グラン・トリノ』で、半分引退の様な事を言っていたクリント・イーストウッド。ここ最近の作品は、自身が監督・主演か、あるいは監督専業と言う事が多かったが、今回の作品の監督...

映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド!

イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特...

人生の特等席

 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼...

「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。

[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド 復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は

『人生の特等席』

□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・...

映画「人生の特等席」感想

映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な...

映画『人生の特等席』を観て

12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパ

『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか?

 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『

人生の特等席

思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリ

『人生の特等席』(2012)

メジャーリーグのスカウトマンであるガスは、ハイテクに頼らず昔ながらのやり方を貫いているが、球団は時代に取り残されたかのような彼を疎ましく考え始めていた。しかもガスは視力...

人生の特等席

目新しさはない。 でも昔懐かしい味わいが良い~☆ クリント・イーストウッドはハマリ役! (今日はなぜか画像アップが出来ないので、  後日ここにポスター画像を載せる予定で

映画評「人生の特等席」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ロバート・ロレンツ ネタバレあり

人生の特等席

2月1日、wowowにて鑑賞。テレビをつけたらたまたま始まったところだったので見たのです。 クリント・イーストウッドが出てきたら、もう彼の作品なのかと思って見てしまっていました。 「へえ、彼もこんなお気楽なやつを作るんだ。」って、微妙な感心の仕方をしていて、後で解説を読んだら彼の監督作品ではなかったのでした。 でもこの映画、とってもクリント臭くって私のように何も...

人生の特等席

「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺~~…

人生の特等席

クリント・イーストウッドまでまさかの辞める辞める詐欺か!『人生の特等席』を観てきました。 ★★★★ 映画関係者とか政治家とか、辞めるっつーたら辞めれば良いのに。 とか思いながらも、こと映画に関してはやってくれたら嬉しくて、やっぱ観に行ってしまうわけですけれど...

「007 スカイフォール」 «  | BLOG TOP |  » 三和グループのマリリンカレンダー2013

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード